本文へスキップ

たった16日間でFP2級.3級に合格できる超簡単・非常識勉強法が遂に登場!!

CONCEPT超短期50点以上1発合格を果たすための勉強方法!!






 
  

FP資格を短期取得するコツは、・・・
合格に必要な箇所だけを徹底的に繰り返すこと!!

合格できるコツ
をお教えします!!
5ヶ月以内に
3級2級AFPまで取得できます!!

FP(ファイナンシャルプランナー)になれば、「経済のしくみ」が、今まで以上にはっきりと見えてきます。誰もが漠然と将来に対する不安を抱えながら、金利の低い預貯金に励んでいますが、その預貯金ができるのも勤めている会社から給与がもらえるから・・・ですよね。

しかし、現在、年間100万件を超える労使間トラブルが発生しています。会社を自ら去る場合もあれば、病気や老親介護などで会社を去らなければならなくなる時が来るかもしれません。

コツコツ貯めてきた預貯金はあっという間に消えてしまいます。

既に終身雇用は過去のもの。結婚や出産を機に退職した人が社会復帰できるようになった時、離職前の会社以上の条件で雇用してくれるところは多くはありません。

しかし、
FP資格を持っていれば、今ある資産を上手に節約・維持・運用し、もっと大きく殖やす方法だって見つけることができます。その専門知識を使って独立開業したり、就職先企業から好条件の労働条件を引き出すことだって可能です!

あなた自身のライフプランニングのみならず、誰かのライフプランニング設計のお手伝いをすることができます。それにより報酬を得ることが可能となります!!

FP試験は吸収した
情報量で合否が決まる試験ですが、今、世の中は膨大な情報で溢れています。その中から試験に関係する情報、いわゆる点数に結びつく情報を取捨選択できなければ、合格できません。

特に2級やAFPは難関です。
学科と実技に同時合格できる人はほとんどいません。2級受験者の平均合格率は学科(24%)×実技(37%)=8.88%です。

日本FP協会主催のAFPでも
18.86%。AFPは受験者の大半が保険業界や金融業界勤務者など、FP関連業従事者です。

1〜2科目の専門知識を持っているだけでは、歯が立ちません。ほとんどの合格者が複数回受験されています。

あなたの「時間」は無限ではありません!!生まれた瞬間から人それぞれ与えられた時間というのがあります。そして、運が味方してくれる『』というのがあります。「あの時〜していれば」と思うことってありませんか?

資格取得時期にも最適な『』というのがあります。年齢を重ねるに従い、体力や精神面の問題で机に長く向かっていられなくなるかもしれませんし、子育てや仕事に忙殺され勉強に時間を割けなくなるかもしれません。

だからこそ、取ろうと思い立った時に取るべきなのです。それが、FP取得に最も適した『
』だからです!!

私がFP(ファイナンシャルプランナー)になるまでに要した期間は、・・・
たったの「
16日間」です。

元進学予備校の講師経験を活かし、試験の情報収集と分析により短期合格を果たすことができました。「
最小努力で最大効果」を得るために欠かせないのが情報の選択です。この教材では私が短期合格に必要な情報を選択し、ご提供します。

弊社の教材をご利用いただけば、どんな内容が試験で問われる重要なテーマなのかが、自然とご理解いただけます。私が責任をもって学ぶべきポイントと短期合格のために必要な勉強方法をご案内致します。

将来に対する不安を解消してくれるのは「お金」と「知識」です!!

これら2つは密接にリンクしています。一方を手に入れれば、もう一方も手に入ります。ちょっと手を伸ばせば、両方を掴むことができます。重要なのは、どのタイミングでどこに向かって手を伸ばすかなのです!

速読・速解・速答訓練により、超短期間でFPになる夢が叶います。


井真井アカデミー   代表 井真井 秀樹


 井真井先生には、社会保険労務士試験の際にも、大変お世話になりました。このたび、2級FP技能検定に合格しました。5月の3級検定は、余裕の合格でしたが、今回、学科・実技共に9割正解し、改めて井真井アカデミーの凄さを感じております。最初の頃は、SPM問題集のボリュームと不正解の多さに、途中で投げ出したくなることもありましたが、先生からいただいたアドバイスは、大きな力となりました。「どんなに努力しても、結果が残らなければ意味がない」その言葉を受け止め、私は合格証書を手にすることができました。 以下は、私が学習の中で心掛けたことです。
@最初は分からなくても、とにかくSPM問題集を解いてみる。
A疑問点は、遠慮なく質問する。
B弱点を整理し、とことん繰り返して理解する。
C実技試験対策として、問題集で過去問を繰り返す。
⇒毎回、若干の修正はありますが、過去に出題された内容がベースです。 恐れることはありません。
D見たことのない専門用語は、インターネットで検索しておく。
E出題6科目中、3科目以上を得意科目にする。
多くの方々が、合格を勝ち取られることをご祈念申し上げます。


 

(岩手県 佐々木様)


 
面倒な勉強から、楽しい勉強へ劇的に変化!
 
FPになる人なら、ITも上手に使いこなせなければ
           
 この教材をご利用いただいた受講者の多くが、FP2級3級資格を短期間で取得できたのには、ワケがあります!試験に出題される内容だけを徹底的に集中して勉強したからです!!

そして、もう一つは、
パソコンを上手に利用したからです。

何が出題されるか理解した上で、パソコンを使い自分の
苦手箇所を見つけ出し、補強できれば、驚くほど短期間で『合格』できます!!
調べたい語句も検索機能を使えば1秒でジャンプします。

簡単に楽して『
合格』できる勉強法に今すぐ切り替えれば、あなたの時間財産は守られます!


      FP2級・AFP・FP3級試験対応
               
    


     試験に出題される箇所は決まっています。
               
合格できる人と合格できない人の差は、ほんのわずかな差です。しかし、この差は勉強法を変えない限り、絶対に縮まらない差です。そして、驚くかもしれませんが、この試験は出題される内容が決まっています

何がどのように出題されるか、わかっているのです!!!!

合格できないのは、単純に試験に出題される箇所を勉強していないからです。短期1発合格できた人は皆、出題ポイントをしっかり把握しています。

近年のFP試験では高度な専門的知識が問われます。ですから、ポイントを押さえることはもとより、法的制度のしくみを正しく理解する必要があります。

その
出題ポイント制度内容を初心者でもわかるよう、丁寧にお教えします!!

 下記は実際に出題された項目表。色が塗られた箇所は過去に出題された同問題。
 8割以上が繰り返し出題されているのが、一目瞭然。
※2級も3級も同様です。過去の出題一覧表をご購入者には提供いたします。



 
                        



Q1.FP2.3級試験合格に必要なのは?
「受験テクニックです。どの科目のどの箇所に時間を集中投下すべきか知ることです」
そして、いつの間にか勉強することが楽しくなり、気付けば自然と勉強時間が2倍以上に増えてしまうワクワク感です。勉強することが「苦痛」に感じると、学習で得られる知識の絶対量が増えません。そして、合格に直結する質の高い「理解とトレーニング」が必要です。

Q2.受験テクニックとは?
「綿密計算された学習内容です。多くの方の学習時間は、学習ではなく作業になっています」
今日、何を勉強したらよいかを知ることです。この教材はあなたの能力を「
他己管理」してくれます。明確にあなたの苦手箇所を明示し、弱点を教えてくれます。
自分自身で能力管理しなくても、ソフトがあなたの能力レベルを管理をしてくれるから、合格できるのです

Q3.それは何?
「Iノ−トテキストに記載しました。テキストと問題集に記載されている箇所だけをやって下さい」
とにかく、この教材に記載されている箇所を徹底履修して頂くだけで合格基準点は超えることができます。

Q4.本当に合格できる?
「Iノ−トテキストを聴き、SPMをやっていただく事で合格が見えてきます。発売開始たった2年で合格者は2,000人を突破しました。」

Q5.16日間なんていう短期で合格できるなんてどうして言えるの?
「今まで多くの受講生が実際に合格されているからです。質問も24時間何度でもできます。売ったら終わりの教材ではありません。当事務所のアフターフォローが大きな戦力です」

Q6.費用1万円未満で完全サポート&資格取得ができるって本当?
「特別価格でご提供しています。高額を出せば資格が取れるなら、誰でも喜んで高額出費を覚悟するでしょう。しかし、大金を投資したところで失うのは貴重なあなたの時間と財産です。必要箇所だけ勉強すれば合格できます。」

Q7・16日間って短すぎませんか?
「合格と学習時間は必ずしも比例しません。非効率な学習法は正に人生の無駄遣いです!16日間が短いのか長いのか、誰も決められません。一つ言えることは、これだけの日数があれば合格が可能ということです。事実、多くの方が
2週間程度の学習で合格しています」

Q8.他社教材と何が違うの!?
「勉強の方法です。人間の脳に大差はありません。その人が持つ性格と育った環境、そして最も違うのは、学習の取り組み方です。要領よく出題箇所を押さえていきます」
 


FP試験で重要なのは学科試験。学科の十分な知識さえあれば、実技試験は簡単にクリアできる!

FP試験の大きな特徴は、出題される問題の6割以上が正解なら、必ず合格できるという点です。更に出題される6科目それぞれに最低基準点は設けられていません!

つまり、総合点で60問中36点以上取れば、学科は合格できます。

極端な話、4科目の平均が9点あれば、残りの2科目は0点でも合格できるということです!
真面目な人は、全科目に対して均等に学習時間を振り分けます。しかし、それをやっていいのは、学生時代の成績がオール5だった優等生だけです。

国語も数学も理科も社会も英語も得意だったなんていう人は、この世にそんなにいません。ほとんどの人が得意な科目もあれば,苦手な科目もあったはずです。各科目に最低合格基準点が設定されていないならば、敢えて苦手な科目に多くの時間を費やす必要などありません!!

苦手なことを1つ覚えるのに費やす時間を得意な科目に費やし、5つ覚えたほうが早く36点に到達できると思いませんか?

短気合格のポイントは早く得意な科目を3つ、つくることなのです。


でも、得意科目を見つけるのにはどうしたら良いのでしょうか?テキストを眺めていても、得意箇所は見つかりません。問題集をやってみるしかないのです。戦わずして自分が強いか弱いかは、わからないからです。

井真井アカデミーの問題集「SPM」は、あなたの得意箇所、苦手箇所がすぐわかるようにつくられています。この問題集をやれば、何を勉強すべきかが見えてくるのです。

市販の参考書や問題集を使っていたら、16日間で合格することなんて不可能です。最低でも1か月以上はかかります。3か月、半年、最悪の場合、合格まで1年以上かかってしまうかもしれません。

パソコンソフトを使って勉強するメリットは、とにかく「スピード」なのです。
ふと頭をよぎった過去に勉強した箇所の再確認が、パソコンを使えば、たった1秒で可能です。
紙の参考書の場合、どこに記載されていたかペラペラとページをめくらなければなりません。単語なら目次で探せるかもしれませんが、文節なら大仕事です。

結局、見つけることができず、モヤモヤした状態のまま放置状態が続くかもしれません。
FPは金融設計業ですから、パソコンの操作能力が業務には不可欠となります。今時、手書きの資料をクライアントに提出するようなFPはいません。

日頃の業務の延長上にSPM問題集をご利用下さい。

そして、実技試験は学科試験の応用編です。学科で覚えた計算式を実例にならい実際に計算してみます。公式がしっかり頭に入っていれば、簡単です。複雑な計算式は一切ありません。

「+」「−」「×」「÷」以外、使いません。

あなたの学習に対する考え方とその方法をちょっと変えるだけで、合格はあなたが想像する以上に、いとも簡単に掴むことができるはずなのです。が、残念ながら、戦ベタの人が多いのが現状です。

下記の表は試験機関が公表している受検申込者・合格者等の状況です。注目すべきは二点です。

1点目は申込者数と受検者数の差です。どの科目も申込者のうち
3割近くの人が本番試験にやってきません。試験を受けても合格できる見込みが低いため、諦めている人が約3人に1人もいるのです。

2点目は2級、AFP試験における学科試験の合格率の低さです。このレベルの等級試験では、学科試験において難問が多く出題されます。幅広い知識が求められるだけではなく、各法律・制度等について
専門的な知識まで問われています。これらに対処するためには、効率良くまとめたテキストや問題集が必要です。

また、2級試験に対処できる3級レベルの知識がしっかり、習得されていなければ、2級やAFPを取得するのは困難なのです。ただ、漠然と勉強していては合格できません。


(金融財政事情研究会 2017年9月試験結果状況)


(日本FP協会 2017年9月試験結果状況)


 

市販されている参考書や通信教材に記載されている内容は、とにかく量が多くて、消化しきれません。言葉も専門用語を並べているだけで意味がわからないものもたくさんあります。言葉の羅列で「いったい何が重要」で、「どこが試験に出題されるのか」よくわからないのです。

結果、何が起こるかといえば、毎回、
全体で約5万もの人が本番試験に姿を現さないという悲劇が生まれてしまうのです。

5万人って、プロ野球の球場を埋め尽くす満員の観客レベルです。FP試験は毎年、1月、5月、9月の年3回実施されていますから、単純計算でも
年間15万もの人が試験を放棄していることになります。

これほど多くの人達が高い受検料を支払っても試験を受けに来ないのですから驚きです。特にFP2級・AFPを受検できる方はFP3級資格を保有しているか、FPに関する業務に関し、2年以上の実務経験を有している方、もしくは日本FP協会のAFP受検資格研修を受講済みの方になります。

最低でもFP3級レベルの知識を有していませんと、とても太刀打ちできません。更に出題範囲は広範かつ専門的になります。当然、学習すべき知識量は半端ではありません。2級、AFP、3級共に出題科目は大きく分けて6科目となりますが、最初の科目のライフプランニングでは「年金」について勉強します。

「年金」という言葉は聞き慣れた言葉だと思いますが、年金にも一般的に皆さんが知っている老後にもらえる老齢基礎(厚生)年金以外にも「障害」「遺族」「寡婦」年金、企業年金、確定拠出年金など複雑な年金制度がたくさんあります。

それぞれに適用要件や支給要件などが異なりますから、初めて勉強する人にとってはさっぱり理解ができないと思います。

しかし、そんな複雑な制度の中でもFP試験で問われる内容というのはある程度決まっています。それを知っている人はその箇所を集中的に勉強することで効率良く点に結びつけることができます。

井真井アカデミーでは、過去に出題された問題を徹底研究し、あなたの貴重な時間を無駄なく学習にあてていくただくため、
試験に不要な箇所は、バッサリ、切り落としました

本当に必要な箇所を徹底的に復習することで試験に合格するために必要な知識だけを学ぶことができます。






不要箇所はカット!合格だけを目的につくられたテキスト


 井真井アカデミーがご提供しますテキストや問題集は、市販されているテキストや参考書類とは異なります。無駄な箇所は掲載していません。合格だけを目的に作成されたテキストになります。この試験は総合点で全体の6割以上正解で合格できます。

満点は不要です。しかし、合格に最低限必要な6割は軽く超えられる内容を掲載していますのでご安心下さい。もし、学習中にわからない箇所にぶつかったり、もっと、詳しい説明が必要な場合には、お気軽にお問い合わせ下さい。
あなたが合格できるまでサポートさせていただきます。

この試験の科目は全部で6科目です。学科試験は各科目10点配点の満点60点。そのうちの6割(36点以上)正解で合格できます。科目ごとに最低基準点などは設けられていません。どの科目でも構いませんからトータル36点以上取れば合格できるのです。

合格のコツは、
得意科目を3つ作ることです。どの科目でも構いません。8点以上とることができる科目が3つあれば、合格率は飛躍的に上昇します。

比較的、狙い目なのは、タックスプランニング、不動産、相続・事業承継です。


1  ライフプランニングと資産設計 4  タックスプランニング
2  リスク管理 5  不動産
3  金融資産運用 6  相続・事業承継


  【試験に主に出題される項目】



   短期1発合格めざすならこのウルトラテキスト
   Iノートを使うべきです!編集自由自在!!


井真井アカデミーが提供しますテキスト「
Iノート」はMicrosoft社のWordおよびAdobe社のPDFファイルで作成されています。そのため、お手元のパソコン内にこれらのソフトまたは互換ソフトが入っていればご利用いただくことができます。一般の紙媒体の書籍とは異なりますのでご注意下さい。

 







テキストには、更に解説音声がついています。テキストを開いたら、該当箇所を説明する音声ファイルを同時に開きます。試験ではどこが重要ポイントになるかを音声にて解説しています。

テキストは印刷することも可能ですが、印刷する箇所は最小限に抑えて下さい。既に理解している箇所を印刷するのは得策ではありません。受検までに準備ができずに試験放棄してしまう多くの人が陥る罠(ワナ)がここにあるのです。

理解している箇所を何度も繰り返すのは、合格できないに共通した勉強法・・・なのです(悲)。

総合点6割以上で合格できるのですから、合格に必要なのは「知識量」なのです。一つでも多くの知識を習得することが1発合格には必要です。

貴重な時間は新しい情報や知識を習得するために使用すべきです。学科試験は択一式であり、完全マークシート式ですので、ある意味、薄ら覚えであっても対処できる問題が少なからずあります。

FP試験では他の国家資格試験で出題されるようないわゆる「引っ掛け問題」はほとんど出ません。ですから、大凡、理解できている内容ならば、何度も繰り返して復習する時間を確保するよりも、新たな知識を習得するための時間を確保したほうが良いのです。

井真井アカデミー提供のテキスト「Iノート」は理解できている箇所を削除したり、必要な言葉を付け加えたり、インターネットで調べた内容を「コピー→貼り付け」することができます。あなたにとって一番、必要な情報だけをまとめたテキストに変形することができます。

そして、
絶対にやってはいけない勉強法が、テキストに掲載されている内容を他の
ノートなどに書き写す作業です。この作業をしている人の合格率は格段と下がります。
FP試験では正解の書かれた内容が各肢の中に必ずあります。

それを選ぶだけですから簡単なのです。

また、テキストで覚えることはテキストで、問題集で覚えることは問題集で覚えていけば、重複時間をかけずに2倍以上の情報を取得できます。この学習姿勢を貫いて下さい。


1問1答式問題集「SPM」は実際に出題された問題を詳細説明!
苦手箇所発見で点数アップ!!


FP3級学科試験は前半30問が単純な正誤問題。正しいか、間違っているかを判断するだけの問題です。後半30問は3肢択一式問題となります。一方、2級およびAFPは全問4肢択一式問題で各級ともにマークシート解答方式を採用しています。

ここで気付いて頂きたいことは、一つの正解肢を選ぶにしても、それぞれの肢を読み、その肢が正しいのか、それとも間違っているのかを判断していかなければならない・・・ということなのです。

このような訓練を日頃から積んでいくには、最初から「1問1答式」問題集を使うのがベストです。1問1答式問題集を使えば曖昧な理解の問題を見つけることも容易になります。つまり、
自分自身の弱点を発見することができるのです!!

弱点が見つかることで、補強すべき箇所(復習が必要な箇所)がわかります。その箇所を徹底履修することで総合点がアップし、全体の6割を超えることができるようになります。井真井アカデミー提供の問題集「SPM」は、Microsft社のExcelで作成されています。

SPM問題集を使用するメリットは他にもあります。SPM問題集は
設問、解説、解答が横一列に並んでいます。すべてがこの横一列で解決できるようになっています。それは、あなたの集中力を邪魔しない工夫なのです。人間の五感の中でその80%を占めるのが「視覚」です。

人はほんとんどの
情報を視覚から取り込むことが科学的にも証明されています。もし、設問の解説や解答が異なるページに掲載されていたり、または同一ページ内でも段差を伴う箇所に掲載されていますと、それだけで設問内容との関連付けが薄くなり、強烈な印象を記憶として残すことが困難になります。

SPM問題集を利用した
ほとんどすべての受講者のが、
短期間で1発合格している
理由は、実はここにあるのです。






SPM問題集は各設問ごとに正誤判断していきます。あなたの回答が正しければ○、間違
っていたら×がすぐに表示されます。また、設問の左右隣セルにカーソルを当てれば詳細
な解説が飛び出します。ファイルは何度でもコピー保存ができますから、繰り返し学習も
容易にできます。

更に、できた問題とできなかった問題の区別がはっきりしますので、弱点克服に大いに
役立ちます。自宅でも会社でも出張先でもゲーム感覚で愉しみながら勉強できるのです。




そして、SPM問題集はあなたの理解度を徹底管理します。成績表の○×をクリック
するだけで該当箇所の設問へジャンプしますので、苦手な設問克服も容易です。
問題は科目ごとに構成されています。

科目ごとに区分し、どんな問題が繰り返し出題されているか自然と把握できるように
なっています。「あれっ、また同じ内容が問われてる!」と、感じるはずです。

つまり、どのテーマが試験で重点的に頻出されるかわかりますので、無駄な学習を
避けることができるのです。これこそが短期学習合格の最大の秘訣なのです。



                     
             
     

    FP資は企業が求める大人気資格です!!

近年、企業アンケートで会社が社員に求める「取得して欲しい資格」にファイナンシャルプランナーが上位にあがっています。高年齢者の雇用制度が改正され、自社の定年退職制度を変更する企業も増えました。

公的年制度や将来のリスクに関する管理、税制、ファイナンス、不動産、事業承継や相続などに関する幅広い知識を有するファイナンシャルプランナーは、企業にとっても即戦力です。

今、国民すべてが、将来に対する何かしらの「不安」を抱えながら生きています。この
「不安」の9割を占める元凶は「お金」です。

職を失うのではないかという不安、所得が下がるのではないかという不安、病気になったらどうしようかという不安、介護が必要になったらどうしようかという不安。様々な不安がありますが、つきつめれば、それは「お金」に対する不安でしょう。

不安という重石を背負いながら生きる人は、そんな重石の一つでも二つでも取り除いてくれる人を渇望しています。それに応えることができるのが、ファイナンシャルプランナーです。

この資格を取得すれば、お金のスペシャリストになることができます。通貨はグローバルです。投資対象でもあります。日本人は金銭といえば、労働対価の金銭であり、汗水垂らして働いて得た金銭だけが尊いものだという意識が根強くありますが、投資で得た金銭も政府の補助金制度で得た金銭も節税対策で戻ってきた金銭も「金銭」であることには何ら変わりはありません。

「お金」には、「このお金は労働で得たお金です」とは記載されていません。社会的ルールに反しない方法で得た金銭は、どれも同等の価値を有しています。この世には数え切れない額の金銭が、あなたの目の前をヒラヒラと舞っています。それが見える人は、いとも簡単に掴まえることができますが、見えない人には掴まえることができません。

目の前に舞っている「金銭」を見つける「目」を持つことができれば、誰でも掴まえることができます。この「目」とは、
すなわち「お金に関する知識」のことです。

「金銭」を掴まえたいなら、「金銭」という生き物の生態・特性を知る「知識」を身につけなければなりません。それを井真井アカデミーでは、詳しくお教えします。


                

皆さん、改めまして、こんにちは。井真井アカデミーFP講師の井真井です。FP試験は近年、極めて専門的な分野にまで踏み込んだ出題が目立つようになりました。

多くの方が何度受験しても合格できずにもがいています。中には諦めてしまう方も結構いらっしゃいます。この試験に投資する費用も次第に大きくなり、大きくなるほど合格というリターンを求め、なかなか抜け出せない泥沼状態にはまってしまう人たちが、たくさんいらっしゃいます。

この教材は私自身が試験のために実際に使ったものです。

FP検定の試験内容を見てみますと、新聞や雑誌から簡単に入手可能な一般情報からの出題も目立ちます。
既にあなたが「知っている情報なら、それだけで点数を加算することもできます。

しかし、一般情報知識だけで合格点に辿り着けるほど、甘い試験ではありません。

公的年金制度や税額計算、不動産取引の権利関係や登記制度など、複雑かつ難解なテーマからも出題されます。とても一般常識だけでは太刀打ちできないのが現状です。

ですが、合格するのに満点はいりません。完璧主義は短期合格の邪魔になります!!

6割できれば良いのです。6割正解なら何人でも合格させる試験です。6割以上の点数を取れば良いなら、合格することは難しい話ではありません。簡単に6割を超えられる方法があります。

それは、徹底的に「
過去問に焦点を当てる」学習法です。

2
級(AFP)レベル、3級レベルという「知識レベルをはかる試験」では、各回試験ごとに「合格者の知識レベル」に差が生じては非常にマズいのです。

試験実施機関は常にこのことを意識しています。つまり、2級(AFP)レベルに必要とされる知識、3級レベルに必要とされる知識というのは、あらかじめ決められているのです。

よって、どのテーマから出題されるかも決まっているのです。

だったら、そこを徹底的に学習すれば良いと思いませんか?私も書店で販売されているテキスト類を最初のページから丁寧に学習して合格したわけではありません。真面目に1ページ1ページつぶしていても合格はできません。

どこから出題されているか事前に過去問を研究分析し、その結果、最も出題率の高い箇所を抽出し、そこだけを覚えて5日で合格したわけです。この試験に合格するのに、さほど「努力」はいりません。とにかく出題される箇所だけをしっかり押さえれば、それで合格できます。

FP試験で問われる内容というのは、あなたのこれらかの人生設計に大いに役立ちます。経済的理由で自由にならない毎日を送っているなら、絶対に習得すべき知識です。知識は最大の武器です。

「知らぬが損」という言葉がありますが、世の中は本当にそうなのです。「知っている人が得」をする仕組みになっています。「
経済格差」は「知識格差」だということを肝に銘じてください。

これを知っている人は、楽しい毎日、未来を手に入れることができます!

では、この試験に短期間で合格するためにはどうすれば良いか?

まず、知るべきは「学習の取り組み方」です。スタートから進むべき方向を誤ればその先にゴールが見えてくる日は一生訪れません。

何度、受験しても合格できないのは、「方向」が間違っているのです。もう一度、スタート地点に戻って方向修正して下さい。始めて受験される方はラッキーです。

これから、正しい方向を私がお教えします。

あなたが向かう先には必ず「ゴール=合格」が見えてきます

ですから、安心して1歩を踏み出して下さい!!

 合格するための画期的学習教材は、合格するという目的
 達成のためだけにつくられた教材です!

 Iノートとは、実際にFP試験で問われる重要箇所を分析し、マイクロソフトのエクセルシートで問題形式にまとめたオリジナル電子問題集です。そして、SPMは実際の過去問題集ですが、そこから派生する重要な情報を一緒に解説しています。

問題形式になっていますが、参考図書の役割も果たし、問題文を読みながら実際の試検で問われる重要箇所を効率よく学習できるように編集されています。今回は更に合格を確実なものにしていただくため試験に出題される重要ポイントを解説した音声テキスト(MP3ファイル)もお渡し致します。

一切の無駄を省き、最短学習時間で「合格」できるように加工された「合格」することだけを目的に制作された究極の合格教本、それがIノ−ト&SPMです。

当事務所制作の教材はFP(ファイナンシャルプランナ−)実務に関わる詳細な範囲を全て記載してあるような一般的な市販図書とは一線を画します。本当に試験で求められる項目だけをピックアップし掲載しています。そして、そのシステムは極めて簡単です。

お手持ちのパソコンを利用し、学習していただきます。パソコンと言いましても難しい操作は一切不要です。操作キーは2つ程度。日常的にパソコンを利用されている方ならどなたでもご利用いただけます。この教材は、短期間プログラムで一気に2級(AFP)まで取得されたい方を対象にしています。

もちろん、3級だけ欲しい方にも有益な教材ではありますが、FPという資格を本格的に使って直接または間接的に賃金を稼ぐのならば、2級(AFP)までは欲しいところです。民間企業でも2級(AFP)以上の有資格者を求めている場合が多いのが現状です。

短時間・短期間で合理的に知識を吸収できるように構成されていますので、時間の無い人には最適なプログラムです。短期間でFP資格を取得するためには、紙のテキストや問題集を使っていては非常に厳しいです。

まず、本番試験は記述式の筆記問題は1問もありません。全問がマークシート方式ですので、漢字など知らなくてもその知識さえ知ってれば、簡単に合格できます。

この試験に必要なのは
情報最低限の知識だけです。そして、それらを記憶として脳の保存エリアに定着させる方法はたった2つしかありません。

1・繰り返し学習と、2・継続学習 の2つだけなのです。


繰り返す学習をいかに継続できるかで、記憶の定着度合いが決まってきます。そこで重要なのが学習サイクルです。この試験の出題科目は全6科目です。各科目10問ずつの出題です。6科目を学習し終える1サイクルが長くなると、繰り返し学習ができなくなります。ですので、あなたが考えるべきことは・・・

どうしたら全科目学習の1サイクルを短くできるか?


・・・ということなのです。


FP(ファイナンシャルプランナ−)試験は広範は箇所から専門性を帯びた問題が出題されるため、その学習方法を誤ると
何度挑戦しても合格できません。

毎回、実は同じような問題が出題されていますが、与えられた肢の中から正誤を選ぶ解答方法のため、多くの人たちがその設問に対する正解肢以外の問題には、あまり意識が向かないのが実状です。ここに大きな落とし穴があります

実は、今回は正解肢にならなかった設問が同じ年の他の回で再び出題されているのを、あなたは知っていましたか?そして一部には施行前の法律、もしくは改正されたばかりの法律について出題されていることをご存じでしょうか?まずは、これらの事実を知っていなければいけません。

本屋にはFPの過去問題集が数多く売られていますが、それらはどれも本番試験と同じ四肢(または三肢)択一形式ばかりです。1問1答式もたまにありますが、編集者が勝手にアレンジしてしまっていて、正誤判断すべきキ−ワ−ドがズレているものが目立ちます。

(今回、本番試験で出題された問題の中から、次回、再び出題される問題が多々あるというのに、問題集を作成している編集者がそれらを勝手に違う問題へ、すり替えてしまうことが多いのです)

設問は一見すると同じように書かれていても、その論点がズレていては意味がありません。

たとえば障害基礎年金の
保険料納付要件について本番試験で問われていたのに、市販の問題集では障害基礎年金の給付要件に変わってしまっているような場合です。納付と給付は180度違う対極的な事項です。

SPM(1問1答式電子問題集)では、過去の設問内容にあなたの意識がしっかり行き届くよう、編集加工されています。また、
何故、そういう解答になるのかの解説をキ−ワ−ドを交え説明しています。解説は「ズバリ説明」であり、あまり長くはありません。解説が長ければそれだけ記憶としての定着に時間がかかるからです。(ただし一部、最重要箇所を除きます)

公的年金や社会保険、金融資産、税関係、不動産関連、行政法等・・・FP試験に関連するような経済的・社会的基礎知識を容易に習得されたい方にもSPMは最適な教材です。難解な表現や複雑な言い回しを当事務所教材では簡易な説明で補っています。

通常テキスト以外に弊社が提供します
空欄補充問題集は、SPM問題集での解答を容易に導くためのアウトプット式テキストになります。FP試験の核となる知識を短時間で習得するためのスペシャル音声つきテキストと一緒にご利用いただくとな知識定着に大いに役立ちます。

こちらの空欄補充問題集は当事務所で扱っている資格教材の中では、FP受講者の方のみにお渡ししております。広範な分野に及ぶFP試験では、最低限、知らなければならない事項があります。それがどこの部分なのか分厚いテキストを使用している場合、浮かび上がってきません。

これらのスペシャル教材は、一般的なパソコンをお持ちの方で
Excel 1997以後のソフトが入っていれば、簡単にご利用いただくことができます。(空きメモリ1GB以上推奨) 

すべての教材を、こちらで準備したホ−ムペ−ジから簡単にダウンロ−ドしていただきます。パソコンが得意でない方にはダウンロ−ドしたものが入ったCDを郵送させていただくことも可能です。

テキストはPDFファイルとWordファイルの両方をお渡ししますので、もし学習していく中で、ちょっと不安だと感じられる箇所は当事務所へご質問されても良いですし、必要だと思えばご自身でインターネット等を使って該当語句を調べ、ワードテキストに必要箇所をコピー→貼り付けしたり、エクセルのコメント編集などで解説覧に挿入→貼り付けすることも可能です。

そのようにして自分だけのオリジナルノートとして編集加工していくことができます。


この「Iノート」と「SPM」をご利用になれば、

FP2級試験
なら16日間
FP3級試験なら14日間

・・・の学習で合否を分けるボーダーラインを超えられます。今までに多くの受講生がこの短期間学習で実際に合格しています。また、試験に必要な最新情報をあなたは弊社より取得することができます。

情報にも寿命があります。FP試験では法改正されたばかりの問題が必ず出題されます。年間3回実施される試験なのに、1年前に発行されたような参考書ではカバ−できません!

当事務所では各回試験終了後、すぐに試験問題を編集加工し、新しい情報としてあなたにお渡し致します。そして、試験直前には今までの試験で出題されていない新たな法改正情報とどこを中心的に押さえるべきかをご案内致します。



   
難しいと感じたら、合格はできません!

 多くの人が経験していると思いますが、自分の苦手なことや、初めて係わることに対して「ちょっと、難しいかも・・・」と思いながら実行しても、大抵、うまくいかないものです。

多くの受験生が初めてFP試験に挑むとき、その語句の読み方、使い方や意味など、どれも曖昧さばかりが残り、全く歯がたたなかった・・・と言う人がほとんどです。

兎にも角にも、出題範囲が広すぎるのです。それに加え、FP試験の内容は浅く広くではけっしてありません。かなり深い専門知識を問われます。何種類にも及ぶ法律関係に精通していなければならないのです。

誰もが最初のうちは「わからない!」と何度も勉強中に心の中で叫ぶはずです。「苦手意識」が先に立ち、それがメンタルブロックとなり、益々、勉強している内容が頭に入ってこなくなってしまうことが頻繁に生じるはずです。

それは情報整理を頭のなかで行うことが難しいからに他なりません。どこが重要箇所であり、どこを覚えるべきかの的を絞ることができないから、余計に難しく感じてしまうのです。

・・・とはいえ、わからないものは、わかりません。では、わからない原因がどこからくるのか分析したことはありますか?テキスト内容を文章の流れのまま丸覚えようとしている人は、必ずこの大きな壁に直面します。

そこで、Iノ−トでは従来の一般論を180度変えました。学ぶ目的を「合格」することだけに絞ったのです。検定試験は合格しなければ意味がありません。

資格を保有していることが仕事でも大きく役立つのです。資格を持っていることで人生が変わってきます。同時に周囲の環境も変わってきます。社内的な立場はもとより、新規採用・中途採用などの就職活動でも効果絶大です。

あなたを取り囲む周囲の人たちの「あなたを見る目」が変わってくるということです。自分の置かれている世界や環境を変えたいという人たちは、たくさんいます。ところが、自分自身を変えたいと思う人は限りなく少数です。

しかし、自分自身を変えることが、周囲の世界や環境を変える最も早い方法だということに気づいて下さい。「資格」を保有することは、あなた自身の変化を顕著に外部へ伝える最高の手段なのです。だからこそ、「合格」しなければ、意味が無いのです。

「最短合格」を成功させるためには奇策が必要です。これだけは、はっきり言えます。人と同じ事をして、他の人に勝つためには2倍の努力が必要です。しかし、頭をひねって最良の方法を考え出し、それを実践できれば、他の人の2分の1以下の努力で同じ結果を生み出すことが可能です。

ちょっと、思い浮かべて下さい。同じ人間であり、同じように24時間を与えられているのに、ある人は「1日」に数百万円を稼ぎ、ある人は「1年かけて」数百万円を稼ぎます。この差はいったい何なのでしょうか?

それは「思考の差」なのです。他の人ができないこと、やらないこと、考えつかないことをやる人のところに「お金」は喜んで飛んでいきます。

そこで、教材制作にあたり、最もてっとり早く合格できる方法は無いものかと考えました。そして過去5年分の過去問(計15回分)を分析してみたのです。実際に試験で出題されている箇所だけをチェックし、市販されているテキストに落とし込んでいく作業を試みました。

すると、非常に興味深い結果が出たのです!!


   
市販教材に記載の3分の1は試験と無関係!

 出題箇所をデータ化し、その類似出題傾向を分析した結果を表にまとめてみたところ、毎回、出題される箇所の範囲は同じだという事実に気付いたのです。

この分析作業で得られた大きな発見は
毎回、何年にもわたって繰り返し出題されている箇所が、おおよそいくつかのグル−プに集約できるということでした。

年3回実施の国家資格かつ検定試験であることを考えますと、これは当然の結果と言えます。試験年、試験月によって合格者の実力に大きな差がでるような問題は出題できないということなのです。

分析結果として、出題されている事項を市販されている分厚い参考書類に落とし込む作業をやってみますと、更に興味深い事実に突き当たりました。それは、過去5年間の合計15回に及ぶ試験の歴史の中で一度も出題されたことが無い箇所が大量に参考書には記載されているという事実です。

そんなペ−ジが
実に3分の1以上でてきました。仮に200ペ−ジのテキストなら60ペ−ジ以上が試験に全く不要な知識だったということです。

(試験に不要であり、FP知識として不要という事ではありません)

仮に、出題されたことのない一部が今年の試験で出題されたとしても、そこで稼げる点数といえば1点かせいぜい2点です。そのために何時間も費やすより、
ほぼ決まって出題される箇所を重点的に学習した方がはるかに合格の可能性は高まります。(6割できれば合格のため)

そこで、Iノ−トおよびテキストでは、合格に必要な重点箇所だけを深く掘り下げることだけに時間を費やしていただきます。その量だけでも結構あります。知識の定着は「繰り返し学習」を行わなければ適いませんので、最低限の復習は必要になります。

以上のよう分析結果に基づき完成したのが
Iノ−ト&SPMです。この教材を使っていただき、現在までにご購入者の約7割(2級)〜9割(3級)の方が合格を勝ち取っています。毎試験ごとに、当社には嬉しい合格のご報告がたくさん寄せられます。

当社の教材は、売ったらおしまいではありません。売ったその日から、あなたとの関係が始まります。メ−ルで気軽に質問もできますし、こちらからは試験直前までに新情報を提供致します。完全サポ−トをしますので、ご安心下さい。

受験テクニックとは、楽をするということでありません。「
効率良く学習する」ということです。FP試験も基本的には難解な法律や金融・保険知識等が係わってきます。金融商品の名前を市販テキストに沿って漠然と覚えただけでは到底、合格できません!

しかし、合格テクニックを駆使すれば、FPに全く関係ない仕事に就いている人でも簡単に合格することが可能です。すべての勝利には必ず「戦略」があります。戦略的に考えることで、はじめて効率的な計画を立てることができます。あとはその計画どおりにアクションを起こせば、最短最速で目標達成が叶うのです。

暗記と知識は異質なものです。「知識」とは吸収した情報を活かすことのできる「知恵」の源泉です。必要な時に必要な形で取り出せる縦横無尽に張り巡らされた変幻自在な情報の集合体であり、それは複雑な世の中を上手に生き抜くための「武器」とも言えます。

FP資格を取得するには、この
知識が必要不可欠です。
つまり、
情報収集が欠かせません。

試験では労働基準法、雇用保険法、民法、金融商品取引法など様々な法律が出題されます。あなたが、少しでもそんな法律に苦手意識を抱いたなら、それはとても危険な信号です。

もし、あなたが市販テキストやスク−ル、通販テキストをお持ちなら、それらをよく見てください。そこで本当に覚えなければいけない箇所は決まっています。あなたは、それらを見つける前に、早くも「難しい〜」・・・という袋小路に迷い込んでいませんか?

テキストに赤字で書かれた箇所だけ覚えればいいと思うのは早計です。単純な語句だけを問う問題が試験に出題されるわけではないからです。また、それらをわからないままノ−トに書き写したりすることは、貴重な時間の無駄になります。

「書く」という行為は、確かに記憶の定着には有効です。時間が十分ある方なら、それも一手法かと思いますが、短期間で合格するには適した方法とは言えません。

それに、本番試験であなたが文章を書き込む箇所はありません。実技試験で単純語句の空欄補充があるくらいです。そのためだけに手書きノ−トを作って、テキストを書き写すような行為は、おすすめできません。


    
時間の波に乗らない限り、合格できない

 この世で一番大切なものは、「時間」です。ところが、一般社会において時間はすべての人に公平ではないのです。なぜなら、その使い方は千差万別だからです。

人生80年と考えて20歳からの60年間に1日6時間睡眠の人と8時間睡眠の人を比べた場合、1日8時間睡眠の人は6時間睡眠の人より
5年間分、睡眠時間が長くなります。5年間も眠った状態と同じになるのです!!

ですから、あなたを取り巻く時間の波に、しっかりライドオン(乗る)しない限り、有意義な生活など送れません。もし、あなたが、FP資格を取って何かを始めたいと思っているなら、最高の波が来たときに、最高の状態で乗って欲しいと思います。

そのためには、あなた自身にフィットした板=ボ−ド=
教材を早く見つけるべきです。

もし、あなたが今まで良い教材とめぐり会えていないのならば、
今こそチャンスです!!


  
考えることこそ、最短合格への近道です!!


あなたは、「
どうしたらFP試験に合格できるか」考えたことがありますか?

何度も言いますが、巷にあふれている参考書類は、ファイナンシャルプランナ−の業として将来、必要だと思われる情報を万遍なく記載していることが多いです。それらの情報のうち、実際の試験に必要な箇所は
3分の1〜3分の2程度だと思って下さい。

所得税率や贈与税率、相続税率、事業税率、建ペイ率、容積率などの細かい数字まで覚えようとしていませんか?それらを全部丸覚えようとしているなら、最初に言っておきますね。

残念ですが、実際に出題されるのは、
きまった数字(計算式)だけです。(約9個の計算式)

FP2級(AFP)試験に合格するために要する日数はたった16日間です。3級試験においては、14日間ほどです。それを可能にしたのは綿密な試験分析です。

この試験においては、出題者が受検者に何を求めているのかを調べれば、試験で何が出題されるかがわかります。


    
FP試験攻略の鍵は3つの得意科目

誰でもそれぞれの分野において得手、不得手はあります。この試験はまず得意な3科目のマスターに心がけてください。16日間有効利用の第1歩はこの得意科目の選定です。

最近の傾向としましてはライフプランニングとリスク管理で著しく難化傾向が目立ちます。これらの科目は年金のスペシャリストである社会保険労務士が学ぶような内容が散見します。ここに多くの時間を費やしましても取得できる点数はあまり望めないかもしれません。

早い段階で得意科目3つを選ぶことも合格の秘訣となります。


    
メンタルブロック(苦手意識)をはずしてください!

脳はあなたに忠実です。あなたが、少しでも学習することに苦痛を感じたら、敏感に反応します。それは、拒絶反応です。

だから、あえて、あなたにお教えします。FP試験は簡単です。誰でも取得できます。実際、この資格を取得するのに費やす時間は、
長い人生のうちのたった16日間だけなのです!

そして、「Iノ−ト」と「SPM」は他では絶対に手に入らない内容で構成されています。
解説も容易ですし、わからない箇所があれば何度でも直接、当社にメ−ルでご質問できます。

短期合格できる最大のチャンスが「Iノ−ト」と「SPM」の中にあります。


 
過去問こそ合否を分ける重要なファクター


何度も申し上げて恐縮ですが、今、発売中のFP試験教材:SPMIノ−トをご利用いただければ、本番試験でも70 〜80%以上の正解が得られるはずです。

FP
試験に限らず、国家資格を挑むにあたって過去問は必須の学習です。過去問もやらずにお手元のテキスト教材だけで合格できるほど、FP試験は甘くありません。

また、合格のヒントは過去問以外から得ることは、絶対にできません!!


さて、今回、この情報をあなたにお渡しする代金について考えました。他社の平均は3万円〜4万円台です。当事務所でも同じような金額を設定したいと思いました。

しかし、このサイトをここまでお読みいただいた感謝と、今後、ご購入後も引き続きお付き合いをさせていただきたいという思いを込めまして、今だけの特別価格でご提供させていただきます。


なぜ、ここまで安くするのか?それは、あなたに得して欲しいからです。他の人たちが数万円もかけて必死になって取得するこの資格を低価格で、簡単に取得して欲しいのです!!

もがき苦しみながら取得するような資格ではありません。出題箇所は決まっているのですから、そこそこの努力で
2週間〜3週間もあれば取得できます。

このサイトを見つけたのもきっと偶然でしょう。でも、あなたが通りすがりに偶然見つけたこの「賢者の石」を拾っていただきたいと、心から思っています。

当然、この資格は、はかり知れない価値のあるものです。職業にすれば年収1,000万円も夢ではありません。でも、その夢を勝ち取れる人は先見の明と行動を起こす勇気のある人だけです。


これをチャンスと感じるか、それとも、嘘くさい話だと無視するか、その判断はあなたにお任せします

この教材はあなたの成功の舞台を陰から演出します。どう立ち回れば素晴らしい舞台となるか、アドバイスします。あなたがIノ−トとSPMをプログラムに沿ってきちんと勉強しFP試験に合格してくれさえすれば、それに勝る喜びはありません。

この教材に含まれる情報の真価はあなたの合格以外では、はかることができないからです。情報は利用されてこそ価値のあるものです。ですので当事務所は有益な情報をあなたに発信し続けます。

あなたが合格できるよう全面的にサポ−することをお約束致します。
あなたなら、必ずできます!!

「仮に私があなたの学習効果を2倍、3倍にする方法をお見せするなら、そして、わずか2週間、3週間程度の期間で合格できる方法を教えるなら、なおかつ、1日たった2時間程度の学習で達成できる方法を教えますと言ったら、あなたはその方法を学びたいと思いますか?」

この記事を最後まで読んで下さっているところを見ると、あなたはこの質問に「イエス」と答えたに違いありません。これを実現するのが、「IノートとSPM問題集」です。

その効果を是非、体験して下さい。


   
なたに「合格の扉」の「鍵」をお渡しします。
   そして、その扉を開けるのは、あなたです!!


 


  Iノート&SPM問題集    平成30年1月試験対応
【音声解説CD12枚分相当付】
   FP3級用教材 (完全メールサポート付)

      



        希望販売価格17,280が今だけの特別オフ!!
               (ダウンロード商品)
       
9,980(税込)  
          


  
特別割引価格:平成29年12月15日(金)
まで
 ※上記金額は期限〆切後は予告なく変更させていただきます

 
教材内容【専用テキスト・問題集・音声解説】  
【教材&特典内容】
1:
24時間いつでも質問メール受付(無償
2:過去問直近20回分一問一答(科目別配列)
3:
直近11回分の出題項目一覧を進呈(無償
4:試験関連資料も無償提供
            

 科目  テキスト  音声解説  過去問
1問1答
 ライフプランニング  34ページ  各科目
約1時間

320MB
 
直近20回     
 リスク管理  14ページ
 金融資産運用  30ページ
 タックスプランニング  33ページ
 不動産  24ページ
 相続・事業承継  17ページ
 合計  152ページ  約6時間 直近1200問


ご注意 当該商品はダウンロード商品になります。ご入金確認ができましたら、専用のダウンロードページと使用開示パスワードをお申し込み時にご記入いただきましたお客様のメールアドレス宛にご案内致します。

紙を使用した教材ではございませんのでご注意くださいませ。また、お持ちのパソコンの空き容量メモリは1GB以上を推奨致します。ダウンロードができない場合には、ご相談くださいませ。

更にダウンロードが面倒な方、苦手な方、パソコンの空き容量に不安を感じられる方は、ダウンロードすべき教材をすべて1枚のCDに入れて、お客様のご住所へ直接、郵送することも可能です。その際は、別途、800円かかります。ご希望のお客様は下記からお申し込みいただけます

       (FP3級CD郵送商品)
       10,780 (税込)
                   

  

     Iノート&SPM問題集    平成30年1月試験対応      
       【音声解説CD12枚分相当】

    
    FP2級用教材 (完全メールサポート付)
      AFPにも対応しております


     

        希望販売価格17,280が今だけの特別オフ!!
      (ダウンロード商品)
              9,980
(税込)
                  


 特別割引価格:平成29年12月15日(金)まで
 ※上記金額は期限〆切後は予告なく変更させていただきます

 教材内容【専用テキスト・問題集・音声解説】
 
  
【教材&特典内容】
1:
24時間いつでも質問メール受付(無償
2:過去問直近10回分一問一答(科目別配列)
3:
直近10回分の出題項目一覧を進呈(無償
4:試験関連資料も無償提供
            

 科目  テキスト  音声解説   過去問
 1問1答
 ライフプランニング  34ページ  各科目
約1時間

320MB
 
直近10回     
 リスク管理  14ページ
 金融資産運用  30ページ
 タックスプランニング  33ページ
 不動産  24ページ
 相続・事業承継  17ページ
 合計  152ページ  約6時間 2,178問


ご注意 当該商品はダウンロード商品になります。ご入金確認ができましたら、専用のダウンロードページと使用開示パスワードをお申し込み時にご記入いただきましたお客様のメールアドレス宛にご案内致します。

紙を使用した教材ではございませんのでご注意くださいませ。また、お持ちのパソコンの空き容量メモリは1GB以上を推奨致します。ダウンロードができない場合には、ご相談くださいませ。

更にダウンロードが面倒な方、苦手な方、パソコンの空き容量に不安を感じられる方は、ダウンロードすべき教材をすべて1枚のCDに入れて、お客様のご住所へ直接、郵送することも可能です。その際は、別途、800円かかります。ご希望のお客様は下記からおもうしこみいただけます


       (FP2級CD郵送商品)
        10,780 (税込)


                            


 

   Iノート&SPM問題集    平成29年9月試験対応    平成30年1月試験対応
          【音声解説CD12枚分相当】
        FP2級・3級用セット教材   (完全メールサポート付)
       
      AFPにも対応しております
      
      (2級、3級用テキストは同じものを使用します)



      

      希望販売価格34,560がセットなら更にお得!

      (ダウンロード商品)
          
15,000(税込)
               
  


  特別割引価格:平成29年12月15日(金)まで
 ※上記金額は期限〆切後は予告なく変更させていただきます

    (FP2級&3級 CD郵送商品)
              (税込)
                 

SPM 

もう、ある程度の学習は終わっている。後は最後のチェックだけやってみたい!!そういう方にはこちらのSPM問題集の単品をお勧めいたたします。こちらの商品にはメールサポート等はございませんが、各設問に詳細な解説が付されているでので安心です。この問題集ができれば、合格は手に入れたも同然です!



      FP2級エクセルSPM問題集


 
 ご購入は下記の「お申し込みはこちら」のボタンを
1回だけ押して下さい



 7,560円(税込)



    

 

   商品を郵送希望されるお客様はこちらもクリック!  郵送代・CD代 800円(税込) 

   




     大人気!合格者続出で売れています!

       



    
      
042-682-2367
※一般企業様からの営業等のお電話は、一切、お断り致します。

【取扱金融機関】





(Iノート&SPMは雑誌にも取り上げられています。向かって左が井真井)



   

あなたの秘めた力を最大限引き出すことをお約束致します。私にお任せ下さい。
専属講師 井真井 秀樹




お問い合わせはこちら

 

     

(営業時間)
平日月曜日〜金曜日
午前10時−午後5時
※メールは24時間受け付け





















今、就職するにも、とても有利な 資格として注目されているFP(ファイナンシャルプランナ−)技能士資格。連日、経済雑誌や新聞、マスコミでFPの方たちが活躍しています。

日常よく使われる経済用語や金融のしくみを理解するために勉強している人もたくさんいます。

金融関係や民間の会社に勤めている人だけでなく、主婦や学生のみなさんも、この試験に挑戦されています。

身近なお金についての賢い使い方・蓄え方・投資などがわかれば将来に不安を抱くこともなくなるでしょう。

たくさんのスクールでFP講座が開講され、多くの人が何十万円もの大金を自己投資に使っていますが、もっと簡単に尚且つ安価に資格を取る方法はないのでしょうか?

そのようなご希望を叶えるためにこの教材は誕生しました。私自身がこの方法を実践し、2級取得にかけた日数は2週間ほどです。

投資した費用は、1万円未満でした。ですので今回は皆さんにも1万円台でご提供させていただきます。
 
Iノートは
独学でも、十分に合格ができるよう過去の試験内容を十分、分析・研究し、構成されています。

試験に不要な箇所は切り落としてあります。そのため市販図書に比べ簡単に最短時間で学習を終えることができ、尚且つ同様の効果が得られます。合格だけを目的につくられた教材です。

お仕事で十分な学習時間を確保できない方には最適です。

通勤・通学時間のわずかな時間でも効率的な学習が可能です。音声解説もついていますので、行き帰りの通勤・通学時間を有効活用してください。

FPになるには、FPになるための勉強方法と学習内容が求められます

「信念」あるところに「道」は必ず開きます。そこを歩くことができるのも、あなたです。必要なのは、「歩きたい」と願う強い思いです・・・・。

その最初の一歩を一緒に踏み出してみませんか?


今こそ、変われるチャンスです。スペシャリストの資格があなたの一生の保障になります。
 
就職するにも、会社での中での職務においてもFP知識は役立ちます。

他の人とあなたを差別化する大きな武器になります。

そして、得られた知識は誰にも奪われません。荷物にもなりません。 常にあなたと共にあるのです。

特に金融・保険業界においてFP有資格者が求められています。

国家資格を持つということは、あなた自身の社会的ステイタスを高めることになるのです。

周囲のあなたを見る目が間違いなく変わります。あなた自身が自分のことを変わったと意識する前に自然と気付かされます。

そんな瞬間に出会いたくありませんか?

昨日まで、雑用ばかり押しつけていた上司もあなたがFPだと知れば、態度を変えるでしょう。

必要とされる人間になることで、収入も増えてきます。

FPで年収1, 000万円以上、稼いでいる人も大勢います。

この資格があれば、マスメディアを始め、幅広いフィ−ルドで活躍することができます。

そして一生有効な資格であることも大きな魅力です。
 
社会経済の仕組みを知ったり、貯蓄、保険、投資の選択、家計の上手なやりくりなど、日常的に役立つ知識・情報のが習得ができます。

国家資格を取得しておけば、その効果は絶大です!



合格された方から一言

(ご本人様の承諾を事前に得て掲載させていただいております)




3月に2級教材を購入させていただいた島根の松田です。何とか5月試験で合格できました。仕事の関係上、勉強できる時間も多くはありませんでしたが、詰め込んだ知識から正解肢を推測し回答したところ、ほとんど正解だったので、びっくりしています。正直、チンプンカンプンの問題もありましたが、そこは先生から教えて頂いた攻略法で凌ぎました。短期間・低予算でFPにさせていただいたことに感謝しています。
・・・・・島根県 松田様


家庭の経済的事情もあり、高校卒業後は、地元にある大手電機メーカー工場の事務職に就職しましたが、28歳の時に工場が閉鎖され、配置転換されるのを機に退職しました。退職後は再就職先を探すため人生初の就職活動を行ってきましたが、履歴書に記載できるような特技や資格も無く、書類審査で落とされることがほとんどでした。結果、派遣や契約社員として過ごしてきましたが、学歴は今更どうにもならないとしても、資格を取ることはできると思い、FP資格を取ることに決めました。お金も無かったので、調べた中で一番安かった御社の教材を購入しました。1問1答式問題集で徐々に力をつけていき、この半年間で3級、2級資格を立て続けに取得することができました。先日、以前より入社したいと思っていた会社の最終面談を受け、今日、正式採用の連絡をいただきました。資格効果の大きさに改めて驚きました。この教材に出会っていなかったら、まだ不安な毎日を送っていたと思います。もし、私のよう人が他にもいるならば、資格や特技を持つことがいかに大きなことなのかをお伝えしたいと思い、メールをさせて頂いた次第です。これからも多くの人にこの教材が届きますことをお祈り申し上げます。私も個人的に身近な人へ紹介したいと思います。有り難うございました。

・・・・・京都府 徳永様


個人的にいくつかの株式投資をやっていますが、テクニカル分析はできてもファンダメンタル分析に自信がなく、今回は経済全般の流れを勉強しようと考え、FP試験に挑戦しました。この勉強を通じ感じたのは、新聞掲載のどの記事を見ても、その内容が驚く程、明確に理解できるようになったということです。実は先生の教材を買う前にいくつか他の会社の教材を試してみました。真面目に取り組んだつもりで試験に挑んだのですが2級で2度失敗し、どうしたらよいものかすごく悩んでいた時に、先生の教材を知り、藁をもすがる気持ちで最後の望みをかけて利用させて頂いた次第です。テキストも要点整理がされていて非常に分かりやすく、特に問題集は先生のご指導どおり、連続3回正解を目指し解きました。この問題集で自分の弱点箇所がはっきり見えてきたことが、点数アップに大きくつながったと思います。社会のしくみが理解できたこと、更に資格を取得できたこと、この2つの出来事がこれからの投資家人生にプラスになることは間違い有りません。本当に有り難うございました。
・・・・・広島県 藤田様


3級に続き、お陰様で2級も1発合格できました。リスク管理で大分、点数を落としてしまったので、試験終了後は滅入っていましたが、タックスと不動産でカバーできたみたいです。この2科目はパーフェクトでした。戦略的に点数を稼げる科目に力を注いだことが功を奏したと思います。この度は試験間際まで、サポートしていただきまして、有り難うございました。
・・・・長野県 三溝様


技能士2級試験の合格証が届きました。自己採点では余裕の合格圏でしたが、そこに到達できたのも先生方スタッフ皆様のご指導あってのことだと感謝しております。会社から取得を義務づけられていましたので、肩の荷が下りました。これからは、この資格を使いたくさんのお客様の役に立ちたいと思っています。
・・・・北海道 近藤様



先生の教材を購入して10日ほどの勉強でAFPに合格できました。言われてとおり、問題集を徹底的に解くことに集中した結果です。私にはこの勉強法がすごくあっていたと思います。
・・・・・宮城県 後藤様

本日、FP3級試験を受験してきました。解答を確認した結果、学科49点、実技40点でとりあえず合格できたみたいです。これも先生の「Iノ−ト&SPM」を信じてやったおかげだと思います。
・・・・・岐阜県 佐々木様

まずはありがとうございました。I ノートとSPM、これで絶対に合格できると確信してやってまいりました。本日試験の解答をチェックしたところ、学科試験は60問中48問正解(正解率80%)、実技試験は46問中36問正解(正解率78%)毎日、音声解説を聞いて、I ノートで確実なものにして、SPMをくり返しやった(約90%の回答率まで)結果だと思います。

一問一答はほとんど出来ませんでしたが、それでも約8割の解答が出来たのも、やり方を信じてやった結果だと思います。一発で2級に合格できたこと感謝しています。本当にありがとうございました。
・・・・・大阪府 長峰様

いつもお世話になっております。昨日、2級試験を受けてきました。新しい内容のものもあったりで少し傾向が変わっていた箇所もありましたが、IノートとSPMで学習していた部分でなんとか切り抜けた、といった感じです。無事に学科は合格ラインを越えました。実技はひねった問題でもなく楽勝だわっと調子に乗ってしまい、ケアレスミスを連発しギリギリのところです。低コストで学習ができとても満足しています。有り難うございました。
・・・・・三重県 西都様

以前教育セットを購入させて頂いた渡辺です。お陰さまで、合格した模様です。 非常に勉強進め易く非常に感銘受けました。有り難うございました。
・・・・・
滋賀県 渡辺様

先生、こんにちは。自分でも信じられませんが、2級に合格することができました。私は40代で子育ても一段落ついたので今の会社には契約社員で今年入社しました。半ば会社から強制的に試験を受けさせられたのですが、試験を受けた中で合格できたのは私だけでした。

社員の方も皆、びっくりしています。全くの初心者でしたが、先生の教材にめぐりあえたからだと、心から感謝しております。本当に有り難うございました。今後はせっかく取ったこの資格を活用していきたいと思います。

・・・・
東京都 金子様

おかげさまで、1月実施の2級試験に、学科・実技とも合格することができました。

1月に入ってからSPMを開始しましたが、非常に有効でした。運も手伝ってか、初めての挑戦で念願がかないました。ありがとうございました。

・・・・・栃木県 加藤様

先生、こんにちは。この度は、お世話になりました。定年退職後、何か新しいことを始めたいと思い先生の教材を購入した次第です。60歳過ぎてからの勉強でしたが楽しく過ごせました。前回3級につづき2級も取得できたのは、先生のおかげです。息子夫婦も驚いています。有り難うございました。先生もお体に気をつけ益々、ご活躍してください。
・・・・・埼玉県 鈴木様

試験が終了しました。自己採点では学科が52点、実技はおそらく40点前後です。十分、合格点には達していると思います。
最初、違う教材を使って勉強していたのですが、いまいちピンと来ず、そこで先生の教材を購入しました。大正解でした。ちょっと、価格が安いので中身が心配でしたが、内容の充実さといいボリュ−ムといい最高でした。こんなに安く、価値ある資格を取得でき、先生には本当に感謝しております。有り難うございました。
・・・・・東京都 藤木様

今日、合格証が届きました。これで、ほっとしております。試験まで事細かい指導くださいまして、ありがとうございました。今度は他の資格でもお世話になると思います。その際にはまた、よろしくお願いいたします。
・・・・・千葉県 瀬名様

先生、合格できました!!
学科、実技両方とも8割を超えていました。2級試験を受験したのは今回で2回目ですが、前回に先生を知っていればとちょっと悔やみます(笑)しかし、念願のFPになれて本当に嬉しいです。今後は、売り込みに励みます。まずはお礼まで。
・・・・神奈川県 関口様

先生、2級試験に合格できました。前回、宅建試験でもお世話になり、これで2冠達成です。今度は行政書士か社労士に挑戦しようと思っています。今後、これらの資格を活かしていきます。これを機に今後、またご相談させていただくことがあるかもしれませんが、宜しくお願いいたします。
・・・・福岡県 相羽様

先般1月に受験した2FPで、学課試験に合格することが出来ました。昨年9月の受験では正解27問と届きませんでしたが、今回は先生の教材を使って合格することが叶い、本当に有難うございました。

次回は行政書士講座の申し込みをさせて戴く予定ですので、その節は宜しくお願いします。私は仕事等で車に乗る機会が多いのですが、その際に音声講義が本当に役に立ちました。
・・・・岐阜県 滝様


卒業おめでとうございます
   

このサイトは1日のうち限られた時間のみの掲載です。

後でご購入希望されてもネット上に掲示されていないことも多々ございますので、必要でしたらこのHPアドレスをお気に入り登録お願い致します。



16日間スケジュール

1日目:ライフプランニング
2日目:ライフプランニング
3日目:ライフプランニング
4日目:リスク管理
5日目:リスク管理
6日目:金融資産運用設計
7日目:金融資産運用設計
8日目:金融資産運用設計
9日目:タックスプランニング
10日目:タックスプランニング
11日目:不動産
12日目:不動産
13日目:不動産
14日目:相続・事業承継
15日目:相続・事業承継
16日目:相続・事業承継
 ↓
本番試験



 効率的学習方法

SPM過去問題集を同じ日に同じ箇所を連続3回繰り返し、自身の得意箇所と苦手箇所を仕訳する。

わかっていても連続3回繰り返すことで脳はその情報を「重要」だと認識してくれる。そうなると、長期間の記憶が可能となる。

       ↓

連続3回正解できた問題は試験日までもうやらない。できなかった問題のみを徹底履修する。

       ↓

勉強開始は前日、できなかった問題から開始する。できる問題からは絶対に開始しない。

       ↓

できなかった問題は解説も良く理解するよう努める。また、SPM問題集の正誤判断には、必ず根拠が必要である。なぜ、自分は○と判断したのか、または×と判断したのかその根拠を自身の中で明確にすること。

       ↓

どうしても理解できない箇所、もしくは調べてもわからない箇所は曖昧にせず、必ず当事務所へ質問すること。

       ↓

学科学習が終了した段階で、試験を受ける機関のHPを訪問し、直近3回分の過去問に挑戦してみる。

尚、実技試験は学科試験よりはるかに簡単である。学科知識があれば対処できる。毎回、類似問題が出題されているため、その出題傾向をしっかり把握することが合格するためには必要。

       ↓

その他、普段から新聞や雑誌の経済欄を読む習慣を身につける。



 得意3科目で合格

全部で6科目の60点満点で構成される試験であるが、6割の36点以上を得点できれば人数に関係なく、何人でも合格させる試験である。

よって、6割とれる科目をつくるべきである。全ての科目に均等配分した学習プランは得策ではない。

最近の傾向としては、かなり専門的要素を問われる問題が増えてきている。以前は広く、浅い知識で対応できたが、現在は広く・深い知識を問われる。



比較的、時間をかけずに点数を取得できる科目は、以下の3つである。

1・
タックスプランニング
2・
不動産
3・相続・事業承継

特別な得意科目が無い人は上記科目に学習時間を余分に配分すると、合格が近づくはず。