本文へスキップ

たった19日間宅建試験に合格
するための
非常識学習法遂に登場!!
E判定からA判定
ノンストレス勉強法で記憶力アップ!!

        宅建士知識0ゼロから、

たった19日間で大逆転合格

宅地建物取引士合格講座
 




2020年は120年ぶりに民法が大改正され、
200項目以上が変わります。2019年までの知識で解答すれば、間違いになってしまうものも多数あります!

弊社では2019年度試験の問題も詳細に説明していますが、今回の試験問題の中には、2020年度試験に適応できない内容も含まれていたため、改題の上、
2020年度試験に適応した解説をしています。

この試験は、正しい勉強法を実践されれば、どなたでも合格することができます。

ですが、厳しい競争試験でので、ご自身の能力に応じた一定の準備期間が必要です。

速読・速解・速答スピードが異なれば、必要学習期間や復習回数も異なってきますし、それに伴い知識・情報の理解度や記憶保持可能期間も異なってきます。

合格率が決まっており、上位者から順番に合格させる試験です。
偏差値70以上の方も50以下の方も同じ土俵で戦うわけですから、地頭の差を埋める工夫も当然、必要となります。

圧倒的な点数(最低37点以上/全50点中)を取らなければ、勝つことはできません。

ライバルと同じことをやっていては、抜き出ることは不可能です。

時間は有限です。
限られた時間で最大効果を発揮するために、弊社では試験に出る箇所のみに絞った教材をご提供しております。

この試験の歴史は半世紀以上あります。すでに、出題箇所はわかっています。

あなたの
勉強法を見直すことで、簡単に合格を引き寄せることができます。

教材ご購入後は、試験日直前までメールを介して、何度でもわからない箇所をご質問いただけます。

徹底した直接サポートシステムによって、法知識0ゼロから一発合格された方が、数多くいらっしゃいます。

今なら最安値かつ、最長のサポートを受けることができます。
ご自身の能力を見極めるためにも、今すぐ始めることをお勧めいたします。

26万人が始動する時期(合格発表後)より前に、一歩でも二歩でも先に進むことが、合格に必要な"
最初の戦略です!!







サンプルを是非、ご覧下さい!!




※2020年試験は法改正の嵐!
今まで勉強してきた知識が使えないものも多数あり


 業界No1スピード返答
試験に不要な箇所はバッサリ切り捨てました

令和元年試験の受験申込者数は速報で276,019人と発表されました。

学習計画の失敗で毎年約5万人は試験会場にやってきません。そして、合格者は例年3万3千人前後ですので、実に約24万3千人が不合格になることが予想されています。<合格発表:2019年12月4日(水)>

申込者は平成30年より1万人以上増加しています。

合格できずに、また1年間を勉強に費やすのは精神的にも大変なことですし、継続学習の先に合格が待っている保証はありません。

2020年度試験では、民法や建築基準法等でたくさんの改正が施行され、厳しい試験になることが予想されます。

民法だけで200箇所以上が改正されています!!そこで、・・・

弊社の教材では、改正箇所を明らかにし、改正された経緯等も含め、詳しく解説しています。

複数年受験者の方は特にご注意下さい!!

「隠れた瑕疵」、「時効の中断」、「時効の停止」といった言葉は条文から消えました!!

「売主の瑕疵担保責任」「債権者の危険負担」「錯誤による無効」などは、制度変更されています!!

「消費貸借契約」「寄託契約」は、もう、要物契約ではありません!!

「連帯債務の絶対効」「連帯保証債務」も、今までの知識ではもはや通用しません!!

宅地建物試験に関係する箇所だけをピックアップしてみても、50箇所近い変更点が生じています!!

<民法改正箇所は50以上:下記はほんの一部>



2020年度試験は、継続学習の方も、これから新規参戦してくる方も、ほとんど差が無い状態で競争することになります。

宅地建物取引士試験の合否を分ける科目は、「権利関係」と「宅建業法」の2科目ですが、単純暗記でカバーできる宅建業法は差し置いて、権利関係を得意科目にするには、努力と
センスが必要です。

努力とは法律内容などの知識を覚えること、
センスとは、設問内容を読み説くことです。知識があっても、設問で問われている内容が理解できなければ、適切な回答を当てはめることができません。

独学での合格が難しいのは、センスは一朝一夕では身につかないと考えられるからです。特に使う教材によって、大差がつきます。

弊社では、これから2020年試験直前まで、あなたをメールでサポートしていきます。読んでも意味の理解できない設問があれば、お気軽にご質問して下さい。

法律系国家資格試験の問題は、専門用語もたくさん使われます。例えば、設問の中に「転得者」という1語あるだけで、登場人物は3人いることになります。

「第三取得者」の1語だけで、抵当権付き不動産を購入した者であることがわかります。そうしますと、売主、買主、それに売主の債権者がいることになるので、この場合も登場人物は3人になります。

このように、設問内に登場する人物の数と、その人たちの権利関係を紐解いていくことが、正解に辿り着くためには必要です。しかし、!!

それを、独学で習得することは容易なことではありません。
もっと簡単に、もっとスピーディーに、そして、確実に理解していただけるサポートを行います。

あなたの勇気と賢明な決断により"未来”は容易に変えられます!!
   
                 井真井アカデミー代表 
                 宅建士講師 井真井 秀樹
 



試験終了直後の11月から開始した人の合格率は、
驚異の
86.1%!(※弊社の教材完了者対象)

法知識ゼロの人が短期間合格を果たすには、1日平均3時間、休日5時間〜8時間くらいの集中学習が必要です。

なるべく学習期間には余裕をもたせて下さい。理解度と記憶力には個人差があるからです。

問題集を学習計画の中心に据え、まずは一気に「できる問題」と「できない問題」を仕分けし、理解できない箇所を弊社に確認するようにしてください。


難しいようで、実は簡単なのがこの試験です。

実に99%以上の人たちが弊社の説明やメールサポートを受けて、法律を正しく理解されています。

そして、合格には戦略も必要ですが、宅建士試験では、この
10年間にわたり100%出題されている項目が28箇所もあるのをご存じでしょうか?

そこに80%〜90%の出題項目を加えれば、試験で
30点以上をキープするのは簡単なことです。

弊社教材をご購入いただいた方のみにお教えします。試験直前はこの
28項目を最優先に復習します!!

 

50問中
37問以上の正解が、合格の必須条件となった今、40点以上の正解を狙っていく必要があります。

この試験は、
上位16%前後の人しか合格できない熾烈な競争試験です。ライバルと同じことをしていたら、抜け出すことはできません!!

長い勉強生活から早く解放されたい方は、この教材を使って下さい。

宅建関連の法知識ゼロだった私が、
たった19日間で合格できた非常識合格勉強法です。

弊社最大の特徴は直接、講師にわからない箇所を質問でき、尚且つ、その
返答スピーディーなことです。
(原則、即日回答しています)

双方向性学習だからこそ、自宅学習でありながら、高額スクールに通うのと同じ効果が得られます!!

合格を狙える"最短コース”です!!

 
(受講者様からのご質問の一例)

次の設問の答えは「間違っている」が正解ですが、損害賠償額の予定や違約金を定める場合は、最大2割までなので、3割とした場合は無効なのではないでしょうか?どうして、この契約は「無効ではない」のでしょうか?

設問No976
代金4,000万円の売買契約に「債務不履行による契約の解除に伴う損害賠償額の予定及び違約金の合計額を代金の額の3割とする」旨定めた場合、その定めは無効である。  答え(×)


【井真井】
設問の「その定め」の「その」という指示語は、損害賠償額の予定および違約金の合計額を売買代金の3割とした契約を指しますが、法律用語で「無効」という言葉は、最初から効力を有しないことを意味します。設問では、・・・(つづく)


*誠に申し訳ございませんが、他の方に貴重な情報をご案内することができません。


毎日、私の元にはこのようなご質問が届きます。単純知識の積み重ねだけでは合格できません。

合格には
読解のテクニックが必要なのです。
特に民法が苦手だという方は、要注意です!



2020年度宅建士試験は、120年ぶりに  民法が大改正される年です!!

新規創設の法律も多々あります。過去の出題傾向も参考になりません。

だからこそ、合格を狙うなら絶対
今すぐ開始なのです!
早期学習することで普段の日常生活から関連情報が次々に入ってきます!!

意識しない情報は入ってきません。たとえば、新聞の折り込み広告に電気店のチラシが入っていたとします。

パソコンが欲しい人は、パソコンにしか目が行きません。その隣に掲載されていた冷蔵庫の写真など一切、記憶に残っていないはずです。

同じように宅建士の勉強をしていない人には、新聞や雑誌、テレビ等で試験に有益な情報を説明していても、記憶に残りません。

ですが、一度でも宅建士試験に必要な箇所を勉強している人は違います。ふと耳から入ってくる言葉でも、試験に関連している情報ならば、自然と意識がそっちへ向くのです。

その結果、ライバルよりも多くの情報を吸収でき、合格できる可能性がぐんと伸びます。

早く学習を終えた人は、試験日までにそうでない人の数倍の情報を習得することができます。

その差が「
合否を分ける差」となります!!










この教材だけで
他教材は一切不要です!
追加料金0円
合格に必要な資料は、すべて弊社がご提供致します!!

疑問・ご質問にも易しい言葉で丁寧に解説・回答させていただきます。わからなければ何度でもご質問できます!
(無料)



 サンプルをご覧ください
 
合格者体験談へジャンプ   

 
    驚速合格の宅建士学習法

 
この10年間にわたり100%出題
されている項目が、なんと、28項目(半数以上)もあることをご案内しました。

最短合格を果たすコツは、
『彼を知り、己を知れば、百戦して危うからず!』

闇雲に勉強するのは敗者の常です。勝者は例外なく
自分の欠点を知り、試験に出題される内容を研究し、足りない知識・情報を補っています。


あなたに代わり、弊社がそれらすべてをご提供します。

あなたの欠点を指摘し、短期合格に必要な知識・情報をご案内します。メールサポートもしますので、初心者でも安心して始められ、そして、合格できる力が身につきます!

弊社があなたを最短で
合格のゴールへと、ご案内いたします。



   

もし、走り出す方向が間違ったら、
走り続ける先にゴールはありません!!



 2019年試験で弊社受講者の最高自己採点は44点!

50問中37点以上必要な時代が遂に到来です!

宅建士試験においては30点までなら、努力すれば、どなたでも到達することができます。

しかし、ここから合格に必要な
10点の上積みは、単純な努力だけでは補えません!!試験適応能力が必要です。

それは、
読解力注意力洞察力などです。

生まれつき備わっている先天性のものもあれば、努力の積み重ねにより得ることができた
後天性のものもあります。

例えば、設問文章を正しく読み解く「
国語力」が著しく低い人がいます。どんなに豊富な情報・知識を持っていても、設問の求めている内容を読み解くことができなければ、正解できません。

10月第3日曜が試験日だと決まっていますので、
自分の能力に合わせて、準備開始時期を見定める必要があります

国語が苦手とか、法律専門用語を知らない人は、早めの準備してください。この試験の合格率は16%前後です。

100人中16人しか合格できませんので、上位に入るための準備が必要です。その最善の戦略は、弊社の問題集の完成です。自分に足りないものを見つけるツールとして、弊社の問題集をご利用下さい。

独学ですと、気持ちが折れて投げ出したくなる時もあるでしょう。

そんなときは、私を頼って下さい!!


2018年度試験の合格者体験談へジャンプ


毎年、
20万人以上が受験し、17万人以上不合格になっています。が、・・・あなたはこの中に入りたいですか?

もちろん、答えはNO!のはず。
合格者3万人の側に入りたいはずです。今回はダメでも次は合格できるはず、と信じていますか?

実は多くの人たちがそう信じて、何度も失敗を繰り返しています。
試験に合格するためには、情報戦略も必要です。

出題される箇所
を中心に1時間勉強する人と、出題されない箇所を1時間勉強する人では、1時間の重みが全く違います

ライバルと
同じ程度の情報・知識では合格できません!

楽して簡単に
短期一発合格を果たし、大事な時間とお金を守りたいなら、弊社が教える箇所を中心に学習してください。

あなたの成績はすぐに
10点以上アップするはずです!!


余裕をもって勉強を開始し、弊社の問題集を完成させた人の合格率は、なんと、86.1%に達しています!!

それは合格に絶対不可欠な重要問題を満載した問題集だからです。この問題集の内容が理解できるようになれば、自信をもって試験に挑むことができます。

試験では、大問1つにかけられる時間は最大で約2分30秒しかありません。各肢約35秒以内に正誤判断をしなければ、間に合いません。

タイムオーバーになります。ですが、35秒で正誤判断していては、見直し時間が一切取れません。ですので、合格者レベルは各肢20秒以内に回答判断を下しています。

全4肢を短時間で読むだけでも大変なことですが、更に意味を理解し、持っている知識を当てはめてみる作業も必要なのです。

時間が足らずに失敗する人もたくさんいますが、この教材で勉強を進めていけば、十分な見直し時間が確保できるくらいの実力がつくはずです。

過去の出題内容から毎回、出題されるテーマだけを拾い上げて構成していますから、設問冒頭を少し、読んだだけで、何について書かれた設問なのか、瞬時に理解できるからです。

宅地建物取引士試験問題は大きく3つの難易度で構成されています。全体の30問は基礎中心問題です。真面目に勉強していれば、誰でも解ける問題が全体の6割を占めます。

ですが、この基礎問題を全問正解できても、合格には手が届きません。応用問題10問のうち半分以上の正解が求められます。

2018年度試験で合格最低基準点は37点という史上最高点が出ました。合格者のうちの最低点は37点だったということです。36点以下の人は不合格とされました。

これからは、最低でも37点以上の点数を取得できなけば、合格することは危ういということです。基礎問題30問は1問も落とせません。

その上で応用問題10問のうち、最低でも7問題以上の正解が必要です。最後の残りの10問は難問です。そのうち3問は超難問です。

この中には、受験者を容赦なく落とすための罠(ひっかけ問題)が仕掛けられています。受験者の目が到底、届かないマイナー資料からの引用もあります。

合格を決めるには、基礎問題30問+応用問題7問の合計37問を狙うのが賢い戦略なのです。

そして、この37問を正解できる人は、約20万人中、たったの約3万人しかいません。合格者の3人に一人は、不動産業界に勤務している現役社員です。

毎日、不動産実務にたずさわっている人たちを除いた一般素人の合格者は約2万人。これは受験申込者のたった8%(受験者の10%)に過ぎません!!

よほど、優秀な人でない限り、独学で合格するのは困難な試験なのです。

こんな話をしますと、諦めムードも漂ってしまいそうですが、諦めるのはまだまだ早いです。

なぜなら、合格できる約3万人の人たちが、合格できなかった人たちと比べ、ズバ抜けて頭脳明晰な人たちなのか?

と、言えば、必ずしもそうではないからです。

合格者と不合格者の能力の差は紙一重の差です。その年の問題との相性も含め、ほとんど能力に差はありません。

ですが、決定的に違うのは、勉強範囲と勉強の方法が違うのです。

はっきり、言えるのは、

教科書(参考書)中心の勉強している人は、合格できません。教科書は基礎知識を理論的に並べているだけだからです。

理屈と実践は、必ずしもかみ合いません。

例えば、ほとんどの市販参考書では「意思表示に錯誤があったときは無効である」と説明しています。

では、駅に近く、通勤に便利だと思って購入した土地でしたが、駅の利用者が少ないため通勤時間帯にはほとんどの電車がその駅を通過してしまうことが後から判明した場合、錯誤による無効を主張できるのでしょうか?

もし、通勤時間帯に電車が駅に停車しないことを知っていたら、購入しなかったのだから「動機の錯誤を主張し、無効にできる」と判断したのなら、アウトです。

動機の錯誤による無効を主張する場合は、意思表示の際にあらかじめその購入動機を明確に相手方に伝達しておかなければ、後から錯誤を理由に無効を主張できないのです。

教科書(参考書)の内容しか勉強していない人は、本番試験でこのような問題に全く対処できません。だから、合格できないのです。

その一方、このような情報を知っていたら、正解できます。能力云々ではなく、単に試験に対処できる情報を得ているかどうかの差しか、そこにはないのです。

たった、約3万人しか通過できない「合格の門」を想像したら、随分、狭き門なんだろうな〜と、思いがちですが、ちゃんとした戦略的学習をしている人にとっては、いつでも開かれている門です。

簡単に通行できる門です。

正しい勉強範囲と勉強法を実践していれば、誰にでも通行許可証は発行されます。もし、通行許可証を入手したいのであれば、試験までに湧いた疑問点をすべて解消することです。

ですが、疑問を何も感じない〜という人が、案外、たくさん、いらっしゃいます。設問に対して、うがった見方ができないというのは、素直で正直な性格の方たちなのかもしれません。

こればかりは、生まれもったセンスだと言ってしまえば、それまでなのですが、基礎知識が定着していないだけの場合も考えられます。

前転をマスターしていない人が、いきなり後方宙返りのことは考えられないのと同じです。

例えば、「金銭消費貸借契約は片務契約である」という問題があったとし、その回答が「正しい」と記載されていると、そのまま丸暗記して終わりにしてしまう人がいます。

「金銭消費貸借契約」の「消費」って何?
「片務契約」って何?

・・・という疑問が湧かない人は、ちょっと、鈍感だと自覚してください。

金銭貸借はお金の貸し借りだとわかりますが、「消費」というのは、使って無くすという意味です。

あなたに10,000円を貸したら、あなたはそのお金を使います。そうすると、私の貸した10,000円はもう、あなたの手元にはありません。

後日、返金される10,000円は、同価値の別紙幣Noの10,000円として返金されます。つまり、私が貸したお金と返金されるお金は同価値であっても同一ではないということです。

「片務契約」とは、契約当事者の一方のみに債務の履行義務が生じるという契約です。

ですが、貸借契約なので、貸主は貸す義務、借主は返金する義務の双務契約ではないのか?

と、疑問を抱ける人は、合格できる可能性が大です!!

金銭消費貸借契約は、貸主が借主に実際に金銭を引き渡した時に、成立する契約(書面での契約時は除く)です。

そうしますと、契約成立後に債務を負うのは、借主の返金債務義務だけになります。よって、金銭消費貸借契約は「片務契約」であるといえるのです。

ここまで、しっかり、理解できていなければ、合格できません。そして、独学でここまで理解するのは、時間もかかります。

解決できない事案は他にも数多く出てくるはずです。

まず、早期に基礎知識を習得しておくことが肝要です。そうしませんと、新たな疑問点も見えてこないからです。

環境が人を育てます。あなたが今まで生きてきた環境が、あなたをつくっています。

法律事務所で働いた経験のある人と飲食店でしか働いたことがない人とでは、職務に必要な知識が異なります。

宅地建物取引士試験は法務系国家資格ですので、この試験に限れば、法律関係の業務経験者のほうが圧倒的に有利です。

それでも、同じ土俵で戦って、勝つ必要があります。

大多数が不合格になる試験で、大多数と同じような勉強をしていては、勝てるはずがありません!

勝つには勝てる武器が必要です。その勝負に勝てる知識と情報を弊社があなたにご提供いたします。



短期一発合格のための最後のチャンスがこの教材の中にあります!!

あなたのたった1点が、  人生を変える1点にもなります!


2019年度
試験では受講者様から実に6,334通のご質問を頂戴いたしました。中には、間違った解釈をしている人も大勢いました。

全く設問文章の意味を理解できていない人も大勢いました。

そのすべての方にメールのやりとりの中で、
正しくご理解いただけるまで何度でも丁寧に解説を行いました。

その結果、短期一発合格者が続出しました。不動産業とは無縁な初学者も大勢、いらっしゃいました。

試験では
1点にこだわれる人が勝者です。約26万人の申込者のうち約3万人しか合格できません。

この巨大な受験者数では1点の中に数千人が入ります。

1点不足で順位が一気に数千番規模で後退し、1点加算で一気に数千番、上昇します。

1点にこだわり、わからない箇所、疑問箇所を私にきちんと確認、質問できた方は例外なく合格されています。

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥どころではありません。合格できなければ、また1年を費やさなければなりません。

あなたの疑問はすべて、試験日までに責任をもって、私が解消いたします

合格は、あなたが想像する以上に、すぐ手が届く場所にあります。


直近10年に出題された全項目の出題率データを提供し、短期戦略的学習による合格を可能としています。短期合格を可能にする唯一の方法がPC学習!!

    


弊社には、他社様の教材を使って合格できなかった人たちが、たくさん来られます。試験合格に必要なのは「膨大な量」では、ありません。

必要なのは「学ぶ質」です。

ポイントを絞ったテーマを徹底的に攻略することが短期合格の秘訣です。

井真井アカデミーでは合格できる講義をします。それも、超短期間で合格できる内容をお教えします。

19日間は、実際に講師である私が、宅地建物取引士に関し、知識ゼロから合格までに費やした日数です。

この教材は、私自身の実体験に基づき、より学習しやすいように改良されたものになります。

だからこそ、私が試験直前まで責任をもって、あなたをサポートいたします。この教材さえあれば、他の教材は一切不要です!!

高額教材を購入しなければ合格できないとか、何か月もかけて勉強しなければ合格できない、と勘違いされている人がいますが、それは誤った先入観です。

この教材を使えば、その安さと効果に驚くはずです。

とにかく合格だけが欲しい!!という人向けの教材です。そのため、合格に必要な38点以上を取得できるように構成・編集された教材になります。

試験に出題されない不要箇所はバッサリ、切り捨てました。


試験に出題される箇所はきまっています!

それを知らずに勉強していたら、何年かかっても合格できません。

もう、50年以上もの半世紀にわたり実施されている試験なのですから、当然といえば、当然です。

宅地建物取引士にとって必要な問題は出尽くされています。だから、その箇所を徹底的に勉強すれば合格できます。

全マークシート方式ですので、毎回、参考書や問題集の1ページ目から開始し、太字や赤字をノートに書き写しているような旧式な学校勉強法を実践していては、合格できません!!

記述式問題など出ないからです。設問を読んで、その知識を知っているかどうかだけが問われます。

わざわざ、ノートに記載して覚えるような内容はありません。その時間は無駄な作業時間です。

そんなことをする時間があるなら、ライバルよりも一つでも多く、必要な情報に目を向け、知識を吸収したほうが得策なのです。

自分の苦手箇所を把握し、克服することです。科目ごとではなく、総合点評価の試験ですので、1点の上積みが重要になります。

苦手箇所を減らすためには、苦手箇所を把握しなければなりませんが、教科書(参考書)を書き写しているだけでは、苦手箇所は見えてきません!!

当社の教材を使えば、あなたの苦手箇所がたった1秒で把握できます!!



 渡辺さんは、これで逆転勝利し、  再就職・開業独立にも成功!


「19日間あれば合格できますよ。」と言ったら、渡辺さんは軽く鼻で笑いました。

同じスポーツジムに通う渡辺さんは58歳。定年退職したら、地元で不動産業を始めるのが夢だと話してくれました。

独学で1年、その後、宅建スクールに2年間通っていましたが、毎年、合格点に10点以上も足らないようです。

今まで宅建士教材に費やした費用も軽く20万円を超えていると言いました。

そこまで「時間」と「費用」と「情熱」を注ぎ込んでいる人に対して「宅建士試験なんて、19日間あれば合格できます」と言ったら、普通は怒りだしそうなものです。

ですが、「19日間」という、あまりに荒唐無稽な日数にどうやら、怒りも通り越し、笑うしかなかったみたいです。

そこで、私は、宅建士試験に短期で合格するには勉強方法に「工夫と戦略」が必要であることを教えてあげました。

この試験では
絶対に覚えなければいけない箇所とは別に、全く覚える必要のない箇所もあるのです。

また、『上手な暗記の方法』や『覚えたことを長く記憶に留める方法』、更には試験問題を作成している委員会メンバーの顔ぶれなどにも注意を向ける必要があることなど、
受験テクニックを詳細に説明しました。

そんな話をしても、まだ半信半疑の表情で「ダマされてもあきらめがつく額だし、やってみるか・・・」と自分自身に言い聞かせるような捨てゼリフを吐いて、この教材の購入を決めてくれました。

試験まで残り2週間しかない頃でしたが、渡辺さんの場合、今まで勉強してきた実力がありますから、2週間でも十分、間に合うと私は思いました。

さて、それから数日後。
電話越しに渡辺さんが、興奮冷めやらぬ様子で、

「いやあ〜、信じられねえ!!今日、宅建試験後の解答速報で自己採点してみたら42点も取れてたんですよ!!

試験1ヶ月前に受けた模擬試験では24点しか取れてなかったから、今年もダメかもって半ば諦めてたんですよね。

あのSPM問題集って、本当にスゴイすごい!!この効果には心底、びっくりした!!」

と、まくしたてました。

そして、うれしさ爆発の後、急にトーンダウンした声で、

「今まで、ずっと何を勉強してきたんだろうって思っちゃたよ。随分、時間も金も使っちゃったし・・・」

と、悔しそうに言った言葉が、今でも忘れられません。

もちろん、能力に個人差はありますが、大抵の人は想像していた以上の短期間・高得点で合格に近づけるはずです。

あなたの「時間と財産」は反比例します。

勉強に長時間かければ、失う財産は大きくなります。

短期間で資格を取れれば、将来、増やせる財産は大きくなります。

短期一発合格」こそが、あなたの貴重な時間と財産を守れる唯一の方法なのです。


合格の秘訣は、その勉強法、勉強内容、記憶維持能力にあります。

平均合格率16%のこの試験に合格するためには、他の84%の人たちと同じことをやっていたのでは、合格などできません。

あなたは、一発で合格を射止めますか?
それともまた、長い一年間を費やしますか?

人生における最大の対戦相手は”時間”です。

時間は幸も不幸も作り出します。「がんばります!」なんて言葉は、もう要りません。頑張っても合格できなければ、意味がないからです。

重要なのは結果のみです。合格がすべてなのです。




宅地建物取引士試験合格用ソフトのIノートテキスト&SPM問題集は、マイクロソフト(Microsoft)社のワード(Word)とエクセル(Excel)ソフトで構成された「合格だけを目的」に作成された学習教材です。

こちらから、ご案内しますダウンロードページにお手元のパソコンなどの端末からアクセスしていただき、直接、その端末へ教材をダウンロードしていただくものです。

教材は、テキスト、音声解説、問題集、資料類から構成されています。これに、疑問点をすべて解消いただくため、私宛てに直接メールをお送りいただくことが可能です。

※ダウンロードが心配な方には、商品をCDに入れてお送りするサービスもございます。




一度、ダウンロードすれば、商品はあなたのパソコン等の中に保存され、以後はネットにつなげなくても、どこででも好きな場所、好きな時間に勉強することができます。

そして、わからない問題にぶつかったときは、24時間、いつでもご質問することが可能です。

ご質問は無料で、回数制限も特にございません。あなたのパソコンの向こう側には、あなた専属の講師がいると思ってください。

ご自宅や会社にいながら、高額スクールに通うのと全く同じ効果(場合によってはそれ以上の効果)を得ることができます。

学習には、パソコン等の端末を利用しますが、その操作は極めて簡単なものです。小学生でも扱えるレベルの基本操作となります。

現代、オフィスワークにパソコンは必須です。ネット検索機能しか使えないようでは、仕事になりません。

60代以上と20代以下の世代でパソコン操作が苦手な人が多いのですが、この機会に是非、パソコンとも慣れ親しんでください。

使っているうちに様々な便利機能に気づくはずです。

今や、ワードやエクセルはビジネスに欠かせないツールとなっています。


あなたの苦手箇所はたった1秒チェックで見つかる!



この教材は、宅地建物取引士試験用教材であって、巷でよく見かける胡散臭い、ハウツー本ではありません。勉強方法だけを記載しているものではなく、学習教材そのもになります。

「合格するための勉強方法」など読んでも、試験に必要な知識が習得できなければ、まったく意味がありません。

当社がご提供するテキスト(参考書)は、ここさえ押さえれば、短期合格が果たせる内容だけが記載された「ウルトラテキスト(Iノート)」です。

あなたが、知りたい情報を、1秒で見つけ出すことが可能です。






   合格者は全員、知っている。効率的な学習法


 どこを、どうやって理解すべきなのかが、分かっていない人は合格率16%の壁を越えることができません。

更に宅地建物取引士として、学ぶべき知識、知らなければならない知識も手に入れる必要があります。

合格に絶対必要な知識を脳に確実に刷り込ませるためには、ちょっとした工夫が大いに役立つことをご存じでしょうか?

その工夫が施された問題集が下記のSPM問題集です。この問題集を使えば、飛躍的にあなたの成績をアップさせることが可能になります。

楽してこの資格を取得するか、それとも人一倍、苦労することを覚悟するのか?その選択権はあなたにあります。

短期合格を可能たらしめている秘密は、この問題集にあります。




このIノート&SPM問題集を利用すれば、1日2時間から3時間程度の学習で最短19日間あれば、合格ライン(37点)を超えることが可能です。

仕事の合間のほんの少ない隙間時間を上手に利用するだけでも合格できる可能性は十分あります。

実際、そういう人たちが大勢、いらっしゃいます。この19日間は、実際にこの教材を作成した私が、この教材を使って合格するまでに要した学習期間になります。

確かに短期間ですが、私自身が特別、優秀というわけではありません。

今まで、私と同じような短期間で合格されている受講者の方がたくさん、いらっしゃいます。

もし、私が他の人たちより有利な条件を有しているとすれば、それは、進学予備校の講師経験があるというでしょうか。

年間1,000時間以上も教壇に立ち、多くの受験生を志望校へ送り出してきました。試験問題を分析する能力と合格する術だけは、業務経験で培われたと自負しています。

そして、私自身が国家資格取得を目指していた当時は、今から想像できないほど、仕事に忙殺される日々を送っていました。

試験勉強などしている余裕もなく、気づいたときには試験20日前!!

それでも諦める気持ちは全くというほど、ありませんでした。

何故なら、既に受験料7千円も支払っていたからです。7千円って、アルバイトやパートタイムで働く人にとったら、日当レベルですよ!

汗水垂らして稼いだ7千円を破り捨てろと言われて、実際に破ける人が何人いるでしょうか!?

だから、私は諦めるのではなく、残り20日程度で合格できる方法は何なのか考えました。そして、すぐに気づいたのです。

もう、この資格試験が開始されてから50年以上もの歴史があるということに。

半世紀以上もの出題データがあれば、そこから統計学的に出題傾向を割り出すことができると目論みました。

まず、直近10年間の過去問題を分析した結果、その目論見が間違っていないことを確信しました。

全部はお見せできませんが、各科目とも下記のようにこの試験では、科目毎に出題項目において偏った出題傾向があることがわかったのです。





70%以上出題の出題率項目を拾っていくだけで、試験問題の大半を占めてしまっています。

10%とか20%といった低出題率項目を勉強することは、短期間の中ではナンセンスなのです。

高出題率の内容だけを徹底履修することで、合格がいとも簡単に見えてきます。この戦略で試験に挑んだ私の成績は42点の一発合格でした。

ゴルフでもボーリングでも弓道でも、良い成績を残るためには、目標物に向かって狙いを定めますよね。

しかし、勉強になると、狙いも定めず、いつもテキストの1ページ目から開始する人がほとんどです。

テキストは小説などの物語でもなければ、建築設計図でもありません。常に1ページ目から勉強しなければならないといったルールはないのです!!

常に1ページ目から開始している人は、ただ漠然とボールを前に打っているだけの人です。

その方法で、いったい何打目でグリーン上に乗るのでしょうか?

退屈しのぎの試験勉強なら、何年かけてグリーン(合格)を目指しても良いと思いますが、この資格を使って、稼ぎたいなら、早々に取得されたほうが、賢明です。

数年前にこの教材を使って宅地建物取引士となった人がいますが、彼はその後、脱サラして不動産会社を立ち上げ、設立1年目から売上げ1千万円を超えたと連絡をくださいました。

1年間の差は、これぐらい大きな金額差を生むわけです。

開業まではいかなくても、この資格を取得後、好条件の再就職を果たした方や、マイホームを購入する際に数百万円も節約できた人もいました。

法知識を有する人に対して、ハウスメーカーも儲けばかりを考えられないということです。法律系国家資格では一番人気の資格です。

知名度も高く、企業も有資格者を優遇しています。需要も市場も大きい資格なのですから、多くの人が欲しがります。

多くの人が分け入る山で財宝を発見することは容易なことではありません。当てずっぽうに探し回ったって、見つかるはずがないのです。


多くの受験者が、一生懸命、テキストにしがみついています。

アンダーラインを引いたり、マーカーで太字を塗りつぶしたりして、手書きノートに書き写しています。

このやり方では、自分自身の「弱点」も「得意」も見えてきません。簡単に合格する方法は実は一つしかないのです。

合格者は例外なくやっている方法です。

それは、弱点箇所と得意箇所の仕分けなのです。
その手段は問題集を解くしかありません。

ライバルより一問でも多く解き、知識・情報量を増やすことなのです!

自動車の運転マニュアル本だけ読んでも、自動車を運転することはできませんよね。坂道発進や狭い路地進入、駐停車などできないはずです。

簡単な道ばかりが用意されているわけではありません。試験も同じです。テキストばかり読んでいても、実際の試験では対応できないのです。

20万人以上を不合格にするために設けられた「険しい道」だと、ご理解ください。合格に必要なのは、実践的経験なのです。

経験値が低いうちは合格に手が届きません。1年間に数千通を超える質問メールが、受講者様から私のもとに届きます。

その一通一通に丁寧かつ簡単な言葉で解説回答しています。

だから、法律初心者でも徐々に実力を身につけ、険しい難しい道もスムーズに通過できるようになります。

当社では毎年、数百人規模で受講者様が合格されています。合格に必要なのは、実践的訓練なのです!!




   37点以上+上位16%以内が合格絶対条件


過去の合格最低基準点は2018年度試験の37点です。

全体の74%の正解率が合格には必要でした。

では、あなたは37点をどこからつくりますか?
その戦略が必要です。

宅地建物取引士試験は、@権利関係、A宅建業法、B法令上の制限、C税・その他の4科目に大きく分類できます。

この4科目を均等に勉強しよう!!なんて、考えたならアウトです。



科目ごとに問題数が異なり、占有率が全然、違うからです。優先学習順位があるのです。

一番、出題率の多い宅建業法にまずは、時間を使うべきと考えます。

それぞれの科目は互いにリンクしていません。どの科目から勉強を開始しても問題ありません。

ならば、宅建業法を最優先しても構わないのです・・・が、

弊社では、あえて二番目に出題率の高い「権利関係」を一番最初に学習するようにしています。

その理由は、この科目が一番、理解するのに時間がかかるからです。

設問文も長文が多く、読解も難しい問題が並びます。国語能力に自信の無い人が、この科目を後回しにしますと、絶対に痛い目に遭います。

一番、手強い科目を一番最初に克服できれば、後はとても楽に感じるはずです。実際、宅建業法などは単なる暗記科目ですので、時間さえかければ誰でも正解できます。

この試験が、相対評価試験であることはご説明しましたが、合格するためには、必ずライバルを突き放すポイントが必要になります。

そのチャンスこそが、権利関係科目なのです!!



※2019年受験申込者:276,019人

平成30年度試験:都道府県別合格率
※全国平均
15.6%
都道府県で最大
7.8%もの合格率の差!!
教材等に恵まれない都道府県は圧倒的不利

 合格率ベスト5 合格率ワースト5
1 東京都(17.6%) 沖縄県(11.3%)
2 福井県(17.3%) 群馬県(12.0%)
3 長崎県(17.0%)  佐賀県(12.4%)
 4  京都府(16.7%) 福島県(12.5%)
 5  兵庫県(16.7%)  熊本県・鹿児島県
(12.7%)


北エリアと南エリアの合格率は特に低いのが特徴です!

平成30年度試験の合格率
15.6%を超えているエリアは、実はたった2つしかありません。(一都三県と近畿エリアだけ)

一部の都道府県が全体の基準を引き上げています。

地方都道府県の受験者が、都市圏エリアの受験者に勝つためには平凡な勉強法では不可能です!!

独学では更に困難です。貴重な時間とお金が奪われることに。


都市圏に比べ、地方エリアでは良質な参考書類やスクール等が少なく、限られた資料類からしか勉強できないことから、合格率が全国平均を大きく下回り低調推移しています





IノートテキストとSPM問題集とは

 宅建資格取得専用教材 宅建Iノート&過去問SPMはマイクロソフト社のWord (テキスト)とExcel(過去問)で編集加工された電子教材です。

1997年以降バージョンのWord , Excelソフトが、お手持ちのパソコンにインストールされていれば、どなたでも、簡単にご利用いただけます。

決して難しい操作は必要とされませんが、最低限のパソコン操作ができる人を当事務所教材は対象とさせていただいております。

せっかく、この資格を取得されてもパソコンが使えない方は、その知識を活かし、収益に結びつけることが極めて困難といえます。

せっかく取得された「宅建資格」を単なる「死格」にしていただきたくはありません。簡単な操作ですので、是非、この機会にパソコン操作も合わせて学んでください。

当事務所教材は、市販書籍とその内容において異なります。

10年以上の過去問を徹底分析し、複数年にわたり繰り返し出題されている項目とその出題傾向をしっかり捉えた上で、「合格」達成という1つの目的だけを主眼に置いて、編集されたウルトラ教材です。

現在、本屋等で入手可能な一般書籍(宅建教材)の平均ページ数は約500頁にもおよびますが、弊社編纂のテキストである「宅建Iノート」については、それより遙かに少ないページ数で構成されています(200ページ以内)。

そして、完全音声解説で試験の出題箇所をズバリ教えます。

「テキストは、厚いほうが多くの分野を網羅しているはずなので安心できる」と思っているあなたは、極めて危険な状態です。

厚いテキストは、
学習すべき焦点がぼやけています

内容が絞り込まれていないから厚いのです。

出題されるかどうかもわからないので、とりあえず掲載しているに過ぎません。

あれもこれも、とにかく可能性があれば何でも掲載しておきながら、表紙に「なんと出題問題が的中!!」と大げさに謳っているテキストを使っている人は、合格するまでに多くの時間を費やさなければならないでしょう。

確かに分厚い市販テキストには、宅地建物取引士として業務をする上で、今後、必要になってくる知識もあるはずです。

しかし、試験に合格するだけであれば、そんな情報は一切、不要です。

出題されるかどうかわからない問題を広く浅く学習するより、出題される問題を何度も繰り返し学習するほうが遙かに短時間で最大の効果を発揮できるのです。

何故なら、この宅建試験は、最初から「
合格者平均上位16%以内の人」と決められているからです。

上位16%の人たちは、エキスパートの知識を有している人たちです。

これらの人たちを選別するための試験なのですから、単純に市販されているテキストに掲載されているままのセンテンス(文節・文章)で出題するほど、試験機関もマヌケではありません。



ですから、テキストを丸暗記すれば合格できる・・・と、
考えているあなたは、要注意です!!


そんな単純暗記で合格できるなら、国家試験ではなく、検定試験でいいわけです。漢字検定や英語検定試験のように、一定基準レベルに合わせた「級」を付与すれば足りる話です。

しかし、この試験はそうではありません。

不動産を取り扱える人"資質”もチェックする試験なのです。不動産というのは、一般庶民にとって人生で最も高価な買い物です。

この買い物のために日夜、汗水垂らして働いている人が、世の中には大勢いらっしゃいます。

正に人生を掛けた最大イベントを宅地建物取引士は、託されているのです。

託しても大丈夫な
知識資質 の持ち主を選別する試験・・・それが、宅地建物取引士試験なのです。


平成30年度試験で約3億6,000万円 が泡と消えました!!


          
上記数字は平成30年度受験者数等の確定集計です。申込者のうち、実に51,451人(約5人に1人)もの人たちが申込み後に受験をキャンセルしています。

受験料7,000円×51,451人=約3億6,015万円が、全く何の生産性も無く消えていったことを表しています。

どれだけ日本人は裕福なんですか!?

せっかく稼いだお金を、いとも簡単に捨てることができるのですから。

本当に試験当日、特別な事情があった人もいるのでしょうが、宅建試験の申込みは7月1日からの1箇月間。

試験日の約3か月前までには、ほとんどの人が申込みを終えています。

あらかじめ確定している3か月後の試験日に突然、急な用事が入る人が、世の中に5万人以上もいるはずがありません!!

結局、彼らは
試験日までに学習を終えることができなかったのです。

受験したところで、到底、合格できっこないと諦めたから、試験会場に姿を現さなかったと言えます。

小中高時代の授業の延長ような学習法(テキストを読み、ノートにまとめる方法)でやっていると、このような事態が生じます。

社会人の本業は、仕事であり勉強ではありません。限られた1日の時間の中で、効率よく学習するためには、学生と同じやり方では勝てないのです。

そして、学生のような勉強法をやったところで、宅建試験には合格できません。井真井アカデミーが合格できる勉強法をお教えします。


短期間取得できるチャンスがこの教材の中にあります!


                 



改めまして、こんにちは・・・。

井真井アカデミー代表の井真井と申します。私は宅建試験に19日間で合格しました。特別な事をして合格したわけではありません。

学習方法と過去問を研究し、受験テクニックを駆使して合格したのです。

「どこの箇所をどう覚えれば合格できるのか・・」そのポイントさえ、わかっていれば、どなたにも合格のチャンスが巡ってきます。

あなたが平均合格率16%を大きな壁だと感じているなら、その壁を崩す方法をお教えします。

早い人なら19日間でいとも簡単に崩せます。

それも今なら、たった1万円台の格安で合格証書が手に入るチャンスです。
合格にかかせない知識が、


なぜ、こんなに安い金額でご提供できるのか?

1・
建物維持管理費用がかからないため

2・講師等の人材費が押さえられるため

3・電子教材なので在庫リスクがないため

4・多くの人に気軽に始めていただきたいため

5・受講者様を安価で合格させたいため


習い事は何でも金がかかります。教材を渡してサヨナラ・・だけでしたら、安いのも頷けますが井真井アカデミーは、試験日直前までサポートし続けます。

なかなか面と向かって質問できないことでも、メールなら、みなさん、気軽にご質問されてきます。

そうやって毎年、数百人規模の受講者の方たちが合格の勲章を手に入れ、卒業されていきます。

建物(教室)管理費用や講師など従業員にかかる人件費、教材のストックリスクなどは、事業者側の事情であって直接、試験の合否に影響を与えるものではありません。

だから、弊社の教材にはお客様に関係のない不要な費用は、価格に転嫁していません。

井真井アカデミーが、皆さまからいただくのは、教材費用のみです。

サポートは無償です。試験合否に関係無い事業者側の余分なコストをいただいていないからこそ、どこよりも安くご提供できるのです。

19日間で合格できると言えば、多くの人たちが首を横に振ります。

しかし、この教材を発売してから、わずか2年目で合格者は1,000人を超えました。そして、合格者総数は毎年、増え続けています。

過去には知識ゼロからわずか2週間の学習期間で1発合格された強者もいらっしゃいます。

時間とお金に余裕がある方や趣味で宅建の知識を得たい方は、他のスクールや通信教材をご利用されても良いかもしれません。

当事務所教材をお勧めできる方は、以下のようなお客様です。

@ 学習時間の確保が困難な方
A この資格取得が会社命令である方
B 取得後、開業を希望している方 
C 就職などの武器としたい方
D パソコンの基本操作ができる方
E どうしてもこの資格が欲しい方
F 最少投資で合格証が欲しい方


当事務所教材の最たる特徴は
"スピード”です。

さっさと合格して、この資格を上手に利用することで、人生設計の再構築を図り、現在置かれている環境や収入について、更なるステップアップを実現したいと願う人に一番、適した教材といえます。

教材は高ければ高いほど、不要な知識がぎっしり詰まっています。不要な知識を詰めなければ、厚くならないし、厚くしないと、高額で販売できないから、そうするのです。

10万円も出して薄っぺらい教材だと、怒る人がいるからです。


さて、せっかくこのサイトを訪れていただいたのですから、合格の秘訣を少しお教えします!


宅建試験では、何問目に何の問題がくるのかがあらかじめ決まっているということを、あなたは、知っていましたか?

そして、出題される科目の問題数には大きな差があります。

まず、それを知らなければ、あなたはこの試験に、いつまでたっても合格できません。

その試験内容の内訳は次のように構成されています。
(〜平成30年度)





ご覧のように、「権利関係」と「宅建業法」が最も重要な科目だというわけです。

全50問
のうちの68%、つまり34問も占めているのです。これら2つの科目以外は、全部足しても16問しかありません。

さらに、その16問には、毎年変動する統計問題や改正が著しい税制問題、押さえどころの難しい「その他」の問題が含まれます。

ところが、さほど難しくない基礎問題(建築基準法や都市計画法、農地法など)も出題されるのです。

宅建試験は昭和56年に問題数が40問から50問へと変更されました。

以後、最低合格基準点が公表されるようになって平成30年で38年が経ちます。この38年間の最低合格基準点の平均は約33点です。

宅地建物取引主任者時代の34年間の平均最低合格基準点も32.8点。

そして、宅地建物取引士に変わった平成28年以後の平均最低合格基準点は35.7点(宅地建物取引士試験になってから高水準で推移)。

全期間を通じた最低合格基準点は30点、最高合格基準点は
37点
(2018年試験)

つまり、
35点以上でボーダー37点以上100%合格

できることになります。

35点以上正解できれば、合格の期待も大きくなります。

そして、この正解数は「権利関係」+「宅建業法」の出題数とほぼ同じです。つまり、この2科目が満点なら、かなりの高い確率で合格できるということです。

しかし、満点を取るのは、困難なことです。

ですので、この
2科目合計で26問正解を目指してください。

そうすれば、2科目以外で9問(つまり、16問中9問=56%の正解)取れば良いのです。9問正解することは非常に簡単なのです。



ところが、・・・


85%の受験者が、この26問正解できないのです(悲)

上記の出題割合を再度、ご覧ください。宅建業法が最も出題数が多く、全部で20問出題されます。ここに大きな落とし穴があります。

平成21年度試験までは、宅建業法と権利関係は共に16問ずつでした。ところが、平成22年度から宅建業法の問題数が4問が増え、権利関係が2問減ったのです。

それは、宅地建物取引士に対し、より不動産専門性に特化した高い知識を社会が求めている結果です。

確かに傾向としては宅建業法重視なのですが、この出題数変更により多くの受験者の意識が、
間違った方向へ引きずられてしまったのです!!

すべての科目に対し、均等の学習時間を配分している人は、一番、合格から遠い位置にいる人です。

その一方で、
出題数の最も多い宅建業法に最大の時間配分をしている人も合格からやや離れた位置にいる人なのです。

この試験で、
最も重視すべき科目は、宅建業法ではありません!!

最初に言いましたが、この試験は最初から上位16%以内に入った人しか合格できません。

自分の成績に満足していても、他の人も同じように良い成績を取れば、あなたの合格はスルリ〜と、その手中からこぼれてしまいます。

ですから、あなたが最も考えないといけないことは、


どこで、他の人を引き離すのか?
ということなのです。 

突然ですが、

あなたは下記の設問の答えがわかりますか?

これは実際に過去の試験で出題された問題です。

ABCDなどの登場人物における相関を頭の中で理解するのが苦手という人がほとんどなのですが、これらの問題を漠然と読んでいては答えがでてきません。

しかし、井真井アカデミーではあなたが理解できる言葉で解説します。こういう問題が多数出題され、ほとんどの受験者が正解できません。

このような問題こそが、合格者と不合格者を分けるものになります。

あなたがわからない箇所を当社にご質問頂ければ、下記のような返答で解説します。
             

(問1)AがBの代理人としてB所有の甲土地について売買契約を締結した場合に関し、Aが甲土地の売却を代理する権限をBから書面で与えられている場合、AがC の代理人となってBC 間の売買契約を締結したときは、C は甲土地の所有権を当然に取得する。


【井真井の解説例】

例えば、あなたは、井真井を代理人に指名して自らの土地の売却を依頼しました。

売却権限付与の旨も書面にしたためました。一方、井真井は佐藤さんという人の代理人でもありました。

そこで、井真井は双方の代理人として売買契約書をつくり、あなたと佐藤さんとの売買契約を締結させました。

これにより佐藤さんは当然にあなたの土地の所有権を取得できるのでしょうか?・・・というのが設問内容です。

民法108条では、当事者双方の代理人である井真井があなたや佐藤さんの利益を害する恐れがあることから、双方代理を禁じております。

もし、双方代理により契約を締結させた場合は「無権代理行為」とみなされ当該契約は無効となります。

しかし、当事者本人があらかじめ許諾していた場合は双方代理も認められ、当該契約は有効になります。

つまり、原則、「双方代理行為は無効だが、例外的に有効」のため設問内の「当然に」という文言は間違っていると判断できます。




(問2)AがBの代理人としてB所有の甲土地について売買契約を締結した場合、Aが無権代理人であってDとの間で売買契約を締結した後に、Bの死亡によりAが単独でBを相続した場合、Dは甲土地の所有権を当然に取得する。

 
【井真井の解説例】


例えば、あなたは、病に伏している父親に無断で、父親の代理人だと偽って井真井に対して父親名義の土地を売却する契約を井真井と交わしたとします。

代理権が無い行為ですから無権代理行為として、本来なら無効な取引です。ところが、その翌日、父親は亡くなりました。

相続人は、あなたしかいません。父親の財産のすべてを、あなたが相続します。土地もです。

この場合、あなたが井真井と交わした契約は有効とみなされ、井真井はあなたの土地(父親から相続した土地)の所有権を当然に取得するのでしょうか?

・・・・というのが設問の内容です。

判例によれば、父親が生前、あなたの行為につき追認や追認拒否の意思表示をせずに亡くなり、あなたが単独相続人になった場合、あなたの無権代理行為は有効となります。

あなたは井真井と既に契約を交わしていますので、相続した途端、井真井との契約を破棄することは信義則に反する行為のため認められません。

よって、井真井は当然に当該土地の所有権を取得することができるため、当該設問は正しいと判断できます。




引き離す科目は決まっている!
それは・・・、"権利関係"



これは、私からあなたにお教えする、合格するための最大のヒントです。

私は、かつて、進学塾の講師として数多くの入学試験を分析し、担当する生徒を希望する学校へ送り出してきました。

同じようにこの試験を分析した結果、合格するためのポイントを見い出すことができました。

宅建受験者の多くが苦手とする科目は、間違いなく権利関係(民法)であり、この科目が得意な人は例外なく合格でき、苦手な人は例外なく敗北しています。

宅建業法科目単純な暗記科目す。

知識を知っているか知らないかだけで、結果が出ます。よって、受験者の成績に大きな差がつきにくいと言えます。



ところが・・・


権利関係の問題はどれも出題文中の登場人物の相関関係を紐解き、その上で何が正しいかを判断しなければなりません。

法律ににおける基礎知識以外に、文章読解力とひっかけに対処できる注意深さが試されます。


複雑に絡み合った登場人物の立場を整理するための「解決の糸口」が見つけられない人は、正解が出せません。

考える力の無い人は、容赦なく試験でふるい落とされます。

日頃の勉強においても「意味がわからないから後回し」にする人が多く、敬遠されがちになります。

その結果、この科目が大の苦手となってしまうのです。

更にやっかいなことに、平成22年度試験より権利関係科目の問題数が減少した代わりに、問題が
長文化傾向にあります。


これこそが、試験問題を作成している組織がしかけた"巧妙な罠"なのです!


「権利関係(14問)」+「宅建業法(20問)」
=34問/50問中=68%→
26問/34問中正解を目標=76.4%

この2科目を7割以上正解できない人の合格の可能性がほぼゼロです。
そして、その最大の罠は「権利関係」科目に仕掛けられています。

それなのに、貴重な学習時間を
すべての科目に均等に振り分けている人が、信じられないくらい、たくさんいます。

宅建業法ばかりに力を注ぎ、権利関係を何となく敬遠している人が、これまた信じられないくらい、たくさんいます。

16%の合格率ということは、100人いたら絶対に上位16位以内に入らなければ、合格できないのです。

どこで他の84人に差をつけるのか・・・・。

それが、わかった人は合格できます。

国家資格試験に合格するというのは、頭の良し悪しの問題でないのです。

そういう試験の仕組みに気づかず、漠然と机に向かっているような人が、敗者になっていくのです。


学校でも仕事でも、デキると周囲から言われる人は、皆、要領よく業務をこなしているだけなのです。

経済的に恵まれていない人が、朝から晩まで汗水垂らし、一生懸命働いても、
社会の仕組みを熟知している人には到底、勝てません。

何故なら、この
社会の仕組みそのものをつくっているのが、そのような社会的勝者だからです。

賃金は、労働時間に比例すると思っているなら、それは、大きな間違いです。高所得者ほど、労働時間は短いのが現実です。

そして、
効率よく合格している人ほど、実は学習にかけている時間も短いのです。彼らは、学習方法を「工夫すること」によって、時間をセ−ブしています。

宅建資格取得には、3ヵ月〜6か月は必要だと世間で言われています。

そして、高額な費用を投資する人たちがほとんどです。中には10万円以上の費用を請求するスクールもあります。

10万円かけて確実に取得できるのならまだしも、そんな保証はどこにもありません。

この試験の仕組みを知り、19日間わずか1万円程度で取得した私の合格証と10万円以上投資し、数ヶ月も貴重な時間を費やした人がやっと取得した合格証

・・・この2つの合格証には違いなど、全くありません。

では、たった19日間で取得した私数ヶ月や数年かけて取得した人の間には、どんな違いが、あるのでしょうか?

ここには、大きな違いがあります。

私は、数ヶ月かけた彼らより、
人生において最も貴重な「時間」という財産をセーブすることができたのです。

彼らが要した数ヶ月間に、私は他の国家資格を取得することもできましたし、新たに習得した知識を活かし、新たな仕事を創造することもできました。

新たな人生の幕を開くことができたのです・・・。


"時間”こそ、この世で最も尊いものです。

「もう少し、若かったら」、「あの時にやっていれば」なんていう後悔の言葉は誰でも一度は口にしたことがあるでしょう。

この教材は、あなたの貴重な時間を浪費せず、あなたの大事な家族に迷惑をかけず、あなたが稼いだ富も奪いません。

それどころか、あなたの中に秘められた大いなる可能性を引き出してくれます。

どう学習すれば合格できるか、あなたにストレートに伝えていきます。

学習内容でわからない箇所があったら、すぐに
私に確認して下さい!!                             

そして、試験日までに
10回以上ご質問をされてきた実に90%以上の人が、平成30年度試験において40点以上の点数を取得して合格されています。


あなたに合格していただくために、
もう一度だけ、言います!!


ポイントとなる2科目の重要性を強く認識してください。

すべての科目に対し、
均等な学習時間配分をしてはダメです!


合格できない人達というのは、正直、何の戦略も考えずに勉強している人達です。

いつも、テキストの1ページ目から始める人、いつも前回できた問題から復習する人、いつもテキストに記載してある赤字や太字を拾って、せっせと別冊のノートをつくっている人、いつも設問と回答・解説が違うページに記載されている問題集を買ってしまう人

・・・こういう勉強している人たちは、すぐにやめてください!

それは「趣味の勉強」であり、国家試験のための勉強法ではありません。

この資格は「趣味」のレベルでは、ライバルに勝てません!!



さて、何の科目に比重を置くかわかったところで、市販のテキストや各種通信教材テキストが、きちんと
比重の高い科目からペ−ジを並べているかと言えば、「?」です。

多くの教材が、試験に出題される順で並んでいます。

そして、几帳面な人ほど最初の1ペ−ジ目から一つ一つ、しっかり、学ぼうとします。

テキストに記載されている詳細な数値まで覚えようと必死です。

この真面目すぎる傾向は、世界広しといえども、日本人に顕著です。

しかし、国家資格取得においては、そのような学習方法では、全く太刀打ちできません!



弊社の宅建士Iノ−ト&SPM教材は、問題比重に沿ったプログラム構成になっています。



あなたは、最重要科目である"権利関係”と"宅建業法”の中で

毎年、必ず出題される箇所があることをご存知ですか?



権利関係-5項目、宅建業法-11項目が、なんとこの10年間において、ほぼ
100%の確率で出題されているのです!

他の科目を含め実に
28項目が100%出題されています。


この箇所をおさえるだけで、

あなたは28点GETできます!!


もし、あなたが「用途地域表」や「建坪率・容積率表」を一生懸命、暗記しようと苦慮しているなら、それは今すぐやめた方がいいです。

そこに費やす多大な時間で取れる点数は「0」か多くて「1点」です。

その時間を当てるべき箇所は他にあります。

このIノ−トとSPMは、宅建試験合格に必要な合格基準点である「37点/50点中」(過去の最高合格基準点)を簡単に超えられる内容になっています。

特に合格の要となる「権利関係」「宅建業法」の内容は充実しています。

Iノート(テキスト)は中学生レベルの読解力があれば、十分、理解できるような言葉で、身近な例を引き合いに出してに出して、丁寧に説明しています。

学習中に内容の意味がわからず、あなたが立ち止まってしまうことはありません。学習リズムを崩すことなく、本番試験を迎えることができます。


Iノート
はWordソフトで編集されていますが、このままの状態で原本をお渡しします。

よって、あなた自身で重要だと認識した箇所、または、自分自身が一番覚えやすいフレーズ等があれば、それらを直接、テキストに書き加えることができます。

アンダーラインを引いたり、文字色を変えたりするのも自由です。

「自分がつくる」、だから「Iノート」なのです。自分だけのオリジナルテキストを最終的には完成させてください。

(写真やイラストの挿入も簡単にできます)


SPM問題集は、Microsoft社のExcel(エクセル)ソフトで編集加工された問題集です。

基礎編はIノートテキストと連携していますので、Iノートを開きながらの学習も可能です。実践編は過去問中心の長文問題を数多く揃えています。

基礎問題集の正解率が9割を超えた方は実践編問題集へ進んでください。

合格率を高めるのに非常に有効な学習法です。

そして、試験日が近づいてきたら、直近5年分の過去問題をチェックしてください。近年の出題傾向を把握することは、とても重要なことです。

なぜなら、毎年、試験問題作成委員会のメンバーが公表されますが、問題作成者によって出題傾向やそのクセが試験問題には大きく影響を及ぼしているからです。

ですから、実際に出題された過去問題を解くことは出題傾向やクセを知る手がかりとなるのです。絶対に欠かすことはできません。

また、SPM問題集もIノートテキスト同様、編集加工が自由にできます。

そして、この問題集の優れている点は、

「できる問題」「できるようになった問題」をどんどん画面上から非表示にしていき、画面上に「あなたが間違った問題」「あなたが苦手とする問題」のみを表示させることもできる

という点にあります。


あなたが苦手とする問題
あなたが克服しなければならない問題

・・・だけを徹底履修すべき!!



多くの受験者が失敗する要因はこのような「苦手箇所を発見できていない」点にあります。

市販の問題集や通信教材、通信スクールの弱点は正にここのなのです。

一方、SPM問題集を使えば、
あなたのすべき課題がすぐに見つかります。その課題の克服ためにSPMを使ってください。

あなたの想像を超える発見を経験できます。

宅地建物取引士試験に最短合格する秘訣は、

@問題傾向を把握し、A出題箇所を徹底履修し、B苦手箇所を得意にすること。この3ステップしかありません!!


特に私があなたに求めるのは、完璧に理解できている箇所を何度も復習しないで欲しいということです。

その行為は全くの無意味だと気づくべきです!!


1日でも早く、
理解できた箇所を削除していき、理解できない箇所毎回間違ってしまう箇所だけを残した

オリジナル「
Iノ−ト」テキストと「SPM問題集」をあなた自身の手で、作成してください!!



超速合格を果たし、あなたの貴重な人生の時間はもっと他のことに使ってください。

勉強は楽しく短くがベストです。勉強はあくまで「合格」という目標達成のための「手段」であって、勉強することが目的になってはいけません。

ましてや、勉強が単なるノートへの書き写しであったり、手書きノートの要点整理といったような「作業」であってはいけません!!

この試験は全問マークシートです。手書きする問題などありません。

合格率16%前後の試験では、そもそも、市販テキストに掲載されているような基礎的な内容など出題されません。

17万人以上を不合格にするために実施されている試験なのです。

そんなテキストを一生懸命、書き写しても、それは自己満足に過ぎず、試験で戦う武器にはならないということに早く気づくべきです。

いつまでも小学校や中学校の授業形式の勉強法から抜け出せない人は、本番試験で辛酸をなめることになります。ご注意ください。


宅建Iノート&SPMは、合格したいと強く思っている方のみに販売させていただきます。

なぜなら、取得後、この資格を上手に活かして、
社会でご活躍していただきたいからです!!


普段、仕事や家事等で十分な学習時間を確保することが難しい人、既に不動産業界で働いていて、この資格の取得を会社から命じられている人、就職活動を有利に進めたい人、単純に不動産知識を習得したい人などにも、この教材は最大の効果を発揮するでしょう。

資格スクールや通信教材に高額費用をかけていらっしゃる方からしてみれば、独学で合格することは、とてつもなく難しいことだと思うでしょう。

しかし、高額費用かければ合格できる・・・というものでもありません。

そのような人達の合格率が飛び抜けて良いわけでもないのです。


どうしてでしょうか?????


そこには事業経営という現実があるからです。

薄いテキストに数十万円の講義料では、受講生を納得させることができません。

そして何ヶ月も生徒として拘束できないからです。そのため、厚めのテキストを作り、丁寧に細部にわたり解説を加えるわけです。

あなたは、そんなスクールの親切丁寧な指導にきっと喜ぶことでしょう。

しかし、残念ながら彼らの指導内容の
7割〜8割は試験に出題されないということを覚えておいて下さい。

実際に出題されるのは2割から3割に過ぎないのです。不要な8割を学習しているから、合格率は低迷したままなのです。(*もちろんスク−ルのメリットや優れた指導者の在籍しているスク−ルもたくさん、ありますが・・・)

IノートとSPMは、「あまり金をかけないで合格したい! 独学でも苦にならない!」という人にお勧めの教材です。

この教材をしっかりマスターすれば合格基準点を超えることが可能です。

それに実際は、独学ではありません。私がサポートするからです。

わからない箇所にぶつかったら、何度でも私にメールで質問することができます

曖昧かつ勝手な解釈で、わかった気持ちになってしまうことが一番危険です。独学の落とし穴はここにあります。

また、スクールなどで講師に直接質問することに抵抗がある方も、メールなら気兼ねなく、ご利用できることでしょう。

都内の大手スクールから講師の依頼が年に何度か私の元に届きますが、その都度、私は断り続けています。

その仕事を引き受けたら、そのスクールの色に染まった講義を強要されるからです。

それに、私の受講者様からは、年間数千通を超えるご相談メールが届きます。

それらに応対するため、私はスクール講師の依頼を拒絶しています。

当社の受講者様が合格できれば、他の受験生のことなんてどうでも良いというのが本音です。

この試験では、誰かが合格するためには、誰かが不合格にならなければなりません。

当社の受講者様の中からは犠牲者を出さない!!というのが、私の信念です。

私があなたの専属講師です。顔も見えませんので、気兼ねなくご質問してください。ご質問は問題意識の高さの象徴です。

そうやって、ご質問してきた人たちの多くが、合格の栄冠を手にして、卒業していきます。

「Iノ−ト&SPM」は、
苦労せず1発で合格したい人に販売させていただきます。

時間が無い人でも、ちょっとの追い込みで合格できるように編集加工されている教材ですので効率的に試験では、高得点が得られます。是非、お試し下さい。



四肢択一式過去問題集には、とても大きな弊害が!


私は以前、進学塾の講師をしていました。塾ですから当然ながら受験テクニックも教えていました。

選択肢の中から一つを選び出すための「キ−ワ−ド」や問題制作者側が、答えさせようとしている問題の意図などです。

ですから、似たような選択肢の中から一つを選び出す択一式問題については、受験テクニックだけでもある程度、カバ−できます。文脈と文法を頼りに正解を導けるのです。

ところが、近年の宅建試験は、正解の組み合わせや個数を問う設問が目立っています。つまり、他の肢と見比べて答えを導きだすものとは異なるのです。


2019年度試験で組み合わせ問題・個数問題が復活!!

2020年度試験も傾向継続!!


2019年度試験では、正解肢の組み合わせ問題、正解肢の個数選択問題の復活を予想しましたが、的中しました。4問から6問に増えました。

このような問題が増えると合格率は一気に低下します。それは、単純な消去法が使えなくなるからです。2020年も傾向は継続するはずです。

すべての肢に対して、理解できなければ正解を導けなくなるからです


そして、本屋に積まれている多くの問題集が、本番試験さながらに四肢択一形式(本番試験では与えられた4つの肢から正解を選ぶ問題が多い)として構成されて販売されています。

実は、ここには大きな落とし穴があります。

あなたに、とっておきの情報をあげましょう。
よく覚えておいてください!!

宅建士試験に出題される問題は、実は毎年、同じなのです!!

ウソではありません。ほぼ同じです。

ところが、四肢択一問題で学習している人は、自信のある答えが見つかると残りの3肢に対する意識が希薄になります。

もちろん、正解肢以外の問題についての解説も市販の参考書には書かれています。


しかし、人の意識感覚というのは不思議なもので、正解肢と一緒に並んでいると、どうしても正解肢のほうに意識が向き、他の3肢の情報は曖昧な記憶となりがちです。


ほんのちょっとのことなのですが、これは合否を左右する非常に大きな意味を持ちます。

この見逃された3肢が、次の年以後にまた出題されていることをご存じでしょうか?

このような問題点を考慮し、作成されたのが
SPMです。

SPM
全肢完全理解学習法なのです。


私は、SPM方式学習で社会保険労務士をはじめ、数多くの国家資格をすべて独学で取得してきました。

それは進学予備校の講師経験があるからこそ、可能だったのです。

試験問題の分析技術・能力が無い人にとって、独学合格は容易なことではありません。

私は今まで模擬試験や通信教材等を利用したこともありません。

SPMだけを反復履修して、保有するすべての国家資格に合格しています。ですから、今回は、あなたにも私が実践している独自の学習法をご提供いたします。

時間はこの世で最も大切なものの一つです。時間は平等ではありません。生まれてから死ぬまでの期間は人により、バラバラです。

1分の重さ、1分が生み出す富も異なります。

他の人の「2分の1」の時間で、他の人と同じ成果を出せる人は、残りの「2分の1」の時間で他の人の100倍、1,000倍の利益を生み出すことだって可能かもしれません。

出題焦点も絞らず、漠然と学習時間に何十時間、何百時間を費やすことは、褒められたことではありません。

どんなに努力を積み重ねても、試験に出題されない箇所を勉強していたら、一生かかっても合格などできません。

北海道を目指して「南下」してしまったら、いつまでたっても北海道が見えてこないのと同じです。

大人の社会は「結果」がすべてです。努力の末の失敗は、「慰め」はあっても「評価はゼロ」です。

合格できなければ、「努力」など無意味なのです。

合格あってこそ、努力も評価されると思ってください。合格できなければ、翌年はまた新たな法改正と対峙することになります。

毎年、優れた受験者が現れますので、合格は必ずしも保証されていません。

一度、魔の「不合格スパイラル」に陥れば、自力で抜け出すことは容易ではありません!!



だからこそ!
合格は1発で仕留めなければダメなのです!!



あなたが、ご存じない制度については、詳細に解説いたします。

ご遠慮なくご質問してください。

理解できない箇所は、
すべて、直接、丁寧に解説いたしますので、ご安心ください。

次に合格を掴むのは、"あなた”です!


 
 
宅地建物取引士試験 超短期合格講座

40点以上で合格したい人のためのフルコース
短期1発合格のラストチャンス!!







(電子書籍になります)


希望販売価格:47,800(税込)を今だけ、

期間限定の特別価格にてご提供!


<ダウンロード商品>
15,980 (税別)

  
下記「お申し込みはこちら」を1クリックしてください


2019年11月22日(金)まで

 
※こちらの商品はダウンロード専用ページからダウンロードいただくものです。紙媒体の書籍等ではございません。尚、全ての学習につき、パソコン等の端末を使って学習いただきます。

※上記金額は期間限定の
期間限定申込の特別価格となります。
この金額でのご提供は上記の期間までとさせていただきます。期間経過後は予告なく価格変更させていただく場合がございます。ご了承下さい。
  
 【取扱金融機関等】


 ※XPパソコン以前のOSバージョンをご利用いただいているお客様の中には、パソコン本体のRAMメモリが不足しており当事務所教材を完全ダウンロードできない方がいらっしゃいます。

その場合は、当方でCD1枚にダウンロードと同じ内容を納めて発送させていただきます。ダウンロードが面倒、または不安という方も是非、こちらをご利用くださいませ。尚、ダウンロード(DL)教材の内容は全く同じです。

  

CD・発送手数料(800円)が別途必要です。

<CD郵送商品ご希望の人はこちら>
16,780 (税別)

  
下記「お申し込みはこちら」を1クリックしてください



2019年11月22日(金)まで




 ご注意
こちらの教材には、重要基礎問題集(1,600問)の他に、難解な長文問題や近年の出題傾向に対処するための実践問題集過去問題集がセットされています。

毎年、変動する合格最低基準点に翻弄されることなく、余裕のハイスコアで合格したい人に向けた最強セットです。数多くの異なるパターンの問題に触れることで本当の実力が、身につきます。


当該教材は専用ホームページより試験に必要な各科目をお客様のパソコンへ直接
ダウンロードしていただく商品になります(CD郵送もあり)。簡単操作で学習いただけます。Windows,Macパソコンにエクセル、ワードソフトがパソコンに入っていれば、ご利用いただけます。

動作環境
Microsoft Word Excelともに2003,2007,2010,2013,2016または互換ソフト、
CPU:Intelプロセッサー、OS:Microsoft XP,Vista,Windows7,8,10、Mac PC
メモリ(2GB以上)/HDD(1GB以上)推奨

ダウンロードファイルサイズ合計560MB、ダウンロード時間6分〜20分程度


【教材内容】
1:Word&PDFテキスト(法改正対応)
2:テキスト内容詳細解説音声ファイル(約6時間20分)
3:Excel基礎問題集(ポイント箇所下線付&各問詳細解説付1,600問)
4:
Excel実践問題集(ライバルと大差をつけるための全1,400問)
5:
Excel直近8年過去問(試験と同じ四肢択一式全400問)
 
※令和元年度の試験問題も全肢詳細解説いたします!

更に
只今、ご購入の方全員に下記の特典無料進呈!!


1・出題される統計問題用資料!
2・合格までの19日間スケジュール表
3・
試験日2週間前計画表
4・
最新法改正・統計資料配信(2020年9月配信予定)
5・
2020年試験直前までのメールサポート付き


 
当事務所が令和元年度試験で受講者様から受けたご質問総数、なんと!!

 3,600通超         

このサポートシステムこそが、あなたを
合格へと導きます!!
<2019年試験終了直後から始めている人もいます>





 

宅地建物取引士試験 超短期合格講座

重要基礎知識を徹底習得スタンダードコース

 "合否ボーダー超え"を短期で狙えるラストチャンス
     

 


(電子書籍になります)

希望販売価格:45,800(税込)を今だけ、
期間限定の特別価格にてご提供!

   
       
<ダウンロード商品>
 13,980 (税別)

   
  下記「お申し込みはこちら」を1クリック
してください


2019年11月22日(金)まで

※こちらの商品はダウンロード専用ページからダウンロードいただくものです。紙媒体の書籍等ではございません。尚、全ての学習につき、パソコン等の端末を使って学習いただきます。

こちらのセットの問題集は『基礎問題集』のみとなります。

※上記金額は期間限定の
期間限定申込の特別価格となります。
この金額でのご提供は上記期間までとさせていただきます。期間経過後は予告なく変更させていただく場合がございます。ご了承下さい。


【取扱金融機関等】


 ※XPパソコン以前のOSバージョンをご利用いただいているお客様の中には、パソコン本体のRAMメモリが不足しており当事務所教材を完全ダウンロードできない方がいらっしゃいます。

その場合は、当方でCD1枚にダウンロードと同じ内容を納めて発送させていただきます。ダウンロードが面倒、または不安という方も是非、こちらをご利用くださいませ。尚、ダウンロード(DL)教材と内容は全く同じです。


CD・発送手数料(800円)が別途必要です。

<CD郵送商品ご希望の人はこちら>
    14,780
 (税別)




2019年11月22日(金)まで




 ご注意
こちらの教材には、重要基礎問題集(1,600問)は含みますが、実践問題集過去問題集(合計2万円相当)は含みません


当該教材は専用ホームページより試験に必要な各科目をお客様のパソコンへ直接
ダウンロードしていただく商品になります(CD郵送もあり)。簡単操作で学習いただけます。Windows,Macパソコンにエクセル、ワードソフトがパソコンに入っていれば、ご利用いただけます。

動作環境
Microsoft Word Excelともに2003,2007,2010,2013,2016または互換ソフト、
CPU:Intelプロセッサー、OS:Microsoft XP,Vista,Windows7,8,10、Mac PC
メモリ(2GB以上)/HDD(1GB以上)推奨

ダウンロードファイルサイズ合計395MB、ダウンロード時間6分〜20分程度



【教材内容】
1:Word&PDFテキスト(法改正対応)
2:テキスト内容詳細解説音声ファイル(約7時間)
3:Excel基礎問題集(ポイント箇所下線付&各問詳細解説付1,600問)



更に
只今、ご購入の方全員に下記の
特典無料進呈!!


1・出題される統計問題用資料!
2・合格までの19日間スケジュール表
3・
試験日2週間前計画表
4・
最新法改正・統計資料配信(2020年9月配信予定)
5・
2020年試験直前までのメールサポート付




合格できずに悩まれている方は、 その悩みから、すぐ解放されます!




   戦術的学習と行動力が合格の絶対条件


今も昔も、宅地建物取引士試験は、数ある国家資格試験の中でダントツに人気のある資格であり、社会から求められている資格でもあります。

そのため多くの人たちが、競って高額な費用の通信教材やスクール等を利用し、合格を求めています。

そんな必死な状況の中で、たった19日間の独学で合格なんてできるはずない!と、思うことでしょう。

しかし、短期間で効率的に合格できる方法が世の中には存在します。実際、私を含め、多くの受講者が19日間〜3ヵ月程度で合格しています。

過去には14日で合格された法律初学者の方もいらっしゃいました。

努力していないわけではありませんが、何故、こんな短期間で苦労もせず一発合格できたのかといえば、出題される箇所を知っていたからです。

出題問題は過去の統計データーから予測可能だったからです。

ちょっと、思い出してみてください。あなたも昔、小学生や中学生の時にテストで80点、90点、100点を取ったことはありますよね?

授業で習った箇所からしか出題されない期末テストでは、出題範囲が限定されていますので、勉強をサボらなければ、誰でも90点や100点が簡単に取れるのです。

小中学校の成績は、頭の善し悪し以前に、気質や性格が大きく影響しています。真面目にコツコツ勉強できる性格をもっていれば、上位優等生になれる確率は極めて高いといえます。

宅建試験は正にこのような類の試験です。

頭の善し悪しは、さほど関係無く、出題箇所をまじめに勉強すれば簡単に短期間で合格することができます。

もし、「この試験は難しい」という先入観をお持ちなら、あなたは可愛そうな人です。その先入観がメンタルブロックとなり、知識がスムーズに脳に入ってこないからです。

サッカー選手が「俺はダメな選手なんだ。ゴールなんて絶対に決められない」と思いながら、PKに挑んだら、ゴールの的を外す可能性が高くなります。

思考は現実化するからです。

あなたに、はっきりと教えてあげます!

宅地建物取引士試験は、方向性を間違わなければ、難しい試験ではありません。試験原理を十分、理解できている人なら、簡単に取得できます。

要するに、「合格するためには何を学習すべきなのか」さえ、わかっていれば十分なのです。あとは、その箇所を徹底履修して頭に叩き込むだけ。

実際に試験で出題された問題を分析・検証することで学習ポイントが見えてきます。

日本人は世界から見ますと、
比類無き保守的人種です。何らかの社会コミュニティに依存しなければ、アイデンティティーを見いだせない性格を持っています。

先人の敷いたレールからはずれ、自ら独自のレールを敷こうとする勇気ある者はあまり、いません。

就職活動に失敗すれば、引きこもります。非正規社員で給料が少ないと嘆きます。結局、他の誰かからお金をもらうことしか考えていません。

生きるための金銭は、会社からしかもらえないと思い込んでいます。

ですが、宅地建物取引士資格は独立開業のチャンスをもたらします。
自分の力で富を生み出すツールになります。

弊社の教材を使い、資格をとって、独立開業された方もたくさん、いらっしゃいます。既に数千万円の売上げ実績を有する人もいます。

しかし、このように自分で道を切り拓こうとする人は多くありません。多くの人が平凡、無難という言葉を嫌いながら、平凡、無難な道に浸かっています。

それは、
試験問題を作成する委員会の先生方も同じです。宅地建物取引士の業務範囲が限られているということもありますが、過去の委員会メンバーが作成した問題をベースに試験問題を作成しています。

彼らは冒険を一切しません。

つまり、過去問を踏襲して出題しているだけなのです。

仮に今までと全く内容や趣向を変えた問題を作成し、合格最低基準点が30点を割るようなことになったら、世間のバッシングにされるでしょう。

宅建士試験の人気が下がり、貴重な運営財源である受験料が減少してしまうかもしれません。そんなリスクを背負う理由が、どこにありますか?

あなたが問題作成者だったら、そんな事態は避たいと思うはずです。

また、問題作成者は過去の合格者の知識レベルとの差を広げないためにも、過去の出題レベルと同レベルの難易度を維持しようと考えます。

それは言い換えれば、宅地建物取引士業務に絶対必要とされる知識を中心に作成しようと考えているということです。

さて、

あなたの勉強法は合格に一直線に向かった方法ですか?

あなたの行く先には、あなたの望むゴールが存在していますか?

あっちの山を越え、こっちの川を渡り、あたりの泥道に足を取られているようですと、時間内にゴールテープを切れなくなります。

寄り道、回り道はあなたの貴重な時間を奪い去ります。

IノートテキストとSPM問題集は、最短ルートであなたを合格へと導く最新型ナビゲーションです。

あなたを最短で「合格」の扉の前までお連れ致します!

現在、生産力(労働力)人口は、約6,000万人。そのうち、約1,000万人(6人に1人)が不動産・建築関連のお仕事に就いています。

建築・不動産は日本経済の屋台骨なのです。



上記の情報を見れば、不動産業勤務者の受験者数は全体の4分の1にもかかわらず、
合格者の3分の1を占めているのがわかります。

一般受験者の中には、不動産業務経験者も多数含まれることから、異業種の初学者が独学により一発合格するのは困難です。

毎年、上位16%以外は不合格になります。1点不足でも負けは負け。再度、勝負して勝つしかありませんが、負け癖がつくと勝てなくなります。

人生は長いようで短いものです。勉強時間に何年、何十年かけたところで、その時間は何の富も生みません。生産性はゼロです。

勉強時間からは1円の富も生じないのです。誰の役にも立っていないからです。資本主義経済の根幹は付加価値の提供による対価の受理です。

勉強中は、時間と財産が減っていくのみです。合格できなければ周囲の人たちからの期待や応援も徐々に失われ、それが続けば「ダメな人」というレッテルが貼られます。

オトナになってからの努力は、必ず
結果が求められます。

結果が評価対象のすべてです。自分に不足しているものを補うために頑張るのは、当たり前のことです。できない言い訳を並べて、満足しているのは本人だけです。

誰かのための勉強ではありません。自分のための勉強です。

ですが、
周囲の人、家族を巻き込んでいるなら、結果を早く出すべきです!。

井真井アカデミーは、あなたの努力を結果に結びつかせます。

何かを成し遂げようと思い立ってから、5秒以内に行動に移せない人は、何をやっても大成しません。もし、この資格が欲しいと思ったなら、今すぐ始めて下さい!!

行動(アクション)こそが、唯一、あなたを成功に導く乗り物なのです!!





    合格者の皆様からのお便り


井真井先生、この度はいろいろとお世話になりました、お陰様で平成最後の年に合格することができました。昨年度は何の知識もない定年退職者が知人の話を聞いて興味を持ち、試験日3ヵ月前になって慌てて資料をかき集め、勉強を始めました。

どうせ、その年は試し受験なので、資格予備校や高額な通信教育講座を中途から申し込むのも勿体ないと考え、一番廉価な御社講座を申し込みました。そんな状況で始めた勉強もやり始めたら面白くなり、続けることができました。

しかし、試験はそんな簡単なものではなく、合格点に2点およびませんでした。

今年度(平成30年)は本番ということで、どう取り組もうかと考えた結果、昨年はあのわずかな時間であそこまで出来たので、あえて他の勉強法に変える必要はないと考え、やはり一番定額な貴社講座を続けることにしました。

慣れ親しんだ講座なので、ペース配分もわかり、スムーズに進めることが出来ましたが、そんな中、3月に父が入院して、そろそろ実家の相続のことを考える必要があると思い、そちらの本を読んだりもしていました。

そして、8月に父が亡くなり、相続が現実のものとなりました。実家は代々の農家で家屋敷の他、田畑も多くて、そのほとんどが市街化区域に入り、区画整理事業地区になっていました。

そこで、相続に関しては如何に土地の評価額を下げるかがキーになり、宅建の勉強で培った各種の特例や控除適用の知識が役に立ちました。相続税の対象が主として土地絡みのケースであり、暇に任せてはその辺があまり得意出ない人もいるのとの話を聞いたので。自分で申請しようと決め、役所回りをしました。

そんな最中に今年度の試験があったので、ラストスパートがかけられず、少しヒヤヒヤでしたが、勉強が実経験とつながったことで自信もつき、昨年度より8点も良い点数で合格することができました。このように宅建の勉強がいろいろと役に立ち、相続税申告にあっても税理士に頼ること無く、その費用を浮かせることが出来ました。

せっかく取った宅建士の資格ですので、登録実務講習を受けて登録まではしておくつもりです。こうしたきっかけを作って頂いた貴社に感謝いたします。
【清水様】







報告が遅れましたが、今年の宅建に合格しました。私は退職して時間はあったのですが、モチベーションが続かず、途中で飽きて、失敗してしまうのですが、貴社の教材のSPM問題集を面白く最後まで続けることが出来たのが良かったと思います。

安価で面白い教材を提供して頂き、有難うございました。息子にも紹介しようと思います。
【小林様】












今晩は。宅建士講座でお世話になりました齋藤です。

このたび宅建士試験に合格致しました。

本日、合格証書が届き、合格したことを実感致しました。

大変、お世話になりました。ご報告させて頂きます。

【齋藤様】







井真井先生、合格です!
ヤッター!

ありがとうございます。既に合格証も頂きましたので、添付します。これで管理業務主任者、マンション管理士、宅建士と3年連続の資格取得です。

6●歳のチャレンジでしたが、すべては井真井先生のお導きと、SPM問題集のおかげです。

今年は試験問題が易しかったのか(?)、受験生のデキが良く、自己採点38点でも枕を高くして眠れませんでしたが、これでようやく穏やかな気持ちで登録実務講習に望むことができそうです。
実際の試験問題では宅建業法で8問も落としており、民法で12問正解していなければ、落ちていたかもしれません。ここでも井真井先生のもとで3年連続民法に係わってこられた蓄積が活きたのだと思うと先生への感謝の気持ちで胸がいっぱいになります。オリジナルな資格取得のためのすばらしい勉強法を教えて頂き、本当にありがとうございました。生涯の宝物と致します!
【寺内様】


私は今、47歳で建設業に28年間従事しており、これまで独学で20回程(正確には何度受けたか忘れました)、宅建試験にチャレンジしてきましたが、範囲が広く、過去32点が最高でした。今年はどの参考書にしようかネットで検索していたところ、ふと御社の広告を見つけ、先生のコメントを拝見していると、36点取れば良いという、その効率の良い勉強法に惹かれて、教材を購入しました。
値段も市販の参考書よりは高いですが、学校に行くことを考えれば、大変安く、すぐに決断しました。仕事が忙しく、先生の指導のとおり、1日連続3回できない日も多々ありましたが、気がつけば、これまでの参考書の勉強よりも記憶に残っている感覚がハッキリとわかるようになり、今までよりも積極的に勉強に取り組めるようになりました。

2度模擬試験にも挑み、準備万端で本番を迎えましたが、本番では慎重になりすぎて、回答を1問控えきれない程、ギリギリでした。その状態で36問自己採点で正解しており、ハラハラの日々を過ごしてきましたが、運命の合格発表を目にした瞬間、37点の文字が見え、「終わった〜」と思い、なかなか受験番号を確認できずにおりました。
最後は「神さま、仏さま」と念じて、受験番号を確認したところ、まさかの合格!!震えました。シビれました。感動しました。今となれば、もっと早く井真井アカデミーさんを知っていればという思いです。こんな50歳近いオッサンでもできました。井真井アカデミーさんの指導のとおり勉強すれば、十分、チャンスはあると思います。私と同じような方に是非、オススメしてあげたいと心から思っています。「神さま、仏さま、井真井さま」。本当にお世話になりました。有難うございました。長文、お許し下さい。
【和田様】


本日、無事に合格証書を手にしました!ネットでは確認しておりましたが、間違いなく合格できた事を実感しております。本当に有難うございました。本当に本当に嬉しいです。

共働きフルタイム、3人の子育てをしながら隙間勉強でありながら、宅建試験の申し込みと同時に開始して、何とか合格までたどり着けたのは、こちらの教材、それと素早いレスポンスで何度もメールに回答下さった井真井様のお陰だと思います。

会社から受けてみないかと打診を頂いたのは6月ですが、何やかやと自分に言い訳をしつつ過ごしているうちに、会社から試験の申し込みをするように言われて焦った7月末日頃。

8月初日からのスタートでした。初学者の上、建設業界におりつつも、全く違う事業部の所属ゆえ、驚くほど知識もなく、低レベルな質問を連発して、ご迷惑をおかけしたかと思いますが、一つ一つ頂いた回答をよく考え、前に進めたのは大きかったと思います。

完全な独学では、私は無理だったと思います。19日間のハードスケジュール、倍の日数に変換しながらも、なんとかこなし、過去問を解き、勉強前は全くできなかった過去問が年によっては合格点以上取れていて驚いたのが、なんと試験一週間前くらいでした。本当に有難うございました。心より感謝申し上げます。
【和田様】


今日、合格者一覧に自分の番号を見つける事ができました。自己採点では41点でしたので間違いないと思っていましたが、マークシートのマーク欄を間違えてないようなとか心配な日々を過ごしていました。

これで安心しました。先生には細かい質問を何度もさせていただきましたが、どれにも丁寧に回答いただき、感謝しております。今、大学3年でこれから就職活動が始まります。丁度良いタイミングで取れたなと思います。ありがとうございました。
【東京都 三村様】


今まで3回失敗し、4回目の試験ではじめて井真井先生の教材を使わせてもらいました。昨年の試験で失敗してすぐに購入し、心置きなく何度も質問させていただきました。その度にやっぱり独学で挑戦しようとしていた無謀さに気付かされました。

年齢も年齢なので記憶力も悪く、いただいた教材を全部終えることも正直できなかったのですが、ギリギリの点で合格できたのも井真井先生のおかげだと思います。あと数年で定年なので、定年後は従兄弟がやっている不動産会社に入れて貰う予定です。

色々と今までお世話になりました。
【佐賀県 高橋様】


おかげさまで合格しました!
この教材を使って良かった点
1.問題数が多く、1問1答式
2.いつでも質問できる
3.なんでも相談できる
4.資料が豊富
5.要点がまとまっている

などですかね。本気で勉強に取りかかったのは2ヶ月間くらいでしたが、自己採点37点とれました。知らなかった勉強法なので、こういうやり方があるんだと感激しました〜。
【福井県 瑞穂様】

今回、1か月前に申し込みをし本格的に利用したのは2週間程度でした。 もちろん、他のテキストを読み1問1答として利用させていただきました。 とてもとても、利用価値のある教材と思います。

実際、この教材の考え方や利用の手軽さその辺の問題集片手に時間を費やすより相当量の問題をこなすことができます。
 残念ながら、わたくしの場合、本問題がよくわからず初級の簡単な方ばかりを集中し本問題に気付いたのが2日前当然、間に合わないのでそのまま受験いたしましたが 見事、合格をいたしました。

34点の合格点です。
 誉められた点数ではないですが、短期間で取れる点数としてはまずまずではないでしょうか? 本当に、購入してよかったと感謝しています。
 大阪府 政谷様】


御年50歳になります。井真井先生のご指導のおかげで46点取ることができました。教材は試験のポイントを網羅するだけでなく、本番試験の意地悪な言い回しに対応できる内容となっております。

また、理解できない箇所をメールでご質問したら、迅速かつ解り易く解説を頂けました。重ね重ね有り難うございました。
【山梨県 中村様】


井真井先生、こんにちは。45点の余裕合格を果たせました。昨年は独学で32点しかとれず、合格がすごく遠いように感じていましたが、今年は心機一転、先生の教材に賭けてみて正解でした。最後までSPMだけを信じて、ひたすらこなしました。
【長野県 安藤様】


乙4、FPに続きお世話になっております。自分でも信じられませんが、これで無傷の3連勝です。今まで勉強ってどうやるのかわかりませんでしたが、先生の教材に出会えて変わりました。

案外、国家試験もやりようによっては取得できるもんなんだと思えるようになりました。このような効率的な方法を仕事にも取り込み、業績を上げていきたいと思っています。有り難うございました。
【大阪府 伊東様】


先生、こんにちは。初めての挑戦でしたが合格しました!!仕事が忙しく、なかなか着手できず、結局、試験2週間前からの集中勉強でしたので、SPMも3回繰り返すのが精一杯でしたが、合格させていただき本当に感謝です。有り難うございました。
【北海道 宮川様】


7回目の挑戦で何とか合格することができました。最初の4年間は独学で失敗。その後2年間、大手の資格学校に通いましたが、先生がご指摘されているように、全く的を射ず、30点に達するのが精一杯でした。

今年の初め、友人の紹介で先生のことを知り、教材を購入させていただきました。今年はなんと41点も取ることができました。もっと早く先生のことを知っていれば、こんなに苦労もしなかったと思います。

しかし、この苦労を無駄にしないという強い気持ちを持つことができました。死格としないよう、取引士登録をして不動産取引に携わっていきたいと思っています。また、ご相談することもあるかもしれませんが、その際にはどうぞ、宜しくお願いいたします。
【群馬県 神戸様】


合格を確認できましたのでご報告させていただきます。正に短期1発合格です。仕事が忙しく、気付けば試験20日前。半年以上も前に購入しておきながら机の中にしまったままでした。

久しぶりに早く帰宅できたある日、ふと引き出しを開くと受験票が目に飛び込んできて、それで急に試験のことを思い出した次第です。ダメ元で先生の教材をパソコンに挿入したら、結構、早口の解説が。

あっという間に講義が終わり、SPMをやってみたら結構、おもしろく感じ、はまってしまいました。ネットで無料のタイマーソフトを取り込み、ゲーム感覚で勉強を開始しました。法令上の制限が途中まで、税・その他はほとんど手付かず状態でしたが、権利関係が13点、宅建業法が18点の合計31点、他の科目で7点取れて38点の合格でした。

二科目で合格できるというのは本当ですね。びっくりです。なんだか棚からぼた餅状態の合格でしたが、それも先生のおかげです。直前になって立て続けにご質問を浴びせてしまい、申し訳ございませんでした。一人でも多くの方が先生の教材を利用され、合格されますことを祈り申し上げます。
【神奈川県 金谷様】


お世話になっております。自己採点では権利関係12問、法令上の制限5問、宅建業法18問、税・その他5問の合計40点で合格できました。権利関係では、わかっていながら1問のケアレスミスがありました。

でも、目標の40点に達しましたので後悔はありません。周囲の人からは宅建試験は難しいから、1回で合格するのは無理だよと、随分、言われ続けてきましたが、これで胸を張って合格を報告できます。

私の職場では何人か挑戦していますが、まだ、誰も合格できていません。先生の教材を紹介しておきます。
【宮崎県 永田様】


いつも大変、お世話になっております。趣味で始めた勉強でしたが、62歳、初めての挑戦で合格致しました。現在は悠々自適な身分ですが、仕事を離れるまでは毎日、パソコンを使っていましたので御社の教材は、非常に相性が良かったと感じます。

エクセルで自己管理できるというのは便利でした。子どもたちもマイホームを持つ世代に入りつつあり、彼らが家を建てるときにはこの知識をもって、良きアドバイスができればと思っています。二世帯住宅は夢ですが・・・。
【千葉県 向井様】


こんばんは。坂上です。ご報告が遅れてすみません。なんとか合格しました!!試験当日は、わからない問題も多く、諦めムードもありましたが、最後まで諦めるなという先生の言葉を思い出し、やり通せました。

どの科目が突出してできたというわけではなく、どの科目も平均点を少しずつ超えての38点というのが自己採点です。宅建試験自体、よくわからない状態からの教材選択でしたので、はずれても後悔無しの、とにかく安い教材をと思い、先生のところに行き着きましたが、本当に買って良かったです。

今、大学3年なのでこれから就職活動が本格的に始まりますが、これで履歴書に一つ書ける内容が増えました。有り難うございました。
【東京都 坂上様】


お陰様で合格できました。ラスト3週間からの大逆転。ウソではありませんでしたね。先生からいただいたスケジュールどおりに学習しました。とにかくあのスケジュールだけを信じてやったのが勝因だったと思います。

同僚たちからの夜の誘いも断れず、同じように遊んでいたので、宅建試験に合格したことを言ったら、みんな驚いています。いつ、勉強してたんだと質問責めにあいました。先生の教材を紹介しておきましたので、多分、何人かはお世話になるかと思います。

合格まで導いていただき、本当に有り難うございました。
【北海道 近藤様】


合格証が届きました。9年前に一度、受験した経験はあるのですが、そのときは独学でしたので、全くできませんでした。今年、赴任した先の同僚から先生のことを紹介され、利用させていただいた次第です。

彼女も1ヶ月くらいの勉強で取得したそうで、その話を聞いたときは、冗談だろと疑っていましたが、私が先生の教材を購入させていただいたのも、正に1ヶ月ちょっと前の時期でした。本屋で参考書を購入して、少しずつ学習を始めてはいたのですが、なかなか頭に入ってこず、飲み会の席で私がふとこぼした愚痴をその彼女が隣で聞いていて、こっそり教えてくれたのです。

本当にラッキーだったとしか言えません。家族もとても喜んでくれました。井真井さんには心より、感謝です。
【埼玉県 井上様】


お世話になっております。合格できましたのでご報告させていただきます。48歳の専業主婦です。子どもも手をはなれ、私自身の第二の人生の開始という気持ちで、今回の宅建試験に挑戦いたしました。

お陰様で初挑戦ながら、幸先の良いスタートを切ることができました。3年前に家を新築購入しまして不動産にはとても高い関心を持っております。近い将来、住宅アドバイザーとして働ければと思っています。

叔父が不動産業を営んでいますので、まずはそこで下積み修行に励みます。この度は有り難うございました。井真井様の今後、益々のご活躍をお祈り申し上げます。【新潟県 高井様】


こんばんは。今、帰宅して合格番号の中に自分の番号を確認しました。妻もこの資格を井真井さんのところでお世話になり取得しましたので、これで夫婦揃って井真井さんから教えていただき、そして合格させていただいたことになります。

妻も半分、私の先生という感じで教えてくれましたので、家庭内の立場がやや逆転気味でしたが、この合格をもって妻と対等関係になれそうです(笑)自己採点では44点だったので、この点数は妻が合格したときの点数より遙か上をいっています。

井真井さんには、感謝の言葉しかございません。多くの人たちが井真井さんの教材を使い、そして合格されることをお祈りしております。時節柄くれぐれもご自愛いただき、ちょっと早いですが良いお年をお迎えくださいませ。
【埼玉県 松本様】


先生、合格しました!!
安さ最重視で決めた教材でしたが、その効果は絶大でした。受験代も含め2万円以下で一生使える人気資格をこうも簡単に取得できるとは思いませんでした。今、大学生で来年は就職活動をしなくてはなりません。

大学生の就職率もご存じのとおり60%を割っていて、先輩の中にも就職浪人している人がたくさんいます。浪人なんてしている余裕は私にはありません。少しでも他の人より優位に立つためにも、次回は行政書士に挑戦したいと思います。

先生からメールでいただいた「自助の精神」は、もっともだと思いましたし、励みにもなりました。行政書士教材ができましたら、ご連絡ください。
【東京都 市川様】


卒業おめでとうございます

   

Iノート&SPMは国際ジャーナルでも取り上げられました。
(写真)井真井と俳優の石橋正次氏










  
  宅建士講座講師 井真井秀樹

  最短合格なら私にお任せ下さい


 

   

  (電子教材:写真はイメージ)








宅建士は法律系No1人気資格だから、欲しい人がたくさんいます。

欲しい人がたくさんいる中で合格するには戦略が絶対に必要です。

だからといって、取得するために何万円も投資する必要はありません。

高額教材を買う前にお読み下さい。


お問い合わせはこちら

 

   URLリンク  http://www.imai-academy.com/imai.fp.sharoushi.index.html  メールアドレス  imai@imai-academy.com  TEL042-682-2367
  
 
 

(受付時間)
平日:月〜金 10:00-17:00
※メールは24時間受け付け