本文へスキップ

たった19日間宅建士試験簡単合格できた
非常識学習法が遂に登場!! E判定からA判定
ノンストレス勉強法で記憶力もアップ!!

    法知識ゼロから

  たった19日間で大逆転合格

  宅地建物取引士合格講座
  
   





業界No1レベルの短期合格教材


試験に不要な個所はバッサリ切り捨てました

あなたが合格できる最後のチャンス!!



8月から開始し、全学習を終えた受講者様の合格率は80.7%!!

この時期から受講して合格された方は、今まで大勢いらっしゃいます。

他の教材を使って、なかなか合格できなかった方たちが、この教材を使って一発で合格されています。

毎年、たくさんの喜びの声が弊社に届きます。講師である私、井真井が実際に法知識ゼロ状態から、
たった19日間の学習で合格できた実証済みのメソッドです。

多くの方が、1か月程度の学習期間で合格されています。


この講座では、他の教材とは異なり、あなたを完全独学状態にはさせません!!

いつでも、どんな些細なことでも、ご質問できます。

マンツーマン式の質疑応答メールサポート付ですので、試験日までに、あなたが抱えている
疑問は、すべて解消することができます!!

やさしい具体例で丁寧に解説致しますのでご安心下さい!!

この特別なテキストと問題集で学べば、自信をもって
問題の正誤判断ができるようになり、40点以上の高得点が期待できます。

どんなに一生懸命、独学で頑張っても、法解釈が間違っていたら、試験で間違ってしまう危険があります。

既に勉強を開始している方なら、
SPM問題集を使って、苦手個所を確認してください。誤解しやすいポイントも認識することができます。

この教材は、パソコンやタブレット、スマートフォン等を利用して、いつでも、どこででも勉強できます。

あなたの苦手個所を短期間で克服することができる
特別メソッドです。




50問中、最低でも38点以上の正解が合格の必須条件となった今、
40点以上の正解を狙って勉強する必要があります。

それでも、38点の壁を越えられる受験者は、ほんの一握り。

この試験は、上位
16%前後の人しか合格できません。相対評価の「激しい競争試験」です。よって、


ライバルと同じような勉強法、同じような内容を学んでいては合格できません!!


出題頻度の高いテーマ
を中心に点数を積み重ね、それを軸として難問の正解数(率)を増やしていくのが、合格者のセオリー。

特に基本問題(サービス問題)は絶対に落としてはいけません。

正解数(率)を上昇させるためには、理解できない問題を理解できるようになるしかありませんが、一生懸命、自分で調べても、その理解が誤っていたら、意味がありません。

しかし、ご安心下さい!!

弊社は、あなたの疑問すべてについて、迅速、かつ、正しい方向へと導きます。

昨年試験でも
40点以上多数最短合格講座です。

受講者様からのご質問メールには、原則、
即日回答しています。

疑問に感じた時に、すぐに確認できるシステムにより、毎年、大勢の方たちが、
短期一発合格の夢を叶えています。

特に10回以上ご質問された方の9割以上が合格されています。知識が深まれば深まるほど、新たな疑問が生じるものです。

「問題と答え」だけの暗記は危険です。

この講座では、あなたの弱点がすぐに見つかります。弱点が見つかれば、合格は簡単。弱点を得意個所に変えれば良いのですから。

国家資格試験を受験する目的は全員同じです。

それは「
合格」すること。

どんなに一生懸命、勉強しても、合格できなければ、すべてが水の泡となります。

2021年(令和3年)は約
29万6千人が願書を出し、合格できたのは、たったの約4万人だけ。残念ながら約25万人失敗しています。

合格できた4万人不合格だった25万人の差はどこに?

合格できた人たちは、・・・・・

@ 試験に出題される箇所を中心に
A 苦手箇所を中心に
B 暗記より理解することを中心に
C 無駄な復習は一切せず、
D 小中学校のようなノート書き写しはせず、
E 必要事項は全てテキストに直接書き込み
F わからないことは徹底的に調べ
G ライバルより早期に学習に着手し
H 計画的学習をきちんと遂行し
I 常に弱点克服のために努力する



この試験は知識・情報の単純暗記だけでは、合格できません!!

設問の読解力と学んだ知識との適切なマッチングが求められます。

国語が苦手な人は不利。試験ではその人の知識以外に、
コミュニケーション能力を試されます。宅地建物取引士はコンサルタント業です。

コンサルタントとは「
相談業」です。

顧客が抱える何かしらの課題を解決するために、一定のプロセスに沿って、
解決のための方策を講じるのが仕事です。

その第一歩は、相手の抱えている課題を的確に把握するところから始まります。それができる人かどうかを試すために、試験では
難解な設問文を出題します。

設問が述べようとしている論点を汲み取り、適切なアプローチに則って、ベストマッチな解答ができる人だけが
合格者です。

残念ながら、勉強時間と成績は常に比例するとは限りません。

「今日は○○時間勉強した・・・」というのは重要ではないのです。

重要なのは、
何を学んだか・・・です。

試験に出題されたことのない、または出題される見込みの無い知識・情報にいくら時間をかけても、試験では1点にもなりません!!

一方、たとえ数分の勉強で得た知識・情報でもそれが試験に出題されれば、
1点の上積みとなります。

合格できる人たちは毎日、限られた勉強時間の中で、
試験で1点につながる知識の吸収に全力を注いでいます。


ですが!!

それがどこか、あなたは知っていますか?

実は、・・・

出題される個所は決まっているのです!!



それさえ知らずに勉強するのは、時間の浪費になります。


この講座では
試験に出る個所をズバリご案内致します。

試験に出る個所だけを勉強すれば良いのですから、短時間・短期間で高得点が得られます。平均1か月〜3か月程度で合格されている方が多いです。

合格者は限定されています。効率よく、点数につなげて、
最低でも38問以上正解できなければ合格は保証されません!!


この講座は販売したら終わりではありません!!


販売後は塾のようにマンツーマン式であなたの疑問・質問に丁寧かつ、わかりやすい表現で解説もさせていただきます。

ご質問や追加資料はすべて無料ですので、最初の費用以外は一切、かかりません。

試験では
どのようなところに注意すべきなのかについても、詳細に解説、ご案内致します!!

スクールに通えば高額な費用がかかりますが、この講座ならスクールに通う以上の効果をご自宅にいながら、
1万円台で得ることができます。


合格は、あなたの決断次第!!


時間は無限ではありません。

「今年ダメでも来年は・・・」の繰り返しで、人生の時間を無駄にしないで下さい。難関国家資格試験ですので独学での合格は厳しいです。

ですが、勉強法さえ正しければ、あなたも合格できます。

2022年合格の
ラストチャンスを掴んでください。


試験まで残り2か月ですが、!!

まだ、十分、間に合います!!


    カウントダウンタイマー



    


無料サンプルをご覧下さい⇒

※ ご利用にはOffice(Word、Excel)ソフトが必要になります。 ※ この教材を使えば、Word とExcelの操作技術も身に付きます。 ※ Officeソフトの互換ソフトでもご利用いただけます。 ※ PC、タブレット、スマホでご利用可能。 ※ 決済完了後にご登録メルアドにダウンロードページをご案内。 ※ 直接、お使いの端末へ教材をダウンロード(DL)。 ※ DLした教材はご自身で削除しない限り消滅しません。 ※ DL後、学習開始。ご不明な点は遠慮なくご質問して下さい。 ※ 問題集を中心に学習してください。間違った問題は徹底復習。 ※ 問題集の正解率が9割を超えるようになればOK!! ※ 権利関係と宅建業法の2科目は特に集中学習が必要です。 ※ ご質問内容に応じ、必要な追加資料を無料でご提供致します。 ※ 最初に頂戴する費用以外は一切、かかりません。 ※ DLが不安な方は、CDに教材を収録し、郵送致します。 ※ Officeソフトが無い方は、ご相談下さい。

期間限定特別価格
12,980円〜



ご注文はこちらから



   宅建士試験は情報戦!!

   知識は増やすのではなく、

   絞り込むのが合格の鉄則!

  



  

        


宅建士試験では、巷にあふれる情報洪水の中から本当に役立つ1%の知識を見極める目があるかどうかで合否が決まります。

26項目以上のテーマがこの10年間にわたり、ほぼ100%の確率で出題されていることを、あなたは知っていますか?

この試験は小中学校のような勉強法では太刀打ちできません。全50問出題されますが、
30問までなら努力次第で正解できます。

ですが、30点では合格できません。ここから、
最低合格基準点に達するまでが大変です。

最低合格基準点は、その年に受験する受験者の能力レベルに応じ、毎年、変動します。最も高かった年の最低合格基準点は
38点

合格者全員が38点以上(50点満点中)でした。

毎年25万人以上が試験に挑戦していますが、その大半が複数年受験者です。彼らは何度も繰り返し、受験しています。

ですが、毎回
、"惜しい点数で合格を逃しています。

そのため、「
次こそは合格できる!」と信じて疑いません。

ですが、結果は・・・。

相対評価試験では、あなたの成績だけでは合格は決まりません。

上位16%〜17%枠からはみ出た人は不合格となります。よって、
ライバルより上位の成績が絶対に必要です。

ですが、ライバルの成績を気にしなくても良い方法が1つだけあります。

それは、・・・


40点以上取ること
です!!

過去に40点以上取って不合格になった人は存在しません。

40点以上取れば、「99.99...%」の確率で合格できます。

本気で努力すれば30点くらいまでは到達できますが、ここから
10点の上積みは、とてつもなく大きな壁です!!

プラス10点は、「受験テクニック」の領域。

国家試験に合格するための「
技術」が求められます。

頑張っても、努力しても、この試験に特化した訓練を積まない限り、大きな壁は攻略できません。

当てずっぽうにパンチを繰り出すだけでは勝てないのです。

例えば、以下の問題をご覧ください。

<問題@>

遺贈を登記原因とする所有権の移転の登記は、遺言執行者が指定されているか否かにかかわらず、登記権利者及び
登記義務者が共同してしなければならない。


<問題A>

遺贈を登記原因とする所有権の移転の登記は、遺言執行者が指定されているか否かにかかわらず、登記権利者及び
登記義務者である相続人が共同してしなければならない。


@は正解、Aは不正解です。

この
違い理由をあなたはわかりますか?

平易な日本語でも、ほんのわずかな差で
正誤が変わります。


正誤を決めるキーワードはどんな問題であっても、100%の確率で設問文の中にあります。


「遺言執行者が指定されているか否かにかかわらず」というのが最初のキーワードです。2つ目は「登記義務者」と「登記義務者である相続人」。

遺言執行者指定されている場合の登記義務者は遺言執行者になります。相続人ではありません。よって、問題Aは「誤り」となります。

問題@は「登記義務者」としかありません。
登記義務者という言葉は、遺言執行者または、相続人という2つの意味を含みます。

よって、遺言執行者が指定されていれば、
登記義務者は遺言執行者になり、遺言執行者が指定されていなければ、登記義務者は相続人になります。

よって、遺言執行者の指定有無にかかわらず、登記義務者は登記義務者ですから、問題@の文章には整合性があるため「正解」なのです。

一方、Aは登記義務者を
相続人に限定しています。

遺言執行者が
指定されていないなら、登記義務者は相続人で良いのですが、遺言執行者が指定されている場合は、登記義務者は遺言執行者です。

よって、
「遺言執行者の指定有無にかからわず登記義務者相続人とは言えませんので「誤り」なのです。

このように一見すると類似した文章でも、
たった一語の違いで正誤は変わるのです!!

このようなことを法律の勉強を始めたばかりの人が見極めるのは、到底、無理です

独学では正誤根拠を明確にすることが難しいのです。自分で調べるには、多くの時間が必要です。

根拠もわからず、単純に問題と答えを丸暗記して試験に挑んだ場合、ちょっと異なる文章で出題されたら、もうお手上げです。


試験は一発勝負!
その日にあなたの未来が変わります!!



どんなに努力しても、頑張っても、合格できなければ、ずべてが水の泡。

また、辛くて長い一年間を過ごすことになります。プロの指導を最初から受けたほうが、結果として時間を無駄にせず、短期合格できます。

この試験は
権利関係から「14問」、宅地建物取引業法から「20問」、法令上の制限から「8問」、税その他から「8問」が出題されます。

宅地建物取引業法の20問を全問正解するのは簡単です。

この科目は、「宅地建物取引業法」という、
たった1つの法律からしか出題されませんので、焦点が絞りやすいのです。

ですので、ほとんどの受験者が得意科目だと思い込んでいますが、宅建業法は
出来て当たり前の科目

むしろ、この科目が苦手な人は、合格できません。ライバルに差をつけづらい科目が宅建業法です。

この科目に加えて、
別の得意科目合格には絶対に必要です!!

ライバルを確実に引き離す科目です。

宅地建物取引士試験は、実は
情報戦でもあります。勉強時間の長さは、さほど重要ではありません。

出題される個所を中心に1時間勉強する人と、試験に出ない個所を10時間勉強する人では、1時間の勉強のほうが圧倒的に価値があります。

魚のいない川に糸を垂らしても、魚は一匹も釣れません!!

当たり前のことですが、20万人以上の受験者が
釣果の期待できない川に糸をたらしている状態です。

合格できる人たちは、最初に
魚のいるポイント(頻出テーマ)を確認してから、糸を垂らします。

そうやって効率よく、戦略的に点数を積み重ねます。

この講座では法知識ゼロから、
たった19日間で合格するための勉強法をご案内しています。

どの内容を、どう理解すれば合格できるか解説しています。合格することだけに特化したテキストと問題集をご提供致します。


試験に出る個所だけに焦点を絞ったテキストと問題集を使うことで、あなたも、短期間で合格できます!!


学ぶ内容すべてが、試験での1点につながるよう作られています。

ライバルがやっていない
特別な勉強法で、あなたも短期間合格までたどり着くことができます。

この試験は
国語能力も問われます。簡単な権利関係でも、日本語の意味を正しく読み取れなければ、正解できません。

設問に書かれている文章の意味や情景がわからなければ、適切な答えを導き出せません。

合格できない人の多くが、実は設問の意味を理解できていないのです。

国語能力は個人差がありますので、国語が苦手な人は十分な準備期間が必要となります。

もし、わからない個所があれば、ご遠慮なく、ご質問してください。

この教材は売ったら終わりではありません!!

試験日直前までのサポート付きです。

この講座では、自宅学習で専門学校に通うのと同じ効果を期待できます。自宅で勉強しながら、直接、講師に対してメールで何度でもご質問いただけます。

だから、独学ではありません!!

独学はモチベーションを維持するのが難しいです。継続学習ができなければ、受験を諦めざるをえない状況に陥ります。

7月の受験願書受付から10月の試験日までの、たった3か月間で
約5万人が受験を放棄しています。継続学習の失敗が原因です。

弊社をご利用いただければ、自信をもって試験に挑むことができます。

あなたからのご質問に対し、丁寧かつ、容易にご理解いただける解説を行いますので、ご安心下さい。

弊社があなたを合格へと導きます!

ライバルたちはもうスタートしています。

さあ、一緒に合格を目指して始めましょう!



   







コロナウイルスや物価高に特別価格で徹底対抗

期間限定特別価格

12,980円〜

※ コースは全部で3種類ご用意しております。
※ テキスト、基礎問題(1問1答1,600問)は各コース共通。
※ 問題集の種類と数に応じて以下のように価格が異なります。
※ CD郵送商品は下記価格に別途800円がかかります。


 コース  基礎問題
(1問1答式)
 実践問題
(1問1答式)
過去問
(四肢択一式) 
特別価格 
(ダウンロード)
1 HFS 1,600問 1,400問   350問 16,980円
2 FS 1,600問 1,000問   250問 14,980円
3 BS 1,600問  0問   0問 12,980円

※ 全コース無料質疑応答サポート付
※ 独学でないから合格できる


期間限定特別価格は
2022年8月19日(金)まで
期間経過後は予告なく価格変更させていただきます。

ご注文はこちらから






 合格することだけを目的につくられた

 Iノート&SPM学習法で簡単合格!!


 遂に試験まで残り2か月!!
 大逆転合格のラストチャンス!
 

    カウントダウンタイマー




宅建士試験は100人中上位16人前後しか合格できない難関国家資格ですが、正しい勉強法を実践すれば合格できます!!


思うように勉強がはかどらない!
正しく理解できているか、不安。
合格できる勉強法がわからない。

そんなお悩みのすべてを解決致します!!

合格したい人たちの駆け込み寺

ライバルに勝つ
秘密の勉強法を伝授!!

この講座以外のご利用は、一切不要!!









国家資格試験の戦い方を知らなければ、繰り返し失敗する。

実は、この試験では、

捨てても良い問題
絶対に間違ってはいけない問題

があります!!

そして、「絶対に間違ってはいけない問題」を確実に正解することで、総合点アップによって合格圏内(上位16%前後)に入ることができます。

試験は一発勝負!!
結果がすべて!!

結果を求める勉強内容を実践することで、勝者になれます。そして、勝者になれる人たちは入念な準備をしてきた人たちです!!



   
     

 毎年合格者続出の実力教材
  
    


 【広島県 迫本様より】

法律、不動産に関して全く無知の私にこんなにも親切丁寧にレスポンスをくださることに非常に感動しました。

そして、レスポンスがとにかく早い!丁寧!

これを他の方々にも同じような返信内容、スピードでされていることを想うと、本当に感動します。

井真井アカデミー様のおかげで、本当に全く無知の私が今年の1月から勉強して、自己採点で40点、見事に合格証を頂くことが出来ました。

本当に有り難うございます!感動しかありません!


   

 【埼玉県 宮沢様より】

お世話になっております。無事、合格することができました。以下は自己採点(正解数/問題数)になります。

・民法   :5問正解(10問中)
・借地借家 :1問正解(2問中)
・区分所有 :1問正解(1問中)
・不動産登記:1問正解(1問中)
・都市計画 :1問正解(2問中)
・建築基準 :1問正解(2問中)
・他法令  :4問正解(4問中)
・税    :2問正解(3問中)
・宅建業法 :19問正解(20問中)
・土地建物等:5問正解(5問中)
合計:40点(50点満点中)

民法と建築基準法、税の全問黒塗りは最後まで困難でしたが、それ以外は黒塗りを果たせました。上記結果のとおり、特に宅建業法でハイスコアを確保できたことが大きかったと想われます。

正直、貴社の問題集で鍛えられなかったら、合格は困難であったと想われ、ここに記して感謝の意を表します。
 

     

【東京都 金子様より】

「自己採点37点で合格いたしました。

一昨年の合格基準点が38点だったことから、40点を取らないと安心して合格できないと思い、40点を取る目標で、井真井アカデミーの問題集・過去問を行っていました。

40点を目指すには権利関係11問(14問中)以上、宅建業法18問(20問中)以上は取らないと厳しいと思いました。

できる限り2科目が高得点であれば、建築基準法や都市計画法が苦手であっても多少カバーできると思います。8月からは過去問を中心に行いました。

過去問は何回も繰り返せば覚えられるので、過去問で苦手な分野を見つけ出すと良いと思います。

私が苦手だったのは定期借地権と農地法でした。苦手を見つけたら、井真井アカデミーの基礎編、実践編問題集で演習しました。

その方法で井真井アカデミーの過去問題集は80回くらい繰り返しました。

井真井アカデミーの問題集は○×方式で勉強しやすく、また先生のレスポンスも速く、かつ具体的にご説明いただき、大変、お世話になりました。

ありがとうございました。


   


 【鳥取県50代男性 KA様より】

結果は合格です。合格判定基準50問中34問以上正解が今年の合格基準でしたが、37点で合格しました。

関係団体のホームページと受験票より確認しました。

いろいろお世話になり、ありがとうございます。

9月から10月上旬に集中的にSPMを回していた時に実力・得点力がみるみるついていったのが実感できました。

SPMはエクセルシートに正誤を解答していくと、3回正解で黒く塗りつぶされて、小さい「達成感」を数多く味わえます。

逆に正解にならない問題ばかり集めて繰り返し解いていると、実力が付くのが実感できます。


最後に勝つのは合格できる術を知ることができた人だけ!!

合格の
裏ワザ必勝勉強法で国家資格GET!!

あなたは、直近
10年間100%出題されている項目が26項目もあることをご存じですか?

1958年に始まったこの資格試験は、2022年で
65回目を迎えます。半世紀以上にわたり実施されているのですから、問題は既に出尽くしています。

賢い人は、
どんなテーマがどのように出題されるか知っています。

資格試験は激しい戦場です。戦う相手も知らず、武器も持たず、技術や戦略も無く挑んでも勝てません!!

戦い方、勝ち方を知っている資格取得のプロを味方につけ、短期決戦でライバルに勝ちませんか?




無料サンプルをご覧下さい⇒
      

ご利用端末(パソコンやタブレット)にMicrosoft社製のOffice(Word,Excel)またはKingstone等の互換ソフトが入っていませんと、ご利用いただくことができません。(サンプル容量約80MB)

お申込はこちらから1クリック
 を押してご下さい。



  

    

    
  

<2021年(令和3年)
試験の状況>
受験放棄者数
46,955人(申込者数-受験者数)      
※受験申込から受験日までの2ヵ月半で毎年5万人以上が勉強に失敗!!

 受験申込者数 受験者数  合格者数  合格率
(対申込者数) 
合格率
(対受験者数) 
 256,704 209,749 37,579 14.6%  17.9%

約85%が不合格になる理由は、試験問題のほぼ全問が応用問題だからです。

たとえば・・・
<問題>
売買土地の8割が都市計画道路の区域内にあることが容易にわからない状況にあったため、買主Aがそのことを知らなかった場合には、契約不適合の問題が生じるため、Aが当該事実につき善意の場合に限り、Aは契約を解除することができる。

<答え>
正しい。法律上の瑕疵により、契約不適合責任の問題が生じるため、買主が善意であるなら、契約解除も可能となる。



既に勉強を開始している方は、契約不適合責任(売主の瑕疵担保責任)について必ず学んでいるはずです。契約内容と異なる事実がある場合、買主は善意、悪意に関係無く、一定の請求権を取得できます。

そう考えた場合、「買主Aが善意の場合に限り」という言葉は正しくないのではないか?と9割以上の方が判断してしまいます。

ですが、当該問題においては、契約内容と異なる事実はありません。それを示す言葉が、「容易にわからない」という設問文中の言葉です。

容易にわからないということは、詳細までチェックすれば売買土地の8割が都市計画道路の区域内にあることが契約内容から、「わかった」はずだということです。

ですので、契約内容との不適合は生じていませんので、本来なら契約不適合責任を追及することはできません。

ですが、買主が契約内容について、容易にわからないように示すことは、法律上瑕疵に該当します。

その結果、買主Aが当該事実につき「善意」であるならば、例外的に契約不適合責任が生じることになるのです。

悪意であるならば、契約不適合責任は生じません。

試験問題は
100%の確率で、正誤判断となるべきキーワードが設問文中に含まれています。

当該設問においては、「容易にわからない」というキーワードが正誤を判断するための重要キーワードです。

キーワードを見つけるコツを短期間で身につけるには、独学では困難です。

あなたが2022年合格できるラストチャンス!!

宅建士試験に合格するのに熱田さんは3年、中西さんは5年もかかりました。

最初からこの教材を使った広木さんは初挑戦で
41点をとって一発合格しました!!

ライバルは既に走り始めています。同じスピードでは、今から前方を走る彼らに追いつき、追い越すのは困難。

しかし、
圧倒的なスピードでライバルに勝てるこの学習法なら、短期間で40点を超える力が身につきます!!

未知なる急峻な山にガイド無しで登れば転落リスクは倍増。独学は危険の極み。

この講座では豊富な知識を有するベテランガイドが、試験直前まで受験者陥る
危険ポイントを丁寧に解説しながら、あなたを最短で合格まで導きます!!

    

【ライバル達に追いつけ、追い越せ!!】

 
勉強時間よりも、勉強の「質」が何よりも大事!!


勉強時間が長ければ長いほど合格に近づけると思うのは勘違いです。

誰にでも「24時間」は平等に与えられていますが、数兆円の資産を築く人もいれば、年収200万円以下でギリギリの生活を送っている人もいます。

その差は何でしょうか?

成功と失敗の差は、その人の
時間の使い方の差です!!

日本の生産性は先進諸国の中で最下位。
OECD加盟国36カ国中21位です!

生産性の少ない会議などで、無駄に多くの時間を費やすのが日本人。

それが仲間意識を生み、チーム一丸となってより良い商品を作る原動力になる?そうなのかもしれませんが、国家資格試験は孤独な戦いであり、完全なる個人戦です。

あなた以外は、すべてライバル!!

だったら、同じ時間を使ってライバルよりも遙かに
効率良く成績アップを目指したい!!と、思いませんか?

効率良く」とは、短期間で試験で問われる箇所を押さえること。

机の前に長時間座っていても、成績が上がるわけではありません!!勉強時間の長短と成績アップは必ずしも比例しません。

長時間勉強でも、全く見当違いな個所を勉強していたら、試験では1点にもつながらないのです。むしろ、短時間集中学習のほうが成績アップにつながります。


私たちが1回に集中できる時間は15分程度
だと言われます。

15分スパンの中で試験に出題される重要項目の吸収を行うのが理想です。

この試験ではどの法律のどの箇所が出題されるか、実はわかっています

ですから、要領良く試験に必要な箇所だけ学べば、合格は簡単。

あなたも合格者になれます!!

勉強時間と合格率は必ずしも比例しません。業務効率化の上昇が生産性の向上につながるように、
勉強の効率化をはかることが、成績の大幅アップにつながります。

つまり、無駄な時間を排除し、使う時間すべてが試験の成績に直接、影響するような学習方法の構築が最短合格の秘訣なのです!!

そして、一度、覚えた知識や情報を記憶として脳内に留めておくためには、反復学習が欠かせません。

記憶の定着は反復学習回数に比例
します。

ですので、1回でも多く復習ができるよう、早期に学習を開始し、早期に全科目の学習を終了することが重要になります。

この場合も「
できない箇所」の復習が最優先されなければいけません。

総合点で競う試験ですから、
できない箇所できる箇所に変えていくことが必要です。

学習の遂行性を高め、自己能力の管理をスムーズに行うのに最適なツールが、パソコン、タブレット、スマホを使った勉強法です。


試験に出題される箇所を徹底分析し、出題される箇所だけを拾い上げ、尚且つ、最高に便利なツールを使って勉強できれば、短期間で合格できます。


19日間で短期合格できた勉強方法を今度は、あなたが実践する番です。


最強スキル満載の教材(テキスト、音声解説、問題集)をご提供いたします。

今まで受講されてきた方の中での最短合格者は14日間でした。法知識ゼロからたった14日で合格された方がいます。

あなたも、
楽して簡単にこの激しい競争試験に勝ち抜きたいなら、ライバルと同じことをしていてはいません!!

知識・情報の取捨選択は素人では無理です。

資格試験のプロにお任せください!

 

成功の秘訣は、一刻も早く学習のスタートラインに立つこと。これ以上のアドバンテージはありません。

一刻も早く
自分の弱点発見に努め、自分に足りないものを補うことが成功につながります。

決断力の速い人は、成功できる確率も高い人


もし、あなたが、・・・

ライバルと異なる勉強法を実践して、楽して短期で合格を掴みたい

・・・のであれば、今すぐ始めてください!!

ライバルと同じ方法でライバルに勝つには、ライバルより数倍、優秀な頭脳の持ち主か、または数倍の努力をするしかありません。

ですが、・・・

ライバルと異なる方法でライバルに勝つには、時として「数分の1」の努力で十分な場合もあります。

ライバルと異なる」ことが、ライバルに勝つ秘訣。

あなたを合格の扉へ、ご案内致します。

ご注文はこちらから
     

将来期待できない年金に期待するより、

一生涯、稼ぎ続けることができる宅建士資格を!

十分な勉強時間を確保できない方に最適!

非常識勉強法で簡単・楽して人気資格を獲る!




 
日々、仕事や家事に追われ、十分な勉強時間がとれない方、記憶力に自信の無い方、宅建士試験に何度か挑戦しているけれど、毎回、数点不足で合格できない方、業務命令で宅建士資格取得が必要な方など、・・・

宅建士資格は欲しいけど、どうやって手に入れたら良いかわからないと悩んでいる方に
どうすれば合格できるのかをお教えします!

国家資格取得のプロが短期間で効率良く、無駄なことをせずに取得できる勉強法とサポートをご提供いたします。

既に半世紀以上続く試験ですので、合格に必要な知識や情報範囲は決まっています!!

"無我夢中”では合格するのは厳しいです。「努力」とか「一生懸命」といた精神論に価値はありません。

合格に必要なのは問題に対する分析と研究に尽きます!!

「どの箇所」の「どの内容」を「どのように理解すべき」なのかを丁寧に解説いたします。それを知りさえすれば、自ずと
期待する結果へと導かれます!!

ここ数年は新型コロナの影響で職を失った人が大勢いらっしゃいます。

戦える武器が何も無いと、正規雇用者として採用される可能性は低くなります。一旦、非正規社員になってしまうと、生涯年収に数千万円の格差が生じます。

私は社会保険労務士としても、多くの企業の人事に関わってきましたので、身をもって"社会の不公平”を知っています。

だからこそ、宅地建物取引士という資格を武器に活路を見いだして下さい!!

受講者様は質問回数無制限(無料)で、わからないことを気軽に弊社に対してご質問いただけます。

全くの素人だった受講者様が、試験日直前までに170回以上ものご質問を私に行い、見事、
40点以上で一発合格されました。

早期に勉強開始した人の合格率のほうが圧倒的に高いです。それは、長期にわたり、メールサポートを受けることができるからです!!

この講座なら、自宅に居ながら
資格スクールに通うのと同じ効果が期待できます。


※テキスト&問題集&各種資料
 +講師直通メールで質問できる!
※Microsoft Office PC等でご利用可能!
※この教材以外、他は一切不要です!


権利関係科目は全14問、宅建業法は全20問。

全50問中34問(68%)を占めるこの2科目が合否の鍵を握ります。特に権利関係科目の大半を占める民法からの出題で自滅する人が後を絶ちません。

民法は一般法のため、私人間取引に関するあらゆる事象に適用・対応できるよう、抽象的な表現で規定されています。

民法解釈を誤れば、合格のゴールから大きく逸れてしまいます。合格できる人は権利関係が得意です。

例えば、以下の2つ(@とA)は類似した文章ですが、結論が異なります。

何故、結論が異なるか、わかりますか?
民法条文を知っていても解けない問題です。

@AはBに土地を譲渡し、登記も移転したが、Bの詐欺を理由に当該譲渡を取り消した。その後、Bは当該土地をCに転売し、Cに登記を移転した。CがBの詐欺につき悪意の場合、Aは登記が無ければ、Cに対抗できない。

答え:正しい。Aは登記が無ければCに対抗できない。
AAはBに土地を譲渡し、登記も移転した。すぐにBは当該土地をCに転売し、Cに登記を移転した。その後、AはBの詐欺に気づき、Bとの契約を取り消した。CがBの詐欺につき悪意の場合、Aは登記が無ければ、Cに対抗できない。

答え:間違っている。Aは登記が無くてもCに対抗できる。

民法条文を暗記しても、上記のような問題に対処できません。答えだけ覚えても、その正誤根拠が理解できていなければ、試験では正解できません。

2つの問題は、AB間の売買契約が「いつ」取り消されたかにより、解答が変わってきます。

Cへの移転前にAB間の売買契約が取り消された場合、Aは登記無くしては、Cに対抗できません。

ですが、Cへの移転後にAB間の売買契約が取り消された場合には、Aは登記が無くても悪意のCに対抗できます。

民法条文ではこのような内容は規定されていません。問題の本質を正しく理解しておかなければ、本番試験で正解を導き出すのは困難です。

何故なら、毎年、試験では異なる文言で出題されるからです。

また、膨大な知識・情報を記憶し続けるのは大変なことです。覚えた先からどんどん忘れてしまうジレンマに陥ります。

覚えた知識の「記憶の整理」が簡単にできるのが
Iノート&SPMです。私はこの勉強法を実践し、たった19日間宅地建物取引士資格取得しました。

国家資格取得のプロである私、井真井が合格に必要な受験テクニックを直接指導致します。法律条文を暗記しただけでは解けない問題の解き方をご案内します。

独学で合格するのは難しい試験です。是非、
合格への最短の近道をお選び下さい。勉強方法を変えるだけで、難しい内容が易しく感じるようになります。

この試験はポイントさえ掴めばれば簡単です。ですが、設問読解力には個人差があります。学生時代、国語が得意でなかった人はライバルより少し早めに開始したほうが良いでしょう。

ライバルと同じ方法でライバルに勝つには、倍以上の努力と時間がかかります。ライバルと違う方法でライバルに勝つには、数分の一の努力と時間で十分です。

無駄な努力はやめて、
1分、1秒がすべて試験での1点につながる勉強をしませんか?

この勉強法を実行すれば、あなたも楽して簡単に手に合格を入れることができるはずです!!


 
価値ある資格を短期一発取得できるラストチャンスです!!凡人には見えず、心眼を開け、好機は常に眼前にあり!!

講師:井真井 秀樹
中央大学商学部会計学科卒業。社会保険労務士。
元大手進学予備校講師として年間1,000時間以上の講義を行い、多数の生徒を志望校に合格させた受験テクニックのプロ。社労士を始め数多くの国家資格を超短期間で取得。宅建士受講者累計2万人以上。



       
毎年、多数の合格者を輩出している資格コンサルタント井真井による直接指導で、最短合格に必要な知識を効率良く学べます。

最低合格基準点が38点以上(正解率76%以上)になった今、早い段階から準備に取りかからなければ、勝負に勝つことはできません!!

確実な合格を手にしたいなら、早期に全科目の履修を終え、自分の弱点箇所を把握することに尽きます。

試験日近くなってからでは、修正が間に合わないこともあります。1点のケアレスミスで、順位は数千番も後退してしまうのです!!

1点にこだわることが合格に求められています。


既に多くの方たちが2022年(令和4年)試験の合格に向かって勉強を開始しています。

彼らに勝つために、あなたも今すぐ、開始して下さい!!



 毎年合格者続出の実力教材
  
    



【茨城県 真奈美様】

本日、無事に合格しましたので、お礼をお伝えしたくてメールさせていただきました。

パソコン1つで学習でき、紙の問題集と違ってコピーをする手間もなく繰り返し使えて、正解・不正解もいちいち丸付けをする事もないので、とても勉強しやすかったです。

何から勉強したら良いか、どこまでやれば良いかも迷うことなく出来たので、

これをとにかくやる!

というのが明確だったので、的を絞って勉強できました。

勉強するのは運転免許以来(^_^;)で、こんなに勉強したことはなかったので、脳みそがだいぶ衰えてたと思います。

そんな自分が2回目の受験で合格できたのは、こちらの教材のおかげだと思います。

本当にありがとうございました。


        


 
【東京都 横山様】

10月の宅建試験は41点で無事合格できました。

ありがとうございました。

市販(ユーキャン)の問題集、参考書を独学後、9月より御社の教材を利用しました。

宅建業の経験はありませんでしたが、初回チャレンジにて合格できました。御社のSPM問題集を繰り返すことで、知識の定着が出来ました。

権利関係10点、法令上の制限6点、宅建業法18点、税その他7点を確保できました。

井真井先生の的確な教材により、各科目最低目標点(合計40点以上)はキープできました。

また、御社の教材を利用したいと思います。大変、お世話になり、ありがとうございました。


   


 
【東京都 関口様】

不動産とは別業界に長年勤務し、かつ、学生時代は理系でしたので民法などの法律はスルーしており、完全に独学で、毎年、試験1〜2か月前くらいから市販の解説書と問題集に取り組むだけで、数年間、受験に挑戦してきましたが、合格できませんでした。

それほど甘い試験ではないことがわかり、大手の宅建試験講座を受講して、専門家から教わらないとダメか?と、思いつつ、ネット検索で井真井アカデミーの教材を知りました。

教材は、理解済みの問題を解く無駄を排し、誤答した問題のみが自動的に集積される仕組みとなっており、試験対策の方法論として、とても優れていると思いました。

私はこの教材のお陰で合格することができました。



2020試験で最低合格基準点38点に!





トップの東京都と最下位の徳島県の  合格率の差はなんと12%も!!


<2021年合格率都道府県別ランキング>
※10月試験の全国平均合格率は17.9%。
平均合格率
17.9%を超えている都道府県はたった11しかない!
36の都道府県の合格率は平均以下の超危険地帯!!


エリア別では一都三県のみ!!

<2021年10月試験結果>
   


エリア別では北と南の合格率が低いのが特徴です。使用教材の選択肢の少なさが影響していると思われます。

   

上位11の都道府県の人達が合格者の大半を占めています。地方エリアの人達が宅建士になるには、彼らに勝てる学習戦略が必要です。

この教材なら効率良く勝つ方法を学べます!!
合格のチャンスを逃さないでください!!

早期着手が合格には欠かせません。

凡眼には見えず、心眼を開け!好機は常に眼前にあり!!

講座のお申し込み&価格確認はこちら


ご注文はこちらから


 
今なら最長サポートをGET!!
余裕の合格を狙える
絶好のチャンス!!


独学合格は難しい!受講者様からのこんなご質問が弊社に⇒

※独学は遠回り。合格までに何年もかかることも。


6月
開始で、弊社問題集SPMで90%以上の正解率を出せるレベルに達した人の合格率は、なんと82.6%!!

1日平均3時間×19日間で合格ラインに達することができる驚速学習教材です。これを使い、あなたも宅地建物取引士になりませんか。

法律系国家資格の中では比較的、簡単な試験ですので、あなたも短期間で合格に手が届くはずです。合格すれば一生涯、使える人気資格です。

不動産業者への就職や独立開業の夢も叶えることができるパスポート。

ですが、短期間合格を目指すなら、単純に市販テキストの1ページ目から真面目に勉強することは、お勧めできません。失敗する20万人の仲間に入ってしまいます。

一部の成功者は、大多数の失敗者とは、全く違う勉強法を実践しています!!

大多数の失敗者と同じことをしていたら、同じ結果になります!!

短期合格を狙う場合は
試験で出題される箇所を中心に勉強してください。

試験に出ない内容は一切、勉強しません!!

戦略なき学習は、地図も持たずに砂漠へ行くような無謀な行為です。迷わず真っ直ぐ、
合格という目的地に最短ルートでたどり着いてください。

その地図をあなたにお渡し致します。

例えば、権利関係科目でいえば、区分所有権、借地借家権、不動産登記、相続に関する問題はこの10年間、毎年出題されています。

その中でも「どの条文」、「どんな内容」が出題されるかさえもわかってます!!

出題率の高い項目から押さえて総合点を獲りに行くのが
合格の王道となります。

例えば、区分所有法に関する問題では「議決権の種類」「集会招集について」が主に出題されます。

区分所有法は区分所有建物に関するルールブックです。区分所有建物の代表は分譲マンションです。

マンションは1棟に複数の区分された空間を有します。各区分された空間(=専有部分)の所有権を区分所有権と言います。

玄関、階段、通路、エレベーターなど、マンション居住者は共同で利用する共用部分を有しています。それらの利用方法等を
規約というルールブックに規定しています。この規約は区分所有法に反することはできません。

区分所有法という大きなルール制限の中で、
規約という各マンションごとのルールによって生活することになります。

マンションは共同生活ですので、区分所有者全員で管理組合を組織し、集会や総会を開き、共同で様々な事項を決定しています。

どんなときに集会を開くのか?誰が集会を招集するのか?更に各議題の内容に応じて過半数決議、特別決議、建替え決議など、決議方法が異なります。

このような内容が試験で問われます。押さえどころは決まっています。


 

宅地建物取引業法
は全部で20問出題されますが、この10年間継続して100%出題されている項目が9項目もあります。ここを押さえるだけで、もう点数の半分は獲ったも同然!!

出題率100%の関連法律条文を最優先でチェックして下さい。

続いて90%、80%、70%、60%、50%の確率で出題されている項目も押さえれば、宅地建物取引業法については
20問全問正解できます。

試験で合格するためには、宅地建物取引業法に関する問題は、
最低でも17問以上(20問中)の正解が求められます。

他の科目と異なり、この科目は「宅地建物取引業法」という1つの法律のみから出題されます。問題数も最多であり、この試験の中核を担っています。

もし、この科目が苦手なら・・・

宅地建物取引士としての適性無し

・・・と判断されます。

50問中
38問以上の正解(過去の最高合格基準点)が合格の必須条件となった今、40点以上の正解を狙っていかなければいけませんが、

宅地建物取引業法で点数を稼げなければ、40点以上は不可能

ポイントさえ掴めば、高得点が取れますので、苦手な方は弊社のメールサポートをフルに活用してください。

弊社最大の特徴は直接、講師にわからない箇所を質問でき、なおかつ、その返答がスピーディーなことです。(原則、即日回答)

双方向性学習だからこそ、自宅学習でありながら、高額スクールに通うのと同じ効果が期待できるのです!!



一発合格したいなら、勉強法を変えるべき!
あなたを最短で合格に導く勉強法がコレ!!



 相対評価試験は上位成績者のみが合格!  プロの指導を受けた者が圧倒的に有利!!
               

改めまして、こんにちは。
講師の井真井と申します。

不合格になる人には共通した原因があります!!

暗記が合格への近道だと思っている

・国語が苦手(設問読解に自信がもていない)

・設問場面を想像するのが苦手


受験者の大多数が、近所の書店でテキストや問題集を購入し、独学していますが、
独学合格至難の業です。

独学は暗闇の中を電灯もつけずに走行するような危険行為。もしくは、ガイド無しで、深い森の中に入っていくようなものです。

そんなことをしていたら、何年も森の中を彷徨い続けることも。

特に民法中心の「
権利関係」科目で、設問の述べている意味がよくわからず試験を断念してしまう人が後を絶ちません。

どんなに知識があっても、質問の意味が分からなければ、正しい回答を当てはめられません。

大成する人は皆、
プロから学ぶものです。一流のスポーツ選手や芸術家も指導者から基礎をしっかり学び、成功しています。

それが、合格にたどり着ける
究極の近道です。

高校受験や大学受験のために、学校や塾で必要な知識を、教師や講師(プロ)から学んだはずなのに、国家資格試験の勉強だけ独学

・・・というのは、いかがなものでしょうか。

この教材は、たった
19日で40点以上の高得点で一発合格できた私自身の経験に基づき作成された驚速学習法です。

先に言っておきますが、

あなたが学生時代にやっていたような勉強法で、たった19日で合格するのは不可能です!!

この試験は学校の授業のように先生が黒板(ホワイトボード)で説明した内容だけが出題されるわけではないからです!!

つまり、・・・

市販テキストに掲載されている内容だけ覚えれば合格できると考えているなら、非常に危険です。

2021年10月試験の合格率は17.9%でしたが、受験申込者数との対比でみれば、合格できたのは申込者のうち、たった
14.65%の人たちだけ。

100人中14人しか合格できないということは、30人クラスならクラスで
上位4位以内に入れなければ、合格できない!ということです。

あなたは中学時代、クラスの中で何位でしたか?
4位以内に入っていましたか?


こういう競争試験でライバルたちと同じような勉強をして合格するには、ライバルたちより2倍、5倍、10倍の努力が必要です!!

ですが、・・・

ライバルと違う勉強法
の実践を決断できれば、上位4位以内に入ることも難しいことではありません。

勉強法に対する発想を変えるだけで、いとも
簡単に合格が見えてきます。その方法とは、パソコンやタブレットを使った勉強法です。

スマホでも良いですが、画面が大きい方が記憶が長く持続します。また、能力管理が容易ですし、検索や加筆・編集が簡単です。

私が、
19日間で合格できたのも、学習にパソコンタブレットを使ったからです。



多くの方たちが仕事でも使用しているエクセル(Excel)とワード(Word)ソフトを活用し、初めての挑戦で「
19日間」という学習期間で合格できました。

もちろん、覚えるべき知識のターゲットの絞り込みが重要なのは言うまでもありません。

私は進学予備校の講師でした。そのプロ経験を活かし、過去15年以上の宅建士試験出題データを徹底分析し、合格に本当に必要なデータのみを落とし込みました。

もし、あなたがアナログ学習を捨て、デジタル学習に切り替える勇気さえあれば、上位トップに入れる可能性は大きく拡がります!!

今の時代、パソコンが使えなければ、稼ぐこともできません。ですので、この機会にエクセルやワードの操作方法も覚えて下さい。

すごく簡単な操作ですので、どなたでも、できるはずです。もちろん、わからない時はご指導いたします。

紙の教材は、大きなデメリットを抱えています。

その最たるものが、
自己の理解度をはかることができない点です。

普段から実際の試験形式と同じ
四肢択一式問題集を使っている人は、今すぐやめてください

近年は組合せ問題や個数問題の数が増えています。四肢択一問題集では、正解肢に該当しない他の3肢が、試験で出題される可能性もあります。

全肢について、正しいのか、間違いなのか、その根拠は何なのか?

それが、明確に言えないようでは、本番試験で失敗します。それが、四肢択一式問題集を使っていると、理解したかどうかの判断が難しいのです。

プロの力を頼れば、その根拠も明確に指導してもらえますが、独学では間違った解釈をして、わかったつもりになってしまいます。

これこそが、独学の陥りやすい罠です!!

そして、独学している方の多くが、参考書籍からノートへ転記する作業に励んでいますが、それは「作業」に過ぎません。

無駄な時間の使い方です。

例えば、頻出する「債権の譲渡」というテーマにつき、市販テキストのほとんどが以下のように説明しています。

『債権は譲り渡すことができる。ただし、性質がこれを許さないときはこの限りでない。当事者が債権の譲渡制限の意思表示をしたときも、債権の譲渡はその効力を妨げられない。しかし、譲渡制限の意思表示がされたことを知り、または重大な過失により知らなかった譲受人その他の第三者に対しては、債務者は債務の履行を拒むことができ、かつ、譲渡人に対する弁済その他の債務を消滅させる事由をもってその第三者に対抗することができる。』

このような抽象的な内容をノートに書き写しても、実際の試験で適用できるか疑問です。

債権譲渡の「性質が許さないとき」とか「譲渡制限の意思表示」って、具体的にどんなことを指すか、わかりますか?

債権譲渡に関する以下の過去問を解けますか?正解できない勉強法は間違った勉強法です。

<2018年第7問−2肢>
『債権の譲受人が譲渡禁止特約の存在を知っていれば、さらにその債権を譲り受けた転得者がその特約の存在を知らなかったことにつき重大な過失が無かったとしても、債務者はその転得者に対して、その特約の存在を対抗することができる。』 


<2018年第7問−4肢>
『譲渡禁止特約のある債権をもって、質権の目的とした場合において、質権者がその特約の存在について悪意であるときは、当該質権設定は無効となる。』
 


日頃の学習から、何が「
試験に必要な知識・情報」なのか見極め、過去の出題データから重要箇所を分析、選別していかなければいけません。


試験に出ない情報や知識を一生懸命、覚えても意味がありません!!


使えない武器をいくらかき集めても、試験では勝てないのです!!



市販テキストを購入してきて、別冊ノートに赤字や太字部分を転記して暗記しようとするような方法は、もはや、時代遅れです。

今、世界中の学校で、タブレット授業が実施されるようになっているのは、旧式の学習法では、効率が悪いと気づいたからです。

パソコン学習は想像を絶するハイスピードで合格に必要な知識・情報を吸収することができます。


最少努力で最大効果
が、期待できます。

特に自己能力管理が徹底できる点で、パソコン・タブレット学習は優れています。

自分は何を理解しており、何を理解していないのか。。。。

これに気づけない人は、何年かかっても合格できません!!

逆に気づけた人たちは、驚くほど短期間で合格しています!!

弊社教材は、あなたの理解度を自動的に管理してくれます。既に理解しているところには時間を費やさず、理解できていない箇所にのみ貴重な時間を費やすよう、導いてくれます。

そうしなければ、忙しい現代、時間がいくらあっても足りません。あなたもそう思いませんか?

弊社のSPM問題集は解答と同時に正誤判断を自動に行います。

何回目の復習で正解し、または間違ったのかも表示されます。

操作も簡単。設問を読み、

・正しいと判断したときは「1」
・間違いと判断したときは「2」

を入力するだけです。

その判断が正しいか否かが瞬時でわかります。以下の場合は1回目と3回目で間違ったということです。

完全には理解できていない問題がどこなのかが、一目瞭然。そして、弱点箇所を克服することで、総合点は伸びていきます。



問題と解答・解説が
すべて横一列に並んでいることがキーポイント。

集中力を切らさず、設問に対する正誤判断根拠をインプットするには、設問とのリンク性を強く認識することが記憶に大いに役立つのです。

勉強は、「覚えれば良い」だけではありません。

「覚えたことを忘れない」ことが最も大事なのです。



知識の習得は重要ですが、この試験は、暗記試験ではありません。

論理的思考や注意力、洞察力、集中力も求められます。

試験では市販テキストに掲載されているとおりには出題されません!!

ほとんどの問題が応用問題です。

テキストに掲載していることだけ覚えれば合格できるのなら、みんな合格してしまいます。ですが、実際はそうではありません・・・。

試験では長文も出題されるため、『
読むチカラ』がどうしても必要となります。新聞や雑誌、何でも構いませんが、文章を読むことを日頃から心がけてください。

受験者の苦手科目である『
権利関係』は登場人物の関係性を正しく把握することが正解するコツです。

そのためには、書かれている人物の置かれた状況を
イメージ化できれば、理解しやすくなります。

イメージするコツを弊社では、お教えします。

弊社では毎年、
40点以上の余裕合格を果たす人が続出しています。早い人で2週間程度、多くの方が1ヵ月〜半年程度で合格されています。

2020年には民法が大きく改正され、従前とは異なる条文が350箇所以上も生じました。

複数年受験されている方や以前、受験されたことがある方は、従前に学ばれた内容に現在は相違が生じている場合がありますので、ご注意下さい。

50問中
40点以上正解できれば、99.99%合格できます。

そして、40点以上を取ることは勉強方法次第で難しくありません。

簡単に楽して宅建士試験に合格したい方は是非、

IノートテキストSPM問題集をご利用下さい!!

あなたを変えることができるのは、あなたの"決断力


講座のお申し込み&価格確認はこちら


ご注文はこちらから

 驚速返答&丁寧な説明解説

試験に不要な箇所はバッサリ切り捨てました


弊社では質疑応答サポートを回数制限無しで実施しています。

わからないところは、お気軽にご質問下さい。業界屈指のスピード返答で、どなたにも理解できる言葉で解説いたします。

この試験は、独学で合格することは極めて困難です!!

圧倒多数の人たちが、間違った勉強法で失敗しています(悲)。

だから、20万人以上の大多数の人達が不合格になるのです。

合格最低基準点は
38点(50問中)以上になりました。合格率は毎年15%台〜17%台の枠内と決まっています。

試験願書受付は7月の1ヵ月間ですが、願書〆切りから試験日までの、たった2ヵ月半の間に毎年、
約5万人以上が、受験を諦めています。

申込者の実に5人に1人が試験会場に姿を現しません。

合格できる人と合格できない人の差は、何なのか?

それは、
勉強方法の差!!です。

もう50年以上も続いている試験です。問題は出尽くしています。だから、何が出題されるかも実は、わかっています!!

合格したいなら、
合格に必要な知識だけを覚えれば良いのです。

ですが、単純な暗記だけでは到底、勝つことはできません。
試験に出題される以下の重要条文を覚えたとします。

 
(詐欺又は強迫)
第九十六条 
詐欺又は強迫による意思表示は、取り消すことができる。

2 相手方に対する意思表示について第三者が詐欺を行った場合においては、相手方がその事実を知り、又は知ることができたときに限り、その意思表示を取り消すことができる。

3 
前二項の規定による詐欺による意思表示の取消しは、善意でかつ過失がない第三者に対抗することができない。


では、つぎの問題を解いてください。

(問題1)
AはBの詐欺によりCに対して自ら所有する甲地を譲渡した。AがBの詐欺を理由にCとの契約を取り消すことができない場合とは、CがBの詐欺につき善意でかつ過失がない場合である。


(問題2)
AはBの詐欺によりBに対して自ら所有する甲地を譲渡した。その後、BはCに当該甲地を譲渡した。Bの詐欺に気づいたAは、Bの詐欺を理由にBとの契約を取り消すことができるが、Bの詐欺につき善意であったCには対抗することはできない。

(問題3)
AはBの強迫によりBに対して自ら所有する甲地を譲渡した。その後、BはCに当該甲地を譲渡した。この場合、Aは、Bの強迫を理由にBとの契約を取り消すことができるが、Bの強迫につき善意でかつ過失がなかったCには対抗することはできない。

いかがですか?わかりましたか?

もし、上記3問すべてに「間違っている」と解答できたなら、素晴らしいセンスをお持ちです。もちろん、正誤判断根拠も必要です。

1問でも「正しい」と思った問題があった方はアウトです。

1問不正解で順位は一気に数百〜数千番後退します。

問題1は、第三者による詐欺です。第三者による詐欺の場合、契約の相手方に取消しが主張できないのは、相手方が詐欺につき善意である場合または、詐欺につき知ることができない状況であった場合です。

この場合、相手方の過失の有無は問われません。

(参照:民法96条2項)
相手方に対する意思表示ついて第三者が
詐欺を行った場合においては、相手方がその事実を知り、又は知ることができたときに限り、その意思表示を取り消すことができる。

問題2は、Cが善意であっても、Cの善意が、
有過失による善意であった場合には、対抗することができます。善意であれば常に対抗することができないわけではありませんので不正解です。

法96条3項では「善意かつ過失がない」といった並列語の「かつ」が使用されていますので、両方を満たす必要があるのです。。

(参照:96条3項)

詐欺
による意思表示の取消しは、善意でかつ過失がない第三者に対抗することができない。

問題3は「強迫」です。法96条2項および3項規定はいずれも「詐欺」についての内容です。「強迫」は同条1項のみ。つまり、強迫による意思表示は善悪・過失の有無に関係無く、常に対抗できます。

(参照:96条1項)
詐欺又は
強迫による意思表示は、取り消すことができる。


条文を単純暗記したところで、正解できるとは限りません。

"覚えた知識の理解”が必要なのです!!

法解釈判例理解が求められます!!

ライバルと同じ思考のうちは無理です。

この試験は
相対評価試験ですから、あなたの成績だけでは、合格は決まりません。

どんなにあなたの成績が良くても、ライバルがそれを超える成績をとってしまったら、あなたは押し出されてしまいます。

50問中40問以上、正解できれば、ライバルの影におびえる必要もありません。そして、40問(40点)以上を取ることはできます!!

なぜなら・・・


何が出題されるかわかっている


・・・からです(笑)。

まず、あなたが、やるべきことは、

彼ら(ライバルたち)に勝つために、彼らより先に勉強を開始し、合格というゴールに一歩でも近づいておくことです。

ライバルよりも先に合格という目的地に到達したい方、長くて苦しい勉強生活から一刻も早く解放されたい方は、この教材を使ってください!!

宅建関連の法知識ゼロだった私が、
たった19日間で合格できた非常識合格勉強法です。

出題内容はわかっていますので、ある程度の常識と社会人になってから身につけた一般教養があれば、驚くほど短期間で合格できます。

設問の述べている状況具体的にイメージ(映像化)できればOK!


私が実践してきた
短期合格勉強法とは、

・テキストは1〜2度しか読まない!

・問題集は1問1答式を利用!

・連続3回、同じ問題を同じ日に解く!

・連続3回正解の問題は、復習しない!

・不正解の問題は、間違った理由を探る!

・調べた情報は、テキストにコピペ!

・苦手箇所に自分の言葉で補足文を加筆!

・弱点箇所をデータ化&徹底で克服!

・手書きノートなんて、作らない!

・調べたい箇所は検索機能で秒速ジャンプ!

・全てパソコン上で学習し、自己成績管理!


テキスト記載内容を丸暗記しようとせずに、試験に出題される
本当に必要な重要箇所と、そうでない箇所を仕分けしてください。

試験に出題されない不要箇所にまで手を出せば、多くのムダな時間をムダな個所に費やすことになってしまいます。

平均1日1〜2時間しか学習時間が確保できない人が圧倒的多数なのですから、
効率的な時間の利用は避けて通れません。


弊社教材は試験に出題される箇所だけを厳選しています!!



また、本番試験は四肢択一を基本としますが、一つの解答を選ぶためには四つの肢全てを読み、それぞれ正誤判断することとなります。

それは
一問一答しているのと同じことなのです。

最近の試験傾向として、「
正しい肢はいくつあるか?」とか、「正しい組合せはどれか?」といった問題が増えています。

この場合、単純な消去法は通用しません。

全ての肢につき、正しい判断が求められるため、日頃から
一問一答式問題集で確かな知識を身につけておく必要があるのです。

私達の脳は、
日常生活生命に関わること、また非日常的な出来事についての情報しか、長く記憶できない仕組みになっています。

そうでないものは、すぐに記憶から消えてしまいます。

残念ながら、宅地建物取引士試験で出題される内容は長期記憶として残りづらい部類に分類されます。

脳に対してそれらの知識・情報がいかに
重要な情報であるかを覚え込ませる唯一の方法は、脳への繰り返し伝達しかありません!!

この繰り返しの情報・知識伝達も、日をまたいでは効果が薄れます。

同じ問題同じ時間帯に、繰り返し連続3回やることで、驚くほどの効果が期待できます。【超重要ポイント」】


国家試験で合格するには、

@ 新たな知識を増やし
A 覚えた知識を忘れない


このたった2つさえできれば、余裕で合格できます。

この2つを実現することができる勉強法が必要であり、それを苦労もなくできるのが弊社の

IノートテキストSPM問題集

ほとんどの人が、法律条文の正しい解釈ができていません。弊社ではその弱点を補強するため、私、井真井が直接、メールによる指導も行っています。

理解できずに悩んだら、是非、お気軽にご質問してください。


    
  
         

昨年は、管理業務主任者、今年は宅地建物取引士にそれぞれ一発で合格することができました。井真井先生、ご指導ありがとうございました。

未知の分野の勉強を始める場合のSPM問題集の威力を痛感しております。問題意識を持たずにテキストを読んでも何も頭に残らず、眠くなるだけです。

それならば問題を解いたほうが早道です。SPMの1ワークシート100問を連続して解くのは最初は苦痛でした。しかし、知識のない問題に挑戦するのだから、苦痛は当然だと割り切って続けていれば、1日100問連続3回2時間以内が自然に自分のペースになってきます。

考えてみると、試験本番では200問(50問×選択肢4つ)を90分(見直し時間を30分として)で正誤を判断する必要があるので、100問連続3回2時間以内というのは本番を想定した時間配分トレーニングにもなっているのですね。

おかげさまで今年は十分に時間に余裕をもって回答をし終わることができました。
(多々羅様)

   


ライバルと同じ勉強法でライバルに勝つには、ライバルより2倍、3倍以上の努力が必要

ライバルと
違う方法を実践すれば、ライバルの10分の1以下の努力で合格できる


合否の差は『
時間の使い方の差』!!

同じ1時間の勉強時間を投資するなら、
最大のリターンが期待できる勉強法を実践すべきです!!

そうしなければ、何年かかっても合格できません。

弊社教材の最大の特徴は、ダイレクトサポート体制。

講師である井真井に直接、メールで質問できる点にあります。

尚且つ、
返答がスピーディーなことです。
(原則、即日返答)

販売したら終わりの教材ではありません。
双方向性学習ですので、自宅学習でありながら、独学ではありません。

あなたの前にはPCを介して常に講師がいます。

個人授業式の通信スクールだと思って下さい。


弊社教材が学習アプリよりも優れている点は、
自己能力分析成績管理にあります。

つまり、<勉強したら、しっぱなし!>ではないということです。

あなたの苦手箇所と得意箇所をきちんと仕分けできます。

そして、問題集何度も繰り返し利用ができるファイル形式です。Excelファイルですので、開始前にファイルコピーをとっておけば、いつでも新品ファイルを利用できます。

ご自宅、仕事場、海外出張先、どこででも何台の端末でも、ご利用いただくことができます。

偶然にもあなたがこの教材を知ることができたのは、とてもラッキーなことです。正に運命的な出会いです。

是非、独学はやめて、確実に合格を手に入れて下さい。



サンプルを是非、ご覧下さい!!


      

講座のお申し込み&価格確認はこちら


勉強法の改善で合格は想像以上
に簡単に見えてくる!



弊社教材を開始し、SPM問題集を完成(連続3回正解で95%以上の正解率の方)させた方の合格率は、毎年80%超!!

真面目に履修した方のほとんどが合格されています。そして、合格されたほとんどの方が、弊社のメールサポート利用者です。

わからない箇所をこまめに質問し、確認した人達です。

法知識ゼロの人が
超短期合格を果たすためには、1日平均3時間、休日5時間〜8時間くらいの集中学習が必要となります。

毎日が忙しい方は、なるべく学習期間に余裕をもった計画を立てて下さい。特に国語理解力と記憶力には大きな個人差があるからです。

学習はSPM問題集中心に計画し、まずは一気に「
できる問題」と「できない問題」を徹底的に仕分けします。

尚、1日の学習時間の7割以上は問題集に費やしてください。

問題集中心に勉強しない限り、試験で勝つことはできません。ほとんどの人がテキスト中心学習をしています。だから、ダメなのです。

不動産取引は私たちにとって身近なものです。故に、特別な勉強をせずとも、経験から解ける問題もたくさん、あるはずです。

賃貸アパートを借りる時は必ず不動産業者からの
重要事項説明を受けているはずです。

分譲マンション(区分所有建物)に住んでいる方なら年1回以上、
総会が開催されているはずです。その場でマンション規約(居住者間ルール)についても、議論されます。

自分の今までの経験から正解できてしまうことも意外に多いのです。

ある程度の国語力を有している方なら弊社の説明
やメールサポートを受けて、この試験に必要な知識を100%正しくご理解いただけるはずです。

経験値も高いのに、なかなか合格できない人達は、
法律を誤って解釈している可能性があります。

特に
民法規定はあらゆる事象に適合可能なように抽象的な表現が多用されていますので、都合の良い自分勝手な解釈には注意が必要です。

合格には戦略も必要です。

直近10年間にわたり
100%出題されている項目が26もあることをあなたはご存じですか?

50問中26問ということは、実に52%(過半数以上)を占めます。

100%出題されることがわかっているのですから、その箇所を勉強すべきなのは当たり前の話なのですが、それを知らない受験者が圧倒多数いるのが現実です。

まず、この
26目が何なのかを知り、その箇所を完璧に押さえれば、試験で30点以上を取ることができます。

弊社教材をご購入いただいた方にはお教えしますが、試験直前期は特にこの26項目とそれに関連する条文箇所の確認を最優先に行います。




宅地建物取引士試験に『特化した勝つための技術』を身につけ、ライバルに勝って合格したいなら、この教材を使って下さい。

講師の井真井が、自分自身の受験のために開発した正に
非常識な勉強法です。発売開始2年目にして合格者1,000人を超えた実力教材です。

短期合格のコツは、100%出題率項目の徹底履修弱点箇所の発見にあります。

一切の無駄を省き、合格に必要な知識・情報だけを吸収していく合格だけを目的に作成された
革新的ウルトラ教材です。

もし、学習中にわからない箇所があっても、焦る必要は一切、ありません。ダイレクトメールで講師に確認してください。

簡単にご理解いただけるよう、
易しい具体例をもってご説明いたしますので、どなたでも確実にご理解いただけます。

講座のお申し込み&価格確認はこちら



受験者の多くが法律用語の正確な
意味を理解できていないから、
何年かかっても合格できない!?




 
では、実際にどのようなご質問が受講者様から弊社に届くか、ご紹介しましょう。尚、受講者様から頂いたご質問は他の受講者様と共有いたしません。

この試験は激しい競争試験ですので、ライバルに有益な知識や情報を同じように与えれば、質問してくださった方のアドバンテージを奪うことになるからです。

疑問が生じるのは努力の結果です。努力の過程で疑問は必ず生じるものです。疑問が生じたら、必ず自ら弊社に直接ご確認下さい。

  (受講者様からのご質問例)

<設問No976>

『宅地建物取引業者が自ら売主となる不動産取引において、代金4,000万円の売買契約に関し、債務不履行に伴う損害賠償額の予定及び違約金の合計額を代金の3割とする旨を定めた当事者間の当該特約は宅地建物取引業法の規定によれば、無効となる。』

(ご質問)

宅地建物取引業法38条では、損害賠償額の予定や違約金が2割を超えることとする定めを禁じていますので、無効になるのではないのですか?

(弊社からの回答)
「無効」という言葉は、効力が最初から生じていない状態を意味します。つまり、3割と定めた時点で、損害賠償額の予定や違約金を定めた『特約そのものが最初から存在しない』・・・と設問は述べています。それが「無効」の意味です。しかし、宅地建物取引業38条2項では以下のように定めています。

⇒代金の額の2割を『超える部分』は無効とする。

つまり、特約そのものは有効ですが、有効なのは2割までの部分であり、それを超える部分は最初から効力を有しない『無効』とするとしているのです。ですので「2割までの部分も含め無効」と述べている当該設問は間違っているのです。
 
<2019年過去問>

(判決文)
本人が無権代理行為の追認を拒絶した場合には、その後に無権代理人が本人を相続したとしても、無権代理行為が有効になるものではないと解するのが相当である。けだし、無権代理人がした行為は、本人がその追認をしなければ本人に対してその効力を生ぜず(民法113条1項)、本人が追認を拒絶すれば無権代理行為の効力が本人に及ばないことが確定し、追認拒絶の後は本人であっても追認によって無権代理行為を有効とすることができず、右追認拒絶の後に無権代理人が本人を相続したとしても、右追認拒絶の効果に何ら影響を及ぼすものではないからである。

上記判例文に関し、本人が追認拒絶をした後に無権代理人が本人を相続した場合と、本人が追認拒絶をする前に無権代理人が本人を相続した場合とで、法律効果は同じである。

(ご質問)
設問の意味が全く理解できません。

(弊社からの回答)
例えば、井真井不動産勤務のAさんは、同社社長Y氏の息子です。Y氏はAさんに建物の販売営業権を与えていますが、値引交渉権は与えていませんでした。

ある日、AさんはY氏の代理人として顧客のもとへ向かい、建物売買契約を締結しました。しかし、代理人であるAさんは本人であるY氏の許可なく無断で100万円の値引きを承諾してしまいました。

当該Aさんの行為は権利の無い代理行為、すなわち、「無権代理行為」となります。Aさんの行為が無権代理行為であることを知った顧客は、直接、本人であるY氏に100万円値引きの追認を求めましたが、Y氏はこの請求を断りました。つまり、100万円の値引きは無効となったわけです。

その後、Y氏が死亡し、AさんがY氏を相続した場合であっても、Aさんの無権代理行為が有効になることはありません。無効が確定したものを相続したことになるからです。

その一方、Y氏が追認請求に対する確答を行う前に死亡し、その状態でAさんがY氏を相続した場合、Aさん自身による無権代理行為をAさん自身で拒絶することは信義則に反することになりますので、できません。つまり、Aさんの無権代理行為である「100万円値引」きは有効な行為とみなされます。

以上から、Y氏の追認拒絶「後」にY氏が死亡して、AさんがY氏を相続した場合は、Aさんの無権代理行為は無効となりますが、Y氏の追認拒絶「前」にY氏が死亡し、AさんがY氏を相続した場合には、有効となります。

よって、法律効果はY氏の死亡時期と追認拒絶前後によって異なるため、当該設問は「間違っている」と判断できるのです。



いかがでしょうか?

毎日、私の元にはこのようなご質問が受講者様から届きます。単純知識の積み重ねだけでは、合格できません。

合格には、『
読解のテクニック』や『法律用語の理解』が不可欠なのです!特に民法が苦手という人は、要注意です。

20万人以上の受験者が法律の意味を正しく理解できないまま、試験に挑んでいます。

また、自分の都合の良いように問題文や解説・回答を誤って解釈してしまっています。

なお、上記38条規定は、
宅地建物取引業者が自ら売主である場合の規定ですので、自ら売主ではなく、媒介、代理行為の時は、2割を超える損害賠償額の予定や違約金の定めも、売買取引当事者の合意があれば可能となります。

ここまで理解できていなければ、ひっかけ問題に対処できません。

設問内容が果たして誰と誰との間の、どのような法律取引なのかをきちんと見極めなければ、正解にたどり着けないのです。

ですが、心配する必要はありません。

一見、難しいようにも感じますが、良質な問題を数多く繰り返し解くことで、国語読解力や法律用語の理解も必ずできるようになります。

弊社の教材を使えば、短期間でそのテクニックが身に付きます!!


サンプルを是非、ご覧下さい!!


      

講座のお申し込み&価格確認はこちら


120年ぶりに民法が大改正!!  2022年試験も改正内容から出題予想!!



2020年4月に大規模な民法改正が実施され、過去の出題内容の中には、もはや新民法に適合しないものあります。

例えば、危険負担は
債権者主義が原則でしたが、2020年4月以後は債務者主義と、180度転換しました。債権者と債務者では真逆です。

「錯誤による無効」は「
錯誤による取消し」へと変更されました。

個人保証契約の締結も
説明義務等の厳しい条件が付されました。公正証書の作成と公証人への保証内容の口述が義務化されました。

連帯債務契約の他の連帯債務者の債権者による相殺援用は禁じられました。

第三者弁済の「利害関係」は「
正当な利益を有する者」に変更され、「時効の中断」は「時効の更新」に、「時効の停止」は「時効の完成猶予」に変わりました。

短期時効消滅期間は
5年10年20年に統一され、履行遅滞による法定利率は3%の変動利率制へと変わりました。

売主の瑕疵担保責任は、隠れた瑕疵に限定されなくなり、
履行追完減額請求権も可能に。また、時効更新や時効完成猶予に裁判上の請求は不要となりました。

請負人の瑕疵担保責任は従前より厳しくなっています。建築請負契約も契約内容不適合なら
契約解除が可能となりました。


上記以外にも細かい箇所がたくさん改正され、また新たな制度も付加されています。
配偶者居住権はその代表例です。

そして、成年年齢は20歳から18歳へと変わりました。婚姻可能年齢は男女共に18歳となりました。これにより成年擬制は廃止されました。

私たちの生活は留まりません。常に変わり続けています。法律も同様です。だからこそ、
合格を狙うなら絶対に
今すぐ開始すべきです!

今年ダメでも来年?

来年、合格できる保証はゼロです。むしろ、改正により勉強した中身が変わってしまうこともあります。

早期に開始することで、日常生活の中から試験に必要な関連情報が次々と視覚や聴覚を通じて入ってきます!!

あなたが意識しない情報は、目に入ってきません。

たとえば、新聞の折り込み広告に電気店のチラシが入っていたとします。パソコンが欲しい人は、パソコンの欄にしか目が行きません。

すぐ隣に掲載されていた冷蔵庫の写真など一切、目に飛び込んできませんし、記憶に残っていないはずです。

同じように宅地建物取引士の
勉強をしていない人には、新聞や雑誌、テレビ等で試験に有益な情報を解説していても、気づきません。

たとえば、・・・

『隣家の植木の枝が自分の土地に侵入してきても、それを隣人の同意なく勝手に切ったら違法なんです。それが根なら構わないません』

・・・と、テレビのコメンテーターが言ったとしても、それが宅地建物取引士試験に必要な情報だと知らなければ、完全もにスルーしてしまうはずです。(実際の試験に出題されています)

ですが、宅地建物取引士試験の勉強を既に開始している人は違います。

ふと耳から入ってくる言葉でも、
試験に関連している情報ならば、自然と意識がそっちへ向くのです。

その結果、ライバルよりも多くの情報を吸収でき、合格できる可能性は格段に高まります。

このような情報処理機能について、今は亡き流通ジャーナリストだった金子哲雄氏から、直接、教えていただきました。

  
  
  (金子哲雄氏)

つまり、

早く学習を終えた人は、そうでない人に比べ、試験日までの間に数倍、数十倍、数百倍の情報を吸収することができるのです。

その差が「
合否を分ける大きな差」となります!!

弊社教材をご購入されたお客様は、
他の教材は一切不要です。

合格に必要な資料はすべて揃っています。もし、追加で必要な資料が出てきた場合にも、無料でご提供致します。

弊社教材を完成しないうちに他の教材に手を出したら、失敗の原因となります。目的地に辿り着くための道程には、複数の選択肢があるでしょう。

たとえ、最短であっても、ひどい悪路に多くの時間を奪われるなら、回り道したほうが早く辿り着ける場合もあります。

ガイドを付けずに未知の領域に入り込んだら、二度と生還できない場合もあります。

弊社がご案内する道は、法知識ゼロの方でも、確実に短期間で合格に辿り着くための『
秘密の抜け道』です。

ですので、弊社のガイドを無視して脇道に入ることはおやめ下さい。
どんなご質問、疑問、不安にも丁寧にガイド致します。

講座のお申し込み&価格確認はこちら






昨年度の弊社受講者様の最高得点は何と44点!!


 
過去問の徹底分析こそが、合否の分水嶺!


さて、この
10年間にわたり100%出題されている項目が、26項目もあることは既にご案内いたしました。

最短合格を可能にするためには、中国の春秋戦国時代に生きた孫武の記した兵法『孫子』の次の言葉が端的に現しています。

彼を知り、己を知れば、百戦して殆うからず

敵の現状を知り、自分の能力をわきまえて戦えば、100回戦っても、負ける心配などない・・・という意味です。

宅地建物取引士試験はもう50年以上の歴史を有し、毎年、実施されています。

試験では宅地建物取引士として備えておかねばならない『
不動産に関連する専門知識』を有しているかどうかが試されているわけです。

もう
50年以上も実施されていますので、試される内容は全部わかっています!!それが何なのか知っていれば、誰だって短期合格できます。

これと、あれと、それとをご存じですか?試験で確認しますよ・・・

と、敵は過去問から教えてくれています。

もし、走り出す方向が、数センチずれただけで、永遠に合格のゴールテープは見えてきません!!

最初の一歩はとても大事です。

走っていく方向さえ間違わなければ、30点までは、あなたでも到達できるはずです。

しかし、ここから10点の上積みは、大きな壁!!

あなた自身の
試験適応能力が試されます!!

それは、
読解力注意力洞察力です。

生まれつき備わっている先天性のものもあれば、努力の積み重ねにより得ることができた
後天性のものもあります。

どんなに豊富な情報・知識を持っていても、
設問の求めていることが読み取れなければ、正解にたどり着けません。

自分の能力を早い段階で見極め、試験に向けて万全な準備を整えなければいけません。

独学ですと気持ちが折れて、投げ出したくなる時もあるでしょう。わからないと勉強は本当につまらないし、退屈なものです。

実際、能力差よりも
性格差合否に大きな影響を与えています。

モチベーション(動機付け)の弱い人は、学習習慣が身につかず、学習にムラやムダが生じます。

10分でも15分でも構いませんので、毎日、学習机に座ることがファーストステップです。

机に座り教材を開くことが日々の習慣として身につけば、8割方、成功したといえるでしょう。

毎年、大多数の人たちが不合格になっていますが、あなたは大多数の一員になりたいですか?

もちろん、答えはNo!のはずです。
合格者の側に入りたいはず。

仮に今回ダメでも、次回は知識の貯蓄があるから、必ず合格できると信じていますか?

実は、合格できなかった方達のほとんどが同じように考えています。

そして、次もその次も失敗を繰り返しています。

時間は平等ではありません。能力も平等ではありません。経験値も平等ではありません。ですが、試験で戦う土俵は同じです。

試験に
出題される箇所を中心に1時間勉強する人と、出題されない箇所を中心に1時間勉強する人とでは、同じ1時間でも、全く異なる1時間を過ごしたことになります。

勉強時間
は重要ではありません!!

1日、何時間勉強すれば良いですか?』と、ご質問される方がいらっしゃいます。

時間は学習の進捗具合によって大きな個人差があります。

1時間で5ページしか進まない人もいれば、1時間で10ページも進むことができる人がいます。

その差は倍。

優れた人は、ライバルと同じ時間で倍の知識を吸収でき、同じ範囲なら2分の1の時間でカバーできます。

学習スピードが速い人は、全科目の履修もライバルより早く終わりますので、その分、復習時間を多く確保できます。

知識脳への定着度復習回数に依りますので、学習スピードが速い人のほうが圧倒的に有利!!

よって、1日の勉強は、時間ではなく
履修範囲で決めるべきです。

科目ごとの学習完成日を先に決め、その日までに終えるためには、今日はどこまでの範囲を履修すべきかを決めて下さい!!

講座のお申し込み&価格確認はこちら

渡辺さんは、逆転勝利し、
再就職・独立にも大成功!


 
19日間あれば合格できますよ。」と言ったら、渡辺さんは軽く鼻で笑いました。

同じスポーツジムに通う渡辺さんは58歳(当時)。定年退職したら地元の埼玉で不動産業を始めるのが夢だと話してくれました。

最初は独学で1年、その後、宅建専門スクールに2年間通っていましたが、2年とも合格には10点以上も足らず不合格。

今まで教材やスクールに費やした費用は軽く20万円を超えると言いました。

そこまで「時間」と「お金」と「情熱」を注ぎ込んでいる人に対して、「宅建士試験なんて、19日間あれば合格できます」と言ったら、普通は怒り出しそうなものです。

ですが、「19日間」という、あまりに荒唐無稽な日数にどうやら、怒りも通り越して、笑うしかなかったみたいです。

私自身、この時点ではまだ、宅建士資格を持っていると告げていなかったので、多分、世の中を知らない自身過剰な青二才が、大ぼらを吹いている・・・くらいに思われていたのだと思います。

そこで、私は自分自身の経験を話しました。宅建士試験に短期合格するためには学習の「
工夫と戦略」が必要であることを教えてあげました。

「この試験では絶対に覚えなければいけない箇所とは別に、
全く覚える必要のない箇所もある」ことを話しました。

『効率的な暗記方法』や『覚えたことを長く記憶に留める方法』さらには試験問題を作成している
試験問題作成委員メンバーの顔ぶれなどにも注意を向ける必要があることなど、受験テクニックを詳細に説明しました。

徐々に渡辺さんの表情が変わっていくのが見て取れましたが、成功体験のない彼は、まだ半信半疑の表情で、

「今まで投資してきた金額に比べれば、ダマされたとしてもあきらめがつく額だし、じゃあ、やってみるか・・・」

と、自分自身に言い聞かせるような捨て台詞を吐いて、この教材の購入を決めてくれました。

試験まで残り2週間しかない頃でしたが、渡辺さんの場合、今まで培ってきた知識の貯金もありますから、2週間でも十分、間に合うと私は思っていました。

さて、それから数日後。
電話越しに渡辺さんが、興奮冷めやらぬ様子で、

「いや〜、信じられねえ!今日、試験後の解答速報で自己採点してみたら、42点も取れていたんですよ!!

試験1ヵ月前に受けた模擬試験では24点しか取れていなかったから、今年もダメかもって半ば諦めていたのに。

あのSPM問題集って、本当にすごい!マジですごいわあー。正直、この効果には心底、びっくりした!!」

と、大きな声でまくしたてました。

そして、うれしさが爆発した後、急にトーンダウンした声で、

「今まで、ずっと何を勉強してきたんだろって思っちゃったよ。随分、時間も金も使っちゃったし・・・」

と、悔しそうに放った言葉が、今でも忘れられません。

もちろん、個人能力差の多少はありますが、大抵の人は想像以上の短期間かつ高得点で合格に近づけるはずです。最少努力で最大効果を達成すことができます。

通常、あなたの「時間と財産」は反比例例します。
勉強期間が増えれば
すれば、投資すべき出費も増え、財産は減少します。

一方、財産減少を抑え、短期間で合格できれば、あなたの人生の選択肢は増え、財産を殖やせる可能性が膨らみます。つまり、

短期一発合格」こそが、あなたの貴重な時間と財産を守れる唯一の方法なのです。



超難問は、"捨てる”!
という勇気が合格をもたらす!




弊社問題集は、過去問を徹底分析し、試験で高得点を狙える構成になっています。

問題集の
正解率が95%以上に達した方の合格率は、実に約85%に達しています!!

問題集は1問1答方式を採用し、確実な知識を求めます。実際の試験問題は全50問の出題で、原則、各問四肢択一式です。

与えられた4つの肢から最も答えとして適切な肢を選択しますが、この場合でも、各肢すべてを読み、それぞれの肢につき正誤判断していることに変わりはありません。

日頃からこの訓練をすることに重要な意義が有ります。本番試験と同じ形式の四肢択一式問題集を利用して勉強していると、答えとなる肢に意識が向きがちになり、他の3肢への意識が希薄になります。

復習回数を重ねるごとにその傾向は顕著となります。

50年以上の歴史の中で、繰り返し同じテーマに基づき出題される宅地建物取引士試験では、他の3肢についてもちょっと文言を変更するだけで、『誤った肢』から『正しい肢』に簡単に変わることがあります。

その時、普段の学習から深読みできていなければ、
本番試験で迷いの原因となってしまうのです。

迷いは時間を奪います


2時間(120分)で大問50問、全200肢を読んで、解答しなければいけませんが、大問1問あたりにかけられる時間は
約2分24秒。1肢あたり36秒です。

各設問を読み、正誤判断を下すまでの時間が36秒しかありませんが、36秒もかけてしまえば、見直し時間は0ゼロとなります。

合格レベルに達しているほとんどの人が、1肢あたりの正誤判断を約25秒〜30秒以内に行っています。

そして、20分〜30分程度の見直し時間を確保しています。

1肢の正誤判断に1分以上かかれば、危険領域です。

試験テクニックとして、
捨てるべき問題もあることを知っておいて下さい。宅地建物取引士試験は大きく3つの難易度で構成されています。

50問中30問基礎知識からの出題です。絶対に落としてはいけません。基礎問題が全問正解でも合格点にはまだ届きません。

次の10問応用問題となります。基礎知識をベースに構成されています。そして、残りの10問超難問。ほとんどの人が解けません。

合格セオリーとしては、基礎問題30点+応用問題10点の合計40点を狙いに行きます。超難問の10問で足踏み状態は禁物です!!

正解できればラッキー、できなくて当たり前の問題に固執しすぎれば、タイムオーバーで敗北決定となります。

捨てる勇気も必要なのです!!

ですが、実際のところ、どの箇所が基礎で、どの箇所が応用で、どの箇所が超難問なのか、その見極めが難しいと思いませんか?

テキストを中心に勉強している人には、絶対にその
見極めるチカラが身につきません!!絶対に無理です。

テキストは自動車教習所の自動車教本と同じなのです。危険な走行例とか、標識一覧などが掲載されていますが、その教本を何度読み返したところで、運転技術は向上しません。

実際に自動車に乗車し、自分自身でハンドルを握って操作しない限り、運転技術は向上しないのです。

そして、宅地建物取引士試験で出題される内容は、踏切走行、車庫入れ、坂道発進、交差点右折、狭い路地でのすれ違いといった、実践的な技術力を試されるようなものなのです。

例えば、テキストでは「未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意が必要であり、同意無き行為は取り消すことができる」と記載しています。

では、

「未成年者の法律行為の相手方が、未成年者の法定代理人に追認有無を求めたのに、法定代理人が一定期間内に何も確答しない場合は、同意したものとみなされる。」

・・・と、出題された場合、正誤判断できますか?

テキストの知識だけでは判断できませんよね。

ちなみに答えは「間違い」が正解。

気になる方は、是非、民法第20条2項を確認してみてください。

追認有無の確認請求に対して、法定代理人が確答しない場合は、「追認したものとみなされる」が正解。

「同意したものとみなされる」は間違いです。

「追認」と「同意」では意味が異なります。

法律に長けていなければ見逃してしまうような一般用語の中に落とし穴が潜んでいるのが、宅建士試験なのです。

SPM問題集に掲載されていない内容は、捨てても良い問題です。

講座のお申し込み&価格確認はこちら



あなたの、たった1点が、  人生を変える1点になります!



2021年度教材をご利用いただいた受講者者から試験直前までに頂戴したご質問数は実に6,025通に達しました。

ご質問者の中には、法律の間違った解釈をしている方たちが大勢、いらっしゃいました。

文章の述べている意味が理解できないというご意見も多数寄せられました。

普段から法律に触れていない方にとって、
民法解釈は特に苦労を強いられます。法律用語の意味の理解が必要になります。

何気なく日常的に使っている「無効」や「取消し」も法律的には全く意味が異なります。些細なことでも、こまめに確認する姿勢が合格に欠かせない要素です。

弊社にご質問いただければ、もちろん、丁寧にわかるまで解説させていただきます。

それと同時にご自身でも一度、調べたことは、弊社教材の中に
コピーペーストしておくのがベストです。

受験者数20万人以上という数は、東京ドーム観覧席数の4倍以上の人数です!!東京ドーム4つ分が満席になる膨大な数なのです。

試験に向けて努力していない人はいません。ある程度の努力を重ねてきたからこそ、試験会場にわざわざやってくるわけです。

知識レベルが密集していますので、
1点差の中には場合によっては数千人、数万人が入ることがあります。

1点差で順位は数千番、数万番前後しますので、実は1点差での不合格は全然、
惜しい差ではないともいえます。

時に数万人の先に立ち、時に数万人の後に追いやられる
非常に大きな差なのです。

1点差で不合格になれば、更に大きな時間と金銭を失いかねないからです。

1点にこだわり、頻繁に質問を繰り返し、確認を怠らない方は、例外なく短期間で
合格されています。

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥

・・・どころの話ではありません。


一生後悔
し続けることも。

実際、合格はそんな遠くではなく、あなたが手を伸ばせば、簡単に掴めるところにあります。

弊社教材をご利用いただければ、身近に合格の感覚を実感いただけるはずです!!



超短期・超速学習の決定版  Iノートテキスト&SPM問題集



宅地建物取引士合格教材『Iノートテキスト』と『SPM問題』は、マイクロソフト(Microsoft)社のWordとExcelで作成されています。

『宅地建物取引士試験合格』だけを目的に作成された特別教材です。

WordとExcel搭載のパソコン、タブレット、スマートフォンをお持ちの方にご利用いただくことができます。

または、Word やExcelの互換ソフト搭載の端末でもご利用いただけます。(互換では一部機能が使えない場合あり)

  
     

ダウンロード商品または、ダウンロード商品と同一ファイルを収録したCD郵送商品のどちらかをご選択いただけます。

ダウンロードご希望のお客様には、お申し込みフォーム記載のお客様メールアドレス充てに弊社よりダウンロード専用ページ(URL)のご案内を差し上げます。

お手元のパソコン等からダウンロードページにアクセスし、直接、お使いのパソコン等へ教材をダウンロード致します。

弊社の営業時間内のお申し込みにつきましては、その日からご利用いただくことが可能です。

もちろん、メールサポート(無料:回数無制限)も同日よりご利用いただけます。

教材は、テキスト(PDF.Word)+問題集(Excel)+音声解説+その他条文・関連資料類+メールサポートから構成されています。

  
  

テキストとしてWordの原本資料をお渡しするのは、弊社のみです。

Wordテキストは検索機能がありますので、調べたい語句を瞬時に見つけ出すことができます。

また、編集が自由ですので、加筆したり、消去したり、太字、サイズ変更、文字色変更、調べたことをコピーペーストすることもできます。

自分だけのオリジナルテキストを簡単に作成できるのです!
苦手な箇所にマーキング等して、弱点強化が容易に可能です。

 


Excel問題集は、たくさんの合格者を誕生させてきた実績のある問題集です。1問1答式で設問ごとに正誤判断を下していきます。

設問内容が「正しい」と判断した時は、解答欄に「1」を入力します。「間違っている」と判断した時は、解答欄に「2」を入力します。

 




あなたの判断が
正しい場合は「」が、間違っている場合は「×」が瞬時に表示されます。紙媒体のテキストのように、逐一、正誤を自分で確かめる必要はありません!!

知識定着には
記憶力が必要です。その記憶力を高めるには集中力が必要なのです。

正誤を確かめるための作業は、集中力を中断させてしまいます。

SPM問題集は、すべて自動に正誤判断表示されるので、集中力が途切れません。また、各設問の解説が設問の両脇セルに入っています。

・設問⇒・解説⇒・解答⇒・正誤判断が、すべて横一列で並んでいるため、それぞれのリンク性が強まり、記憶期間が持続します。

資格試験勉強において最も重要なのは、『
覚えること』と『忘れないこと』の2つです。

せっかく覚えても、忘れてしまったら、意味がありません。覚えた先から忘れていったら、知識量は一向に増えません。知識量や情報量が合否を分ける試験だということを忘れてはいけないのです。

SPM問題集は、
最も効率的に記憶力を高める配慮がなされています。

また、失敗者の多くに共通している事は、既に理解できている問題につき、何度も復習をしてしまうことです。これほど、無駄な時間の使い方はありません!!

不安から来る行動ですが、総合点を伸ばすためには、
知らない知識を減らす努力が何より重要です。

SPM問題集は
連続3回正解できた問題については、解答欄が黒く塗り潰され、強制的に不要な解答をさせないよう設定されています。

SPM問題集はExcelファイルで作成されています。使用開始前にファイルコピーをとっておけば、何度でも新しい問題集ファイルをコピーして利用することができます。

紙媒体の教材ではペン等で書き込みしたら、もう、使用できません。SPM問題集は復習にも配慮した問題集なのです。

もちろん、Wordテキスト同様に検索機能も付いていますので、調べたい箇所へ瞬時にジャンプできます。

また、編集機能も豊富。自由に編集加工ができます。

テキストも問題集もファイルコピーができますので、自宅や会社等の複数の端末でご利用可能です。

パソコン等さえあれば、日本国内のみならず、海外でも、ネットカフェでもご利用いただけます。

講座のお申し込み&価格確認はこちら

サンプルを是非、ご覧下さい!!


      



試験に出題される箇所は  既に決まっています!



既に50年以上の歴史を有する試験ですので、問題は出尽くしています。必要なのは「膨大な量の知識」ではありません。

試験で問われるテーマに対する知識」です。

つまり、量より
学ぶ質が大事なのです。

<高額教材を購入しなければ合格できないのではないか?>

<資格スクールに通わなければ合格できないのではないか?>

などと、心配する必要は全くありません。

講師の井真井は、元進学予備校の講師です。年間1,000時間以上教壇に立ち、受験生を難関試験に多数合格させてきました。

正に試験分析と攻略のプロです。

その井真井が
自らの資格取得のために制作したのが、IノートSPM問題集です。合格のエッセンスがたっぷり詰まっています。



5万人以上が試験会場に来ない! あなたは受験料8,200円を ドブに捨てられますか?



日本では労働者の6人に1人が不動産に関わる仕事に就いています。

『住』は生活の基礎。無くてはならないものであり、おそらく生涯で最大の買い物です。

ですが、・・・

失敗が許されない買い物で失敗してしまった人が世の中には、たくさんいます。災害エリア等の立地的失敗、建築基準法違反による技術的失敗など、枚挙にいとまが有りません。

土地や建物には全く問題がなかったのに、住んでみたら空港や基地への飛行ルート真下に位置し、1日中、飛行機の騒音に悩まされることになったり、

近所にある牧場やゴミ処理場等からの異臭に悩まされたりと、リスクはいたるところに転がっています。

水害や液状化現象などは、社会問題となっています。

コミュニケーションが乏しくなりつつある昨今、近所間のトラブルも頻発しています。

分譲マンションなどの共同住居では、年に1回以上の総会を開催し、共通ルール(規約)を定めトラブルの未然防止に務めています。

やっかいな隣人と人生を共にするのは大きなストレスです。

田舎に憧れて引っ越したものの、その地域独自の慣習や村社会になじめず村八分にあうことだってあります。

『住』は幸せや寿命に大きな影響を与えます!

しかし、一般の方の『住』に関する専門的な法律知識は十分だとは言えません。

民法、借地借家法、区分所有法、不動産登記法、品質確保法、住宅瑕疵担保履行法、宅地建物取引業法などの法整備により、国民保護をはかっても尚、

幸せをもたらす住』を掴めない人達が大勢います。

その理由は明白。

どんなに素晴らしい法律を整備していても、その内容を知らない人が圧倒多数存在するだからです。

民法を読んだことも、見たこともない人のほうが多いことでしょう。

法治国家で生きる限り、私達の毎日は法律によってコントロールされています。私達の身近にある『住』に関する法律を学んでおかなければ、痛い目に遭うこともあります。

そこで、私も十数年前にこの資格を取得することを決断しました。

進学塾講師の経験を活かし、過去問題を分析し、必要箇所を区分けして、効率良く短期間で合格できるように生み出したのが、

Iノートテキスト』と『SPMです。

仕事に追われ十分な学習時間を確保することが困難な状況でしたが、1日2時間から3時間、休みの日は5時間から8時間程度を使い、

たった19日間で一発合格することができました。

何故、19日間だったのか?それは、たまたま勉強を始めたのが、試験日19日前からだったというだけの理由です。

願書を提出したものの、忙しさにかまけ、放置したままだったのです。さすがに10月に入って危機感を感じ、勉強を始めました。

諦める気持ちは全くありませんでした。受験料として、7,000円
(当時)も支払ったのですから。

今、受験料は
8,200円に上がりました。

時給1,000円のアルバイトなら、ほぼ1日の労働賃金です。

結構な大金だと思いますが、毎年、5万人以上が試験会場にやってきません。

毎年、5万人以上×8,200円=
4億1千万円以上

・・・が、
ドブに捨てられているのと同じような状況なのです。

あなたは、自分が汗水垂らして稼いだ8,200円をドブに捨てられますか?

本当に必要な箇所を絞り込んでいけば、1ヵ月程度でも合格が可能なのに、それを知らずに市販の分厚いテキストを見てしまうので、諦めの気持ちに負けてしまうのです。

弊社教材をご利用された多くの方が1ヵ月〜3ヵ月程度の学習期間で合格されています。

6ヵ月以上の期間を有した方の多くが、40点以上で合格ています。

知識・情報の刷り込み時間とその記憶定着時間には個人差がありますので、記憶力に自信がない方は、ある程度の復習回数期間を持たれたほうが良いでしょう。

それでも利用した受講者の方達は、他の市販教材より
遙かに短期高得点によって合格しています。

日本で生活している以上、民法規定に基づき私たちは生活を送っています。

そのため、『一般常識』だと言われる中に民法規定が既に含まれていることも多いのです。

かしこまって勉強などしなくても、あなたが知っている民法規定がたくさんあります。

宅地建物取引士試験は、勉強などしなくても、
常識的に考えれば正解できる問題が、いくつもあるのです!!

講座のお申し込み&価格確認はこちら



合格者は全員、戦い方を知っている!  権利関係科目が合否の試金石!!



宅地建物取引士試験は、主に4つの科目から出題されます。

@ 
権利関係(民法、借地借家、区分、不動産登記等)
A 
宅地建物取引業法
B 
法令上の制限(都市計画、建築基準、農地等)
C 
税その他(統計、建物や土地に関して)

出題数は以下のとおりです。



ダメな勉強法は、これら4つの科目に均等な学習時間を配分しようとすることです。

科目に応じ出題数や問題占有率が異なるのですから、優先順位をつけなければいけません!

まず、絶対に必要な科目は
宅地建物取引業法です。

この科目は単独の法律で20問も出題されます。

極論かもしれませんが、宅地建物業法条文を覚えてしまえば、満点を取ることが可能です。20問中
17問以上の正解が必須です。

次に重要なのが権利関係。14問中
10問以上の正解が求められます。

この2科目合計で
27点以上取得できたら、90%以上の確率で合格が見えてきます。

他の科目は残り16問ありますが、
11問正解で合計38点に達します。過去最高だった2020年試験の最低合格基準点「38点」をクリアできる点数です。

『法令上の制限』科目は、年度によっては超難問が出題されるため、期待通りの点数が取れない危険をはらみますが、
権利関係宅建業法の正解率が高ければ、合格できる可能性は高まります。

超難問は他のライバル達も正解できないので、差が生じないからです。


合否を決めるのは
権利関係宅建業法


これを知らなければ、合格できません!!

特に
権利関係最重要科目です。

この科目こそがライバルを引き離すためのキーストーン(要石)です。つまり、相対評価試験を制する最重要の鍵。

宅建業法は単純暗記科目のため、ライバルに差をつけるのは困難です。時間さえかければ、誰でも高得点を取ることができる科目だからです。

むしろ、
デキて当たり前。デキないのは論外。

一方、権利関係はいくつもの法律が絡み合い、毎回、異なる具体例や判例等が出題されます。登場人物の相関関係を正確に読み取り、適切な条文規定に基づき正解を導き出さなければいけません。

権利関係を苦手とする受験者が圧倒的に多いのが現状です。

裏を返せば、権利関係が得意なら、ライバルに大きな差をつけることができるということです!!独学でカバーできるのはごく少数。

合格者は、
権利関係に最もチカラと時間を注いでいるのです。

権利関係から逃げたら、合格は絶対に掴めません!!

弊社SPM問題集を試験年度の
9月までに正解率100%状態にもっていければ、100%に近い確率で合格できるはずです。




Iノートテキスト  SPM問題集とは



マイクロソフト社のOffice(Word、Excelソフト)で作成されている弊社教材は、Office1997年以後のバージョン搭載のパソコン等でご利用いただくことが可能です。

勉強する上での難しい操作は一切ありません。どなたでも簡単にご利用いただくことができます。

せっかく、宅建士資格を取得されてもパソコンが使えない人は、その知識を活かした業務に就き、収益に結びつけることは極めて困難です。

顧客との取引成立前から、重要事項の説明書類等の作成・交付が必要となりますが、今の時代、手書き書類はありえません!

パソコンで作成されたきれいな文書で交付しなければ、顧客に不信感を抱かれます。

もし、今まで一度もWordを使用されたことが無い方は、これを機会に操作方法も覚えていただくのが良いでしょう。

弊社教材は、市販書籍とその内容において異なります。

15年以上の過去問を徹底分析し、頻出テーマと出題傾向を捉え、
合格というたった1つの目的のみに特化したものとなります。

市販の参考書籍の場合は、500ページ以上のものがほとんですが、弊社教材の場合、テキストは4科目合計で
222ページしかありません。

試験に不要な箇所は完全カットし、点数に直接、結びつく重要箇所のみを掲載しています。

分量が少ないため、復習に早く取りかかることができ、復習回数を多く確保することで最重要箇所の
知識の定着が期待できます。

 


分厚いテキストは未消化のまま終わる可能性が高くなります。終わりが見えないと、人のモチベーションは上がりません。

また、情報過多により本当に大事な箇所が見えてきません。

掲載情報量が膨大な参考書籍に限って『的中』という言葉を使いたがりますが、あらかじめ試験機関(不動産適正取引推進機構)サイトには以下のように出題内容等が掲載されていますので、的中は当たり前の話なのです。





マイナー情報にまで時間を費やしていたら、短期間合格は難しくなります。

時間は有限です。そして、使える時間は人によって異なります。

最少努力で最大効果を期待するなら、出題される箇所のみに的を絞ってピンポイントで矢を放つ(=攻略)べきです!!

宅地建物取引士の主な業務は
コンサルタントです。

試験では、顧客の要望を正確に読み取り、適切なアドバイス(回答)を選択できる能力を有しているか、試されます。

その人の
資質もチェックされています。そのため、国語読解能力を判断できるような問題が中心になっているのです。

単純な知識・情報の暗記だけでは合格できない仕組みになっているのです。しかし、その能力も訓練次第で身につけることができます。



生涯現役時代の到来は確実!  誰でも専門資格を1つは持つべき



継続雇用年齢が65歳に引き上げられ、今、再び70歳への引き上げが努力義務化されました。

65歳以上の45%、70歳以上の14%が労働者です。

2019年には戦後初めて出生率が90万人を割りました。2021年は85万人を割り込み、連続6年の減少。過去最低の出生数でした。

現在の高齢者の年金は若年層の賃金から控除される年金保険料で賄われています。

日本の年金制度は賦課方式ですが、若年者人口の減少により今後、高齢者の年金を支えられなくなる時代がやってきます。

近い将来、年金支給額は現在より30%〜40%ほど削られると言われています。月15万円程度が平均になると言われています。

2022年10月から75歳以上の医療費自己負担額も現行の1割から2割へと引き上げられます。

もはや、生きている限り、働き続けなければ生きることも医者にかかることもできない時代が、やって来たのです!!

専門知識を武器にできれば、将来、頭脳で収入を得ることができます。他人より秀でた専門知識があなたの未来の救いとなります。

宅地建物取引士資格は、正に
使える国家資格です。将来の生活の担保として、取得する価値ある資格です!!

弊社は通信教材の中では、
業界最安値合格に必要な情報を皆様にご提供しています。

売ったら終わり・・・ではありません。

マンツーマン式のメールサポート付きですので、高額な資格スクールへ通うのと同じ効果が得られます。

弊社が安価で教材を提供できるのには、いくつかの理由があります。

1・建物維持管理費用がかからないから
2・講師等の人件費がかからないから
3・電子教材のため在庫リスクが無いから
4・多くの人に気軽に挑戦して欲しいから
5・他社より安価で合格させたいから


通常、通学スクールでは、教室の維持管理に莫大な費用がかかります。それらの費用はすべて受講者の教材費に転嫁されています。だから、高額なのです。

弊社では井真井が責任をもって皆様を指導しております。講師の外注はしておりません。

井真井は大手進学予備校の講師経験のある『合格請負人』です。知識だけを教えるだけではなく、合格勉強法もご指導いたします。

また、この教材はマイクロソフトの
Excel(エクセル)とWord(ワード)ソフトを利用した教材です。

紙媒体ではありません。今はデジタルの時代です。

かつては、1ヵ月、半年、数年かかっていた業務が今では、たった1秒、1時間、1日で処理できる時代です。

いつまでもアナログにしがみついていたら、時代の波に溺れます!

パソコンを使えない人は、今後、稼ぐこともできません!!

日本では専門知識が無いために、業者にダマされる人達が後を絶ちません。不動産は人生最大の買い物。これに失敗すると地獄です。

日本人は『法律』というと身構えてしまいがちですが、私達は毎日、法律によって定められたルールの中で、無意識にも規律を守りながら、日常生活を送っています。

是非、
多くの方達に法律を学ぶ機会を持って頂きたいです。

他のどの受験生よりも、
少ない自己投資価値ある合格証(資格)を手に入れることができるのが、弊社の提案する勉強法です。

弊社教材を使い、たった1万円程度で合格証を手に入れた方が既に
数千人規模で誕生しています!!

もちろん、金銭と時間に余裕がある人は、高額教材や高額スクールを選択いただいても構いません。


この教材は以下のような方に適しています。

・十分な学習時間の確保が困難な方

・不動産業の開業を目指している方

・不動産投資に興味のある方

・就職等の武器いしたい方

・パソコン等の基本操作ができる方

・将来担保としての専門知識が欲しい方

・勉強に高額投資できない方

この教材の最たる特徴は、『
スピード』にあります。

なるべく早いスピードで学習を完了してください。速読、速解、速答を意識的に行って下さい。

学習スピードを上げることで、
集中力記憶力も身につきます。

この講座におきましては、最初にご購入いただきました代金以外の追加費用は一切かかりません。

この
教材以外の他社教材は一切不要です。


令和4年の合格を掴むのは、”あなた”!!
合格のチャンスは目の前にあります!!



 ご購入は、下記の“お申し込みはこちら”    と書かれた文字を1クリックしてください。

※ コースは全部で3種類ご用意しております。
※ テキスト、基礎問題(1問1答1,600問)は各コース共通。
※ 問題集の数に応じて価格が異なります。
※ CD郵送商品は下記価格に別途800円がかかります。
   

コース名  実践問題
(1問1答式) 
過去問
(四肢択一式) 
価格 
(ダウンロード)
 1  HFS  1,400問  350問  16,980円
 2  FS  1,000問  250問  14,980円
 3  BS  0問  0問  12,980円

                 
 
 
宅地建物取引士試験 超短期合格講座

40点以上
を狙う人のためのフルコース
実践問題・過去問題SPM付
絶対、お勧めの超特価プラン












(電子書籍になります)


希望販売価格:65,800(税込)を今だけ特価


<ダウンロード商品>
16,980 (税別)


特別価格は
2022年8月19日(金)まで
※上記期間経過後は予告なく、価格改定致します。

 
※こちらの商品はダウンロード専用ページからダウンロードいただくものです。紙媒体の書籍等ではございません。

全ての学習につき、パソコン等の端末(Word、Excelソフトまたは互換ソフト)を使って学習いただきます。

※上記金額は早期申込者期間限定の
期間限定申込の特別価格となります。

この金額でのご提供は上記の期間までとさせていただきます。期間経過後は予告なく価格変更させていただく場合がございます。ご了承下さい。


  【合格資料全てセットのスペシャル特別教材】

1:Word&PDFテキスト(法改正対応)
2:テキスト内容詳細解説音声ファイル(約6時間20分)
3:Excel基礎問題集
  (ポイント箇所下線付&各問詳細解説付1,600問)
4:
Excel実践問題集
 <過去問20年分から厳選>

  
(ライバルと大差をつけるための全1,400問)
5:
Excel直近5年全7回の過去問
  (本番形式と同じ四肢択一式350問)

更に!!
只今、ご購入の方全員に下記の特典無料進呈!!

1:出題問題率統計資料
2:
19日間合格スケジュール
3:
試験日2週間前計画表
4:
最新法改正・統計資料(2022年9月お渡し)
5:原則
2022年10月試験直前までのメールサポート
※12月受験者は12月試験直前までのメールサポート


 【取扱金融機関等】

 ※XPパソコン以前のOSバージョンをご利用いただいているお客様の中には、パソコン本体のRAMメモリが不足しており当事務所教材を完全ダウンロードできない方がいらっしゃいます。

その場合は、当方でCD1枚にダウンロードと同じ内容を納めて発送させていただきます。ダウンロードが面倒、または不安という方も是非、こちらをご利用くださいませ。尚、ダウンロード(DL)教材と内容は全く同じです。

  

CD発送手数料(800円)が別途必要
<CD郵送商品ご希望の人はこちら>

17,780 (税別)


特別価格は2022年8月19日(金)まで
※上記期間経過後は予告無く、価格改定致します。




 ご注意
こちらの教材には、重要基礎問題集(1,600問)の他に、難解な長文問題や近年の出題傾向に対処するための実践問題集過去問題集がセットされています。

毎年、変動する合格最低基準点に翻弄されることなく、余裕のハイスコアで合格したい人に向けた最強セットです。数多くの異なるパターンの問題に触れることで本当の実力が、身につきます。




当該教材は専用ホームページより試験に必要な各科目をお客様のパソコンへ直接
ダウンロードしていただく商品になります(CD郵送もあり)。

簡単操作で学習いただけます。Windows,Macパソコンにエクセル、ワードソフトがパソコンに入っていれば、ご利用いただけます。

動作環境
Microsoft Word 、Excelともに2003,2007,2010,2013,2016,2019,2021または互換ソフト、
CPU:Intelプロセッサー、OS:Microsoft XP,Vista,Windows7,8,10,11 Mac PC
メモリ(2GB以上)/HDD(1GB以上)推奨

ダウンロードファイルサイズ合計611MB、ダウンロード時間6分〜20分程度


当事務所が令和3年度試験で受講者様から受けたご質問総数、なんと!!

 5,000通超         

このサポートシステムこそが、あなたを
合格へと導きます!!




                    
 
 
宅地建物取引士試験 超短期合格講座
短期一発最短合格を狙える驚速コース










(電子書籍になります)


希望販売価格:62,800(税込)を今だけ、


<ダウンロード商品>
14,980 (税別)



特別価格は2022年8月19日(金)
まで
※上記期間経過後は予告無く、価格改定致します。

 
※こちらの商品はダウンロード専用ページからダウンロードいただくものです。紙媒体の書籍等ではございません。

全ての学習につき、パソコン等の端末(Word、Excelソフトまたは互換ソフト)を使って学習いただきます。

※上記金額は期間限定の
期間限定申込の特別価格となります。

この金額でのご提供は上記の期間までとさせていただきます。期間経過後は予告なく価格変更させていただく場合がございます。ご了承下さい。



【教材内容】

1:Word&PDFテキスト(法改正対応)
2:テキスト内容詳細解説音声ファイル(約6時間20分)
3:Excel
基礎問題集【1問1答式】
 (ポイント個所下付&各問詳細解説付1,600問)
4:Excel
実践問題集【1問1答式】
 (ライバルに差をつける全1,000問)
5:Excel直近
過去問5回【四肢択一式】
 (最新出題傾向を知り対策強化)

更に!!
只今、ご購入の方全員に下記の特典無料進呈!!

1:出題問題率統計資料
2:
19日間合格スケジュール
3:
試験日2週間前計画表
4:
最新法改正・統計資料(2022年9月お渡し)
5:原則
2022年10月試験直前までのメールサポート
※12月受験者は12月試験直前までのメールサポート

 【取扱金融機関等】

 ※XPパソコン以前のOSバージョンをご利用いただいているお客様の中には、パソコン本体のRAMメモリが不足しており当事務所教材を完全ダウンロードできない方がいらっしゃいます。

その場合は、当方でCD1枚にダウンロードと同じ内容を納めて発送させていただきます。ダウンロードが面倒、または不安という方も是非、こちらをご利用くださいませ。尚、ダウンロード(DL)教材と内容は全く同じです。

  

CD発送手数料(800円)が別途必要
<CD郵送商品ご希望の人はこちら>

15,780 (税別)


特別価格は
2022年8月19日(金まで
※上記期間経過後は予告無く、価格改定致します。




 ご注意
こちらの教材は、重要基礎問題集(1,600問)のみとなります。

毎年、変動する合格最低基準点に翻弄されることなく、余裕のハイスコアで合格したい人に向けた最強セットです。数多くの異なるパターンの問題に触れることで本当の実力が、身につきます。




当該教材は専用ホームページより試験に必要な各科目をお客様のパソコンへ直接
ダウンロードしていただく商品になります(CD郵送もあり)。

簡単操作で学習いただけます。Windows,Macパソコンにエクセル、ワードソフトがパソコンに入っていれば、ご利用いただけます。

動作環境
Microsoft Word 、Excelともに2003,2007,2010,2013,2016,2019,2021または互換ソフト、
CPU:Intelプロセッサー、OS:Microsoft XP,Vista,Windows7,8,10,11Mac PC
メモリ(2GB以上)/HDD(1GB以上)推奨

ダウンロードファイルサイズ合計580MB、ダウンロード時間6分〜20分程度


当事務所が令和3年度試験で受講者様から受けたご質問総数、なんと!!

 5,000通超         

このサポートシステムこそが、あなたを
合格へと導きます!!




                   
 
 
宅地建物取引士試験 超短期合格講座
19日間で合格圏内を目指す徹底基礎コース










(電子書籍になります)


希望販売価格:58,000(税込)を今だけ、


<ダウンロード商品>
12,980 (税別)



特別価格は2022年8月19日(金)
まで
※上記期間経過後は予告無く、価格改定致します。

 
※こちらの商品はダウンロード専用ページからダウンロードいただくものです。紙媒体の書籍等ではございません。

全ての学習につき、パソコン等の端末(Word、Excelソフトまたは互換ソフト)を使って学習いただきます。

※上記金額は期間限定の
期間限定申込の特別価格となります。

この金額でのご提供は上記の期間までとさせていただきます。期間経過後は予告なく価格変更させていただく場合がございます。ご了承下さい。


【教材内容】

1:Word&PDFテキスト(法改正対応)
2:テキスト内容詳細解説音声ファイル(約6時間20分)
3:Excel基礎問題集
  (ポイント箇所下線付&各問詳細解説付1,600問)

更に!!
只今、ご購入の方全員に下記の特典無料進呈!!

1:出題問題率統計資料
2:
19日間合格スケジュール
3:
試験日2週間前計画表
4:
最新法改正・統計資料(2022年9月お渡し)
5:原則
2022年10月試験直前までのメールサポート
※12月受験者は12月試験直前までのメールサポート

 【取扱金融機関等】

 ※XPパソコン以前のOSバージョンをご利用いただいているお客様の中には、パソコン本体のRAMメモリが不足しており当事務所教材を完全ダウンロードできない方がいらっしゃいます。

その場合は、当方でCD1枚にダウンロードと同じ内容を納めて発送させていただきます。ダウンロードが面倒、または不安という方も是非、こちらをご利用くださいませ。尚、ダウンロード(DL)教材と内容は全く同じです。

  

CD発送手数料(800円)が別途必要
<CD郵送商品ご希望の人はこちら>

13,780 (税別)


特別価格は
2022年8月19日(金まで
※上記期間経過後は予告無く、価格改定致します。




 ご注意
こちらの教材は、重要基礎問題集(1,600問)のみとなります。

毎年、試験に頻出する基本知識を徹底的に履修することで、応用問題にも対処できる実力が短期間で身に付けることができます。十分な学習時間を確保できない方に向いている教材です。



当該教材は専用ホームページより試験に必要な各科目をお客様のパソコンへ直接
ダウンロードしていただく商品になります(CD郵送もあり)。

簡単操作で学習いただけます。Windows,Macパソコンにエクセル、ワードソフトがパソコンに入っていれば、ご利用いただけます。

動作環境
Microsoft Word 、Excelともに2003,2007,2010,2013,2016,2019,2021または互換ソフト、
CPU:Intelプロセッサー、OS:Microsoft XP,Vista,Windows7,8,10,11Mac PC
メモリ(2GB以上)/HDD(1GB以上)推奨

ダウンロードファイルサイズ合計580MB、ダウンロード時間6分〜20分程度


当事務所が令和3年度試験で受講者様から受けたご質問総数、なんと!!

 5,000通超         

このサポートシステムこそが、あなたを
合格へと導きます!!





合格できずに悩まれている方は、 その悩みから、すぐ解放されます!




   戦術的学習と行動力が合格の絶対条件


今も昔も、宅地建物取引士試験は、数ある国家資格試験の中でダントツに人気のある資格であり、社会から求められている資格でもあります。

そのため多くの人たちが、競って高額な費用の通信教材やスクール等を利用し、合格を求めています。

そんな必死な状況の中で、たった19日間の独学で合格なんてできるはずない!と、思うことでしょう。

しかし、短期間で効率的に合格できる方法が世の中には存在します。実際、私を含め、多くの受講者が19日間〜3ヵ月程度で合格しています。

過去には14日で合格された法律初学者の方もいらっしゃいました。

努力していないわけではありませんが、何故、こんな短期間で苦労もせず一発合格できたのかといえば、出題される箇所を知っていたからです。

出題問題は過去の統計データーから予測可能だったからです。

ちょっと、思い出してみてください。あなたも昔、小学生や中学生の時にテストで80点、90点、100点を取ったことはありますよね?

授業で習った箇所からしか出題されない期末テストでは、出題範囲が限定されていますので、勉強をサボらなければ、誰でも90点や100点が簡単に取れるのです。

小中学校の成績は、頭の善し悪し以前に、気質や性格が大きく影響しています。真面目にコツコツ勉強できる性格をもっていれば、上位優等生になれる確率は極めて高いといえます。

宅建試験は正にこのような類の試験です。

頭の善し悪しは、さほど関係無く、出題箇所をまじめに勉強すれば簡単に短期間で合格することができます。

もし、「この試験は難しい」という先入観をお持ちなら、あなたは可愛そうな人です。その先入観がメンタルブロックとなり、知識がスムーズに脳に入ってこないからです。

サッカー選手が「俺はダメな選手なんだ。ゴールなんて絶対に決められない」と思いながら、PKに挑んだら、ゴールの的を外す可能性が高くなります。

思考は現実化するからです。

あなたに、はっきりと教えてあげます!

宅地建物取引士試験は、方向性を間違わなければ、難しい試験ではありません。試験原理を十分、理解できている人なら、簡単に取得できます。

要するに、「合格するためには何を学習すべきなのか」さえ、わかっていれば十分なのです。あとは、その箇所を徹底履修して頭に叩き込むだけ。

実際に試験で出題された問題を分析・検証することで学習ポイントが見えてきます。

日本人は世界から見ますと、
比類無き保守的人種です。何らかの社会コミュニティに依存しなければ、アイデンティティーを見いだせない性格を持っています。

先人の敷いたレールからはずれ、自ら独自のレールを敷こうとする勇気ある者はあまり、いません。

就職活動に失敗すれば、引きこもります。非正規社員で給料が少ないと嘆きます。結局、他の誰かからお金をもらうことしか考えていません。

生きるための金銭は、会社からしかもらえないと思い込んでいます。

ですが、宅地建物取引士資格は独立開業のチャンスをもたらします。
自分の力で富を生み出すツールになります。

弊社の教材を使い、資格をとって、独立開業された方もたくさん、いらっしゃいます。既に数千万円の売上げ実績を有する人もいます。

しかし、このように自分で道を切り拓こうとする人は多くありません。多くの人が平凡、無難という言葉を嫌いながら、平凡、無難な道に浸かっています。

それは、
試験問題を作成する委員会の先生方も同じです。宅地建物取引士の業務範囲が限られているということもありますが、過去の委員会メンバーが作成した問題をベースに試験問題を作成しています。

彼らは冒険を一切しません。

つまり、過去問を踏襲して出題しているだけなのです。

仮に今までと全く内容や趣向を変えた問題を作成し、合格最低基準点が30点を割るようなことになったら、世間のバッシングにされるでしょう。

宅建士試験の人気が下がり、貴重な運営財源である受験料が減少してしまうかもしれません。そんなリスクを背負う理由が、どこにありますか?

あなたが問題作成者だったら、そんな事態は避たいと思うはずです。

また、問題作成者は過去の合格者の知識レベルとの差を広げないためにも、過去の出題レベルと同レベルの難易度を維持しようと考えます。

それは言い換えれば、宅地建物取引士業務に絶対必要とされる知識を中心に作成しようと考えているということです。

さて、

あなたの勉強法は合格に一直線に向かった方法ですか?

あなたの行く先には、あなたの望むゴールが存在していますか?

あっちの山を越え、こっちの川を渡り、あたりの泥道に足を取られているようですと、時間内にゴールテープを切れなくなります。

寄り道、回り道はあなたの貴重な時間を奪い去ります。

IノートテキストとSPM問題集は、最短ルートであなたを合格へと導く最新型ナビゲーションです。

あなたを最短で「合格」の扉の前までお連れ致します!

現在、生産力(労働力)人口は、約6,000万人。そのうち、約1,000万人(6人に1人)が不動産・建築関連のお仕事に就いています。

建築・不動産は日本経済の屋台骨なのです。




上記の情報を見れば、不動産業勤務者の受験者数は全体の4分の1にもかかわらず、
合格者の約3分の1を占めているのがわかります。

一般受験者の中には、不動産業務経験者も多数含まれることから、異業種の初学者が独学により一発合格するのは困難です。

毎年、上位15%〜17%以外は不合格になります。1点不足でも負けは負け。再度、勝負して勝つしかありませんが、負け癖がつくと勝てなくなります。

人生は長いようで短いものです。勉強時間に何年、何十年かけたところで、その時間は何の富も生みません。生産性はゼロです。

勉強時間からは1円の富も生じないのです。誰の役にも立っていないからです。資本主義経済の根幹は付加価値の提供による対価の受理です。

勉強中は、時間と財産が減っていくのみです。合格できなければ周囲の人たちからの期待や応援も徐々に失われ、それが続けば「ダメな人」というレッテルが貼られます。

オトナになってからの努力は、必ず
結果が求められます。

結果が評価対象のすべてです。自分に不足しているものを補うために頑張るのは、当たり前のことです。できない言い訳を並べて、満足しているのは本人だけです。

誰かのための勉強ではありません。自分のための勉強です。

ですが、
周囲の人、家族を巻き込んでいるなら、結果を早く出すべきです!。

井真井academyは、あなたの努力を結果に結びつかせます。

何かを成し遂げようと思い立ってから、5秒以内に行動に移せない人は、何をやっても大成しません。もし、この資格が欲しいと思ったなら、今すぐ始めて下さい!!

行動(アクション)こそが、唯一、あなたを成功に導く乗り物なのです!!





    合格者の皆様からのお便り
発売以来毎年合格者多数!宅建士活躍者も多数!




貴講座のおかげでなんとか合格することができました。ただし、合格最低基準点35点に対し、36点とギリギリでしたが。

他社(フォー○○)講座で7月からスタートし、貴講座の問題(基礎1600問)を9月12日から着手し、10月7日までの間、取り組みました。

特に記憶に留める為には、繰り返しが重要という点には説得力があり、3回までとはいきませんでしたが、日に2回は繰り返し、間違えた問題についても身につきました。

本講座を知ったのが遅かったので、最後の1ヵ月間は基礎問題集を繰り返しました。短期間での取組でしたが、ギリギリ合格することができました。

本講座で特に印象に残ったのは、質問メールに対する参考資料付きの回答内容です。(山岡様)
 
 


過去問を中心に学習していましたが、このままでは結果は前年と同じだと考えていました。
その時に井真井アカデミーのSPM2019基礎編、実践編を知りました。

1.一問一答形式、2.パソコンでの学習⇒紙ベースでの試験問題文を読む早さが身につく。

試験当日は15分ほど見直し時間ができました。
60歳前のこんなジイさんが合格するのだから、真面目にやれば合格できますヨ。(市川様)


 


来年度以降に受験される方へのアドバイスになりますが、この試験は宅建業法、権利関係、国土利用計画法、農地法、宅地造成法、免除対象のラスト5問で確実に点を取れば、他の問題を多少捨てても合格できます。

来年度、確実に合格を狙うなら残り10ヵ月の勉強時間の大半を改正後の民法の勉強に充てて下さい。(宮崎様)

 


なんとか合格することができました。何年も独学で勉強しては、不合格、不合格の繰り返し。

昨年より、こちらの教材を利用し、手応えはあったものの惜しくも不合格。来年度は法改正により難しくなると聞いており、是が非でも今年、合格したかったところ、合格することできました!

教材は今までのものとは違い、とても分かりやすかったです。是非、この試験を受けようとする仲間にも伝えます。また、これを機に他の資格取得もチャレンジしてみようという気持ちになりました。本当に有難うございました。
(江口様)

 


初めは完全独学で挑んでいましたので、勉強しても「???・・」状態でした。

それが昨年、井真井先生の教材に出会い、サポートして頂き1点差での不合格まで追い上げる事ができ、そして、今年合格することができました。

上手く言い表せませんが、勉強が苦手な私でも辛さを感じず学ぶことが出来たのは、井真井先生の教材とサポートのお陰です。有難うございました。(長岡様)

 


合格することができました。一度、独学で勉強しましたが、不合格になり、知り合いの宅建や司法書士、公認会計士などに合格されている方にどうしたら合格できるか相談したところ、井真井アカデミー様のことを聞き、強く勧められたのですぐに申込みました。

問題数も多くあり、引っかけ問題に対応もしており、無駄な勉強時間を省けるような作りだったので、本当に申し込んで良かったと思っています。

これからもこの勉強法を利用していきたいと思っています。
(伊庭様)

2019年度試験でもたくさんの合格者が誕生いたしました!こちらには、ほんの一部の受講者様のコメントを掲載させていただいております。2020年度試験では、あなたの合格報告をお待ちしております。


井真井先生、この度はいろいろとお世話になりました、お陰様で合格することができました。昨年度は何の知識もない定年退職者が知人の話を聞いて興味を持ち、試験日3ヵ月前になって慌てて資料をかき集め、勉強を始めました。

どうせ、その年は試し受験なので、資格予備校や高額な通信教育講座を中途から申し込むのも勿体ないと考え、一番廉価な御社講座を申し込みました。そんな状況で始めた勉強もやり始めたら面白くなり、続けることができました。

しかし、試験はそんな簡単なものではなく、合格点に2点およびませんでした。

今年度は本番ということで、どう取り組もうかと考えた結果、昨年はあのわずかな時間であそこまで出来たので、あえて他の勉強法に変える必要はないと考え、やはり一番定額な貴社講座を続けることにしました。

慣れ親しんだ講座なので、ペース配分もわかり、スムーズに進めることが出来ましたが、そんな中、3月に父が入院して、そろそろ実家の相続のことを考える必要があると思い、そちらの本を読んだりもしていました。

そして、8月に父が亡くなり、相続が現実のものとなりました。実家は代々の農家で家屋敷の他、田畑も多くて、そのほとんどが市街化区域に入り、区画整理事業地区になっていました。

そこで、相続に関しては如何に土地の評価額を下げるかがキーになり、宅建の勉強で培った各種の特例や控除適用の知識が役に立ちました。相続税の対象が主として土地絡みのケースであり、暇に任せてはその辺があまり得意出ない人もいるのとの話を聞いたので。自分で申請しようと決め、役所回りをしました。

そんな最中に今年度の試験があったので、ラストスパートがかけられず、少しヒヤヒヤでしたが、勉強が実経験とつながったことで自信もつき、昨年度より8点も良い点数で合格することができました。このように宅建の勉強がいろいろと役に立ち、相続税申告にあっても税理士に頼ること無く、その費用を浮かせることが出来ました。

せっかく取った宅建士の資格ですので、登録実務講習を受けて登録まではしておくつもりです。こうしたきっかけを作って頂いた貴社に感謝いたします。
【清水様】



報告が遅れましたが、今年の宅建に合格しました。私は退職して時間はあったのですが、モチベーションが続かず、途中で飽きて、失敗してしまうのですが、貴社の教材のSPM問題集を面白く最後まで続けることが出来たのが良かったと思います。

安価で面白い教材を提供して頂き、有難うございました。息子にも紹介しようと思います。
【小林様】












今晩は。宅建士講座でお世話になりました齋藤です。

このたび宅建士試験に合格致しました。

本日、合格証書が届き、合格したことを実感致しました。

大変、お世話になりました。ご報告させて頂きます。

【齋藤様】







井真井先生、合格です!
ヤッター!

ありがとうございます。既に合格証も頂きましたので、添付します。これで管理業務主任者、マンション管理士、宅建士と3年連続の資格取得です。

6●歳のチャレンジでしたが、すべては井真井先生のお導きと、SPM問題集のおかげです。

今年は試験問題が易しかったのか(?)、受験生のデキが良く、自己採点38点でも枕を高くして眠れませんでしたが、これでようやく穏やかな気持ちで登録実務講習に望むことができそうです。
実際の試験問題では宅建業法で8問も落としており、民法で12問正解していなければ、落ちていたかもしれません。ここでも井真井先生のもとで3年連続民法に係わってこられた蓄積が活きたのだと思うと先生への感謝の気持ちで胸がいっぱいになります。オリジナルな資格取得のためのすばらしい勉強法を教えて頂き、本当にありがとうございました。生涯の宝物と致します!
【寺内様】


私は今、47歳で建設業に28年間従事しており、これまで独学で20回程(正確には何度受けたか忘れました)、宅建試験にチャレンジしてきましたが、範囲が広く、過去32点が最高でした。今年はどの参考書にしようかネットで検索していたところ、ふと御社の広告を見つけ、先生のコメントを拝見していると、36点取れば良いという、その効率の良い勉強法に惹かれて、教材を購入しました。
値段も市販の参考書よりは高いですが、学校に行くことを考えれば、大変安く、すぐに決断しました。仕事が忙しく、先生の指導のとおり、1日連続3回できない日も多々ありましたが、気がつけば、これまでの参考書の勉強よりも記憶に残っている感覚がハッキリとわかるようになり、今までよりも積極的に勉強に取り組めるようになりました。

2度模擬試験にも挑み、準備万端で本番を迎えましたが、本番では慎重になりすぎて、回答を1問控えきれない程、ギリギリでした。その状態で36問自己採点で正解しており、ハラハラの日々を過ごしてきましたが、運命の合格発表を目にした瞬間、37点の文字が見え、「終わった〜」と思い、なかなか受験番号を確認できずにおりました。
最後は「神さま、仏さま」と念じて、受験番号を確認したところ、まさかの合格!!震えました。シビれました。感動しました。今となれば、もっと早く井真井アカデミーさんを知っていればという思いです。こんな50歳近いオッサンでもできました。井真井アカデミーさんの指導のとおり勉強すれば、十分、チャンスはあると思います。私と同じような方に是非、オススメしてあげたいと心から思っています。「神さま、仏さま、井真井さま」。本当にお世話になりました。有難うございました。長文、お許し下さい。
【和田様】


本日、無事に合格証書を手にしました!ネットでは確認しておりましたが、間違いなく合格できた事を実感しております。本当に有難うございました。本当に本当に嬉しいです。

共働きフルタイム、3人の子育てをしながら隙間勉強でありながら、宅建試験の申し込みと同時に開始して、何とか合格までたどり着けたのは、こちらの教材、それと素早いレスポンスで何度もメールに回答下さった井真井様のお陰だと思います。

会社から受けてみないかと打診を頂いたのは6月ですが、何やかやと自分に言い訳をしつつ過ごしているうちに、会社から試験の申し込みをするように言われて焦った7月末日頃。

8月初日からのスタートでした。初学者の上、建設業界におりつつも、全く違う事業部の所属ゆえ、驚くほど知識もなく、低レベルな質問を連発して、ご迷惑をおかけしたかと思いますが、一つ一つ頂いた回答をよく考え、前に進めたのは大きかったと思います。

完全な独学では、私は無理だったと思います。19日間のハードスケジュール、倍の日数に変換しながらも、なんとかこなし、過去問を解き、勉強前は全くできなかった過去問が年によっては合格点以上取れていて驚いたのが、なんと試験一週間前くらいでした。本当に有難うございました。心より感謝申し上げます。
【和田様】


今日、合格者一覧に自分の番号を見つける事ができました。自己採点では41点でしたので間違いないと思っていましたが、マークシートのマーク欄を間違えてないようなとか心配な日々を過ごしていました。

これで安心しました。先生には細かい質問を何度もさせていただきましたが、どれにも丁寧に回答いただき、感謝しております。今、大学3年でこれから就職活動が始まります。丁度良いタイミングで取れたなと思います。ありがとうございました。
【東京都 三村様】


今まで3回失敗し、4回目の試験ではじめて井真井先生の教材を使わせてもらいました。昨年の試験で失敗してすぐに購入し、心置きなく何度も質問させていただきました。その度にやっぱり独学で挑戦しようとしていた無謀さに気付かされました。

年齢も年齢なので記憶力も悪く、いただいた教材を全部終えることも正直できなかったのですが、ギリギリの点で合格できたのも井真井先生のおかげだと思います。あと数年で定年なので、定年後は従兄弟がやっている不動産会社に入れて貰う予定です。

色々と今までお世話になりました。
【佐賀県 高橋様】


おかげさまで合格しました!
この教材を使って良かった点
1.問題数が多く、1問1答式
2.いつでも質問できる
3.なんでも相談できる
4.資料が豊富
5.要点がまとまっている

などですかね。本気で勉強に取りかかったのは2ヶ月間くらいでしたが、自己採点37点とれました。知らなかった勉強法なので、こういうやり方があるんだと感激しました〜。
【福井県 瑞穂様】

今回、1か月前に申し込みをし本格的に利用したのは2週間程度でした。 もちろん、他のテキストを読み1問1答として利用させていただきました。 とてもとても、利用価値のある教材と思います。

実際、この教材の考え方や利用の手軽さその辺の問題集片手に時間を費やすより相当量の問題をこなすことができます。
 残念ながら、わたくしの場合、本問題がよくわからず初級の簡単な方ばかりを集中し本問題に気付いたのが2日前当然、間に合わないのでそのまま受験いたしましたが 見事、合格をいたしました。

34点の合格点です。
 誉められた点数ではないですが、短期間で取れる点数としてはまずまずではないでしょうか? 本当に、購入してよかったと感謝しています。
 大阪府 政谷様】


御年50歳になります。井真井先生のご指導のおかげで46点取ることができました。教材は試験のポイントを網羅するだけでなく、本番試験の意地悪な言い回しに対応できる内容となっております。

また、理解できない箇所をメールでご質問したら、迅速かつ解り易く解説を頂けました。重ね重ね有り難うございました。
【山梨県 中村様】


井真井先生、こんにちは。45点の余裕合格を果たせました。昨年は独学で32点しかとれず、合格がすごく遠いように感じていましたが、今年は心機一転、先生の教材に賭けてみて正解でした。最後までSPMだけを信じて、ひたすらこなしました。
【長野県 安藤様】


乙4、FPに続きお世話になっております。自分でも信じられませんが、これで無傷の3連勝です。今まで勉強ってどうやるのかわかりませんでしたが、先生の教材に出会えて変わりました。

案外、国家試験もやりようによっては取得できるもんなんだと思えるようになりました。このような効率的な方法を仕事にも取り込み、業績を上げていきたいと思っています。有り難うございました。
【大阪府 伊東様】


先生、こんにちは。初めての挑戦でしたが合格しました!!仕事が忙しく、なかなか着手できず、結局、試験2週間前からの集中勉強でしたので、SPMも3回繰り返すのが精一杯でしたが、合格させていただき本当に感謝です。有り難うございました。
【北海道 宮川様】


7回目の挑戦で何とか合格することができました。最初の4年間は独学で失敗。その後2年間、大手の資格学校に通いましたが、先生がご指摘されているように、全く的を射ず、30点に達するのが精一杯でした。

今年の初め、友人の紹介で先生のことを知り、教材を購入させていただきました。今年はなんと41点も取ることができました。もっと早く先生のことを知っていれば、こんなに苦労もしなかったと思います。

しかし、この苦労を無駄にしないという強い気持ちを持つことができました。死格としないよう、取引士登録をして不動産取引に携わっていきたいと思っています。また、ご相談することもあるかもしれませんが、その際にはどうぞ、宜しくお願いいたします。
【群馬県 神戸様】


合格を確認できましたのでご報告させていただきます。正に短期1発合格です。仕事が忙しく、気付けば試験20日前。半年以上も前に購入しておきながら机の中にしまったままでした。

久しぶりに早く帰宅できたある日、ふと引き出しを開くと受験票が目に飛び込んできて、それで急に試験のことを思い出した次第です。ダメ元で先生の教材をパソコンに挿入したら、結構、早口の解説が。

あっという間に講義が終わり、SPMをやってみたら結構、おもしろく感じ、はまってしまいました。ネットで無料のタイマーソフトを取り込み、ゲーム感覚で勉強を開始しました。法令上の制限が途中まで、税・その他はほとんど手付かず状態でしたが、権利関係が13点、宅建業法が18点の合計31点、他の科目で7点取れて38点の合格でした。

二科目で合格できるというのは本当ですね。びっくりです。なんだか棚からぼた餅状態の合格でしたが、それも先生のおかげです。直前になって立て続けにご質問を浴びせてしまい、申し訳ございませんでした。一人でも多くの方が先生の教材を利用され、合格されますことを祈り申し上げます。
【神奈川県 金谷様】


お世話になっております。自己採点では権利関係12問、法令上の制限5問、宅建業法18問、税・その他5問の合計40点で合格できました。権利関係では、わかっていながら1問のケアレスミスがありました。

でも、目標の40点に達しましたので後悔はありません。周囲の人からは宅建試験は難しいから、1回で合格するのは無理だよと、随分、言われ続けてきましたが、これで胸を張って合格を報告できます。

私の職場では何人か挑戦していますが、まだ、誰も合格できていません。先生の教材を紹介しておきます。
【宮崎県 永田様】


いつも大変、お世話になっております。趣味で始めた勉強でしたが、62歳、初めての挑戦で合格致しました。現在は悠々自適な身分ですが、仕事を離れるまでは毎日、パソコンを使っていましたので御社の教材は、非常に相性が良かったと感じます。

エクセルで自己管理できるというのは便利でした。子どもたちもマイホームを持つ世代に入りつつあり、彼らが家を建てるときにはこの知識をもって、良きアドバイスができればと思っています。二世帯住宅は夢ですが・・・。
【千葉県 向井様】


こんばんは。坂上です。ご報告が遅れてすみません。なんとか合格しました!!試験当日は、わからない問題も多く、諦めムードもありましたが、最後まで諦めるなという先生の言葉を思い出し、やり通せました。

どの科目が突出してできたというわけではなく、どの科目も平均点を少しずつ超えての38点というのが自己採点です。宅建試験自体、よくわからない状態からの教材選択でしたので、はずれても後悔無しの、とにかく安い教材をと思い、先生のところに行き着きましたが、本当に買って良かったです。

今、大学3年なのでこれから就職活動が本格的に始まりますが、これで履歴書に一つ書ける内容が増えました。有り難うございました。
【東京都 坂上様】


お陰様で合格できました。ラスト3週間からの大逆転。ウソではありませんでしたね。先生からいただいたスケジュールどおりに学習しました。とにかくあのスケジュールだけを信じてやったのが勝因だったと思います。

同僚たちからの夜の誘いも断れず、同じように遊んでいたので、宅建試験に合格したことを言ったら、みんな驚いています。いつ、勉強してたんだと質問責めにあいました。先生の教材を紹介しておきましたので、多分、何人かはお世話になるかと思います。

合格まで導いていただき、本当に有り難うございました。
【北海道 近藤様】


合格証が届きました。9年前に一度、受験した経験はあるのですが、そのときは独学でしたので、全くできませんでした。今年、赴任した先の同僚から先生のことを紹介され、利用させていただいた次第です。

彼女も1ヶ月くらいの勉強で取得したそうで、その話を聞いたときは、冗談だろと疑っていましたが、私が先生の教材を購入させていただいたのも、正に1ヶ月ちょっと前の時期でした。本屋で参考書を購入して、少しずつ学習を始めてはいたのですが、なかなか頭に入ってこず、飲み会の席で私がふとこぼした愚痴をその彼女が隣で聞いていて、こっそり教えてくれたのです。

本当にラッキーだったとしか言えません。家族もとても喜んでくれました。井真井さんには心より、感謝です。
【埼玉県 井上様】


お世話になっております。合格できましたのでご報告させていただきます。48歳の専業主婦です。子どもも手をはなれ、私自身の第二の人生の開始という気持ちで、今回の宅建試験に挑戦いたしました。

お陰様で初挑戦ながら、幸先の良いスタートを切ることができました。3年前に家を新築購入しまして不動産にはとても高い関心を持っております。近い将来、住宅アドバイザーとして働ければと思っています。

叔父が不動産業を営んでいますので、まずはそこで下積み修行に励みます。この度は有り難うございました。井真井様の今後、益々のご活躍をお祈り申し上げます。【新潟県 高井様】


こんばんは。今、帰宅して合格番号の中に自分の番号を確認しました。妻もこの資格を井真井さんのところでお世話になり取得しましたので、これで夫婦揃って井真井さんから教えていただき、そして合格させていただいたことになります。

妻も半分、私の先生という感じで教えてくれましたので、家庭内の立場がやや逆転気味でしたが、この合格をもって妻と対等関係になれそうです(笑)自己採点では44点だったので、この点数は妻が合格したときの点数より遙か上をいっています。

井真井さんには、感謝の言葉しかございません。多くの人たちが井真井さんの教材を使い、そして合格されることをお祈りしております。時節柄くれぐれもご自愛いただき、ちょっと早いですが良いお年をお迎えくださいませ。
【埼玉県 松本様】


先生、合格しました!!
安さ最重視で決めた教材でしたが、その効果は絶大でした。受験代も含め2万円以下で一生使える人気資格をこうも簡単に取得できるとは思いませんでした。今、大学生で来年は就職活動をしなくてはなりません。

大学生の就職率もご存じのとおり60%を割っていて、先輩の中にも就職浪人している人がたくさんいます。浪人なんてしている余裕は私にはありません。少しでも他の人より優位に立つためにも、次回は行政書士に挑戦したいと思います。

先生からメールでいただいた「自助の精神」は、もっともだと思いましたし、励みにもなりました。行政書士教材ができましたら、ご連絡ください。
【東京都 市川様】




45歳専業主婦です。一度目は3週間、二度目は2週間の学習時間で合格きました、合格の秘訣は、やる気とより良い教材です。いくつかの資格試験の勉強をしてきましたが、この教材が一番良いと思います。本当にお勧めです。
【埼玉県 高木様】




報道では、日本男性の平均寿命が80歳くらいとか。人生の半ばを過ぎて、これといった自信もなくなりつつある中、もう一度何かに挑戦してみたいという事と、子供達に"勉強しない”と言うより、自分自身が頑張っている姿を通じて何かを悟って欲しいという動機から始めました。

大学では文学部のしかも哲学系の専攻でしたので、法律得関係は全くチンプンカンプン。「腕試し」という考えで市販のテキストだけで勉強して受けた昨年は、見事に空中分解・・・。

日常使わない法律用語にテキストを眺めているだけで皆目頭に入ってきませんでした。そこで、「定価格で確実にチカラが身につく何か良い方法は?」と、考えネットで探している時に井真井先生の事を知り、昨年10月に申込みました。

年末年始と子供の受験で追われ、自分の勉強時間は取れませんでした。春以降「そろそろやらないと」と焦りだし、録音したものをテキストを見ながら一通りやってみました。8月に入り先生のアドバイスに従って直近の過去問を5年分やり、その後SPM問題集を9月中は理解に務めながら繰り返しました。

○×だけではなく、すぐに解説で確認できたので、3回目の復習の時には正解率が80%を越えました。その後、10月には過去問を再びやってみましたが、法律上の問題はもとより、国語力を問うような引っかけの言い回しにも、惑わされなくなりました。

やはり、SPM問題集で実力が養われたようです。試験直前の一週間もかつて不正解だった箇所を中心にSPM問題集を繰り返し、スピードに意識しながら、時間配分もカラダに覚えさせるようにしました。

試験当日の朝は「やりきった」という充実感の中、試験場での紅葉を楽しむ余裕すらありました。試験用紙を開いて、選択肢の中に「見たことあるなあ」という実感が何度もありました。結局、試験時間が20分もあまり、ゆっくり見直す余裕もありました。

試験終了の合図の瞬間に「受かった」という自信が芽生えました。
【京都府 松井様】

卒業おめでとうございます

   

Iノート&SPMは国際ジャーナルでも取り上げられました。
(写真)井真井と俳優の石橋正次氏






あなたを成功へと導く羅針盤
    井真井academy TEL042-682-2367 https://imai-academy.net/imai.fp.sharoushi.index.html

(営業時間)
月曜日〜金曜日午前10時−午後5時
電話受付は午後4時まで
※メールは24時間受け付け中









  
  宅建士講座講師 井真井秀樹
  井真井アカデミー代表

 中央大学会計学科卒業
 ・社会保険労務士
 ・宅地建物取引士
 ・賃貸不動産経営管理士
  他、国家資格多数保有
  進学予備校早稲田ゼミ元講師


 

   

  (電子教材:写真はイメージ)






お問い合わせはこちら



あなたを成功へと導く羅針盤
    井真井academy TEL042-682-2367 https://imai-academy.net/imai.fp.sharoushi.index.html

(営業時間)
月曜日〜金曜日午前10時−午後5時
電話受付は午後4時まで
※メールは24時間受け付け中























   





  合格者体験談

※こちらはご利用者様の個人的な意見又は感想となります。

本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしもご利用者全員の利益や効果を保証したものではございません。

また、合格された方の承諾を得た上で、一部の方のみの掲載とさせていただいております。

ご了承下さいませ。


お世話になっております。お陰様で余裕の点数(41点)で合格することができました。御社のお陰です。去年の試験終了後の10月からお世話になり、丸々1年間に渡りサポートいただき、自分でも実力がついていくのが実感できました。早期の一番安価な時期に購入し、尚且つ、最長のサポートを受けられるという両得感は、普通ではあり得ないと思います。御社のサイトに巡り会えた幸運に感謝するばかりです。
【神奈川県 酒井様より】


今年度の10月試験で合格できました。演習量が多く、途中、くじけそうになりましたが、難問でも、くだらない質問にも、時には試験問題とはあまり関係ないご相談にも親切かつ丁寧に対応いただき、本当に有り難うございました。
【福岡県 山内様より】


苦節4年目にして、ようやく合格できました。1年目は独学で合格点に8点不足、2年目はある程度の勉強は1年目で終えているという自信と油断が悪い結果を招き、合格点に10点も不足し、不合格となりました。3年目は5点不足。

その時点で独学合格を諦め、御社のご指導に頼った次第です。11月から勉強を開始し、御社の問題集に着手し、初めて自分の勉強方法の間違いに気づかされました。

今回10月試験の合格点は34点でしたが、それを遙かに上回る43点で合格することができました。

試験当日は問題があまりに簡単すぎて、逆に心配になったくらいです。

せっかく取得できたこの資格を有効活用し、無駄に過ごしてしまった3年分を取り返そうと思います。
【埼玉県 藤原様より】


この度、初トライにして合格することが出来ました。今の仕事は不動産とは全く関係なく、自己啓発のための記念受験といったところでしたが、効率良く学習でき、スキマ時間を使った短期、短時間学習になりましたが35点を取ることができました。有り難うございました。
【兵庫県 桐谷様より】


独学2年を経て、箸にも棒にもかからない状況に嫌気が差し、どこか合格できそうな通信とか学校とか無いものかと探していた時に、たまたまヒットしたの井真井アカデミーでした。

「19日間で合格」といかにも嘘っぽく、怪しいサイトだと思ったのですが、合格した人達の合格証も掲載されているし、何しろ、金が無かったし、他の業者にくらべ、破格の値段だったので、一か八かで申し込んでみたというのが正直なところです。

まあ、独学よりは少しマシかもといった程度の軽い気持ちでした。

ダウンロードの商品を選んだら、その日のうちにメールアドレスにページ案内が届き、すぐに勉強を開始することができました。

パソコンは持っていましたが、エクセルなんて使ったことが無かったので、どんなもんか、わかりませんでしたが、開いた瞬間にすごいと思いました。

1問答式は頭の整理に有効だと思います。また、解説や解答がすぐにチェックできる点も勉強がはかどる要因でした。

気になる言葉とかも、検索機能ですぐに見つかり、勉強時間の短縮につながりましたし、不正解だった問題だけを束ねることができるのも、苦手克服に役立ちました。

一応、1日50問は最低でも解くことをノルマとして自分に課し、試験直前までこの掟を実行しました。

よく読んでも意味のわからない問題は、井真井先生に丸投げしました。

意味が理解できない問題を丸一日、眺めていても、わかるようになんかならないから、丸投げするよう先生に言われたからです。

確かに先生の解説によって、今まで間違って解釈していたことに気づかされる機会が何度もありました。

自分で調べたほうが勉強になるから、自分で調べなさいと、今まで学校や親から言われてきましたし、丸投げすると不愉快に思う先生もいると思いますが、確かに誤解したままでいるより、その道の専門家に聞いてしまったほうが、確かな知識を得られれると思います。

私の場合、不動産関係について全くの無知だったので、トータルすると50回くらいはメールで確認させてもらいました。

学習のペースメーカーがいることで、独学では得られなかったモチベーションが試験直前まで持続できました。

その結果、前年まで20点台だった点数がなんと40点台を突破し、合格できました。

独学の2年間が無駄な時間だったとは、思いたくありませんが、確実な合格を手に入れるには、プロの方を頼るのが早道だと思います。

【東京都 菊池様より】

 合格者体験談 

私が井真井アカデミーさんを知ったのは、同じ職場で働く同僚からの紹介でした。

職業柄、宅建士資格の取得は義務付けられていて、会社からの補助も出ます。

先輩たちは全員持っていますが、去年、宅建資格を取った先輩からの勧めで受講しました。

わからないことは先輩に聞いても良い雰囲気はあるものの、皆、忙しくしているので、あまり頻繁に質問するのも気が引け、6月くらいまでは市販の参考書で勉強していましたが、不安が募る一方でした。

参考書で勉強しても、問題を解いてみると全然、正解できなかったからです。

先輩の紹介とはいえ、ExcelやWordに触れたこともなく、そちらの不安もありましたが、使ってみると簡単な操作で勉強でき、1問1答式のSPMはゲーム感覚で飽きずに取り組むことが出来ました。

苦手だった権利関係も質問を重ねるごとに解くコツのようなものが見えてきました。

6月から8月まではとにかく権利関係の問題を全問正解できるよう努め、9月は宅建業法、10月に入ってから法令上の制限と税・その他を勉強し始めました。

残念ながらケアレスミスにより40点に2点ほど足りませんでしたが、最初の頃は合格なんて到底無理だと高をくくっていたので、思わぬ棚ぼたのような合格でした(笑)。

【東京都 八嶋様】
 合格者体験談

今まで有名な会社(数社)の教材を購入し、3年間勉強してきました。

合格できればお祝い金をくれるとか、合格できなければ全額返金といった広告につられて、安易な気持ちで申し込んだものの、あまりの縛りの厳しさに続きませんでした。

条件が厳しい割には質問回数の制限もあり、思うように学習が進みませんでした。

4年目に入り、諦めかけた頃、ネットで井真井アカデミーさんの記事を見つけ、質問回数に制限が無いとあったので、最後の望みをかけることにしました。

普段からOfficeを仕事で使っていましたが、経理や集計にしかエクセルは使ったことが無かったので、こんな使い方もあるのかと驚きました。

1問1答式ということもあり、テンポ良くでき、また、解答がすぐに表示されるため、正解したときの喜びや間違った時の悔しさなど、感情の起伏が交差し、飽きることなく勉強ができました。

不正解だった問題は、キーワードを見ながらインプットしました。また、どうしても覚えられない内容は先生に質問したり、質問に対する返答を読みながら、必要な内容を直接、解説メモに加筆しました。

いただいた条文資料も活用し、頻出テーマ箇所の条文にマーキングして、最終的にはマーキングした条文箇所だけを切り抜き、ファイリングしました。

今までの3年間とは、まったく違う勉強法を実践した結果、試験直前の模擬試験ではA判定が出るまでに実力が付きました。

そして、迎えた本番試験では45点という今までなら想像もできなかった点数で合格することができました。

ギリギリの合格を狙っていた身としては、その結果に自分が一番、驚きました。

勉強方法として紹介されているように1日のうちに同じ問題を3回繰り返して解くというのは効果的でした。

試験では、たくさんの知識をインプットしなければなりませんが、インプットしたものを忘れない方法として、3回復習は時短になります。

普通なら1週間くらい経つと曖昧になってしまう知識が、この方法でやってからは、1ヵ月経過しても覚えていられました。

ですので、復習のために時間を割く必要もあまりなく、前より短時間で必要な知識が吸収できました。

私は運良く最高の教材に巡り会えましたが、自分にあった教材を見つけることが、合格を大きく左右すると思います。

パソコン学習は苦手意識を持っている人も多いと思いますが、やってみると便利です。

慣れている人なら、絶対、やったほうが良いと思います。

【埼玉県 原様】