本文へスキップ


     
 

 法知識0ゼロからの
 たった180日間大逆転の  社会保険労務士合格術


    ライバルに圧勝する非常識勉強法  短期一発合格できるラストチャンス!
 

社労士合格に必要な3つの秘密とは?

これを知らなければ、合格できない!


近年、合格率が低下し、難関国家資格の仲間入りをした社労士試験ですが、頻出する基本条文の学習を徹底し、労働経済、社会保障関連の必須資料に精通することで、想像するより
遙かに簡単合格が見えてきます!!

最初の労働基準法だけでも121条、健康保険法などは222条もあります。

試験では、法律の他、施行規則、施行令などからも出題されますので、数千以上の条文が対象になります。こんなにたくさんの条文を全部、丸暗記などできますか?

正直、現役社労士でも無理です(悲)!!

しかし、!

実際に出題される条文には、大きな偏りがあるのをご存じですか?

試験に頻出している条文は、
実はそれほど多くはありません
ほとんどの受験者がこのことに気づかず、漠然と勉強しています。

令和元年試験は昨年同様の
49,570人が受験申込みしました。そして、合格者は2,525人でした。

実に47,045人もの人が不合格になりました。また、合格者の半分以上複数年受験者です。合格までに2年以上の月日を費やしている人が圧倒的多数を占めています!!

そして、合格者の
9割以上の人たちが、資格スクールに通ったり、通信教材等を利用しています。

社労士資格を
独学で取ろうとするのは無謀な挑戦です。独学で合格できる人は、受験者全体の約0.4%しかいません!!

もし、これから社労士試験の勉強を開始しようとするなら、独学は避けたほうが賢い判断です。すごい遠回りをしてしまう可能性が高いからです。

では、なぜ、こんなに合格者が少ないと思いますか?
単刀直入に言ってしまえば、
きちんと勉強していないからです。

受験者の半分以上が、
学習の習慣付けに失敗しています。今日8時間、10時間やっても、翌日は0時間・・・では、合格は無理なのです(悲)。

日常生活ではめったに触れない知識や情報を習得し、脳の長期記憶領域に保存するには、毎日、勉強を欠かさないことが絶対的に必要なのです。学習することが習慣となれば、成績は間違いなく向上していきます。

ガリ勉を恥ずかしいと思っているようでは、合格の女神は微笑んでくれません。同僚や上司とのコミュニケーションも大事だとは思いますが、生産性の少ない飲み会に出席するくらいなら、・・・

「今、社会保険労務士資格に挑戦していまして、どうしても合格したいので、申し訳ございませんが、勉強のため、帰らせていただきます。」

・・・と、はっきり宣言できるくらいの覚悟が無ければ、ライバルに勝つことは難しいです。覚悟と執念の薄い人は、その時点で自分に敗北しています。

自分に敗北している人が、優秀揃いの試験で勝つことなど、到底、不可能なのです。

平成27年以後、社会保険労務士の合格率は一気に低下しました。つまり、
合格難易度が急激にアップしました。改正社会保険労務士法が施行され、社会保険労務士の社会的責任が増したからです。

毎年、100万件を超える労使紛争が生じています。労使間の交渉に社会保険労務士がアドバイザーとして介入する機会も増え続けています。




そのため、社会的責任を果たせる人材選定に力を入れ始めたのが平成27年です。下記のグラフをご覧下さい。年齢階層別で見ると合格者の
91%30代以上の人たちが占めています。

社会人としてある程度の教養をもっている人、社会的経験を有する人が合格者の大多数を占めます。

職業別では過半数を
会社員が占めます。実務経験と試験内容とのリンク性が最も強いのが会社員だからです。

次に無職の人が約15%を占めていますが、この方達の約9割が元会社員です。定年退職後の方もいれば、会社に不満をもって早期離職した方もいます。

性別で見ると約65%が男性、
約35%が女性合格者です。女性の合格率がこれほど高い専門的な士業資格は他にありません。


 ⇒ 2019年度合格発表状況はこちら(厚生労働省)

さて、2019年度の合格率は
6.6%でした。
では、下記の会場別の合格結果をご覧下さい。どう思われますか?

全19会場中、合格率6.6%を超えたのは、たった7会場のみです。
12会場が平均合格率を下回っています。

 

会場になっていない都道府県の方達は、良質な教材や資格スクールにも恵まれていません。

そして、合格率6.6%はこの試験の難易度の実態ではないのです。半分以上の会場で平均合格率を下回っているからです。

そして、受験の申込みから受験日までのわずか2ヵ月半で、11,142人(
22.4%)の人が棄権しているのがわかりますか?

5人に1人以上が、高い受験料を支払ったまま、試験会場にやってこないのです。この方達は、
完全なる学習計画の失敗者です。そして、試験会場にやってくる半分くらいの人たちが、中途半端な学習で試験に挑んでいます。

何の戦略もなく、漠然とテキストの1ページ目から勉強しているような人は、学習計画失敗者になってしまう可能性が高くなります。

スポーツの世界でも強豪チームは、弱小チームとは異なる練習方法を実践しています。単純に素質ある人材を集めただけでは強くなれません。

勝つためのターゲットポイントに照準を合わせ、効果的な訓練を積み重ねているからこそ、強いのです!!

国家資格試験の勉強も同じです。出題されるテーマに照準を合わせて勉強しない限り、合格(勝つこと)はできません。


試験合格に必要なことをそのまま覚えるだけ合格できるのです!!

つまり、試験で求められる知識・情報や各種制度概要について
知っていさえすれば、合格できるのです。

毎日の学習で計画的にそれらを吸収していくだけで合格できるのです。

論文も無ければ、複雑な計算も無い試験なのですから、熱意と覚悟と執念を持って、毎日、計画的に必要な範囲の学習を実行できる人であれば、合格できます!!

こんな簡単なことなのに、実践できている人たちは、おそらく受験者の3分の1もいません。だからこそ、それに気づければ、大きなチャンスなのです!!

たった1年だけ我慢して、勉強に真剣に取り組み、そして、合格できれば、その資格は一生涯使えるのですから、我慢するだけの価値はあります。

同僚や上司はあなたの将来のことなんて、微塵も心配してくれていません。

会社という組織から追い出されたら、あなたは自分自身の足で家族を背負って歩き続けなければいけないのです。そのチカラを身につけようと頑張っているあなたを妨害するような同僚や上司は、切り捨てるべきです!!

     

 お世話になっております。
 合格証が届き、やっと実感が湧いてきました。

 簡単に私の勉強法を紹介します。
 
 1日に2時間はSPM問題集を解きました。
 正誤はわからなくても、設問を読み、正誤を自分
 なりに判断して最初の1回目を解答します。

 一気に100問やると、わけがわからなくなるので、
 最初の1回目は25問に分けて解き、間違った箇所
 の解説を読み確認。

 100問完了したら、次の2回目は50問ずつに区切り
 再び解きます。これも完了し、やはり間違った
 箇所の解説チェック後に、100問をとおして3回目
 を解答します。

 このように1日に100問を3回繰り返しました。
 この時点で間違った問題は、翌日の最初に
 4回目、5回目を解きます。問題を繰り返し読む
 ことで、読む力もアップし、また出題箇所を把握
 することができます。 【東京都 佐藤様】
   


合格できる人たちは次の3点において共通しています。


出題箇所を把握した上で学習計画を立てている。

条文や制度内容を正しく理解できている。

必ず指導者が、ついている。

社労士の主な業務は、コンサルタントです。

労働者の業務中の事故等に備えた
労働者災害補償保険、失業時の生活保障のための雇用保険、業務外の疾病等に対処する健康保険、老後の生活保障のための国民年金厚生年金などについてクライアント企業から多くのご質問を受けます。

この他、労働時間や賃金など、労働基準法に関するご質問も多く受けます。会社の就業上のルールブックである
就業規則の作成依頼などもあります。

だから、社労士試験では、・・・


社労士になった後に絶対に必要となる基本知識
を受験者が有しているかどうか・・・が、試されているのです!!

そして、会社勤務の中でこれらを実体験できる会社員の人たちは、教材に書かれている制度内容に自分自身の境遇を当てはめて考えることができます。

イメージ化が容易なのです。頭の中に映像化できたことは、長く記憶として保存できるだけではなく、理解度も深まります。

また、そこから派生する興味関心事が増え、より幅広い分野の関連知識や情報を吸収していくことで、一般常識問題にも対処できるようになります。

漠然と市販テキストの最初のページから、もしくは法律条文の第1条から、
書かれている情報をただ丸暗記するような勉強をしている人は、一生かかっても合格できないかもしれません。

(弊社を初めて利用するまでに17回も連続で落ち続けていた人がいました。その方は弊社を利用した18回目の挑戦で見事、合格されました。)

出題箇所の把握と、深い理解が合格には欠かせません。ですが、それを受験者が知ることは、ほぼ不可能。。。。。

出題箇所の把握は、過去に出題された内容を精査することで得られます。どの法律のどの条文から主に出題されているのかを確認します。

そして、2つ目は条文や制度内容の正しい理解。

どんなに豊富な基本知識があっても、正誤判断ポイントを設問から読み取れない人は合格できません。

例えば、・・・

労働基準法第6条は「
中間搾取の排除」について規定されています。業として他人の就業に介入して利益を得てはならないと定めています。

では、・・・

派遣業者と30日間の労働契約を結んで登録している労働者が、派遣業者の紹介により、派遣先である工事現場に1日だけ派遣され、当該労働者が働いて得た賃金の一部を派遣業者が搾取する行為は、違法行為なのでしょうか?

ほとんどの受験者が、テキストに掲載されているどおり、
労働者派遣法に基づく派遣については、中間搾取行為には該当しない(違法行為ではない)と覚えているので、違法行為に該当しないと回答します。

ですが、正解は「違法行為に該当する」のです。

一部の例外業種を除き、日雇い派遣は原則禁止されていますが、「派遣元との間に
31日以上の労働契約を締結している場合」には、日雇い派遣も可能とされています。

そうしますと、
30日間しか労働契約を結んでいない派遣労働者を日雇い派遣することは違法行為なのです!!

単純な基本知識だけでは、このような問題に対処できません。

複数の法律を複合的に処理できるだけの
理解力がなければ、正解できませんし、正誤判断の重要キーワードについては、誰かに説明してもらわなければ、気づかないことも多々あります。

合格には、
国語読解力必要です。単純にテキストに記載された内容だけ丸暗記しただけでは、到底、太刀打ちできません!!

合格に必要なのは、
指導者(講師)の存在です。

社労士試験の独学は、指導者がいない状態から一流ピアニストを目指すような無謀な挑戦です。

イチロー選手や浅田真央選手など、一流選手になった人にも幼い頃から、指導者がついていました。

疑問に感じた時、解けずに悩んだ時、適格に助言してくれる指導者(学習パートナー)がいる受験者のほうが圧倒的に有利ですし、指導者がいなければ一流になる(=合格する)のは、ほぼ不可能です!!

先の派遣労働のような問題も、指導者がいなければ、正誤判断根拠もわかぬまま、単純暗記するしかありません。

ですが、社労士試験ではこのような設問が言葉を変えて、再び出題されます。言葉が変わってしまうと単純暗記者はパニックに陥ります。

独学は大きな遠回りになります。毎年、法改正されるため、合格できなければ再び新年度用の教材購入も必要ですから、出費も馬鹿になりません。

もし、・・・

弊社をご利用いただければ、合格に必要な3つすべてを同時に手に入れることができます!!

@ 試験に必要な箇所を把握でき、効率的な学習が実現できます。

A 迷ったときは、すぐに質問することができます。
 (回数無制限。無料)

B 学習のモチベーション維持につながります。

そして、ご質問いただいた方には、そのご質問に関連する行政機関発行の資料等もどんどんご案内・ご提供していきます。

求めよ!さらば与えん!!・・・やる気のある人には、弊社も応えます!!

さあ、あなたも2020年に社会保険労務士になりませんか?
一生涯、続けることができる職業です。


2020年試験日直前までのサポートおよびコーチングをお約束いたします。

井真井アカデミーが責任をもって、あなたを合格まで導きます。
今なら、2020年の合格を十分狙える位置にいます!!


2年越しの挑戦で遂に合格することが
できました。

1年目はユー○○○さんの教材を
使いました。自分なりに頑張った
つもりでしたが、結果は散々で、
合格発表後は、もう諦めようと思っ
ていました。

しかし、1日平均3時間、休みの日は
8時間以上勉強し、そんな期間が10ヵ
月くらいあり、せっかくやりかけた
ことを途中で諦めるのも悔しくなり、
もう1年だけ挑戦することに決めまし
た。

そんな時に偶然、目にしたのが井真井
アカデミーの教材でした。

それまでと大きく違ったのは、疑問に
思ったことをすぐに質問できる点でし
た。

素人が自力で調べるのは、時間もか
かり、勉強時間のほとんどが検索に
費やされていましたが、井真井アカ
デミーの対応は迅速で、驚くほど、
勉強がはかどりました。

それが、最大の勝因でした。
【東京都 伊藤様】
 
お世話になっております。先日、試験の合格証が届きました。社一救済で、直前まで微妙でしたが、なんとか滑り込むことができました。資格の学校の授業と並行して利用させていただきましたが、井真井先生のおかげで、安心して勉強に取り組むことができました。メールだと質問内容も整理できるし、記録の残るところが良かったです。

わかりやすく、細部まで、丁寧に、レスポンスも速くて本当に助かりました。個別に講師をつけている感覚で、このお値段だと、他の方にも勧めたくなります。これから事務指定講習となりますが、先生と同じ社労士の資格を得たことがとても嬉しいです。本当にありがとうございました。これから寒さが厳しくなりますが、お体にお気を付けてお過ごし下さい。1年間、ありがとうございました。【埼玉県 川村様】

       

井真井アカデミーの最大の特徴は、質問無制限かつ、それに対する迅速な返答です。

何も疑問が湧いてこないのは、危険信号です!!


合格された方達に共通していることは、最低10回以上は弊社にご質問されているということです。


     
         
     
   ※ 試験終了と同時に多くのライバルたちがスタートしています。上位7%以内に入らなければ合格できません。

  

   

目指すは2020年度合格の栄冠!!


社労士試験は法改正の嵐!最新情報を掴めなければ合格できない!!



世の中のほとんどの人は労働者です。そして、9割以上の人が被雇用者です。そして、給与から健康保険料や年金保険料を控除されています。現役引退後は皆、年金受給者となります。

これらの労働保険、社会保障制度に関する手続き・届出・相談等を主な業務とする社会保険労務士は、国民全体に関わる仕事をする専門家です。

立法機関である国会では国民全体の生活向上を目的とした制度の創設や法改正につき、常に議論・審議しています。そして、国会で成立した内容は、そのほとんどが、社会保険労務士業務に関連することなのです。

よって、社労士試験では、その年から施行される
法改正新制度についても出題されます。法律系国家資格試験の中では断トツで最新法律情報が求められる資格なのです!!

ですので、教材は毎年、買い換えることが必須です。

前年試験の勉強に使ったテキストを今年の試験勉強にも使ったら、答えが変わってしまっている場合が多々あります。古い教材を使ったがために、数点を失い、不合格になってしまったという人も多いのです。

弊社でも、
2020年試験用教材は最新情報を掲載してお渡しするため、全科目を一度にお渡しすることができません。

「労働基準法科目」から順次、最新情報を含めた主要10科目をご提供していきます。

社労士試験は、他のどの国家資格よりも国会決議の影響を受けます。

毎年、法改正の影響を強く受けますので、教材は常に最新のものを利用するのが合格の鉄則です。

たった1点差で合否が分かれることも、珍しことではありません。

弊社では経済的余裕があまり無いながらも、
本気社労士になることを目指す方のみを対象とさせていただいております。

そのため、他社より
圧倒的安価にて、ご提供いたします。

社労士のスクールに通えば、最低でも20万円以上かかります。通信教材でも最低5万円以上はかかります。5万円以上支払っても、十分な個別指導は受けられません。

また、数十万円の教材を購入しても、合格が保証されているわけではありません。むしろ、数十万円の教材には、試験に直結しない知識・情報が値段分、掲載されています。

それらを一生懸命、覚えても点数に結びつかなかったり、容量が多すぎて全科目を終えることができないことのほうが多いのが現状です。

そして、毎年、改正がありますので、もし、合格できなければ翌年、また、新たな教材を購入しなければ対処できません。

無駄な時間と出費を抑えるためにも、
狙った年に確実に合格を手に入れるべきなのです。コツコツ勉強は一番駄目なパターンです!

科目数が多く、対象となる法律も多いですので、コツコツやっていると、せっかく覚えた内容が時間と経過と共に忘れてしまうからです。

一気に覚えるべき箇所を覚え、覚えたことを忘れないよう、何度も繰り返し、必要な情報を記憶として脳に刷り込ませる必要があります。

社労士試験合格に必要なのは
スピードです。

今まで合格できなかった方が、弊社の門を叩き、その後、難なく合格されています。是非、多くの方に挑戦していただきたいと思います。

ですが、ご利用いただくには、いくつかの条件がございます。

それは、・・・

パソコンやタブレットが使える人

エクセルやワードの操作ができる人

毎日、学習時間を確保できる人

以上の3つの条件を満たす方のみを対象とさせていただきます。

弊社教材は、紙媒体ではありません。

エクセル(Excel)
ワード(Word)ソフトを使った電子教材
です。

社労士学習には膨大な知識や資料が必要となります。

欲しい情報を見つけ出すため、紙をペラペラめくって探すような作業は、時間を無駄に浪費するだけの行為です(受験者のほとんどが、この状態です)。

貴重な勉強時間の大半がそのような作業で使われてしまいますと、知識の蓄積ができず、また集中力や記憶力の障害となります。

パソコン等を使った電子教材であれば、検索機能を使い、知りたい語句を入力して1クリックするだけで、ほんの1秒で欲しい情報箇所へジャンプします。

また、
自分が理解できている問題理解できていない問題の仕分けが簡単にできます。できる問題を何度、復習しても時間を無駄に浪費するだけで、点数アップにはつながりません。

「できない問題」を徹底的に「できる問題」へ切り替える努力が必要です。エクセル問題集は、あなたが「
できない問題」を明示させます。このことにより無駄の無い、効率的な復習が可能となります。

問題集ファイルは、コピー保存できますので、何度でも新しい問題集としてご利用いただくことができます。

社労士試験は全問マークシート方式です。手書き解答箇所はありません。目の前に書かれている設問につき正誤を判断するだけです。ですので、知っているかどうか、その知識・情報量のみが合否を決めます。

求められる知識・情報は広範にわたりますので、いちいち、ノートに書き写すような作業をしている暇などありません。そんなことをするくらいなら、10回読んで覚えたほうが早いですし、記憶に残ります。

学習効率を最大限引き出すため、Microsoft社のWordやExcelで教材を作成していますので、これらのソフトが搭載されたパソコンや端末をお持ちの方だけを対象とさせていただきます。

また、どんな職業であっても、会社のデスクワークにWordやExcelなどの操作能力は欠かせません。社労士になってからも、書類作成の機会は増えます。

クライアントに提出する資料が「手書き」なんてことは、もうこの時代、ありえません!!

ですので、エクセルやワードがある程度、操作できる方を対象とさせていただきます。

簡単な操作で学習いただけますので、もし、ソフトをお持ちの方はこの機会に操作方法も一緒に学んでください。複雑な操作は一切、ございません。


    

そして、最後は「毎日、勉強できる人」です。
社労士には、性格的な「向き、不向き」があります。

数多くの法律を取扱い、類似した制度を横断的に正しく理解するには、
整理上手な人でなければ、対処できません。

クライアントから質問されたら、即座に
回答しなければいけません。その場で回答できなくても、早期回答が求められます。

どこを探せば、クライアントが望む答えを得ることができるのか?

その答えの保管場所が、頭の中で整理できていなければいけません。

あなたのデスクの上や引き出しは、きれいに整頓されていますか?

まずは、身の回りの整頓から始めてください。常に整頓するクセを身につけることで、覚えた知識の脳内の整頓もできるようになります。

社労士試験に合格したら、勉強は終わり・・・ではありません。

むしろ、毎日、新たな知識の積み重ねが求められます。
(全国の社労士支部会でも勉強会が毎月、頻繁に実施されています)

そのため、継続的なブラッシュアップが必要なのです。

せっかく、
覚えた知識や情報も放置してしまえば、やがて忘れてしまいます。完全に忘れたら最後、また最初から覚え直さなければいけません。

ゼロから覚え直すということは、以前、覚えるのに要した時間は、無駄な時間だったということになってしまいます。

ですので、一度、覚えたら、きちんと知識を整理し、毎日、こまめにメンテナンスできる人でなければ、合格に近づくことができません。

パソコンやタブレット操作ができ、エクセルなどが使えて、整理・整頓が得意な人なら、社労士試験に短期間で合格できる可能性が高くなります。

エクセルやワードは、整理するのにとても便利なツールなのです。そして、問題を解く中で、あなた自身の苦手箇所や得意箇所を明確に示してくれます。

弊社では、受講者様の一人でも多くの方に合格していただきたいと、心の底から願っています。
過去の出題箇所の徹底分析により、合格に必要な重要箇所を中心に授業しますので、コアな点数確保が可能となります。

合格に本当に必要な重要情報をご提供することをお約束いたします!!

また、一般常識科目等に対処するための、各関連機関の重要資料類を無償提供しております。試験前に必ず目を通しておかなければいけない資料です。

更に!

わからない箇所があったときは、気軽に、講師に対してメールで質問することができます。

弊社では、ご質問に対する回答も迅速に行っています。
(即日・翌日または休業日明け最初の営業日に回答します)

わかりやすい解説によって、受講者様にご理解いただけるまで丁寧にご説明いたします。

是非、短期一発合格を果たし、社会保険労務士になってください!!
そして、いつか社会保険労務士の会合でお会いしましょう!!

 
        井真井アカデミー
            講師 井真井 秀樹



社労士試験は、単純基礎知識だけでは合格できません。設問読解力が必要!

 大多数が失敗する試験において、
大多数と同じ勉強をしている限り、
大多数の側からは抜け出せない!!



  サンプル
*保存をご選択ください。ダウンロードが開始されます。

社労士短期合格したい方はこちらもご覧ください→

2年以内独立開業したい!
社労士として働く
が叶う!
一発合格社労士になるための教材!

合格後、2年以上の実務経験が無い人は4月間の通信指導課程と4日間の面談指導過程の受講が必須になります。学習開始→合格→通信指導過程→面談指導→開業準備→開業まで順調に推移しても平均2年ほどかかります。

 





 
【2018年度試験合格】

第50回社会保険労務士試験に合格しました。今まで井真井アカデミー教材で、FP、宅建士、マンション管理士、管理業務主任者、行政書士等でSPM問題集を実践して合格しており、効果は実証済でしたので、合格(問題集の正解率95%以上)するまで繰り返し実施しました。SPM問題集は過去問対策に最短で合格レベルに到達できる教材でした。また、試験範囲の広い社労士では、科目ごとに送付されてくるテキスト、問題集に添付された関連資料や条文が、初見の肢、一般常識や各科目の選択式問題対策として特に役立ちました。本当にありがとうございました。【海原様より】




社労士勉強には学ぶべき順番がある!!


日々の忙しい生活の中で勉強時間を確保するのは大変です。

社労士試験は基本科目が10科目もあるので尚更、大変!せっかく覚えた知識も気がついた時には、
すっぽり記憶から抜け落ちてしまっているなんてことは、誰もが経験しています。

特に一人で勉強していると不安ばかりがつきまといます。勉強の方向性は正しいのか?自分はどこまで理解できているのか?

それ以上にやっかいないのが、
モチベーションの持続です。
ついつい、「今日一日くらい休んでもいいか・・・」となりがちです。

合格に欠かせないのが、労働保険や社会保険に関する知識ですが、これらは私たちの生活に密接なテーマでありながら、普段、あまり意識することもありません。

いざ、関わってみると
制度が複雑過ぎてチンプンカンプン。。。

「?」が多くなるに従いモチベーションは下がる一方です。

どうにも手に負えず、結局、諦めてしまう人も多くなります。

実は諦めてしまう人達は、「社労士学習には
学ぶべき順番がある」ということに気付いていなかった人達なんです!!

家を建てる時は、土台の基礎工事から始まり、柱を立て、筋交いを入れ、屋根を乗せてから壁や床を張っていきますよね。

おしゃれな外壁や窓は後になります。こうやらないと、頑丈な家は出来上がりません。

社労士の勉強も同じなのです。
基礎や柱となる知識から学び、その知識に関連知識を肉付けしていくことになります。

最初からおしゃれな外壁や窓を取り付けようとしても、基礎や柱がもろいと、うまく取り付ける事ができず、はずれてしまいます。

一方、基礎や柱となる知識がしっかり記憶として定着していると、忘れることが飛躍的に少なくなります。

関連づけて覚えているので、思い出す時も
連鎖で引き出すことができるからです!これを連鎖記憶法といいます。

各制度の大枠となる概要をまず把握し、徐々にその枠の中の細部を埋めていくのです。


弊社の教材は合格に必要な知識が
正しい順番で覚えられるよう構成されています。そのため、記憶の定着に苦しむ日々から解放されます!!

自宅に居ながらスクールに通うのと同じ効果が期待できます。

特に問題集には
記憶定着効果を高めるための秘密が仕掛けられていますので、ライバル達よりも上位に行けることをご期待下さい!!

お好きな時間お好きな場所で学ぶことができ、疑問があれば直接、講師にメールで質問できるので、成績アップにつながります。

解答テクニックだけではなく、受験に対する不安やご相談も気軽にお問い合わせ下さい。
短期間であなたの成績を
E判定からA判定へと導きます!!
さあ、一緒に社労士を目指しましょう!!




  




*個人情報保護のため、お客様の特定情報の一部を隠させていただいております

 
【合格者体験談】

お陰様で見事合格することができました。自己採点では選択式31点(国民年金のみ2点)、択一式47点でしたので、救済の可能性が高いといわれながらも不安な日々を過ごしてました。私は営業で空き時間も比較的有効に使えるスタイルだったため、昼休みや空き時間にipadを使ってひたすらやってました。本当にSPM問題集は私の生活スタイルにぴったりであり、速読が苦手な私には抜群の効果を発揮していただいたと思っています。なお、今回が2回目の試験で、1年目はフォーサイトさんにて学習し、2年目は井真井アカデミー教材(主にSPM)と各社の模試のみで勝ち取りました。本当にありがとうございました。今はFPでもお世話になってますので、引き続き、宜しくお願いいたします。
【坂森様より】



       

   
 
この教材は2020年度試験確実に合格したいという人が対象です。

早く学習を始めたほうが絶対的に有利な試験というのがありますが、社会保険労務士もその一つです。

膨大な必要情報を効率良く吸収して、頭の中で整理し、記憶として定着させるためには、
反復学習が絶対に必要です。

学習過程において意味のわからないもの、正誤判断根拠が曖昧かつ不明なもの、何故そうなるのか理由を知りたいことなど、様々な疑問や質問が次から次へと湧き出てくるはずです。

湧き出てこない人は、むしろ危険です。知識が深まれば深まるほど、疑問点が出てくるはずなのです。

しかし、合格に必要な情報を独学ですべて調べるには、限界がありますし、誤った解釈をしたまま、納得してしまうこともあります。

これでは、むしろ合格は遠のいてしまいます!!

弊社の教材と個別サポートをご利用いただければ、あなたが1日かけても見つけ出せなかった答えが、たった
1分で見つけ出すこともできます。

それは、
23時間59分節約ができたことになります!!

「無駄な作業時間」をつくらず、「
有意義な勉強時間」として時間を使えている人だけが、試験に合格できる人たちです。

私が必要な情報を迅速にあなたへご提供することをお約束致します!!

試験で勝つ秘訣予習・復習サイクルを早期に構築することです。


  脳の記憶の仕組みを知れば、  効率良い学習が可能に!

   

既に2020年度試験に向けてスタートを切っている人達が全国に2万人以上いらっしゃいます。この数は徐々に増加し、最終的には約5万人まで膨れ上がります。

それに対して合格できるのは、恐らく
2,000人程度!!合格率は事前にある程度、決まっていますので合格者数は制限されます。

社労士になることをずっと夢見て何年も勉強し続けている人、何年も試験に挑戦し続けている人も、あなたのライバルたちです。

これから初めて社労士の勉強を始める人たちは、大きなハンディを抱えています。既にライバルの多くは基礎学習を終了しているからです。

しかし、ご安心ください!!

弊社がライバルに勝つことができる
合格に必要なことをお教えします。社労士試験では重箱の隅をつつくような難問も数多く出題されます。基礎知識だけでは、とても対処しきれません。

そんな時、
どうすれば解けるようになるか、どんな資料を参照すれば理解できるようになるのかを逐一、ご案内いたします。

疑問に感じたら、とにかく、直接、ご質問してください。

2020年度試験で合格するのは、あなたです!!


【2019年度 社労士試験結果】

(1) 受験申込者数 49,570人(前年49,582人、対前年 0.024%減)
  うち科目免除者1,149人(うち公務員特例の免除者580人)

(2) 受験者数 38,428人(前年38,427人、対前年 0.003%減)
  うち科目免除者992人(うち公務員特例の免除者492人)

(3) 受験率 77.5%(前年 77.5%)

(4) 合格者数 2,523人(前年 2,413人)
  うち科目免除者98人(うち公務員特例の免除者67人)

(5) 合格率 6.6%(前年 6.4%)



※直近10年において、合格率は10%を超えていません。




   

         

 
【2018年度試験合格】

お世話になっております。自己採点で国民年金の選択式が2点でしたが、救済され、なんとか合格することができました。私はSPM問題集を繰り返し行い、3回連続正解できずに4回目で解答欄が黒くならない問題と解答を紙に書き出して知識の定着に努めました。繰り返すことによって、あやふやだった知識が整理されていくことを実感でき、自信につながりました。ありがとうございました。【根本様より】

※弊社問題集は5回分の解答欄があり、3回連続正解できると4回目以後の解答欄は黒塗りされ、利用できなくなります。効率学習を実現するには、無駄な復習時間をつくらないことも重要になります。
【井真井アカデミー】




社労士活躍の場は拡大中!
取得するなら今こそ、最大のチャンス!




社会保険労務士の活躍の場は、年々、広がっています。例えば、個別労働関係紛争は上昇の一途を辿っており、年間100万件を何年も継続して超えています。

これに対して、国は個別労働関係紛争に関する民間紛争解決手続(ADR)において、特定社会保険労務士が単独で紛争の当事者を代理することができる紛争目的の価額上限を従前の少額訴訟の上限額である60万円から「120万円」に引き上げました。

社労士の訴訟における当事者代理ができる場を拡大することで、紛争が早期解決できることを国が期待しているのです。

介護業界に関しては、都道府県における「地域医療介護総合確保基金」を活用した事業の推進などから今後、益々、医療機関と介護事業者との地域における連携が深まることが想定され、社労士が「医療労務コンサルタント」として、医療機関に対して労務管理の相談指導等の業務を行っていく中で、必然的に介護業界からも期待される存在になりつつあります。

少子化高齢化が進み、産業構造や雇用形態が変化する中、『働く人』と『仕事』と『生活』の調和を実現し、企業や社会の持続的発展を図るワークライフバランスの推進が益々、重要となっており、こうした環境対応にも社労士はコンサルタントとして企業へ助言していきます。

世間では労働基準法違反の時間外労働時間を労働者に強いた結果、自殺者を出してしまった企業が社会問題にもなりましたが、企業に対して遵法を指導することも社労士業務の一つです。

改正労働安全衛生法により平成27年12月からは、一定規模以上の企業に「ストレスチェック」の実施が義務化されましたが、この結果による雇用形態の改善コンサルタントも必要になるでしょう。

「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍法)」も10年間の時限立法として成立しました。

常時労働者301人以上を雇用する事業主は@自社の女性の活躍状況の把握・課題分析、A行動計画の策定・届出、B情報公表などを行う必要があります。

女性活躍状況の把握・課題では@採用者に占める女性比率 A勤続年数の男女差 B労働時間の状況 C管理職に占める女性比率を分析しなければなりません。

自分の会社の事しか知らない事業主が、社会的に相応しい数値目標を設定することは困難です。そんな時、様々な企業に出入りしている社労士が相談相手として相応しいと認識されることでしょう。

そして、2016年1月1日以降、社労士法改正により、従来は2人以上からでしか法人設立ができなかったものが、1人でも設立できるようになりました。多くの社労士が企業コンサルタントに関わることを期待しての改正です。

そして、2018年6月30日に「働き方改革関連法案」が可決され、労働時間に対する厳しい制限が付されることになりましたが、今後、労働基準監督官による企業への立ち入り調査権限を社会保険労務士に与え、労働基準監督官の代理行為を社会保険労務士が担うことが検討されています。

リクルート社の調査では、労働環境の悪さが、退職理由の上位を占めているのがわかります。



また、将来の年金相談等も含め、社労士が活躍できるフィールドは拡大し続けています。まだ、拡大途上にあるということは、大きなチャンスです!!

社労士の活躍できるたくさんのフィールドは数多く残されています!!

あなたも早く社労士資格を取得し、社労士として活躍してください。  


教材選択を間違えばゴールテープは永遠に見えてこない!!

あなたが進む先にゴールテープはありますか?
                   

合格の秘訣は、

@勉強法 A勉強内容 B記憶維持
にあります。

過去平均合格率6%前後の社労士試験を突破するためには、94%の人たちと同じことをしていては、とても合格することはできません。

6%の合格者たちが実践している勉強法は、94%の人たちから見たら、非常識な勉強法に映るはずです。

ですが、この非常識勉強法こそが、難関国家資格試験合格においては、常識になるのです。弊社教材では、試験合格に必要のない内容は、バッサリ切り落としています。

例えば、社労士試験では、合格後に必要な実務的内容については出題されません!また、毎年、変動するような数値も出題されません!

数値・金額を問う出題は過去に、ほとんど出題されていないのです。

ですが、それを知らない受験者は何時間、何日もかけて数字や金額を一生懸命、暗記しようとします。出題されない箇所に時間を使っても意味がありません。

この勉強の目的はただ1つ!!・・・合格することです。これ以外の目的は無いのです。

試験に不要な知識まで掲載された高額教材に手を出して後悔する受験者が後を絶ちません。弊社の受講者様は同じ社労士資格を3万円程度で手に入れています。

教材選択を間違って、貴重な時間を無駄な勉強時間に充ててしまったら、その先には、ゴールテープは見えてきません。

ゴールは東にあるのに、東南に向かって走り出したら、ゴールからはどんどん離れてしまいます。

早期合格・早期取得を目指すなら、教材の選択は重要です。そして、ライバル達にどうやって勝つのか、その戦略も必要です。

弊社教材は、発売開始以来、多くの社会保険労務士を新たに誕生させています。合格にこだわった実力教材です。

一般の市販教材とは大きく異なります。

教材の他にも試験に欠かせない最新資料も豊富に取りそろえています。これらをすべて無償にてご提供いたします。
 


【無料で提供している各種資料の一部:合格できる人たちは見ています】

 


 

       



弊社教材は、学習にパソコンやPCタブレットをご利用いただく電子学習教材になります。紙媒体の教材ではありません。

テキストは、マイクロソフト社の
ワード(Word)、問題集は同社のエクセル(Excel)にて作成されています。

その他、アドビ社の
PDFファイルMP3音声解説ファイルがございます。

そのため、WordやExcelソフト搭載の端末が必要になります。近年、世界中の学校教育において、電子教材が普及しています。

電子教材の最大のメリッとは、学習スピードと成績管理です。

通常、最低1年以上は必要だと言われる社労士も、
6ヵ月程度で終了することができます。

検索機能や置換機能、入力機能などがついているため、自分にあった使い方ができます。

欲しい情報をコピーペーストしたり、必要な言葉を書き加えたり、重要キーワードを太字や色塗りすることができます。

見づらい小さな文字もサイズ拡大でき、また、文字フォントもお好きなものに変更できます。欲しい箇所だけ印刷もできますし、問題集は何度でも繰り返して、ご利用いただけます。

自由自在に自分好みの教材に変更できるテキストですので、
Iノートと呼んでいます。

<テキスト:Iノート>


また、電子データファイルは持ち運びも容易であり、複数の端末で同時に利用することもできます。

自宅で途中まで勉強し、残りは会社のパソコンでやることも可能です。パソコンやタブレットさえあれば、日本でも海外でも、ご利用いただけます。

そして、メールで直接、わからない箇所を弊社に質問し、その回答もパソコン等に送信されます。



直近15年以上の過去問を徹底分析し、試験合格に必要な知識・情報のみを集約した画期的な学習教材です。

ライバルに大差をつけるには、この学習方法が最善策です。

弊社の問題集は、Excelで作成されており、大きな特徴は1問1答式である点です。

実際の試験問題は、午前中が選択式問題、午後が択一式問題となります。特に午後の択一式問題は、全7科目70問から構成されており、各問5つの肢が提示され、その中から正解肢を回答します。

5つの肢を読み、各肢に対して正誤判断を下し回答するということは、5肢すべてについて正誤判断できる知識がなければいけません。

弊社では、正確に正誤判断ができるよう、あらかじめ1問1答式問題集にして、各肢に注意が向くよう配慮しています。

何故なら、今回は正解肢ではなかった肢が、次の年の正解肢になる場合があるからなのです。正解の肢にしか注意を向けられない日頃の勉強では、イレギュラーに対処できません!!

また、受験者が一番、陥りやすいダメな勉強スタイルとは、「できる問題」「理解できている問題」を何度も繰り返し復習してしまうということです。

総合点を競う試験ですので、ボトムアップが必要不可欠です。そのためには、苦手科目、苦手問題の克服にこそ、復習時間を割り当てなければいけません!!

しかし、どうしても「できる安心感」を求める傾向が受験者にはあります。

弊社の問題集は、
連続3回正解できた問題は、解答欄が自動的に黒く塗りつぶされ、復習できないようになっています。黒く塗りつぶされていない問題を最優先させるためです。

このことは、同時に成績管理が自動的に行われるということを意味します。あなたに不足している箇所を明示し、その克服を最優先させ、全体的な成績アップにつなげます。

通常の市販問題集なんかより、数段、速く学習が進みます。そのため、スピードマスター問題集という意味で、「
SPM」と呼びます。

(SPM問題集)


短期合格者に共通した学習法は、テキストよりも、問題集を中心に学習を組み立てているという点です。



テキストは運転マニュアルであり、問題集は実技訓練場!


学生だった頃は、先生が黒板やホワイトボードに説明した内容をノートに書き取り、そのノートを見て、期末試験に挑んでいたと思います。

授業で習ったことしか出題されないのが、学校のテストです。だから、真面目に勉強さえすれば、誰でも好成績が取れたはずです。

学力確認のためのテストなので、それで良かったのです。

ですが、国家資格試験は、学校のテストと全く違います!!

合格者に共通した学習法は、テキストよりも、問題集を中心に学習を組み立てているという点です。

市販テキストの内容は、基礎の基礎しか記載されていません。それも設問を解く上で基準となる条文の解説にすぎません。

例えば、試験で頻出の労働基準法第20条は
解雇予告についての規定です。この規定では、・・・

「労働者を解雇しようとする場合は、少なくとも30日前にその予告をしなければならず、30日前に予告しない使用者は、30日分以上の平均賃金を支払う必要がある」

・・・といった解説をどのテキストでもしています。

「なるほどねえ〜」と、この内容をノートに書き取り、覚えたとしましょうか。では、試験ではどのように出題されるのか?

【実際の過去問】
「使用者は,ある労働者を8月31日の終了をもって解雇するため,同月15日に解雇の予告をする場合には,平均賃金の14日分以上の解雇予告手当を支払わなければならない。」

このように出題されます。さて、この問題は「正しい」のですか?それとも「間違い」なのですか?

この設問は「正しい」が正解です。その理由がわかりますか?100人いたら70人くらいは、正解できません(悲)。

労働基準法第20条を完璧に覚えていても、実際の試験では解けないのです。テキストって、例えるなら、自動車の運転操作が書いてある取扱説明書に過ぎないのです。

右ウィンカーを出す時はこのレバーを持ち上げます。サイドブレーキをかける時は、このペダルを踏みます・・・といったマニュアル本です。

ですが、実際の試験は、走行テストなのです。複雑に入り組んだ公道を走行し、信号のある交差点や坂道、踏切、一時停止などの運転テクニックを審査する場所なのです。

マニュアル本を1000回読んだところで、実際に自動車の運転をしたことがなければ、または運転回数が少なければ、事故を起こす確率は高くなります。

合格できる人たちは、マニュアル本を眺めるよりも、実際の公道を運転しながら、運転技術を磨くことに専念しています。だからこそ、本番試験でどんな難問が出題されようと、うまく乗りこなすことができるのです。

さっきの問題を一応、解説しておきます。

解雇予告は解雇30日前にしなければなりませんが、その日数は平均賃金を支払った場合、その日数分を短縮することができるのです(労基法20条第2項)。

8月31日に解雇する場合、解雇を予告した日は、30日に含めません。8月15日に予告した場合、8月16日から8月31日までは16日間あります。16日間分については、労働者は労働を提供し、使用者は賃金を支払います。

ですので、最低でも30日−16日=14日分の平均賃金を支払えば、8月15日に解雇を予告し、8月31日をもって解雇することができることになります。

解雇30日前に予告すれば、使用者は通常の賃金を支払えば足ります。ですが、解雇は労働契約法第16条で厳格に制限されていますので、簡単に行うことはできません。

(労働契約法第16条)
解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。

@客観的に合理的な理由
A社会通念上相当

・・・の2つを満たさない解雇は無効です。使用者の主観的感情や非常識な理由による解雇は認められていません。

社労士試験に合格するのに最も重要なのは、
読む力です。すなわち、設問読解力だといえます。設問の主題・主旨をまず見抜かなければ始まりません。

その上で、習得した知識の引き出しから、最も適切なものを引っ張ってくることになります。

正誤判断根拠となるキーワードは100%の確率で、設問の中に含まれています。そのキーワードを拾い上げ、つなぎ合わせることで、正誤が決まっていきます。

ですので、設問を読んだ時に、設問の述べている内容・意味がよく理解できないという人は、読解力が不足しているか、または、知識が不足しているかのどちらか、または両方になります。

読解力を身につけるには、
論理的思考を身につける訓練が必要です。常に頭の中で「何故?」という疑問を意識的に抱くことが必要なのです。

単純に書かれている内容を丸暗記するのではなく、そうなる経緯を理解しようと努めることです。また、それと同時に言葉そのものの意味も理解しなければなりません。

労働契約、労働協約、労使協定、就業規則といった法律用語の意味を知る必要があります。

「誰と誰」が、「どんな時」に「どんな内容」につき交わすものなのかを知りませんと、これらの言葉が設問内に出てきたとき、文章の背景・状況が見えてこないからです。

【実際の過去問】
労働者が,実質的にみて使用者の強制はなく,真意から相殺の意思表示をした場合でも,前借金その他労働することを条件とする前賃の債権と賃金を相殺してはならない。 

「相殺」という言葉の意味を知らなければ、正解できない問題です。

以上のように、社労士試験合格には問題集を使った学習が効果的です。そして、知識はもちろんのこと、設問読解力が求められます。この能力を身につけるには、論理的思考を心がけるべきです。

そして、法律用語など、言葉そのものの意味も理解するよう務めて下さい。

択一式問題においては全70問×各問5肢=350肢を読み、各肢に対して正誤判断を下した上で、正解の肢を選びます。

試験時間は210分間ですので、各肢に対して使える時間は、たったの36秒です!36秒以内に問題を読み、正誤判断するのって、結構、大変です。

普段から時間を意識し、スピード解答の訓練をしなければ、本番当日、タイムオーバーとなります。受験者の半分くらいは、最後の問題まで辿り着くことができません。

日頃の学習には、ストップウォッチを使うことをお勧めいたします。



足切りという難関をクリアしない限り、合格は見えてこない!!


社会保険労務士の試験日は、毎年8月最終日曜日。真夏の猛暑の中で実施されています。

平均約5万人くらいの受験申し込みに対して、実際に試験会場にやってくるのは、約4万人程度です。

受験申し込みは、全国社会保険労務士連合会のホームページサイトである「社会保険労務士試験オフィシャルサイト」にて、4月中旬から5月末日まで実施されています。

全国社会保険労務士連合会は、社会保険労務士法第25条の34に基づき、厚生労働大臣の認可を受けて設立された特別民間法人で、試験を管轄する組織です。

この試験機関の依頼により選任された大学教授や有識者によって、試験問題は作成されています。

社会保険労務士になった後は、50を超える法律を取り扱うと言われていますが、試験で出題されるのは以下の主に10科目です。

@労働基準法
A労働安全衛生法
B労働者災害補償保険法
C雇用保険法
D労働保険徴収法
E健康保険法
F国民年金法
G厚生年金保険法
H労務管理その他の労働に関する一般常識
I社会保険に関する一般常識

試験は大きく分けて2つの形式から構成されています。その2つが、午前中と午後に分かれて実施されます。

長年、午前中には選択式試験が実施され、午後には択一式試験が実施されていますが、過去には午前中に択一式試験、午後に選択式試験が実施された年もありました。

社会保険労務士試験オフィシャルサイトには、毎年4月上旬になると試験概要が公表されますので、必ず確認してみてください。

いずれにしましても、選択式試験は80分間、択一式試験は210分間で実施されます。

選択式試験は上記@〜Iの科目が大問8個で構成され、択一式試験は大問7個で構成されています。


科  目 選択式
(全8問:配点)
択一式
(全7問:配点)
労働基準法および労働安全衛生法 5問(5点) 10問(10点)
労働者災害補償保険法および労働保険徴収法 5問(5点) 10問(10点)
雇用保険法および労働保険徴収法 5問(5点) 10問(10点)
労務管理その他の労働に関する一般常識 5問(5点) 10問(10点)
社会保険に関する一般常識 5問(5点)
健康保険法 5問(5点) 10問(10点)
厚生年金保険法 5問(5点) 10問(10点)
国民年金法 5問(5点) 10問(10点)
合計 40問(40点) 70問(70点)

会保険労務士の合格率が低い理由・・・つまり、なかなか、合格できない理由は、各科目に足切り基準が設けられているからなんです!!

足切り基準点というのは、あらかじめ定められた一定の点数を超えなければ、その時点で不合格が確定してしまう切り
捨て基準のことです。

選択式問題では、各5問中3問以上の正解ができなければ、その時点でアウト(不合格確定)になります。択一式問題では各10問中4問以上の正解が基準です。

この基準は、試験年度の難易度によって、科目単位で引き下げられる場合もありますが、救済措置がまったく なされない年度もありますので、受験者にとっては超えておかなければならない第一関門となります。

他の科目がパーフェクトの満点であっても、選択式または択一式のたった1科目の点数で容赦なく切り捨てられます。

このルールにより、あと一歩で合格を掴み損ねてしまう人が毎年、数百人規模でいます。

メイン10科目は、社会保険労務士業務の中核ですので、「苦手」では許されません。必要最低限の知識は習得しておかなければならないのです。

足切り基準点のクリアは、単に「合格できる可能性」を取得したにすぎません。ここから上位6%前後の人たちだけが合格できます。

特に優秀な受験者であっても失敗しがちな科目が「一般常識」です。

「労務管理その他の労働に関する一般常識」と「社会保険に関する一般常識」の2科目は、広範にわたる知識・情報量が必要です。

普段から少しでも関連する情報を新聞、雑誌、テレビ、インターネット等で見つけたら、必ず目を通し、場合によっては書きとどめたり、コピペしたりして整理しておくのが良いでしょう。

年金制度成立の歴史的背景・経緯なども問われる場合があります。

この一般常識に関する情報量が合否を大きく左右しているといわれます。

さて、足切りを免れた人たちに対し、次に待ち構えるのが、第二の関門です。それが、選択式問題の合格基準点、択一式問題の合格基準点です。

この両方をクリアできた人たちが、合格者となります。
足切りクリア」+「合格基準点クリア」=合格者

合格基準点は、受験年度の試験問題の難易度によって決まります。つまり、受験者の能力レベルによって、毎年、変動します。

ちなみに、選択式問題の過去最高合格基準点は40問中
28点以上。択一式は70問中48点以上です。

今後、社労士試験に合格したいなら、この点数を超える点数を狙っていかなければいけません!!

ボトムアップの総合点アップを目指すには、自己能力を分析し、自分に不足しているものを継続的に補っていく必要があります。


   

 
 





     


合格に必要なのは試験で使える知識のみ!有効知識量で合否が決まる!!
 
設問内容が、どのようなことを述べているかを理解するには、国語読解力が必要ですが、あとはその設問に対する答えとなる知識をあなたが、持っているかどうかに、かかっています。

複雑な計算など皆無ですし、全問マークシート回答方式なのですから、文章を書く能力も不要です。

合否の鍵を握っているのは、求められたことに対して、知っているかどうか?・・・というだけの正に単純な試験なのです(笑)。

ですから、知っておかなければならないことを知らなければ、10年、20年かけても合格はできませんが、知ってさえいれば、
6ヵ月もあれば合格できます。

もし、答えとなる知識を持ち合わせていない場合は、「勘」と「運」に頼るしかありません。

勘と運に頼る場合・・・

原則、選択式問題は20の語句から適切な5つの語句を選びますので、当たる確率は25%。ですが、順番もありますので、確率は更に下がります。

択一式問題は5肢から1肢を選ぶので当たる確率は20%となります。ですが、正しい(間違い)肢の組合せを選ぶ問題では4%となります。

総じて、勘や運まかせでは、正解できる確率は極めて低いということです。では、これらに対処するにはどうすれば良いのか?それは、・・・

出題箇所を把握し、1問1答式問題集で余すところなく、確実に吸収していくしかないのです!!

(SPM問題集)


この問題集のメリッとは数多くあります。

その一つが(設問ー解答ー解説ー解答欄ー正誤判断)が、すべて横一列に並んでいる点にあります!!

人の
集中力は20分程度、記憶力は2日程度しか維持できません。

例えば、あなたは、仲の良い友人と電話で話をしています。最近、新しい場所に引っ越したということで、友人が自分の新たな住所をあなたに告げました。

「東京都港区芝公園1-8-21グランドハイツ芝公園512号だからね」

・・・と、言われたので、慌てて紙に書き取りました。さあ、3日後にあなたは、この住所を紙を見ずに完璧に言えますか?

多分、無理だと思います。芝公園から下の住所は数時間後には、完全に忘れていると思います。

私たちの脳の中で記憶を司っているのは「海馬」という部分です。ここに短期記憶された知識や情報は、生命維持に関わる重要な情報でない限り、早期に消滅します。

一方、何度も繰り返し覚えた情報については、重要情報だと脳が認識し、海馬から大脳皮質へと伝達される仕組みになっています。大脳皮質に伝達された情報は長期間、記憶されます。

おわかりかと思いますが、社労士を目指すのは国民の中のほんの一握りの人たちだけ。我々、人類にとって、社労士に関する知識・情報は生命維持にかかわるようなものではありません。

よって、海馬に保存されても、繰り返し復習されなければ、あっという間に記憶から消えてしまうのです!

集中力を切らさず、設問と解答との関連性を強く認識するためには、設問と解答・解説が常に一体であることのほうが、脳は整理しやすいのです。

一体として認識したまま、海馬から大脳皮質に伝達されたほうが、より長期の記憶として維持されます。

この試験の難しさは、多くの法律を学ばなければならない点にあります。そのため、覚えなければならない知識も膨大です。いかに上手に整理し、長く記憶していられるかが、とても重要な要素なのです。

だるま落としのように、覚えた知識を次々、忘れていったら、最後はだるまの頭しか残りません。

SPM問題集は、各設問の右隣セルにカーソルを当てると、その問題を解く上で必要なヒントが解説として記載されています。




この解説機能には、あなたの集中力を増幅させるための
ツァイガルニク効果をもたらす工夫がなされています。

ツァイガルニク効果とは、ロシアの心理学であるブルーマ・ツァイガルニクが発見した現象です。

レストランのウェイターは、客に運び終えた注文内容よりも、これから運ぶ予定の注文のほうをよく覚えているという現象にヒントを得て見つけた効果です。

いつでも目の前に解説が見えている場合、その「安心感」が先行し、その内容が記憶として定着していない可能性が高くなります。

なぜ、ウェイターは、これから運ぶ予定の注文のほうをよく覚えているのでしょうか?

それは、集中力と緊張感があるからです。忘れてはいけないという危機感を常に抱いているからなのです。

SPM問題集は、カーソルを「解説セル」に当てた時だけ表示されます。カーソルを外すと、非表示になります。

表示されている時に覚えなければ、消えてしまうという危機感が、記憶力を高めているのです!!解説は印刷もできません。

設問の内容と一緒に解説内容も記憶することで、理解も深まります。

「いつでも確認できるという思考」は、「今しか確認できない」という思考に勝つことはできません!!

今しか確認できないという制限は、大きなストレスを抱えます。そのストレスから脱出したいという気持ちが脳に伝わり、脳はフル稼働し、その知識や情報を早期に記憶として定着させようと働き出すのです。






受験テクニックで数点アップ!出題者のクセを知れば、なんとなく答えが見えてくる!!


漠然と過去問を解いている人が多いですが、それではダメです!!

社労士の試験問題は試験委員である大学教授等が、過去の試験問題も参考にしながら作成しています。

労働保険関係6人、社会保険関係7人の法律専門家が問題作成に関わっています。当然ながら、彼らの専門研究分野からの出題が増えてきます。

過去問を研究しながら解いていくと、独特な言い回しや表現によって、正誤となる割合に偏りがあることに気づくはずです。

例えば、「必ず〜」とか、「常に〜」といった表現を含む設問の答えは、「間違い」が正解になる確率が高くなります。

法律条文の中には「原則論」として規定しているものがありますが、原則の裏には必ず「例外」が存在します。

このような条文がテーマの時、例外規定を排除するような表現が使用された場合、その設問は「間違っている」と判断されます。

例えば、労働基準法第2条では以下のように規定しています。

(労働条件の決定)
労働条件は労働者と使用者が、対等の立場において決定すべきものである。

上記条文について、過去に以下のような問題が出題されました。

(過去問)
労働基準法第2条第1項により,「労働条件は,労働者と使用者が,対等の立場において決定すべきものである」ため,労働組合が組織されている事業場では,労働条件は必ず団体交渉によって決定しなければならない。

【答え:間違い】

設問内に「必ず」という言葉が入っています。労働基準法第2条では、労使が対等の立場において労働条件を決めるべきだと定めていますが、団体交渉までは求めていません。

このような
限定表現の使用された設問は、間違いとされる可能性が高いため、もし、解答に迷った場合は正解肢から除いたほうが無難です。

そして、どんな設問でも正誤判断根拠となるべき
キーワードが100%の確率で含まれています。

1肢36秒以内に正誤判断しなければならない択一式問題では、解答スピードも考えなければいけません。

合格者の多くは、設問の中に含まれるキーワードをつなぎ合わせることで、正誤を判断しています。

下記の問題では、アンダーライン箇所がキーワードです。

(過去問)
労働基準法第3条が禁止する労働条件についての差別的取扱には,雇入れにおける差別も含まれるとするのが最高裁判所の判例である。

【答え:間違い】

労基法3条では、労働条件における差別取扱の禁止が規定されていますが、新たな社員を雇い入れる入社試験においても、差別はしてはいけないのか?

・・・ということです。

国籍、信条、社会的身分、賃金、労働時間、その他の労働条件について差別が禁止されていますが、これは入社後の話です。

よって、入社前の入社試験や面接においては、国籍や信条(宗教・思想)、社会的身分を理由に不採用にしても構いません。つまり、差別も許されているのです。

アンダーラインのキーワード語句を数珠つなぎに照らし合わせていきながら、正誤判断することで、正解できますし、短時間で解答ができます。

これも受験テクニックの一つです!!

多くの受験者の共通の悩み。それは、・・・・・

・覚えなければならない内容が多すぎる!!

・覚えた内容を長く覚えていられない!!

・ひっかけ問題の罠にはまってしまう!!


・・・という3点です。

単純にテキストに書かれている内容を丸暗記しようとすると、このような地獄にはまります。

あなたが、会社員であれば、会社は
労働基準法に基づきあなたを雇用し、あなたの健康を労働安全衛生法に基づき管理しています。

あなたが業務中に怪我をすれば、
労災保険法を適用します。あなたが離職すれば、雇用保険法で失業保険が支給されます。

労災保険や雇用保険に関する保険料は会社やあなたが支払っています。

毎月の給与明細をご覧下さい。雇用保険料が控除されているはずです。それらは、
労働保険徴収法に基づき徴収されています。

あなたが、仕事以外で怪我をしたり、病気になって病院に通えば、原則、治療費の7割が
健康保険法によって支給されています。

65歳以上になれば
国民年金法厚生年金法により年金受給ができますし、65歳未満であっても障害年金や遺族年金を受給できる場合があります。

このように社会保険労務士が取り扱う法律は、あなた自身の身にかかわることばかりなのです!!

だから、他人事のように勉強するのではなく、自分の身に置き換えて勉強してください。

「もし、自分が〜になったら・・・」と考えれば、疑問がどんどん湧いてくるはずです。疑問の量と比例して、理解度も深まっていきます。

自分に置き換えて考える時、頭の中に
イメージ映像が浮かぶはずです。このイメージ映像が強く浮かべば浮かぶほど、合格に近づけると思って下さい。

何故なら、人間は視覚から情報の約8割を得てるからなのです!!新聞、テレビ、SNS、インターネットなど、ほとんどの情報は「視覚=目」から吸収していますよね?

言葉よりも視覚化されたもののほうが、覚えやすいし、長く覚え続けることができるのです。



社労士試験に合格するには1日何時間勉強すれば良いのですか?は、愚問!!



社労士資格が欲しい人は、本当に一生懸命、勉強しています。ですが、能力には個人差があります。

偏差値70以上の人の1時間と、偏差値40レベルの人の1時間の勉強内容は、全く違います。

特に「理解力」と「記憶力」の差が大きいです。優秀な頭脳の人が1時間で10ページできるところ、平凡以下の人は1ページしかできないかもしれません。正に10倍の開きです!!

このままいけば、優秀な人は10回復習でき、そうでない人は1回しか復習できないことになります。

この両者が、同じ社労士試験という土俵にあがり勝負したら、勝敗は見るまでもありません。

「時間」は平等ではありません。

ただ、一定のリズムで刻まれているだけであり、その長さは人によって違います。生まれてすぐに命を失う人もいれば、100歳を超えても生き続けている人がいます。

同じ土俵で勝負する限り、同じ内容を学ばなければならず、同じ知識を得なければいけません。

ライバルが10ページ進んだなら、あなたも10ページ、もしくはそれ以上やらなければ、勝つことはできません。

ですので、時間を尺度とするのではなく、学習範囲を尺度としなければいけないのです。つまり、いつまでにどこまでを学ぶのか決めて下さい。

最終完了日をご自身の中で決めて、それを達成するためには、1日どの範囲まで進めなければいけないのか・・・を決めて下さい。

  

しかし、合格者の数は制限されています。ライバルと同じペースで、同じ勉強法を実践し勝つためには、2倍、3倍の努力と時間を要する場合があります。



狭い門から入りなさい!滅びに通じる門は広く、その道も広々として、そこから入る者が多い。



聖書のマタイ書には、上記のような言葉が書いてあります。ほとんど人が、常識を信望し、大多数の人たちがやってることを実践します。

でも、それは時として、滅びに通じる門かもしれません。社労士試験で合格できる人は、たったの6%程度。

94%の大多数が通る広い門は、滅び(=不合格)の門です(悲)。

つまり、大多数の人がやっているような勉強法では、合格できないということ。

聖書で諭す「狭い門」というのは、努力と知恵で自らの手で開いた門のこと。この門の先には「命の道」が、つながっているらしいです。

今、世界の大富豪と呼ばれている人たちは、皆さん、新たな門を自ら開いた人ばかりですよね。

株相場の世界には、「人の行く裏に道あり、花の山」という言葉もあります。大勢の人が通る道には、花も咲かないということです。

つまり、多くの人は株が上がり始めると買い出しますが、本当のプロはやがて天井に達し、急落することを知っているので売りに出し、利益を確定させます。

そして、株が下がり始めると、ほとんどの人が慌てて売りに出しますが、プロはそんな時、安くなった株を大量に買うという格言です。

どちらも、言いたいことは一つ。他人と同じことをしているうちは成功しないということです!!

では、広い滅びの門に入る大多数の人たちの勉強法を挙げてみます。

・テキスト中心に学習している

・テキストの赤字や太字をノートに書き出している


・テキストと問題集を照らし合わせている


時間で勉強範囲を区切っている

・できる問題を何度も復習している

・デキる問題とデキナイ問題を認識していない

・問題と解答を丸暗記している

・復習サイクルの重要性を意識していない

・社会保険科目を後回しにしている

・指導者をつけていない

・疑問が生じても適当に処理している

・全く勉強しない日が週に数日ある


一方、狭い門を選択した人たちは、問題を解くことを学習の中心に据え、必要なことは直接、テキストや問題集に自分の言葉で書き込みます。

テキストから学ぶべきもの、問題集から学ぶべきものがあると認識し、決して、テキストと問題集を照らし合わせるような無駄な作業はしません。

科目毎にいつまでに完了するかを先に決め、逆算して1日の学習範囲を決めています。そして、「できない問題」を最優先で克服することで、全体のボトムアップをはかろうと努力します。

そのために、得意・不得意項目を明確に認識できる教材を利用しています。

また、正解できない問題については、正誤判断根拠となるキーワードをしっかり押さえ、正解できなかった理由を追究します。

覚えたことは必ず忘れます。だからこそ、忘れてしまう前に必ず復習するよう、復習サイクルを決めています。

合格者と不合格者の点数差が一番出やすいのが、社会保険科目です。健康保険、国民年金、厚生年金保険の3科目は制度が複雑なため、覚えるのに時間がかかります。

それを理解し、早期から着手しています。また、疑問が生じた時に解決のヒントを与えてくれるメンターをつけています。疑問を決して放置しません。

そして、毎日、勉強しています。週末や休日のまとまった時間、平日以上に勉強するのは当たり前のこと。たとえ5分でも10分でも、毎日、勉強し続ける習慣を身につけることを大事にしています。



短期一発合格とは、
@得意科目+A苦手科目克服+B復習



どんなに優秀であっても、1科目のたった1箇所できなかったことで、冷酷に足切りされるのが、社労士試験です。

たった1点不足の不合格で、再び苦しい365日(8,760時間)が始まります。そういう方達を今まで、何人も見てきました(悲)。

合格できなければ、周囲の一般人と変わりません。社労士と名乗れませんし、社労士業務もできません。

また、次の年に必ず合格できるという保証もありません。常に年1度の1チャンスなのです。試験との相性もあります。

今年は惜しかったのに、翌年はボロボロ・・・なんてことはザラです。

「イケるかも!!」と、思った年に必ず合格を手に入れて下さい。

弊社の教材は、市販の参考書籍とはコンセプトが若干、異なります。

15年以上の過去問を徹底分析し、複数年にわたり繰り返し出題されている項目を、近年の出題傾向に沿って編集作成しています。

通常、30分程度の相談業務には5千円以上の報酬をいただいておりますが、弊社教材をご購入の方には、試験直前まで無料にてご質問に応じます。

ですが、試験に関するご質問に限ります。
個別具体的な相談には応じることができません。

例えば、会社でひどい目に遭っているので何とかできないか・・・といったようなご相談は、その会社が顧問契約を交わしている社労士がいる場合がありますので、応じることができません。



弊社教材は、Office2003以後のバージョンソフトが搭載されたパソコン、タブレットでご利用いただけます。

テキストの内容を詳細に説明している音声解説ファイルもついています。



ご存じない方もいらっしゃると思いますので、ご案内しますが、パソコン等のCtrlキー+Fキーを同時に押すと、検索ボックスがでてきます(Windows)。



インターネット上でも同様です。

調べたいことが生じた時は、検索機能で調べて下さい。そして、必要な記事は、Wordなどにコピーペーストして、整理すると知識がどんどん増やせます。

簡単な操作で勉強できますので、この機会に Excel や Word にも慣れて下さい。社労士になってからも大いに役立ちます。

社労士合格には、700時間から1,000時間の学習が必要だと、一般的には言われています。

しかし、どんなに時間をかけても、本当に学ぶべき箇所を学んでいなければ、一生かかっても合格できません!

市販参考書だけで合格するのは至難な業です。99%不可能です。ほとんどの人の目が届かない
マイナーな部分にまで配慮できた人だけが合格できます。

弊社では、そのような情報もご提供いたします。



合格に必要な平均時間は約360時間!
1日2時間×6ヵ月(180日)!!




社労士試験は、選択式試験80分、択一式試験210分の合計290分(4時間50分)です。360時間はこの75倍に相当します。

実際に出題されている箇所を分析すれば、75倍も時間をかけて勉強しなければならない科目はありません。

1科目18日で完成されば良いのです。18日×2時間=36時間。
これが10科目ですから360時間。

理解度の差はあれ、毎日の積み重ねで6ヵ月もあれば完了します。あとは、覚えた内容を、どれだけ忘れずにいられるかの勝負です。

1,000時間は、本番試験の206倍です!!206倍もかけるのは効率が悪い勉強法です。仕事や家事で忙しい人には、厳しいでしょう。

効率の悪い勉強をやっていると、最後まで終わりません。社労士試験は毎年4月中旬から5月末日まで受験受付をしています。

そのわずか3ヵ月後に試験になりますが、受験申込者の約1万人は試験会場に姿を現しません!!



受ける気満々で願書を提出したのに、結局、1万人以上の人たちが、諦めてしまっているのです。何故でしょうか?

理由は明白です。最後まで勉強が終わらなかったからです。または、極端に自信を失っているからです。つまり、受験しても合格は不可能だと諦めてしまったからです。

市販テキストに掲載されている
約6割は試験で出題されません。過去にも、また将来においても出題されません。それでもテキストに掲載している理由は、各法の条文に照らし合わせながら、ただ順番に解説しているから。

試験において実際に出題されているのは、どの条文なのか?また、その条文については、どのような問われ方をしているのか?・・・といった分析はされていません。

的が絞れていませんので、分厚くなってしまいます。そのような分厚いテキストを丸暗記しようとする試みは無謀です。

また、効率よく学習を進めていても、振り返った時に、せっかく覚えた知識や情報がすっぽり記憶から抜け落ちてしまっていることに気づき、意気消沈し、受験を断念する人もたくさんいます。

記憶力を高める方法は2つです。

1.同じ問題を同じ日に3回繰り返す
2.全科目を早期に終了し、長期復習期間をつくる


理解していても、3回繰り返すことで、海馬に蓄積された短期記憶は長期記憶領域の大脳皮質へと伝達されます。あなたにとってその知識・情報はとても重要なものだと、脳が認識するからです。

そして、合格者は全科目学習を試験年度の3月頃には既に完了しています。4月から8月までの5ヵ月間は復習期間として捉えているのです。

また、法改正や労働経済等の統計資料にも目を向けています。

基本科目の学習以外に一般常識科目の加点を狙って、様々な政府発行資料をチェックし、ライバルの引き離しを目指すのです。

この際、完全に理解できている内容の復習回数は抑制し、過去に間違ってしまった問題を中心に再確認をしています。自分の能力を客観視し、苦手箇所の克服に努めています。

特に社会保険科目(健康保険、国民年金、厚生年金)が苦手な人は合格できません。社会保険労務士というぐらいです。社会保険労務士は、社会保険制度に関するエキスパートです。

そのエキスパートが、十八番である社会保険について苦手・・・なんてことは、ありえないことです。正にナンセンスな話です。

社会保険科目は、制度は複雑ですが、引っかけ問題のような難問は出題されません。時間をかけて勉強し、しっかり理解できていれば、必ず高得点を取ることができます。

択一式試験なら、各法10問中8問以上の正解が理想です。そして、それは難しいことではありません。制度がわかりづらいことから、後回しにしてしまう人が多いのですが、それはやめて下さい。

それをしてしまうと、受験放棄せざるを得ない状況が生まれてしまいます。




       


           


この教材は、Microsoft社のWordとExcelソフトまたは、その互換ソフトが搭載されたパソコン、タブレット等の端末にてご利用いただく電子書籍教材になります。

テキストは、WordとPDFの原本をお渡しします。Wordは自由に編集いただけます。

加筆、削減、短縮、太文字、アンダーライン、文字サイズ変更、文字色塗り等、とにかく、お好きなように、好みに応じたテキストに変更することが可能です。

欲しい部分だけの部分印刷も可能です。

テキストを開きながら、音声で重要箇所を解説いたします。テキスト学習の開始と同時に問題集も始めて下さい。

問題集はExcelで作成されています。こちらも編集自由。

問題ー解答ー解説ー解答欄ー正誤判断が、横一列に並んでいますので、集中力を高め、長期記憶を可能とします。

正誤判断根拠となるキーワードには、あらかじめ、アンダーラインが付されていますので、最初はそのアンダーラインの語句を参考にしてください。

アンダーライン無しの問題集もご用意しています。

全部で5回復習できるように設定していますが、どの回からも「連続3回」正解できた問題は、残りの解答欄が黒く塗りつぶされ、利用できません。

連続3回正解できた問題は、理解できている問題です。本番試験で同じ内容が出題された場合、絶対に間違いません!!正解できるはずです。

このような問題に復習時間を割り当てることは、非効率です。もっと、苦手な問題のほうに目を向けるべきです。

強制的に解答欄を使用できなくし、他の問題へ意識が向くようプログラムされています。全問、黒塗りされるのが理想です。

Excelファイルはコピーが可能です。最初の開始前にコピーをとっておけば、いつでも、新しい問題集をご利用いただくことができます。

また、office搭載のパソコン等があれば、ご自宅でも会社でも、海外の出張先でもご利用いただけます。スキマ時間を利用することで、成績アップにつながります。

スマートフォンをご利用される方もいらっしゃいますが、あまりお勧めしません。
知識・情報の8割視覚を通じ、吸収されます。

文字が小さくなってしまうスマートフォンでは、印象が弱くなり、記憶の障壁になる場合があります。

ご購入後に、弊社より専用ダウンロードページをご案内します。

そのページにお使いのパソコン等からインターネットでアクセスし、教材資料を、直接、お使いのパソコン等に保存します。

一度、保存された資料は、あなたが意図して削除しない限り、パソコン上からは消えません。

保存した後は、インターネットへの接続も不要です。

ダウンロードは数分で終わります。操作は簡単ですのでご安心下さい。試験日直前まで繰り返し、ご利用いただくことができます。

そして、弊社と他社の最大の違いは、サポート体制です。疑問に感じたことをお気軽にメールにてお問合せいただくことができます。

年間数十回、ご質問されてきた受講者様は、ほぼ全員、合格されています。疑問は放置しないでください。

ご質問につきましては、即日、翌日または休業日明け最初の営業日・・・のいずれかには返答いたします。

一度にまとめて大量のご質問をするのはご遠慮下さい。

他の受講者からのご質問にも対応しておりますので、疑問に感じた都度、最大でも3つ程度のご質問であれば、迅速に回答させていただきます。

ご質問は回数制限はございません。また、無料にてご利用いただけます。

ご質問専用のメールアドレス(講師の井真井直通メールアドレス)をご購入後にご案内いたします。

社労士の相談報酬は、弁護士の相談報酬とさほど変わりません。30分で5,000円程度が平均相場です。

試験に関するご質問・相談を試験日直前まで無料にてさせていただきますので、この機会を是非、お見逃し無く!!

資格スクールや大手の通信教材で「社労士教材」の値段をご覧になっていただけば、その価格に驚くはずです。

ですが、

弊社では、講師の井真井が自ら社労士問題を研究し、5万円程度で資格取得した経緯も踏まえ、他社より圧倒的な安価にてご案内させていただきます。

一人でも多くの方に社労士になるチャンスをお届けしたいと願っています。

社会保険労務士になった初年度から、講師の井真井は、1,000万円以上の報酬を得ることができました。社労士との顧問契約を望む企業は、まだまだ、たくさんあります。

近年、ブラック企業は人不足で悩んでいます。会社を支えているのは、従業員です。優秀な従業員が集まらない企業は、成績(賃金)が伸びません。

そのため、社内の悪習を改善し、上司と部下との風通しがよく、楽しく従業員がやりがいをもって働ける職場環境の形成を希望する企業が増加しています。

すぐに独立開業を考えていなくても、一度、取得してしまえば、亡くなるまで有効な資格です。定年退職後に開業することもできます。

現在は、マークシート方式ですが、試験機関では、近い将来、筆記問題にする案も浮上しています。

特定社会保険労務士による裁判出廷機会が増えているからです。弁護士のような役割の一部も社労士が担うようになってきているため、ロジカルシンキングのできる人材確保を試験機関は期待しています。

2020年試験は、オリンピックイヤーですから、あまり勉強に意識が向く人も多くはないでしょう。だからこそ、チャンスです!!

優秀な人材の参戦が少ないほうが勝てる確率が高くなるからです。

2020年度に社労士になるのは、あなたです!!




   Iノート全10科目テキスト&問題集


資格取得のプロが合格方法をお教えします
  ライバルより先行開始で余裕合格を果たします


   


下記の「お申し込みはこちら」を1クリックしてください!


 
社労士試験直前までプロによる
マンツーマン式サポート付き!!
(今なら2020年度試験までの最長サポート)

希望価格:66,000円が、今だけ
早期期間限定特別価格
         

34,980(税込)


 
上記金額保証期間:2019年11月22日(金)まで


※上記金額は期間限定特別価格となります。この金額でのご提供は下記の期間までとさせていただきます。期間経過後は価格変更させていただくことがございますので、ご了承くださいませ。

専用ダウンロードページをご案内いたしますので、配信日になりましたら、直接、アクセスいただき、各科目をお手元のPC等にダウンロードしてください。



当該教材は専用ホームページより試験に必要な各科目をお客様のパソコンへ直接ダウンロードしていただく商品になります。

一度、ダウンロードされた教材はお客様自身で削除されない限り消えません。

簡単操作で学習いただけます。Windows,Macパソコンにエクセル、ワードソフトがパソコンに入っていれば、ご利用いただけます。

動作環境
Microsoft Word Excelともに2003,2007,2010,2013,2016または互換ソフト、

CPU:Intelプロセッサー、OS:Microsoft XP,Vista,Windows7,8,10、Mac PCメモリ(2GB以上)/HDD(1GB以上)推奨


 
【合格のための強力特典付】
1・
最新法改正情報を無料提供致します
2・
2020年試験直前までの無償メールサポート付
3・
試験に必要な様々な情報を適時、ご提供致します
4・
試験必須の関連諸機関サイトの情報紹介
5・
2020年度統計・白書等の情報を無料提供致します
【取扱金融機関等】

                              (写真:イメージ 教材は電子教材となります)



         合格者の方から

 
会社の総務部所属で日常的に社員の雇用や社会保障に関する手続きを行っていて、社労士の取扱範囲にはある程度、精通しているつもりでいましたが、勉強を始めるとその専門性の高さに唖然としました。他の教材は知りませんが、御社の教材に最初から巡り会えたことは幸運でした。今まで扱ってきた業務の奥深さを改めて知ることができたのは、大きなメリットです。今後は勤務社労士として社内の後輩達の指導にも携わっていく予定です。(福岡県 渡邊様)

合格できましたのでご報告させていただきます。勝因は試験直前まで最低10回は繰り返したSPM問題集です。コピーにコピーを重ね、自宅、会社問わずパソコンがあれば、隙間時間も無駄にせず、とにかく、やりまくりました。やはり、基礎知識を完璧に習得することが合格の近道だと思います。今回、始めて受けた試験で合格できたのは、この教材が自分に合っていたからだと思います。(兵庫県 清瀬様 平成27年合格 )

お世話になっております。井真井アカデミー様の教材を使って3ヵ月ほどで合格することができました。社労士試験の挑戦は今回で3回目となります。それまでは、他の通信教材を利用していました。自分の実力を知る上で井真井アカデミー様の教材はとても役立ちました。理解しているつもりだった内容が、実際に問題では解けなかったり、勘違いしていたところも結構あり、もし、この教材を使っていなかったらと思うと、今回の合格もあったかどうかわかりません。とても感謝しております。短い期間でしたが、とても有意義な時をすごさせていただきました。有り難うございました。(東京都 藤枝様)



こんにちは、札幌の清野です。お世話になっています。約3年前、社労士試験についてインターネットを検索していたら、井真井アカデミーのサイトを見つけました。難しい試験だと思っていましたが、価格もリーズナブルなので申込をしました。1年目は勉強と仕事の両立がうまくいかず惨敗、2年目は頑張りました(択一40点、選択22点)が、あともう2歩となりました。3年目はSPM問題集を合格するまで繰り返しました。各教科、法改正情報、労働統計・白書ともポイントを押さえた良いテキストです。可能な限り通勤ではテキストと今井先生の声を聴いて勉強していました。その結果、3回目は択一式52点、選択式29点まで得点することができました。現在55歳ですがなんとかなりました。3年間ご指導いただき本当にありがとうございました。(北海道 清野様)



お世話になってます。2年半、独学で社労士資格取得を目指しましたが、遠く合格点には及びませんでした。昨年の本試験後、インターネットで井真井アカデミーのサイトを見つけ、申し込みをしました。過去問を中心に構成されているSPM問題集を完璧(100%)できるようになるまで繰り返しました。紙ベースの教材学習では難しい、できる問題とできないの選別が出来、できない部分をより深く学習することによって、知識をより強固なものにしました。また、本試験で過去問をアレンジした設問が出題されても対応できるよう、解説も読み込みました。SPM問題集が最良の予想問題集だと思います。忙しくても、可能な限り、120分でも、30分でもSPM問題集を解けば記憶が定着します。最後に、分からないことは今井先生に聞くのが一番早いと思います。分からないままやあやふやな箇所をほっておくと、本試験で1点に泣いてしまいます。この1点に泣かない為のメールサポートだと思います。私は択一式47点、選択式28(労災2点・社一1)でした。本当にありがとうございました。(枡田様)




私が今回、この難関試験に1発合格できたのは、幸運な事に井真井アカデミー様の教材に巡り会えたからです。特に提供していただいた資料類の豊富さに助けられました。また、欲しい資料をお願いすれば、すぐに見つけ出してご提供してくださったことには本当に感激しました。初めて触れる法律ばかりで、最初の頃は意味もわからず不安ばかりでしたが、それら一つ一つに丁寧に回答してくださった事で、最後までモチベーションを保つことができました。今後は早い段階で独立開業の準備をしていこうと思っています。開業する際はご相談にのっていただきたいこともでてくるかもしれませんが、どうぞ、宜しくお願い致します。(松尾様)


こちらの教材で特にテキストをよく利用しました。内容がとてもよくまとめられておりすべての科目を印刷して毎日持参しました。科目単位であれば、重くなくとても持ち運びに便利で活用しました。リーズナブルな価格の割には中身が充実しており感謝しています。(日野様)


私の勉強法は@問題集を徹底的にやる、A間違った箇所に書き込みを入れ間違った理由の分析、B定期的な復習時感を確保、C関連機関のHPから情報入手し、ワードに貼り付け、D1日も勉強しない日をつくらないこと・・・の5つでした。自分自身に厳しいノルマを課して追い込むことで力をつけていきました。こんなに勉強した年はありませんでした。御社の教材はパソコンさえあればどこでも勉強できたので便利でしたし、素晴らしかったです。(須藤様)


勉強し始めて4年目の昨年、御社の教材を知り、購入致しました。その画期的な勉強法に正直、驚きました。また、勉強法を変えるだけでこれほど成績が伸びることに驚きました。選択式問題での救済があり、命拾いしたというのもあったのですが、択一式では55点も取れました。健康保険法と国民年金法の2科目で満点を取れたのは正に快挙です。それもこの教材に出会えたおかげだと思っています。有り難うございました。
(鈴木様)




弊社教材は国際ジャーナル誌でも取り上げられました。

                    

  



お問い合わせはこちら

 

   URLリンク  http://www.imai-academy.com/imai.fp.sharoushi.index.html  メールアドレス  imai@imai-academy.com  TEL042-682-2367


  

(受付時間)
平日:月〜金 10:00-17:00
※メールは24時間受け付け




















   



  合格者の声

一部の受講者様の許可を頂き、お送りいただいたメールの一部を抜粋して掲載しております。

合格できましたのでご報告させていただきます。井真井アカデミーさんを先輩からの紹介で知り、利用させていただいてから、試験日まで半年ちょっとでしたが、何度もご質問させていただき、見えなかったものが、徐々に見えてきたのが今回の合格に結びついたのだと思います。毎回、迅速かつ丁寧に対応いただきまして、有難うございました。
【埼玉県 山村様】


合格していました!試験が終わった時に今回は結構、手応えを感じていたのですが、今日、自分の番号を見つけるまで、ずっと不安な日々が続いていました。マーク箇所がズレていたらどうしようとか。私は会社の総務部に所属していて、実務経験がありますので、早速、登録しようと思っています。先生にサポートいただき本当に良かったです。感謝の言葉しかありません。お世話になりました。
【神奈川県 本郷様】


井真井先生にご指導いただき、合格することができました。今回、初めての挑戦でしたが、先生のワードテキストをフル活用させていただきました。わからない事を調べ、その都度、テキストに追記していったら、原本の倍くらいの枚数になってしまいました。笑笑
膨大な資料の中から、本当に重要な箇所を見つけ出すチカラがつきました。先生のおっしゃるとおり、社労士になった後も勉強の日々が続くと思いますが、身につけた知識をさびつかせないよう、頑張っていこうと思います。本当にありがとうございました。
【群馬県 田島様】


お世話になっております。お陰様で合格することができました。受験資格が無く、一昨年、先生のもとで行政書士資格を取得し、ようやく今年、社労士受験ができました。先生の教材は私に合っているようです。あまり、ご質問もできず、何をご質問すればよいかさえわからず、ひたすらSPM問題集に書かれていることを覚えるだけの毎日を送っていましたが、それで大分、基礎が身についたようです。午後、同僚に合格した旨を伝えたら、すごく驚かれました。ひとまず、資格勉強はこれで卒業したいと思います。すぐに開業する予定もありませんが、せっかくとった資格ですので、どう活かせるか、じっくり考えようと思います。もしかしたら、相談させていただくかもしれませんが、その際は宜しくお願いいたします。まずは、お礼をと思いまして。ありがとうございました。
【千葉県 江藤様】


合格いたしました!!選択式の救済で命拾いしました。完全に社保一般常識で失敗したので、8割方、諦めていました。棚ぼた合格です。選択式が26点、択一式が46点でした。死ぬほど勉強した甲斐がありました。阿呆みたいな質問にも答えて頂き、大分、ご迷惑をおかけし、すみませんでした。
【大阪府 岸辺様】


お世話になっております。合格していました。点数は基準点ギリギリでしたが、6%の合格者枠に入れただけでも大満足です。登録講習を受講し、来年には開業しようと思っています。また、ご指導の程、宜しくお願いいたします。
【大阪府 藤村様】


合格のご報告をさせていただきます。私は現在、継続雇用の63歳ですが、あと2年で今の会社を退職します。その後のセカンドライフの生活の糧を得るため、社会保険労務士の道を選ぶことにしました。友人に税理士や保険会社の役員がいますので、後々はワンストップ型事務所を開業しようと考えています。合格者の最高年齢は75歳ということですので、まだまだ、これからだと気持ちも若返りました。井真井先生には、細かいところまでサポートいただき、感謝しております。数年後、開業した暁には、また、ご一報させていただきます。
【岡山県 山田様】


合格いたしました。ありがとうございました。2年間御社の教材を使わせていただきましたが、1年目は仕事の忙しさを言い訳に真剣に取り組むことができませんでした。今回は1年目の失敗を反省し、リベンジすることができました。
【大阪府 前田様】


なんとか合格できたようです。昨年の試験終了直後に教材探しを始め、先生の教材の安さだけを理由に購入させていただきましたが、大当たりでした。公的保険や年金制度に詳しい専門家を社内に置きたいという会社の意向もあり、同僚13名が受験しましたが、合格できたのは私一人だけでした。合格率一桁の難しい試験だとは知っていましたが、この一年間は、ほぼ休みゼロで毎日、先生のテキストと問題集を勉強し続けてきました。おそらく、大学受験の時以上に勉強したように思います。知らないことばかりで、内容も複雑で、夢の中ででも勉強しているシーンが出てきたりして、とりつかれているようでしたが、合格できて、何か一皮むけた自分と出会えた気分です。普段の業務が初歩の初歩レベルだと思い知らされました。現在の業務内容から実務経験を有していると認められるはずですので、すぐに登録する予定です。今日、役員から内密に昇進の打診がありました。どこまでできるかわかりませんが、社会保険労務士を名乗る以上、品位をもってしっかり、責務を果たしていこうと思います。この度は、ありがとうございました。同僚に御社を紹介しておきますね。
【東京都 田端様】


その他、合格された旨のご報告を多数、頂戴しております。ご報告くださいました皆様、
おめでとうございました!!




 合格者の声

先ほど、官報のほうで合格を確認しました。一年間、ご指導いただきましてありがとうございました。
【東京都 鈴木様】


2回目の挑戦で合格することができました。去年はほとんど勉強らしい勉強をせずに失敗し、今年は気持ちを入れ替えて励みました。最後まで投げ出さずにできたのも井真井先生の温かい励ましの言葉あってのことだと感謝しております。
【福岡県 入沢様】


試験後、あまりのふがいなさに意気消沈し、自己採点もせず、ほとんど社労士のことなど忘れていたのですが、合格証が届き、家族以上に本人が一番びっくりしています。手応えらしい手応えもなかったのですが、知らぬ間にSPMの効果が発揮されていたのかもしれません。とにかく、まずはお礼を言わせてください。有り難う御座いました。
【北海道 町田様】


本日、合格証が届きました。今回が3回目の挑戦でしたが、過去2回は他社の教材を使いましたが、全く歯が立ちませんでした、今回は最後の思いで御社にかけてみましたが、パソコン学習はすごく相性が良かったみたいです。既に実務経験はありますので、すぐに登録となります。会社からも褒めていただき、人事部への配属を打診されています。これも井真井アカデミー様のお陰です。心より御礼申し上げます。
【栃木県 下山様】


初めての試験で合格できました。先生には学習計画も含め、いろいろ相談にのっていただき、感謝しております。覚えることが多すぎて、独学だったら絶対に合格できなかったと思います。仕事が忙しく勉強時間を確保するのが一番、苦労しましたが、効率よく勉強させていただきました。ありがとうございました。
【群馬県 飯野様】


定年退職後、なかなか思うような職業に再就職できなかったので、思い切って社労士資格を取得しようと決意してから1年足らずで、運良く合格することができました。周囲からは絶対、無理だと言われ続け、その悔しさと見返してやるという気持ちが、モチベーションの持続につながったと思います。また、当然ながら御社の教材を利用させていただいたことが何よりも幸運でした。同じ箇所を何度も間違ったりして、落ち込むことも多かったですが、丁寧に解説していただき、徐々に正解率も上がり、合格に結びつけることができました。本当にお世話になりました。
【東京都 高山様】


先生の教材を携帯に入れて、通勤時に毎日、聞き続けました。帰宅後には問題集を中心に勉強しました。テキスト内容は教習所内を運転するもの、本番試験で出題される問題は険しい峠道や雪道を運転するようなものという例えが早期に実感できて良かったです。早めに様々な問題を解いたことで、峠道や雪道を走行するテクニックを身につけることができました。

【大阪府 吉田様】


ブラック企業に就職してしまったため、体調も精神も壊しました。ボロボロ状態で会社を辞め、失業保険の申請をする時も、勤務実績の書類を会社からもらえず途方にくれながら、雇用保険制度のことを調べたのが社労士を目指すきっかけとなりました。失業してお金もなかったので、通信教材で一番安かった井真井アカデミー様の教材を購入し、初めて挑戦した試験で合格することができました。他の教材をまったく使っていないので、比較はできませんが、合格することが難しいと言われている試験で合格できたのですから、私にはとても合っていたと思います。これから社労士事務所を開業し、独立しようと考えています。この世からブラック企業を一つでも消していくことが、私の目標です。今までお世話になりました。ありがとうございました。

【東京都 河野様】


他にも謝礼のメールをたくさん頂戴いたしました。



 合格者の声  

※こちらは、合格された方からいただいたメールの抜粋です。受講者の方すべてが同じ効果が得られることを保証したものではありませんのでご了承くださいませ。


こんにちは。
合格できました(笑)選択式の常識問題の救済点で救われました。
択一式は49点の余裕でした。健康保険、国民年金、厚生年金で各8点採れたのが大きかったです。
今年も去年同様5%未満の合格率でしたね。正直、もっと高いと思っていました。

仕事の総務で実務経験があるので、すぐに社労士登録しようと思っています。開業予定は当分ありませんが、勤務社労士になれば、報酬が出て資格手当もつくので大満足です。

今までいろいろと、こちらのわがままに応じていただき、有難うございました。後輩で社労士を目指す者が出てきたら、紹介させていただきます。
【大阪府 松原様】


いつも大変、お世話になっております。本日、合格発表があり、自分の番号を見付けることができました。先生の教材に出会えなければ今日という日は永遠に訪れなかったと思います。去年までは大手の資格スクールに2年間通っていました。毎年、30万円以上の費用を支払っていましたが、さすがに去年の合格率を見て、今年はもう、諦めようかとも思いました。

しかし、先生のサイトに合格率が低い年の翌年はチャンスだと書いてあり、もう一年だけ挑戦しようと決意しました。既に高額投資していることもあり、諦めきれなかったというのもあります。先生の教材は他社に比べ安いので、不安も多少はありましたが、大きな勘違いだと思い知らされました。

今まで通っていた大手スクールの教材には記載されていないような情報も多く、目から鱗でした。先生から直接いただいた解説や励ましメールも最後までモチベーションになりました。今までご指導いただきまして有難うございました。
【東京都 中村様】



お陰様で合格することができました。初めて挑んだ試験でしたが、印象的には過去問SPMをしっかりやっておけば、十分、対処できる問題ばかりだと思いました。でも、選択式の一般常識問題で救済がなかったら、危なかったです。先生の教材は、私的にはとても使いやすかったです。知識を整理するにも便利でした。その都度、必要な資料類も提供いただき助かりました。他社ではあまり考えられない柔軟な対応にも感謝です。価格以上のサポートに大満足です。これから、講習を経て、最短で社労士として開業しようと考えています。
【東京都 増田様】

今日、合格が確定しました!
今まで様々な質問にお応えいただいたおかげだと思います。思えば2回、この試験に失敗したとき、先生の教材に出会えなかったら、今回の合格もなかったと自信をもって言えます(笑)私は会社からこの資格を取るよう言われ、挑戦してきましたので、今後は社内の風とおしが良くなるようがんばっていこうと思います。今日まで本当に有り難うございました。
【京都府 田川様】



お世話になっております。先生、なんとか合格することができました。労災の選択式で自己採点では2点だったので、どうなるかと思っていましたが、予想を超えるはるかに多くの救済で、蓋を開けてみればかなりの余裕をもって合格することができました。ちなみに選択式問題が34点、択一式問題が57点でした。
(以下略)【福岡県 水木様】


お世話になっております。栃木の佐々木です。お陰様で本日、社労士試験に合格することができました。先行き不安な世の中なので、一つくらい万が一の時にでも役立つ資格と思い、はじめての挑戦でしたが、1発で取得できて、本当によかったです。エクセル問題集が良かったです。普段から使い慣れていたので、かなり速く終えることができました。将来、社労士として独立するときがきましたら、そのときにはまたご相談させてください。
【栃木県 佐々木様】


いつも大変、お世話になっております。社労士受講生の清水です。合格できましたので、ご報告とお礼をと思いましてメールをさせていただきます。かなり難問が並ぶ試験でしたが、SPMを徹底的にやっていたおかげで、克服することができました。春先まで独学でやっていましたが、あやふやな認識のまま、誰にも聴くことができず、悶々とした日々を過ごしていましたが、そんな折、先生の教材を見つけご購入させていただきました。経済的にもきつかったので、正直、価格面重視での購入でしたが、予想以上の充実ぶりに満足した次第です。試験までの様々なアドバイスもとても励みになりました。感謝申し上げます。
(以下略)
【神奈川県 清水様】




2年目にして遂に合格することができました。去年は大手の専門学校に通いながも、選択式が18点、択一式が32点しかとれませんでした。今年は選択式が31点、択一式が58点でした。もっと早く先生の教材を知っていれば・・・という後悔は少しありましたが、それもこの合格で吹き飛びました。本当に有り難うございました。まずはお礼まで。
【埼玉県 新井様】



先生、ご報告が遅れて申し訳ございませんでした。今年、遂に合格することができました。実に5年の月日を費やしてしまいました。もっと早く、この教材に巡り会えていたらと思うと悔やまれて仕方ありません。先生の作られた教材は、飽き性の私にぴったりの教材でした。

振り返れば1年目には30万円も投資し専門学校に通いましたが惨敗、2年目以降は大手通信教材を使用していましたが、市販されているテキストと掲載内容はさほど違わず、また、受講生が多すぎて確認したい事に対する回答も遅くて、数日後に返される回答も杓子定規のわかりづらい説明で、理解しづらいものばかりでした。

さすがに5年目となりますと経費もかけられず、最後の最後という覚悟をもって、先生の安価な教材を大変、失礼ながら、ダメもとで購入させていただきました。

しかし、先生の親身なご指導のもと、グレーな部分も徐々に明るく見えてきて、今年の試験につきましては、もしや・・・という期待感を持てる手応えを感じておりましたが、その成果がついに実ったようです。

本当に感謝の言葉もございません。長い年月をかけてしまった分、来年は是非、独立開業を果たし、先生に少しでも近づける社労士になりたいと思います。

また、いろいろとご指導いただくこともあるかもしれませんが、その折には何卒、宜しくお願いいたします。

長々と申し訳ございません。
まずは、合格の御礼と思いまして、取り急ぎ、ご報告させていただきます。今日まで有り難うございました。【山梨県 桐山様】



お陰様で無事合格できました。
SPMを本番試験までに10回以上繰り返した甲斐がありました。有り難うございました。
【高知県 波田様】



今日、合格証が無事、届きました。これで実感が湧いてきました。ネットで先生の教材を見つけられたのはラッキーでした。多分、この教材をやっていなかったら、合格はなかったと思います。仕事先で求められて受けた試験でしたが、1発で合格したのは今まで社員の中にはいなかったようです。先生には感謝の言葉しかありません。有り難うございました。
【佐賀県 鈴木様】


お世話になっております。いろいろとご心配をおかけしましたが、なんとか合格基準点を超えていたようです。決して、余裕の点数とはいきませんでしたが、ギリギリセーフといったところです。御年62歳のボケかかった頭では、よくやったほうだと思います。初めての試験で効率よく、勉強できました。井真井様の今後ますますのご活躍を祈念いたします。
【新潟県 西條様】



先生、こんにちは。
こんな私がこんな難しい試験に合格できました。専業主婦でして、毎日、10歳と6歳の小悪魔たちに振り回され、勉強なんていってもチビたちが寝静まった9時以降から3時間程度がせいぜいでしたが、それでも覚えたことを忘れずにいられたのはSPMと先生の励ましのおかげだと思います。随分と質問をしてしまいましたが、ご迷惑だったでしょう。ごめんなさい。だけど、合格で応えることができて本当に良かったです。これで不合格だったら、先生に叱られると思いながら、がんばりました。今後、どう、この資格を活かしていくか、まだ決めていませんが、その時期がきましたら是非、アドバイスをいただければ、嬉しいです。これで主人も少し、私のことを見直したようです。これも先生のおかげです。有り難うございました。
【埼玉県 加藤様】




他、同様メールを多数いただいております。合格者の皆様、卒業おめでとうございます。