本文へスキップ

たった16日間でFP2級.3級に合格できる超簡単・非常識勉強法が遂に登場!!

CONCEPTFP問題徹底研究!合格に必要な知識は限定的です!







 幅広く膨大な知識を短期集中習得!

FP試験が対象とする知識はどれも今すぐ役立つものばかり。しかし、押さえるべき事項は広範かつ膨大です。ですが、この講座の勉強法を実践すれば、あなたも知識ゼロから短期間で合格することができます。

1日3時間×16日=
48時間・・・が、合格に必要な知識習得のためにかかる平均学習時間。1問1答式問題集で得意箇所と苦手箇所をハイスピードで仕分けし、苦手箇所のみを復習していけば、本番試験では60問中45点以上の成績が期待できます。

たった16日で一生涯使える価値ある国家資格が楽して、簡単に手に入る最後のチャンス!

お申し込み&価格の確認はこちら⇒
ボタンをクリック!

※ご希望の級を間違わないようご注意ください。
※「お申し込みはこちら」ボタンより価格をご確認下さい。

<大人気!!売れている実力教材です!!>
        


たった16日間で合格できた超ウラ技 FP2級&3級超短期驚速合格法とは




カウントダウンタイマー


逆転の発想から誕生した画期的勉強法
全問マークシート方式のこの試験では、正解の肢があなたの目の前に置かれています。こういう試験はクイズ方式によって新たな知識を積み重ね、幅広い教養を身につけるほうが、遙かに効率かつ合理的です!!

そういう勉強法にFP試験は適しています。

買ってきた参考書の赤字や太字をわざわざノートに書き写して整理しなければ覚えられないという人こそ、この
合格テクニックを手に入れて下さい。

PCやタブレット、スマホなど、MicrosoftのOffice(Word,Excel)または互換性ソフトが入っている端末をお持ちなら、3週間もかからず、あなたも簡単に合格することができます。

10点アップくらいなら5日程度で十分!!

弊社の教材は編集加工が自由自在です。

教材の編集原本をそのままお渡ししますので、自分の好きなスタイルに変更してご利用下さい(そのままご利用いただいてでも合格できます)。

あなたにとって最適な教材をあなた自身の手で製作することができる画期的な
ポジティブ学習教材です!!積極的に貪欲に知識を吸収して下さい、

与えられる知識だけではなく、自ら進んで求める知識もテキストや問題集の中に簡単に落とし込むことができるので、脳も活発に働き、記憶力アップも期待できます。

FP(ファイナンシャルプランナー)資格を取得する理由はそれぞれだと思います。保険会社にお勤めなら、会社から取得するよう促されることもあるでしょう。

FP取得のために勉強しなければならない内容は多岐にわたり、公的年金や各種保険、金融資産管理、税金、不動産、相続・・・・どれをとってみても、私達の生活の営みに直接かかわってくるものばかりです。

あなたは自分の給与から控除されている健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料、雇用保険料等の社会保険や所得税、住民税等の税額がどのように計算されているか知っていますか?

汗水垂らし、必死に稼いだあなたのお金を国は様々な名目で奪っていきます。

1年間、一度も病院に行ったことが無くても、毎年、数万、数十万円の健康保険料を支払わなければなりません。

せめて、自分の稼いだお金から、@どのような仕組みに基づき、A何の目的のためにBいくら控除されているのか知りたいと思いませんか?

多くの人が「よくわからない・・・」と言います。自分のお金に無関心なのは良くありません。

お金に対する無知が貧困を招きます。国民の無知、無関心をよそに国は国民の知らないところで徐々に、国民の負担額を増やしています。下記のような保険税は徐々に増加してきました。

・健康保険料率は昭和22年時は3.6% ⇒現在は約10%
・厚生年金保険料率は昭和23年時は3%⇒現在は18.3%
・介護保険料率は平成12年時は0.6% ⇒現在は1.8%
・雇用保険料率は一般事業勤務者が9%

上記の保険料率を全部足せば39.1%!!

あなたの給与から39.1%も控除されたら、あなたは生きていけますか?こんなに引かれたら、豊かな生活は無理です。だから、この保険料の半分はあなたが勤務する会社が負担してくれているのです。

給与を引き上げれば、保険料の会社負担も増えるのですから、社員の給与は引き上げたくないというのが会社の本音です。

支払うのは社会保険料だけではありません。社会保険料が控除された後の金額(=所得)には所得税や住民税が課されます。

あなたの給与(=収入)からは、そうやって様々な種類の金額が控除され、最終的に自由に使える金額(=可処分所得)が決まるのです。



国の経済成長率が著しく、個人の賃金が毎年、どんどん上がっていくなら、これらの保険料が上昇しても問題ありません。ですが、実際はどうですか?

残業代の未払いなど、国からの取り締まりが強化されたことで、ようやく少しだけ上がりましたが、20年前の平均賃金からの上昇率はたった1%程度です!

近年は働き方改革により労働時間の管理が厳しくなり、残業が減って賃金が逆に下がる人も増えています。

給与から控除される保険料や税は20年間で著しく上昇しているのに、賃金は上昇していないのですから、国民生活は昔より苦しくなっています。

そこに追い打ちをかけたのが、消費税増税です。
これは明らかな国策の失敗です。

日本人は年々、貧乏になっており、貧富の格差が拡大しています。

相対的貧困率は約15.5%。一人親世帯の子どもに限って言えば50.8%。2人に1人の子どもが、まともな食事もとれず、貧困にあえいでいます。

1億2,000万人のうちの約2,000万人(6人に1人の割合)が貧困状態。これが、今の日本の真の姿なのです。

 
  (厚労省資料:男女の賃金平均値:20年間の賃金上昇率1.01%)
  
 2017年世界の相対的貧困率(OECD資料)
   



個人資産を残し、余裕のある老後生活を手に入れるには"賢くなる”以外、方法は無い!!


日本は国としては厳しい状況です。GDPでは中国に抜かれ、まもなくインドに抜かれて4位に後退すると言われます。

日本がかつて2位にまで上り詰めることができたのは、人口が多く、若年労働者比率が高く、消費意欲が盛んだかったからです。

ですが、少子高齢社会によって、今後、団塊世代、団塊ジュニア世代が同時に年金受給者層になったときは大変です。そして、この世代が消えた後は著しい人口減少が起こり、経済は更に厳しくなります。

そんな世の中になったとき、あなたは
「勝ち組」に入りたいと思いませんか?

勝ち組に入れる人には、共通点があります。それは・・・

社会の常識・知識・情報に精通している

・・・ということです。

年金、保険、資産運用、資産管理、節税対策、不動産投資・相続・事業承継対策などの専門知識があれば、適切な対処で無駄な費用を最小限に押さえることができ、、有益な情報を集めることで投資等によって莫大な資産を築くことが可能となります。

労働収入だけで、豊かな資産をつくるには限界があります。

時間を切り売りする労働収入は、社会情勢や健康不安と常に隣り合わせです。いつ、破綻するかわかりません。実際、新型コロナの影響で想像もしていなかった世の中になり、仕事を失った方が10万人以上います。

貧困状態を生み出さないためには、国民が「
お金」に関する幅広い常識、知識、情報を持つことです。

富を創造するために必要なのが設計図です。その設計図を描くためには専門知識や情報が必要になります。

野球嫌いのプロ野球選手はいません。歌の嫌いな歌手はいません。

高額収入を得ている一流の人達は皆、お金が大好き!!

大きな金融資産が欲しいなら「
お金好き」でなければいけません!!

高額所得者は高額納税を支払うことで社会貢献しています。あなたが使っている道や公共施設、医療福祉など、税金で維持されているもののの多くは高額納税者のおかげで成り立っています。

お金を愛する人は、お金に愛されます。相思相愛でなければその関係は長続きしません。価値の無いところに浪費すれば、お金はあなたの元を去って行きます。

好きな人ができたら、その人の名前、住所、生年月日、出身地、出身校など聞きたいことがたくさん出てきますよね?

趣味や嗜好を知ることで益々、好きになっていくものです。

夢中になっている時の脳は鋭く働きます。愛されるためのアイデアもどんどん溢れてきます。

FPの勉強を通じ、お金に深く関わっていくことで、あなたもどんどんお金の専門家になっていきます。そして、お金に愛されるようになっていきます。


お金に愛されたいなら、お金のことを知るべきです。
FP(ファイナンシャルプランナー)になるのが、愛される近道です!!



お金を理解するための最速方法が、FPの知識を身につけることです。

国民の一人でも多くの方がFP知識を身につければ、裕福で豊かな人生を手に入れることができます。

お金は日本円だけではありません。様々な国の通貨に換えて保管することができますし、証券、株券、金(きん)に換えることもできます。

しかし、取引時の等価交換ですので資産価値は変動します。投資にはファンダメンタル分析はもちろんのこと、テクニカル分析なども必要です。為替変動要因のしくみも理解しておかなければいけません。

資産運用にはボラティリティ−を考慮したポートフォリオも必要です。

いずれにせよ、お金さえあれば、日本という国に縛られることなく、あなたが住みたい場所、暮らしたい場所に行くことができるのです!!

この世に存在する悩みの95%はお金で解決することができます。

一番、つらいのは選択肢を持てない方達です。1万円あれば何百種類のランチメニューの中からその日の気分によって選択できますが、200円しか持っていない人の選択肢は限られています。

選択肢を増やしたいなら、お金に愛されることです。
愛されるには、相手を知ることです。

日本人の多くの方にお金に関する一般知識を持って頂きたいと思っています。そして、貧困から多くの方が脱出できればと願っています。

そのためにもFP知識を習得していただきたいのです!!

国は私達から財産を奪うだけではありません。時として与えてくれます。

与えてくれようとしているのに、あなたがその声をキャッチできなければ意味がありません。国が提供している制度を上手に活用することで、失うはずだった財産を失わずに済みます。

FP試験合格に必要な日数は、たった16日。戦略的な勉強方法で最短合格を狙う!!楽して簡単に合格できる非常識勉強法がコレ。


FP関連業に一定の期間勤務し実務経験を有するか、または試験機関が実施する有料講習の受講を受けない限り、いきなり2級試験を受験することはできません。

多くの方が3級の取得からスタートします。よって、2級を受験する方は3級に合格できる知識を有していることが前提となります。

3級と2級の出題範囲はほぼ同じです。ですが、問われる内容は違います。3級は「一般的な制度概要」について、2級はそこから更に踏み込んだ「制度の詳細」について出題されます。

弊社教材は2級まで合格できる内容で構成されています。何故なら、3級取得後にすぐ2級にチャレンジする方がほとんどですし、そうしたほうが3級の勉強で培った知識の下地があるので合格しやすいからです。

よって、FP2級につき16日間で合格するには3級レベルの知識が必要になります。それでも、たった半月程度で本当に合格できるのか?と疑う方もいらっしゃることでしょう。

誰にとっても1日は24時間。ですが、時間の使い方次第でトンデモない経済格差が生じます。

ネット社会の現在、地理的要因は薄れています。同じエリアの住人でも億万長者と住民税非課税世帯が併存します。彼らは
決定的に時間の使い方が違うのです。

時間の使い方が下手な人はFP試験に合格するまでに何年も要し、時間の使い方が上手な方は半月程度で合格してしまいます。

あなたは、・・・

合格は誰から与えてもらうものなのか?

・・・って、今まで一度でも考えたことがありますか?

この世はすべて「
Give & Take 」です。何かを手に入れるためには、あなたも何かを差し出さなければいけません。

これは、絶対的真理であり、社会の基本ルールです。相手が望むものをあなたが差し出した時、相手もあなたが欲するものを引き渡します。

FP試験に置き換えれば、相手が欲する答えを、あなたが解答しない限り、合格は手に入らない!!・・・ということです。

にもかかわらず、市販のテキストに記載されている内容を一生懸命、ノートに書き写して、勉強した気になっている人達が大勢います。

書き写して満足している人は、相手のことを何も知ろうともせずに、我利私欲に突っ走っている人です。

仏教用語に「我利我利(がりがり)」っていう言葉があります。自分さえよければ他人のことなんてどうでもよいという意味です。

明治以後「我利我利亡者」という言葉が流行りました。

一方、同じ仏教用語に「
自利利他(じりりた)」という言葉があります。

幸せになりたければ、相手を思いやりなさい。他の者に利益を与えることが自らの利益にもつながるという意味です。

FP試験で短期合格したいなら
相手を徹底分析することです。知ることです。その上で相手(=試験実施機関)が望んでいる解答をすることです。

そうすれば、簡単に合格を授けてもらえます。FPの試験機関は、FPと名乗るにふさわしい人材を探すために試験を実施しています。

FPになりたいなら知っておいて欲しい、といった内容を受験者に投げかけているのです!!

弊社教材は、試験機関が過去に出題した内容を徹底分析し、出題傾向を把握した上で作成しております。

合格に不要な知識や情報はカットしています。カットされた知識、情報がこれからのあなたにとって不要だとは言いません。ですが、少なくともFP試験の合格を狙うためには邪魔になります。

合格を目的にしているなら合格のゴールテープに向かって真っ直ぐ、走って行くべきです!!寄り道していたら、ゴールは見えてきません。

弊社教材は市販教材のように、たくさんの知識、情報を並べて、この中のどれかが試験に出ます・・・といったものではありません。

過去の試験問題を徹底分析した上で、試験実施機関のお好きなテーマ、お好きな制度、お好きな問題を見極めた上で、そのお好みに適した解答はコレである!!・・・ということをあなたにお伝えしています。

自利利他に基づき作成されていますので、ピンポイントで合格を打ち抜きます。無駄な要素が一切ありませんので、合格までの時間も最短です。
   


数多くの情報から出題を予想するのではなく、出題される箇所をあらかじめ確認した上で勉強するという
逆転の発想により短期合格は可能になります。

つまり、どこにいるかわからない相手(=問題)に会いに行くのではなく、相手の指定した場所に迎えに行くのですから、会える確率(=合格できる確率)は限りなく、100%に近くなるのです。




16日間という超短期で合格したい方は、今すぐ弊社の問題集を始めて下さい!!

本当に求められている知識が何なのか一目瞭然です。すべての問題を1問1答式で作成していますので、知識漏れはありません。

設問−解答−解説がすべて横一列で整理されており、連続3回正解しますと状況が合格に変わります。電子問題ファイルの最大のメリットはファイルコピーにより繰り返し利用できる点にあります。

何度でも常に新しい状態でご利用いただけます。また、書き込み編集も自由なので、自分の言葉で加筆したり、ネット検索で調べた内容を各設問セル内に直接記入したり、並べて記載することもできます。

それは、知識を脳の長期記憶領域に定着させる効果があります。



1問1問、しっかりと問題内容を確認しながら解いて下さい!!












ライバルに圧勝する非常識勉強法  短期一発合格できるラストチャンス!



(写真はイメージ: 教材は電子書籍となります)              
                    
FP試験は、年3回実施されている国家資格試験です。日本FP協会と金融財政事情研究会の2つの団体が主催で行っています。

全6科目出題され、学科は60問。

実技につきましては、配点方法が公表されていませんが、日本FP協会は3級が20問、2級が40問、金融財政事情研究会は3級、2級ともに15問出題されます。

学科問題は実施団体で共通のものになりますが、実技は異なります。

どちらの団体で受けても、全問中
6割以上正解できれば合格できます。
ですが、出題範囲が広範に渡り、かなり専門性を帯びた出題もありますので、闇雲に勉強していたら時間が足りません!!

弊社では過去10年以上の出題傾向や問題を徹底分析し、合格のみを目的としたテキストと問題集を作成しました。

合格に不要な箇所はバッサリ切り落としていますので、日常、お忙しくて学習時間を十分確保できる自信が無い方は、この教材を是非、ご利用下さい。

短期間+低予算で、人気の国家資格が、簡単に手に入るチャンスです。

 



1時間で10の知識を覚えるか、それとも20、30の知識を覚えるか・・・それは、勉強方法により変わります!!
 
ライバルと同じ時間を使って、学習効果が
2倍、3倍にできたら、理想的だと思いませんか?学習効果とは、試験の点数に直結する成果が出せる勉強法です。

実は、わずか
2週間、3週間程度の学習で弊社教材を使って合格されている人達が今までにたくさん誕生しています。

FP試験は広範囲にわたる様々な分野から出題されますが、その出題には顕著な傾向があります。それを知らずに勉強しても合格に近づけません。

時間を無駄に浪費するだけです。近年、FP試験に合格するためには、膨大な量の情報を習得しなければなりません。FPの取扱範囲は、とにかく広いのです(悲)。そして、専門的内容も問われます。

士業が扱うような専門知識も出題されますので、法制度の概要を理解せず、単に設問と解答の丸暗記だけでは対処できません。きちんと理解した上での暗記が、必要なのです。

そこで、弊社では、よくわからない法律条文や制度に関しても、直接、メールを介して講師との
マンツーマン式(直通メール)で丁寧にご説明致します。

独学ではありませんので、初心者の方も安心してご利用いただけます。

初学者でも短期一発で合格できる人たちが多いのも、弊社の特徴です。保険業界、不動産業界、DCプランナー等、様々な業種の方が、この教材を使い、プロの道に進んでいます!!



FP2級・3級
短期合格を望むなら、
あなたの勉強法を変えるのが近道!!

市販テキストでは学べない合格ポイント
を余すことなく、お教えます!




簡単
かつして、価値ある資格を取得できる
ラストチャンスがこの教材の中にあります!!

合格基準の6割以上の点数を取得するには、3科目以上の得意科目(8割以上正解できる科目)をつくることが必要です!


 
この教材は”
売ったら終わり”の一方通行ではありません

複雑でわかりづらい制度も簡単にご理解いただけるよう、必要に応じ個人的に重要ポイントを解説致します。

ご購入後のご質問は
回数制限なし追加料金なしで可能です!
独学が不安という方もプロの指導で安心して学習いただけます!!

独学合格は茨の道。貴重な時間を無駄に使うことなることも。
点数アップに直結するテーマを徹底学習するのが最短合格のコツ。

この教材を使い、たった、2週間から3週間程度の学習で合格したは多数いらっしゃいます。重要なのは
何をどのように学ぶのか!?・・・です。







  
 面倒・退屈な勉強から、楽しい勉強へ劇的に変化したとき、合格は近づいてくる!!

この教材をご利用いただいた受講者の多くが、
FP2級3級資格を短期間で取得できたのには、理由(ワケ)があります!

試験に出題される内容だけを徹底的に集中して勉強したからです!!

そして、もう一つは、
パソコンを上手に利用したからです。

何が出題されるか理解した上で、パソコンを使って
苦手箇所を見つけ出し、補強できれば、驚くほど短期間で『合格』できます!!

調べたい語句も検索機能を使えば1秒でジャンプします。紙の教科書をぺらぺらめくって、勉強する時代は、もう終わりを迎えつつあります。

情報を探している時間は作業時間であり、勉強時間ではありません。集中力が途切れ、記憶力の弊害となります。

欲しい情報を瞬時に見つけ、
インプット&アウトプットしていくのが、効率の良い勉強法です。それには、パソコンやタブレットを使う学習が最適です。

これから、義務教育の現場でも生徒一人一人に教科書代わりのタブレットが配られる時代がやってきます。

簡単に『
合格』できる勉強法に今すぐ切り替えれば、あなたの時間財産は守られます!勉強は継続が大事です。

ですが、『継続』は口で言うほど、簡単なことではありません。継続させるために必要なのは「
楽しさ」です。

知らなかったことを知る喜びは、楽しさとなります。楽しければ、飽きませんから、継続できます。

この教材は、楽しく勉強できることをモットーに作成されています。学ぶことの喜びを感じながら、ファイナンスに関する専門家の道が開けます。




      FP2級・AFP・FP3級試験対応
               
    


試験に出題される箇所はある程度、決まっています!それを知っているだけで簡単に合格できます!

2級資格を取得するのにかかる日数はたったの
2週間程度です。ほとんどの人が1ヵ月もあれば、合格基準点をクリアできます。

勉強方法と情報戦略が短期合格の秘訣です!!



【合格できる人】と【合格できない人】の差は、本当にわずかな差なのです。

しかし、この差は
勉強法を変えない限り、絶対に縮まらない差です。そして、驚くかもしれませんが、この試験は出題される内容が決まっています。

何がどのように出題されるか、わかっているのです!!

合格できないのは、単純に試験に出題される箇所を勉強していないからです。

短期1発合格できた人は皆、出題ポイントをしっかり把握しています。

近年のFP試験では高度な専門的知識が問われます。

ですから、ポイントを押さえることはもとより、法的制度のしくみを正しく理解する必要があります。

その出題ポイントと制度内容を初心者でもわかるよう、お教えします!!


お申し込み&価格確認はこちら


下図をご覧下さい。色が同じなのは、同じテーマの出題です。
実に8割以上の項目が繰り返し出題されているのが、一目瞭然です。
では、各項目のどこを学ぶべきなのか?

それを、ズバリお教えします!!
 
<2級も3級も同様です>





FP試験の第1問目は、個別具体的な税務相談とか保険相談にFPは応じてはならないという問題です。

法律や制度の概要説明はできても、「あなたの場合には、・・・」といったような個別の相談に対しては税理士資格や保険外交員資格などが無ければ、することができない、といった問題がほぼ、100%の確率で、出題されます。

「雇用保険の基本手当」についても出題率は高いです。会社を離職し、失業保険を受給するには、会社都合による「特定受給資格者・特定理由離職者」と、「自己都合退職者」に二分されます。

この違いにより、算定基礎期間や待期期間、給付制限期間、支給日数などが変わってきます。賃金日額の計算方法や基本手当日額の年齢階層別の上限額と給付率なども変わってきますが、ちょっと複雑ですので、素人が理解するのは大変です。

この分野の専門は、社会保険労務士になりますが、弊社の社会保険労務士が丁寧に解説します。国民年金も老齢、障害、遺族の3つの基礎年金について出題されます。

それぞれの制度が複雑で、分かりづらいですので、実際の問題を解きながら、わからないところがあれば、すぐに弊社の専属講師に質問するのが早い解決法です!!

わからないことは、いくら考えても、わかる時はやってきません。わかる人に聞くのが一番の時短です。


                        
短期合格に本当に必要なのは、努力ではなく要領

 
Q1.FP2.3級試験合格に必要なのは?

ズバリ、受験テクニックです。どの科目のどの箇所(項目)に時間を集中投下すべきか知ることです。情報を制した者が、勝ちます。

そして、いつの間にか勉強することが楽しくなり、気付けば自然と勉強時間が2倍・3倍以上に増えてしまう
ワクワク感が継続学習には不可欠です。

勉強ができない子どもたちは、授業がつまらないから飽きてしまい、継続学習ができません。

「継続は力なり」と言いますが、精神的苦痛が伴うと継続はできません。その結果、知識の絶対量が増えず、試験で良い結果が残せないのです。弊社の問題集は1問1答式で、正誤判断が瞬時に出ます。

ゲーム感覚で勉強することができます。まずは正解数を増やすことに専念してください。類似問題が繰り返し出題されますので、復習も同時に行うことができます。

合格に直結する質の高い「理解とトレーニング」が短期合格には不可欠です。



Q2.受験テクニックとは?


綿密計算された学習内容です。多くの方の学習時間は、学習ではなく
作業になっています。

今日、何を勉強したらよいかを知ることです。この教材はあなたの能力を自動的に
管理してくれます。明確にあなたの苦手箇所を明示し、弱点を教えてくれます。総合点アップを果たす方法は、苦手箇所の克服です。

1日何時間勉強する・・・ではなく、何日までにどこまでの範囲を終了するためには、今日はどこまでの範囲を学習しなければならないのか・・・といった、学習計画の作り方をしてください。

FP試験で出題されるテーマは、日頃から新聞を読んでいる人にとっては、目にしたり、聞いたりしたことがある制度だったりします。

ですので、全く勉強なんかしなくても解ける問題があります。例えば、「ふるさと納税」とか「確定拠出年金」「生命保険」「自賠責保険」「火災保険」「地震保険」「株式投資」などは、実際、制度を利用している人なら、勉強不要で理解できているはずです。



Q3.
受験テクニックを具現化する方法は何?


Iノ−トテキストに記載している内容を理解するよう努めて下さい。その上で問題集を徹底的にやって下さい。問題集で90%以上の正解をコンスタントに出せるようになれば、ほぼ間違いなく合格できます。

問題集に掲載の内容は、実際に試験で頻出している内容になります。短期合格できた人たちは例外なく、問題集を学習の中心に据えています。

問題集だけやって合格できた方達も過去にたくさんいます。

とにかく、この教材に記載されている箇所を徹底履修して頂くだけで合格基準点を超えることができます!!


Q4.
本当に合格できる?


Iノ−トテキストを聴き、SPM問題集をやっていただく事で合格が見えてきます。発売開始以来、1万人以上の方達がFP資格を取得しています。


Q5.16日間なんていう短期で合格できるの?

今まで多くの受講生が実際に合格されています。

何もせず合格するのは不可能です。出題6科目につき16日以内で問題集を完成させる計画のもと、実行していただければ、想像以上の短期間での合格が見えてきます。

6科目につき各科目10問ずつ出題されます。8問以上正解できる得意科目を3つ以上作って下さい。全60問(60点)中36問(36点)以上の正解で合格できます。

8点×3科目=24点を確保できれば、残りは12点。残りの3科目につき、各科目4点以上の正解で合格できます。

各科目に合格最低基準点が設けられているわけではなく、総合で36点以上取れば合格できる試験ですので、戦略的に合格を狙うことができます。

また、ご質問は24時間受け付けています。回数に制限はありませんので、お気軽にご相談ください。


Q6.
1万円台で完全サポートしてくれるの?

はい、弊社教材を特別価格にてご提供致します。高額を出せば資格が取れるなら、誰でも喜んで高額出費を覚悟するでしょう。

しかし、高額教材ほど試験とは関係の無い箇所まで掲載されていることがほとんどです。高額な通信教材では、値段に納得してもらえるよう、それなりに分厚いテキストとなっています。

その中から試験に出題されるのは、3分の1から2分の1程度です。


Q7・
さすがに16日間って短すぎませんか?

合格と学習時間は必ずしも比例しません。非効率な学習法は正に人生の無駄遣いです!

16日間が短いのか長いのか、誰も決められません。一つ言えることは、これだけの日数があれば合格が可能だということです。事実、多くの方が2週間程度の学習で合格されています。

しかし、個人能力差はありますので、ご自身の能力・知識量をまずはご確認いただくのがよろしいかと思います。

社会人なら職業上、避けては通れない法律や制度などとの関わりがあると思いますし、一般新聞(読売・朝日・毎日・産経など)を定期購読していれば、既に知っている内容がFPの学習の中に出てくるはずです。

日経新聞などの経済専門紙も購読されている方なら尚更、豊富な知識をお持ちでしょう。FPの取り扱い分野は私たちの生活に密接に関連していますので、まったく異次元の世界の話ではありません。

そういった意味でも、大学生や社会人であれば、16日間という期間は決して短すぎるというわけではないと思います。


Q8.
他社教材と何が違うの?

勉強の方法です。人間の脳に大差はありません。その人が持つ性格と育った環境、そして最も違うのは、学習の取り組み方です。要領よく出題箇所を押さえていきます。

弊社の教材は電子教材となります。Microsoft社のWord,Excelで構成されていますので、お持ちのパソコンやタブレット等で、どこにいてもご利用いただけます。

ご自宅と会社の両方のパソコンに保存することも可能です。ちょっとしたスキマ時間を使って勉強でき、わからないことがあれば、その場からメールで弊社にご質問いただけます。


お申し込み&価格確認はこちら


FP試験で重要なのは学科試験。
学科の十分な知識さえあれば、
実技試験は簡単!!

9項目の計算式を暗記さえすれば、
対処できます。
              


FP試験の大きな特徴は、出題される問題の
6割以上が正解なら、必ず合格できるという点です。更に出題される6科目それぞれに最低基準点は設けられていません!

つまり、総合点で60問中
36点以上取れば、学科は合格できます。

極端な話、4科目の平均が9点あれば、残りの2科目は0点でも合格できるということです!

真面目な人は、全科目に対して均等に学習時間を振り分けます。しかし、それをやっていいのは、学生時代の成績がオール5だった優等生だけです。

国語も数学も理科も社会も英語も得意だったなんていう人は、この世にそんなにいません。ほとんどの人が得意な科目もあれば,苦手な科目もあったはずです。

各科目に最低合格基準点が設定されていないならば、敢えて苦手な科目に多くの時間を費やす必要などありません!!

苦手なことを1つ覚えるのに費やす時間を得意な科目に費やし、5つ覚えたほうが早く36点に到達できると思いませんか?

短気合格のポイントは早く得意な科目を3つ、つくることなのです。


でも、得意科目を見つけるのにはどうしたら良いのでしょうか?テキストを眺めていても、得意箇所は見つかりません。

問題集をやってみるしかないのです。戦わずして自分が強いか弱いかは、わからないからです。

井真井アカデミーの問題集「SPM」は、あなたの得意箇所、苦手箇所がすぐわかるようにつくられています。

この問題集をやれば、何を勉強すべきかが見えてくるのです。


市販の参考書や問題集を使っていたら、16日間で合格することなんて不可能です。最低でも1か月以上はかかります。

3か月、半年、最悪の場合、合格まで1年以上かかってしまうかもしれません。

ソフトを使って勉強するメリットは、とにかく
スピードなのです。

ふと頭をよぎった過去に勉強した箇所の再確認が、パソコンを使えば、たった1秒で可能です。

紙の参考書の場合、どこに記載されていたかペラペラとページをめくらなければなりません。

単語なら目次で探せるかもしれませんが、文節なら大仕事です。

結局、見つけることができず、モヤモヤした状態のまま放置状態が続くかもしれません。

FPは金融設計業ですから、パソコンの操作能力が業務には不可欠となります。今時、手書きの資料をクライアントに提出するようなFPはいません。

日頃の業務の延長上にSPM問題集をご利用下さい。

そして、実技試験は学科試験の応用編です。学科で覚えた計算式を実例にならい実際に計算してみます。

公式がしっかり頭に入っていれば、簡単です。複雑な計算式は一切ありません。

「+」「−」「×」「÷」以外、使いません。

あなたの学習に対する考え方とその方法をちょっと変えるだけで、合格はあなたが想像する以上に、いとも簡単に掴むことができるはずなのです。

が、残念ながら、戦ベタの人が多いのが現状です。

下記の表は試験機関が公表している受検申込者・合格者等の状況です。

注目すべきは二点です。

1点目は申込者数と受検者数の差です。どの科目も申込者のうち
3割近くの人が本番試験にやってきません。

試験を受けても合格できる見込みが低いため、
諦めている人が約3人に1人もいるのです。

2点目は2級、AFP試験における学科試験の合格率の低さです。このレベルの等級試験では、学科試験において難問が多く出題されます。

幅広い知識が求められるだけではなく、各法律・制度等について
専門的な知識まで問われています。

これらに対処するためには、効率良くまとめたテキストや問題集が必要です。

また、2級試験に対処できる3級レベルの知識がしっかり、習得されていなければ、2級やAFPを取得するのは困難なのです。

ただ、漠然と勉強していては合格できません。



この教材を使えば
1ヵ月もかからずに、主要ポイントがチェックできます!



市販されている参考書や通信教材に記載されている内容は、とにかく量が多くて、消化しきれません。

言葉も専門用語を並べているだけで意味がわからないものもたくさんあります。

言葉の羅列で「いったい何が重要」で、「どこが試験に出題されるのか」よくわからないのです。

結果、何が起こるかといえば、毎回
全体で約5万もの人が本番試験に姿を現さないという悲劇が生まれてしまうのです。

5万人って、プロ野球の球場を埋め尽くす満員の観客レベルです。

FP試験は毎年、1月、5月、9月の年3回実施されていますから、単純計算でも
年間15万もの人が試験を放棄していることになります。

これほど多くの人達が高い受検料を支払っても試験を受けに来ないのですから驚きです。

特にFP2級・AFPを受検できる方はFP3級資格を保有しているか、FPに関する業務に関し、2年以上の実務経験を有している方、もしくは日本FP協会のAFP受検資格研修を受講済みの方になります。

最低でもFP3級レベルの知識を有していませんと、とても太刀打ちできません。

更に出題範囲は広範かつ専門的になります。当然、学習すべき知識量は半端ではありません。

2級、AFP、3級共に出題科目は大きく分けて6科目となりますが、最初の科目のライフプランニングでは「年金」について勉強します。

「年金」という言葉は聞き慣れた言葉だと思いますが、年金にも一般的に皆さんが知っている老後にもらえる老齢基礎(厚生)年金以外にも「障害」「遺族」「寡婦」年金、企業年金、確定拠出年金など複雑な年金制度がたくさんあります。

それぞれに適用要件や支給要件などが異なりますから、初めて勉強する人にとってはさっぱり理解ができないと思います。

しかし、そんな複雑な制度の中でもFP試験で問われる内容というのはある程度決まっています。

それを知っている人はその箇所を集中的に勉強することで効率良く点に結びつけることができます。

井真井アカデミーでは、過去に出題された問題を徹底研究し、あなたの貴重な時間を無駄なく学習にあてていくただくため、
試験に不要な箇所は、バッサリ、切り落としました

本当に必要な箇所を徹底的に復習することで試験に合格するために必要な知識だけを学ぶことができます。

お申し込み&価格確認はこちら





不要箇所はカット!!
合格だけを目的につくられたテキスト!



井真井アカデミーがご提供しますテキストや問題集は、市販されているテキストや参考書類とは異なります。無駄な箇所は掲載していません。

合格だけを目的に作成されたテキストになります。この試験は総合点で全体の
6割以上正解で合格できます。

満点は不要です。しかし、合格に最低限必要な6割は軽く超えられる内容を掲載していますのでご安心下さい。

もし、学習中にわからない箇所にぶつかったり、もっと、詳しい説明が必要な場合には、お気軽にお問い合わせ下さい。
あなたが合格できるまでサポートさせていただきます。

この試験の科目は全部で6科目です。学科試験は各科目10点配点の満点60点。そのうちの6割(36点以上)正解で合格できます。

科目ごとに最低基準点などは設けられていません。どの科目でも構いませんからトータル
36点以上取れば合格できるのです。

合格のコツは、
得意科目を3つ作ることです。どの科目でも構いません。8点以上とることができる科目が3つあれば、合格率は飛躍的に上昇します。

比較的、狙い目なのは、タックスプランニング、不動産、相続・事業承継です。



1  ライフプランニングと資産設計 4  タックスプランニング
2  リスク管理 5  不動産
3  金融資産運用 6  相続・事業承継


  【試験に主に出題される項目】



短期1発合格を目指すなら、この
ウルトラテキスト「Iノート」を
使うべきです!

編集加工自由自在だから勝てる!!

井真井アカデミーが提供しますテキスト「
Iノート」はMicrosoft社のWordおよびAdobe社のPDFファイルで作成されています。

そのため、お手元のパソコン内にこれらのソフトまたは互換ソフトが入っていればご利用いただくことができます。一般の紙媒体の書籍とは異なりますのでご注意下さい。


 





理解している箇所を何度も
復習するのは最もダメな勉強法

連続3回正解できる箇所は、
「復習しない決意」が大事!



テキストには、更に解説音声がついています。テキストを開いたら、該当箇所を説明する音声ファイルを同時に開きます。

試験ではどこが重要ポイントになるかを音声にて解説しています。

テキストは印刷することも可能ですが、印刷する箇所は最小限に抑えて下さい。

既に理解している箇所を印刷するのは得策ではありません。受検までに準備ができずに試験放棄してしまう多くの人が陥る罠(ワナ)がここにあるのです。

総合点6割以上で合格できるのですから、合格に必要なのは「知識量」なのです。一つでも多くの知識を習得することが1発合格には必要です。

貴重な時間は新しい情報や知識を習得するために使用すべきです。

学科試験は択一式であり、
完全マークシート式ですので、ある意味、薄ら覚えであっても対処できる問題が少なからずあります。

FP試験では他の国家資格試験で出題されるようないわゆる「引っ掛け問題」はほとんど出ません。

ですから、大凡、理解できている内容ならば、何度も繰り返して復習する時間を確保するよりも、新たな知識を習得するための時間を確保したほうが良いのです。

井真井アカデミー提供のテキスト「Iノート」は理解できている箇所を削除したり、必要な言葉を付け加えたり、インターネットで調べた内容を「コピー→貼り付け」することができます。

あなたにとって一番、必要な情報だけをまとめたテキストに変形することができます。そして、絶対にやってはいけない勉強法は、テキストに掲載されている内容を他のノートなどに書き写す「作業」です。

全問マークシートの回答方式ですし、答えは目の前の選択肢に書かれているのですから、どれが答えか知っていれば、それで足ります。ノートに書き写してまで暗記するような内容は、一切、ありません!



1問1答式問題集「SPM」は実際に出題された問題を詳細説明!苦手箇所発見で点数アップ!!


FP3級学科試験は前半30問が単純な正誤問題。正しいか、間違っているかを判断するだけの問題です。

後半30問は3肢択一式問題となります。一方、2級およびAFPは全問4肢択一式問題で各級ともにマークシート解答方式を採用しています。

ここで気付いて頂きたいことは、一つの正解肢を選ぶにしても、それぞれの肢を読み、その肢が正しいのか、それとも間違っているのかを判断していかなければならない・・・ということなのです。

このような訓練を日頃から積んでいくには、最初から「
1問1答式」問題集を使うのがベストです。

1問1答式問題集を使えば曖昧な理解の問題を見つけることも容易になります。つまり、

自分自身の弱点を発見することができるのです!!

弱点が見つかることで、補強すべき箇所(復習が必要な箇所)がわかります。その箇所を徹底履修することで総合点がアップし、全体の6割を超えることができるようになります。

井真井アカデミー提供の問題集「SPM」は、Microsft社のExcelで作成されています。

SPM問題集を使用するメリットは他にもあります。SPM問題集は設問、解説、解答が
横一列に並んでいます。

すべてがこの横一列で解決できるようになっています。それは、あなたの集中力を邪魔しない工夫なのです。人間の五感の中でその80%を占めるのが「
視覚」です。

人はほんとんどの情報を視覚から取り込むことが、科学的にも証明されています。

もし、設問の解説や解答が異なるページに掲載されていたり、または同一ページ内でも段差を伴う箇所に掲載されていますと、それだけで設問内容との関連付けが薄くなり、強烈な印象を記憶として残すことが困難になります。

SPM問題集を利用したほとんどすべての受講者が、短期間で1発合格している理由は、実はここ(設問・解説・解答横並び)にあるのです!!

お申し込み&価格確認はこちら






 
SPM問題集は各設問ごとに正誤判断していきます。あなたの回答が正しければ○、間違っていたら×がすぐに表示されます。

また、設問の左右隣セルにカーソルを当てれば詳細な解説が飛び出します。ファイルは何度でもコピー保存ができますから、繰り返し学習も容易にできます。

更に、できた問題とできなかった問題の区別がはっきりしますので、弱点克服に大いに役立ちます。

自宅でも会社でも出張先でもゲーム感覚で愉しみながら勉強できるのです。







そして、SPM問題集はあなたの理解度を徹底管理します。成績表の○×をクリックするだけで該当箇所の設問へジャンプしますので、苦手な設問克服も容易です。問題は科目ごとに構成されています。

科目ごとに区分し、どんな問題が繰り返し出題されているか自然と把握できるようになっています。

「あれっ、また同じ内容が問われてる!」
と、感じるはずです。

つまり、どのテーマが試験で重点的に頻出されるかわかりますので、無駄な学習を避けることができるのです。これこそが短期学習合格の最大の秘訣なのです。





                     
             
FP資格は企業が求める大人気資格
 この世の悩み・不安の9割は
お金が解決してくれます!!

近年、企業アンケートで会社が社員に求める「取得して欲しい資格」にファイナンシャルプランナーが上位にあがっています。

高年齢者の雇用制度が改正され、自社の定年退職制度を変更する企業も増えました。

公的年制度や将来のリスクに関する管理、税制、ファイナンス、不動産、事業承継や相続などに関する幅広い知識を有するファイナンシャルプランナーは、企業にとっても即戦力です。

今、国民すべてが、将来に対する何かしらの「不安」を抱えながら生きています。

この
不安の9割を占める元凶は、お金です。

職を失うのではないかという不安、所得が下がるのではないかという不安、病気になったらどうしようかという不安、介護が必要になったらどうしようかという不安。

様々な不安がありますが、つきつめれば、それは「お金」に対する不安でしょう。

不安という重石を背負いながら生きる人は、そんな重石の一つでも二つでも取り除いてくれる人を渇望しています。

それに応えることができるのが、ファイナンシャルプランナーです。

この資格を取得すれば、お金のスペシャリストになることができます。通貨はグローバルです。

投資対象でもあります。日本人は金銭といえば、労働対価の金銭であり、汗水垂らして働いて得た金銭だけが尊いものだという意識が根強くありますが、投資で得た金銭も政府の補助金制度で得た金銭も節税対策で戻ってきた金銭も「金銭」であることには何ら変わりはありません。

「お金」には、「このお金は労働で得たお金です」とは記載されていません。社会的ルールに反しない方法で得た金銭は、どれも同等の価値を有しています。

この世には数え切れない額の金銭が、あなたの目の前をヒラヒラと舞っています。

それが見える人は、いとも簡単に掴まえることができますが、見えない人には掴まえることができません。

目の前に舞っている「金銭」を見つける「目」を持つことができれば、誰でも掴まえることができます。

この「目」とは、すなわち「
お金に関する知識」のことです。

「金銭」を掴まえたいなら、「金銭」という生き物の生態・特性を知る「知識」を身につけなければなりません。

それを井真井アカデミーでは、詳しくお教えします。

              
 合格に満点は不要!
36点以上あれば、絶対合格できる

               
FP試験は近年、極めて専門的な分野にわたり出題されるようになってきました。

FPの試験内容を見ますと、新聞や雑誌から簡単に入手可能な一般情報からの出題も目立ちます。

ですから、既にあなたが知っている情報なら、それだけで点数を加算することができます。

日頃から新聞等に目を向ける習慣が必要です。しかし、一般情報資料からの知識だけで合格できるほど、この試験は甘くありません。

公的年金制度や、実務的な税額計算、不動産取引における権利関係や登記制度など、複雑かつ難解なテーマからの出題もあります。

広く浅い情報だけでは太刀打ちできないのが現状です。ですが、合格するのに満点は必要ありません。

この試験は全体の6割以上正解できれば、合格できますので、完璧主義は短期合格にとって、かえって邪魔になります。

そして、6割を超える唯一の方法は過去問題にフォーカスすることです。検定試験では、各級レベルにおいて、過去の合格者との知識レベルに差が生じてしまうのを極力、避ける傾向があります。

過去合格者の知識レベルを維持・承継しようとしますと、必然的に問題は似通ってきます。

よって、どのテーマ(項目)から出題されるかは、かなりの高確率で予想できるのです。

でしたら、その出題箇所(テーマ)を徹底的に攻略したほうが得策です。闇雲に広範囲にわたり学習する必要などないのです。

私が2級、3級をわずか半月程度の学習で合格できたのにも、ここに秘密があります。

私は進学予備校講師として、受験学習における専門家でしたので、近年の出題傾向を分析することに関してはお手の物でした。

何が出題されるか分析・解析を行い、自分に不足している知識だけを補い試験に挑みました。

毎日、新聞や雑誌等から政治、経済、社会欄をくまなく読んでいますので、実際に私が合格までに費やした時間は、2級、3級いずれも5日程度です。

ですが、さすがに5日で十分とは皆様には言えません。

復習期間も含め16日間ほどあれば、合格に手が届くのではないかと思います。実際、何も知識・情報の無かった方が弊社教材を利用し、合格されるまでに要した期間の
平均は3週間程度となっています。

10日から2週間程度で合格されている方も多くいらっしゃいます。

受験者の多くの方が市販テキストを購入後、最初の1ページ目から勉強を始めると思います。

過去問を分析研究しますと、市販テキストの1ページから丁寧に勉強していたら、おそらく合格するまでに2〜3ヵ月は最低でもかかると思います。

出題箇所だけをしっかり、押さえ、全体の6割以上正解で合格できるのですから、もっと、効果的な学習法を実践し、なるべく勉強時間は短く、合格したいと思いませんか?

FP試験で問われる内容というのは、あなたのこれからの人生設計に大いに役立つであろう情報・知識です。

経済的に自由にならない日々を送っている人には、是非、学んで頂きたいです。

経済的勝者になるためには、経済のしくみを知っていなければ勝てません。ルールを知らずして試合で勝つのは不可能です。

株や金利がどんな状況下で昇降を繰り返すか、知らない人が、金融取引で勝てるはずがありません!

「知らぬは損」という言葉がありますが、世の中は情報格差による経済格差が蔓延しています。

本当に価値ある情報を手に入れた人には、楽しい明るい未来が待っています。短期合格に欠かせないのは、「学習の取り組み方」です。

最初の取り組みを間違えば、その先にゴールが見えてくる日はやってきません。

正しいスタートラインと進むべき正しい方向を私がお教えします。あなたの向かう先には、必ずゴール(合格)が見てくるはずです。

ですから、安心して最初の一歩を踏み出してください。

 
 合格するための画期的学習教材は、
合格するという目的達成のためだけ
につくられた教材!!

これから、あなたにご案内します弊社教材の
Iノートとは、実際に試験で問われている「点数加算されやすい重要箇所」を分析し、マイクロソフト社のワード(word)とPDFで、まとめたテキスト教材です。

この教材内容を補足するため、音声解説(MP3ファイル)もついています。

そして、
SPM問題集は実際の過去問を1問1答方式に変換し、あなたの得意箇所と苦手箇所を簡単に仕分けいただけるよう編集しています。

これにより苦手箇所の徹底履修が可能となり、得意箇所の復習を避けることができます。

時間を最大限、有効活用し、
短期間で合格できるよう作られています。設問のすぐ隣に詳細解説が付され、また、回答した瞬間にその回答が正しいか否かが判定されます。

ゲーム感覚で楽しく勉強いただけます。

これらの教材は、
合格することだけを目的に制作された究極の合格教材です。試験に不要な情報や知識で埋め尽くされた市販の参考書籍とは、一線を画します。

お持ちのパソコンやタブレットPCなどでご利用いただくことができます。しかし、
マイクロソフト社のOfficeソフト搭載端末である必要があります。

市販されているパソコンの多くは、購入時に既にOfficeソフトが搭載されていますが、不安な方は、サンプルをこのサイトから入手し、お持ちの端末でご利用いただくことができるかご確認ください。

勉強する際の難しい操作は一切ありません。小学生でもご利用いただけるくらいの簡単操作です。

FP試験は、3級から2級へと進みます。2級受験には3級合格者でなければ受験資格がありません。

ですが、FP関連業務に2年以上の実務経験を有する方や日本FP協会主催の受験講習(有料)を受け、受験資格を取得された方は、最初から2級(AFP)から受験することができます。

ほとんどの方が3級受験から開始しますが、
2級までは一気に取得してください。

2級合格には3級の基礎知識が絶対に必要です。受験期間が空きすぎると、せっかく覚えた知識も忘れがちになります。

FP試験は年間3回(1月、5月、9月)実施されていますので、継続してチャレンジするのがオススメです。

この試験は全問マークシート方式であり、記述式問題は実技試験の一部を除き、ありません。

学ぶべき知識・情報はすべて独立しています。どこからでも学ぶことができます。

よって、テキスト内容をノートに書き写している時間があるなら、繰り返し、読んだほうが記憶に残りますし、効率的です。

「公的年齢の受給開始年齢は65歳からであり、受給資格期間は10年以上である」という内容をノートに書くより、

「年金は65歳から、受給資格期間は10年以上」と3回声に出したほうが記憶に残ります。

SPM問題集を解く際に、この知識が記憶として残っていれば、簡単に正解できます。

正解できたら、もう、覚えているということなので、何度も復習に時間を使わないことです。

得意箇所を何度繰り返しても1点からは増えません。賢い人は
同じ時間で、異なる情報を取得しようと努力しています。

全6科目もありますから、自分の得意科目を知るためにも、最初の1回は一通りやってみる必要があります。

その際、最初の科目から最後の科目までの履修期間が長すぎますと、最初の科目を復習する時には、せっかく覚えた知識もうろ覚えになっていたりします。

全科目の履修は短期間で行い、予習ー復習の1サイクルを1分でも短くしようと心がけることが肝要です。

FP試験は、広範囲から専門性を帯びた問題も出題されるため、その学習方法を誤りますと、何度、挑戦しても合格できません。

試験と同じ四肢択一式問題集を利用しますと、正解肢以外の3つの選択肢には意識が向きづらくなります。ここが落とし穴です。

実際の試験では、今回は正解肢とならなかった3肢が、異なる機会では正解肢にされている場合が多く見られます。

FP試験の設問の問いかけ方に注目しますと、「次のうち正しい肢はどれか?」というのがある一方で、「次のうち誤っている肢はどれか?」というのもあります。

問いかけが逆転すれば、正誤も逆転します。正解肢だけ覚えれば済むという話ではないのです。

四肢択一式問題においては、すべての肢について、正しい理解が求められるのです。

それを可能にするためには、1問1答式の問題集を普段から利用すべきなのです。各肢について、理解を深めておくべきなのです。

そして、FP試験では、
改正されたばかりの法律についても出題されますので、古い教材を使っていては危険です。

市販書籍では、論点が本番試験の内容とズレているものもあります。

例えば、試験では障害基礎年金の支給要件が頻出しているのに、受給資格要件を中心に論じているような書籍です。支給要件と受給資格要件では、内容がまるっきり違います。

SPM問題集は試験に必要な重要事項にあなたの意識がしっかり向くように編集加工されています。

また、何故、その回答になるのか、詳細解説もキーワードを交えて行っています。

テキストも問題集も編集可能なWordやExcelでご提供しますので、あなたが後から、自分の言葉を加筆したり、ネット等で調べた情報を貼り付けたりして、あなた専用のオリジナル教材に作り変えることもできます。

このIノートとSPM問題集をご利用になれば、FP2級資格なら16日間程度、3級なら14日間程度で合格圏まで到達することが可能になります。

今日まで多くの受講者様が、この短期間学習プログラムを利用し、合格を果たしています。

試験合格に必要なそのほかの資料もお問合せいただければ、弊社より
無料で取得することができます。


少しでも難しいと感じたら、合格はできません!!合格はすぐ手の届く場所にあります。

多くの方が経験されているかと思いますが、苦手意識を持ちますと、大抵、うまくいかないものです。

試験で失敗する方達は、設問内で使用されている語句の読み方や使い方、意味などが曖昧で、何を問われているのかさえ、わからなかった。と、言います。

かなり深い専門知識を問われる場合もありますので、何種類かの法律関係にある程度、精通していなければ、理解できない場合もあります。

ですが、設問の関連法と条文を素人が見つけるのは大変です。

表意者に錯誤があった場合は原則、無効だが、表意者に過失があった場合は、無効を主張することはできない

・・・という問題があった場合、これに関連する条文が民法の第95条だとすぐにわかる人は多くありません。

ちなみに上記設問内容は間違っています。

ここで「わからない!」と頭を抱えてしまいますと、わかる日はやってきません。

このような
メンタルブロックは、記憶力に悪い影響を及ぼします。正解できない時は、間違った原因の分析が必要です。

法律用語を理解できないのか?それとも文章の読解力が不足しているのか?・・・原因によって、対処法も変わってきます。

もし、制度概要が正しく把握できずに、悩んでいらっしゃるなら、弊社にご連絡ください。その悩みを即時解消致します!!
 


 
 市販教材に記載の3分の1は、
試験採点とは無関係な内容!!

出題箇所をデータ化し、その類似出題傾向を分析したところ、毎回、出題される箇所の範囲が同じであり、尚且つ、出題文も完全同一文が散見していることに気づかされました。

各科目の出題テーマ(項目)は、いくつかのグループに分類することができます。

色が塗られた箇所は、過去に出題された箇所です。こうやって見てみますと、60問中、実に95%以上が色塗りされてしまいます。




出題項目を市販されている一般参考書籍に落とし込む作業をやってみますと、過去5年間(合計15回実施)のうちに、一度も出題されたことがない箇所が大量に記載されていることに気づかされます。

そんなページが、3分の1以上ありました。

仮に200ページテキストなら、60ページ以上が試験に出題されたことがないテーマを記載している計算です。

これは試験の合格とは直結しない内容だという意味であり、情報・知識そのものに価値がないという意味ではありません。

時間の無い中で合格を果たすためには、それらの知識は役立ちません。

仮に今まで一度も出題されたことがない問題が、その参考書籍に記載されていたとしても、取得できる点数は1点か2点程度です。

競争試験ではありませんので、この不確かな1点、2点取得のために、多くの時間を費やすことは、生産性が低いということなのです。

お金にならないサービス残業のようなものです。
正直、捨ててしまっても構わない知識・情報だと思います。

IノートとSPMを使った受講者の方の実に8割以上が、FP試験に合格されています。

弊社は売ったらおしまい、ではありません。
メールを介して直接、講師と質疑応答が可能です。

教材入手日からサポートが開始されますので、素人の方でも法知識ゼロの初学者の方でも安心して学習が始められます。

受験テクニックとは、楽をするということだけではありません。効率良く学習するということです。

職場でも仕事のできる人は効率良く仕事を回し、大きな利益を会社にもたらします。利益に結びつかない作業を徹底排除し、有限である時間を上手に活用できる人が、昇進組であり、成功者です。

すべての成功の陰には戦略があります。

普段、忙しい日常の中で、限られた学習時間の中で、時間をどのように使い、何に対して使い、そして、どのような結果を出すのか?

その答えを明確にできた人なら、合格は難しくないはずです。

市販テキストに赤字で書かれた箇所だけ覚えれば良いと考えるのは早計です。語句の単純な意味だけを問う出題はないからです。

お申し込み&価格確認はこちら

PC利用は時代の流れ。
上手に使えば数倍の学習効率!




家族や友人、恋人以外でこの世で一番大切なものは「時間」。

時間はすべての人に対して公平ではありません。
人の一生はバラバラです。だからこそ、最善の使い方を考えなければいけません


仮に人生80年と考えた場合、20歳からの60年間に1日6時間睡眠の人と8時間睡眠の人を比べたら、8時間睡眠の人は5年間も余分に眠っていることになります。5年間も眠り続けた状態だということです!!

5年もあれば、いろいろ変わりますよね。

デジタルディバイドという言葉があります。これは、パソコンなどのデジタル機器を使いこなせる人と、そうでない人の間に生じる経済格差のことです。

若い世代はパソコンよりスマホのほうが主流でしょうが、ビジネスの世界においては、プロジェクトプランや見積書などの作成に、パソコンが必須です。

海外取引先とのメール交換においても、情報の社内共有のため、社内PCを利用します。

スマホ操作しかできない若者が増えつつあり、企業も困っている実態があります。

普段からExcelやWordなどに慣れ親しんでおいたほうが、ビジネス上、絶対に役に立ちます。そして、業務作業の短縮に最適です。

この機能を資格取得学習に取り込んだのが、弊社教材です。

勉強をしながら、合わせてパソコン操作も習得いただくことができます。これこそ、時代の波に乗るということです。

2020年からは小学校でプログラミング授業が開始されています。次の世代は完全なデジタル世代の子供たちです。

彼らに遅れをとっていたら、豊かな老後は送れません!!貧しい高齢者があふれます。老後の生活資金2,000万円が必要だと金融庁が発言し、慌てて撤回しましたが、これは紛れもない事実です!!

年金システムは破綻寸前です。国がどんなに必死に少子化対策をやっても、出生率は過去最低を記録し、年間40万人ずつ人口減少しています。

だからこそ、時代の波に乗るための最適なサーフボードをこの機会に入手してみてはいかがでしょうか?これは、先行自己投資です。

先に、市販テキスト掲載の3分の1以上の情報が試験の点数には直結しないと、お話をしましたが、中には所得税率、贈与税率、相続税率等まで一生懸命、覚えようとしている人がいらっしゃいます。

もし、あなたもそれらを全部、丸暗記しようとしているのならば、最初に言っておきますね。

残念ですが、それらの数値は出題されません。計算が必要な時は
速算表として提示されるからです。

試験で出題されるのは決まった数字(計算式)だけです。これは約9個あります。

そして、合格の36点以上を超えるためには、得意科目を3つ、早い時期につくってください。

最近の傾向としては、
ライフプランニングリスク管理科目は難しくなっている印象があります。

年金スペシャリストである社会保険労務士が学ぶような内容が散見しています。

これらの科目よりも単純暗記科目のタックスプランニングや、不動産、相続・事業承継などのほうが加点しやすいかもしれません。


これをチャンスと感じるか、それとも嘘くさい話だと無視するか、その判断はあたなにお任せします!

あなたが、このサイトを見つけたのも、きっと偶然でしょう。

でも、あなたが通りすがりに偶然、見つけたこの「賢者の石」を私は、あなたに拾って頂きたいと、心から思っています。

この資格は、あなたの未来を左右する価値あるものです。
独立開業で1,000万円以上も夢ではありません。資産運用で莫大な利益を得る可能性も高まります。

この教材は、あなたの成功の舞台を陰から演出致します。どう立ち回れば素晴らしい舞台となるか、アドバイス致します。

あなたが、IノートとSPMをプログラムに沿って、きちんと勉強し、FP試験に合格していただければ、これに勝る喜びはありません。

この教材に含まれる情報の真価はあなたの
合格以外では、はかることができないからです。

情報は利用されてこそ、価値あるものです。ですので弊社は有益な情報をあなたに発進し続けます。

あなたが、合格できるよう全面的にサポートすることをお約束致します。真剣に取り組んでいただければ、合格はすぐつかみ取ることができるはずです。

私が、

「あなたの学習効果を
2倍3倍にする方法をお見せします。そして、わずか2週間から3週間程度の期間で合格できる方法を教えます。

尚且つ、それも
1日たった2時間程度の学習で達成できる方法をお教えます!!」

と、言ったなら、あなたはその方法を学びたいと思いますか?

きっと、あなたは、この質問に「イエス」と答えるでしょう。
それを実現するのが「
IノートとSPM問題集」です。

その効果を是非、体験してください!!





知識ゼロからの超短期合格教材
Iノートテキスト&SPM問題集
【音声解説CD12枚分相当付】

   FP3級用教材 (完全メールサポート付)

      


希望販売価格22,000が今だけの特別オフ!!

ダウンロード商品)

15,980 (税別) 


  
特別割引価格は、2021年6月25日(金)
まで
※上記金額は期限後、予告なく変更させていただきます
【取扱金融機関】

 
教材内容【専用テキスト・問題集・音声解説】  
1:24時間いつでも質問メール受付
2:直近
20回分の分析一問一答問題集(科目別配列)
3:
試験関連資料を無償提供
            

 科目  テキスト  音声解説   問題集
 1問1答
その他
関連資料
 ライフプランニング  35ページ  各科目
約1時間

320MB
各科目
 270問
     
55ファイル 
 リスク管理  19ページ
 金融資産運用  30ページ
 タックスプランニング  36ページ
 不動産  25ページ
 相続・事業承継  16ページ
 合計  161ページ  約6時間 1,620問  


ご注意
当該商品はダウンロード商品になります。ご入金確認ができましたら、専用のダウンロードページと使用開示パスワードをお申し込み時にご記入いただきましたお客様のメールアドレス宛にご案内致します。

当該教材は専用ホームページより試験に必要な各科目をお客様のパソコンへ直接ダウンロードしていただく商品になります。一度、ダウンロードされた教材はお客様自身で削除されない限り消えません

簡単操作で学習いただけます。Windows,Macパソコンにエクセル、ワードソフトがパソコンに入っていれば、ご利用いただけます。

動作環境
Microsoft Word Excelともに2003,2007,2010,2013,2016、2019または互換ソフト、
CPU:Intelプロセッサー、OS:Microsoft XP,Vista,Windows7,8,10、Mac PC
メモリ(2GB以上)/HDD(1GB以上)推奨


紙を使用した教材ではございませんのでご注意くださいませ。また、お持ちのパソコンの空き容量メモリは1GB以上を推奨致します。ダウンロードができない場合には、ご相談くださいませ。

更にダウンロードが面倒な方、苦手な方、パソコンの空き容量に不安を感じられる方は、ダウンロードすべき教材をすべて1枚のCDに入れて、お客様のご住所へ直接、郵送することも可能です。
その際は、
別途800円かかります。ご希望のお客様は下記からお申し込みいただけます


(FP3級CD郵送商品)

16,780 (税別)

  

       知識ゼロからの超短期合格教材 
  Iノートテキスト&SPM問題集
  
   
【音声解説CD12枚分相当】
    FP2級用教材 (完全メールサポート付)
AFPにも対応しております




希望販売価格22,000が今だけの特別オフ!!

 
(ダウンロード商品)
15,980 (税別)


 特別割引価格は、2021年6月25日(金)まで
※上記金額は期限後、予告なく変更させていただきます
【取扱金融機関】



教材内容【専用テキスト・問題集・音声解説】
1:24時間いつでも質問メール受付
2:直近
10回分の分析一問一答問題集(科目別配列)
3:
試験関連資料を無償提供

 

 科目  テキスト  音声解説   問題集
 1問1答
その他
関連資料
 ライフプランニング  35ページ  各科目
約1時間

320MB
各科目
 500問
     
55ファイル 
 リスク管理  19ページ
 金融資産運用  30ページ
 タックスプランニング  36ページ
 不動産  25ページ
 相続・事業承継  16ページ
 合計  161ページ  約6時間 3,000問  

           

ご注意 当該商品はダウンロード商品になります。ご入金確認ができましたら、専用のダウンロードページと使用開示パスワードをお申し込み時にご記入いただきましたお客様のメールアドレス宛にご案内致します。
当該教材は専用ホームページより試験に必要な各科目をお客様のパソコンへ直接ダウンロードしていただく商品になります。一度、ダウンロードされた教材はお客様自身で削除されない限り消えません

簡単操作で学習いただけます。Windows,Macパソコンにエクセル、ワードソフトがパソコンに入っていれば、ご利用いただけます。

動作環境
Microsoft Word Excelともに2003,2007,2010,2013,2016,2019または互換ソフト、
CPU:Intelプロセッサー、OS:Microsoft XP,Vista,Windows7,8,10、Mac PC
メモリ(2GB以上)/HDD(1GB以上)推奨


紙を使用した教材ではございませんのでご注意くださいませ。また、お持ちのパソコンの空き容量メモリは1GB以上を推奨致します。ダウンロードができない場合には、ご相談くださいませ。

更にダウンロードが面倒な方、苦手な方、パソコンの空き容量に不安を感じられる方は、ダウンロードすべき教材をすべて1枚のCDに入れて、お客様のご住所へ直接、郵送することも可能です。
その際は、
別途800円かかります。ご希望のお客様は下記からお申し込みいただけます



(FP2級CD郵送商品)

16,780 (税別)




問題集のみご希望の方はこちら





(FP2級問題集のみ:ダウンロード専用)

9,980 (税別)



     平成30年9月試験短期合格教材  Iノートテキスト&SPM問題集
音声解説CD12枚分相当】

  FP2級・3級用セット教材   (完全メールサポート付)
       
AFPにも対応しております
      
(2級、3級用テキストは同じものを使用します)




希望販売価格44,000がセットなら更にお得!


(ダウンロード商品)
20,000 (税別)


特別割引価格:2021年6月25日(金)まで
 ※上記金額は期限後、予告なく変更させていただきます。
 

(FP2級&3級 CD郵送商品)

20,800  (税別)




大人気!合格者続出で売れています!

        




(Iノート&SPMは雑誌にも取り上げられています。向かって左が井真井)




あなたを成功へと導く羅針盤



   


 

 あなたの秘めた力を最大限引き出
 すことをお約束致します。
 私にお任せ下さい。
 専属講師 井真井 秀樹





お問い合わせはこちら



あなたを成功へと導く羅針盤
   井真井academy TEL042-682-2367 https://imai-academy.net/imai.fp.sharoushi.index.html

(営業時間)
月曜日〜金曜日午前10時−午後5時
電話受付は午後4時まで
※メールは24時間受け付け中

  






















   





効率的学習方法

SPM過去問題集を同じ日に同じ箇所を連続3回繰り返し、自身の得意箇所と苦手箇所を仕訳してください。


わかっていても連続3回繰り返すことで脳はその情報を「重要」だと認識してくれます。

そうなると、長期間の知識の記憶が可能となります。

      
連続3回正解できた問題は試験日までもうやらないでください。

できなかった問題のみを繰り返し、徹底履修すべきです。

     
勉強開始は前日、できなかった問題から開始してください。

できる問題からは絶対に開始しない!!
    
できなかった問題は解説も良く理解するよう努めてください。

また、SPM問題集の正誤判断には、必ず根拠が必要です。

なぜ、自分は○と判断したのか、または×と判断したのかその根拠を自身の中で明確にしてください。

      
どうしても理解できない箇所、もしくは調べてもわからない箇所は曖昧にせず、必ず弊社へ質問してください。

   
学科学習が終了した段階で、試験を受ける機関のHPを訪問し、直近3回分の過去問に挑戦してみてください。

尚、実技試験は学科試験よりはるかに簡単である。

学科知識があれば対処できます。

毎回、類似問題が出題されているため、その出題傾向をしっかり把握することが合格するためのコツです。


その他、普段から新聞や雑誌の経済欄を読む習慣を身につけてください。

読む力も養われます。

短期合格のコツは、早期に6割以上、確実に正解できる科目をつくることとです。

全ての科目に勉強時間を均等に配分しないでください。

得意科目を最初につくるべきです。

最近の出題傾向として、かなり専門的要素が問われる機会が増えてきました。

比較的、簡単に点数を取得できる科目は、
@税金、
A不動産、
B相続・事業承継

の3科目です。

これらは、単純暗記科目です。制度概要だけ掴んでおけば、簡単に点が取れます。


FP資格は身を助ける人気資格

今、就職するにも、とても有利な 資格として注目されているFP(ファイナンシャルプランナ−)技能士資格。

連日、経済雑誌や新聞、マスコミでFPの方たちが活躍しています。

日常よく使われる経済用語や金融のしくみを理解するために勉強している人もたくさんいます。

金融関係や民間の会社に勤めている人だけでなく、主婦や学生のみなさんも、この試験に挑戦されています。

身近なお金についての賢い使い方・蓄え方・投資などがわかれば将来に不安を抱くこともなくなるでしょう。

たくさんのスクールでFP講座が開講され、多くの人が何十万円もの大金を自己投資に使っていますが、もっと簡単に尚且つ安価に資格を取る方法はないのでしょうか?

そのようなご希望を叶えるためにこの教材は誕生しました。

私自身がこの方法を実践し、2級取得にかけた日数は2週間ほどです。

投資した費用は、2万円未満でした。

ですので今回は皆さんにも1万円台でご提供させていただきます。


Iノートは、独学でも十分に合格できるよう過去の試験内容を十分、分析、研究し構成されています。

試験に不要な箇所は切り落としています。

そのため市販図書に比べ簡単に最短時間で学習を終えることができ、尚且つ同様の効果が得られます。

合格だけを目的につくられた教材です。

お仕事で十分な学習時間を確保できない方には最適です。

通勤・通学時間のわずかな時間でも効率的な学習が可能です。

音声解説もついていますので、行き帰りの通勤・通学時間を有効活用してください。

FPになるには、FPになるための勉強方法と学習内容が求められます

「信念」あるところに「道」は必ず開きます。そこを歩くことができるのも、あなたです。

必要なのは、「歩きたい」と願う強い思いです・・・・。

その最初の一歩を一緒に踏み出してみませんか?


今こそ、変われるチャンスです。スペシャリストの資格があなたの一生の保障になります。
 
就職するにも、会社での中での職務においてもFP知識は役立ちます。

他の人とあなたを差別化する大きな武器になります。

そして、得られた知識は誰にも奪われません。荷物にもなりません。
 

常にあなたと共にあるのです。

特に金融・保険業界においてFP有資格者が求められています。

国家資格を持つということは、あなた自身の社会的ステイタスを高めることになるのです。

周囲のあなたを見る目が間違いなく変わります。

あなた自身が自分のことを変わったと意識する前に自然と気付かされます。

そんな瞬間に出会いたくありませんか?

昨日まで、雑用ばかり押しつけていた上司もあなたがFPだと知れば、態度を変えるでしょう。

必要とされる人間になることで、収入も増えてきます。

FPで年収1,000万円以上、稼いでいる人も大勢います。

この資格があれば、マスメディアを始め、幅広いフィ−ルドで活躍することができます。

そして一生有効な資格であることも大きな魅力です。


社会経済の仕組みを知ったり、貯蓄、保険、投資の選択、家計の上手なやりくりなど、日常的に役立つ知識・情報のが習得ができます。

国家資格を取得しておけば、その効果は絶大です!

合格者からお便り


3月に2級教材を購入させていただいた島根の松田です。

何とか5月試験で合格できました。

仕事の関係上、勉強できる時間も多くはありませんでしたが、詰め込んだ知識から正解肢を推測し回答したところ、ほとんど正解だったので、びっくりしています。

正直、チンプンカンプンの問題もありましたが、そこは先生から教えて頂いた攻略法で凌ぎました。

短期間・低予算でFPにさせていただいたことに感謝しています。

島根県 松田様


家庭の経済的事情もあり、高校卒業後は、地元にある大手電機メーカー工場の事務職に就職しましたが、28歳の時に工場が閉鎖され、配置転換されるのを機に退職しました。

退職後は再就職先を探すため人生初の就職活動を行ってきましたが、履歴書に記載できるような特技や資格も無く、書類審査で落とされることがほとんどでした。

結果、派遣や契約社員として過ごしてきましたが、学歴は今更どうにもならないとしても、資格を取ることはできると思い、FP資格を取ることに決めました。

お金も無かったので、調べた中で一番安かった御社の教材を購入しました。1問1答式問題集で徐々に力をつけていき、この半年間で3級、2級資格を立て続けに取得することができました。

先日、以前より入社したいと思っていた会社の最終面談を受け、今日、正式採用の連絡をいただきました。資格効果の大きさに改めて驚きました。

この教材に出会っていなかったら、まだ不安な毎日を送っていたと思います。

もし、私のよう人が他にもいるならば、資格や特技を持つことがいかに大きなことなのかをお伝えしたいと思い、メールをさせて頂いた次第です。

これからも多くの人にこの教材が届きますことをお祈り申し上げます。私も個人的に身近な人へ紹介したいと思います。有り難うございました。

京都府 徳永様

卒業おめでとう
ございます!!

  




このサイトは1日のうち限られた時間のみの掲載です。

後でご購入希望されてもネット上に掲示されていないことも多々ございますので、必要でしたらこのHPアドレスを「お気に入り登録」してください。




16日間スケジュール

1日目:ライフプランニング
2日目:ライフプランニング
3日目:ライフプランニング
4日目:リスク管理
5日目:リスク管理
6日目:金融資産運用設計
7日目:金融資産運用設計
8日目:金融資産運用設計
9日目:タックスプランニング
10日目:タックスプランニング
11日目:不動産
12日目:不動産
13日目:不動産
14日目:相続・事業承継
15日目:相続・事業承継
16日目:相続・事業承継
 ↓
本番試験